teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


金曜RIZEもやってるよっ!

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月28日(水)23時58分32秒
  金曜の夜は、RIZEダンススタジオ長津田(YUJI先生のスタジオ)
でもレッスンをやっております♪

☆体験レッスン¥1000!
☆入会金¥5000無料!


今のところ少人数なので、来れる方は是非お待ちしております!



RIZEダンススタジオURL
http://rizedancestudio.com/
 
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月28日(水)23時57分32秒
  水曜すたくら>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、Sybilの「Don't Make Me Over」♪


<踵ステップ>
踵だけでやるとなんてコトないステップですが、
('ω'*)アハン♪
色んなパーツを合わせて使うことでどんどん色を付けていきませうよ。
まずは踵、
そして腰、

んでもって今日は「引っ張る側の肩甲骨」まで付けました。
"腕"じゃないよー、"肩甲骨"だよー。
o(* ̄○ ̄)ゝだよー
肩甲骨で向きを作れるように練習しておくと、腕は腕でまた別の動きとして変化していけるので便利っす。


「どのくらい上半身を傾ければ、腰をキレイに残したまま傾け側の足に全体重を乗せられるか?」


をまずは探ってね。
「腰をのこしたまま片足に全体重をかけられるポイント(体勢)」
が分かったら、
「エンカウント」の間にそこまでもっていけるタイミングを計りつつ、
カタチを整えていきましょう。


歩幅によってタイミングもポイント(体勢)も変わるので、色んな歩幅でやってみるのがいいね。


基本は"横のステップ"なんですが、今日みたいに「上半身でも向きを作る」ことで、
"縦(前後)の動き"

が加わって、踊りが3D(立体感のある動き)になりますよ~☆彡
あとはリズム取りのあれこれで、カッチリにでも滑らかにでも!
L(・∀・o)


「肩甲骨を使う」って感覚は、腕をもりもり使っちゃうと探りにくくなっちゃうので、トレーニングとしては、わざとある程度腕の動きを殺して感覚を探ってちょうだいね。


そういう練習をしてくとね、結果、ボディから踊れるようになります。
(ひとくちに「ボディの動き」っつっても沢山あるけんども、肩甲骨もボディに含まれる=カラダの中にあるのでそのひとつねっ。)

練習を重ねて慣れて来た人には、上半身のリズム取りやらなにやら、、まだ更に加えていきますよーん。
L(`∀´o)オーー



<カラダを落とすストッピング>
膝を"抜いて"、、、うん、僕の感覚では「膝を曲げて」よりも「膝を抜いて」と言った方がしっくりくるかな。。

膝を抜いて、落ちたカラダを「トッ!」とか「ドッ!」とか「ッッッ!」とか。
強ければ、「ドッ!」とか「ゴッ!」みたいな音のイメージで止める。


むふぅ~ぅ、これはねー。。
(。-`ω-)ンー
「止める!」「止める!」
と念じながらw、繰り返し繰り返し反復して感覚をつかんでくしかないかなぁ~。

「ポップを打つ」とか、
「ロックを止める」とかと同じよね。

最重要は、「鮮明なイメージ」と「練習量」っす!!



<全体として>
スタイリングとしてはオールドスクールな雰囲気でしたが、腕の振りをそういう風につければ今ドキヒップホップ風にも改造できちゃう振りだったかもね。

そういう意味では、複数の先生のクラスに出てる人は、〇〇先生風に腕の振りをつけたら、、はてさて、どうなるか??
みたいな妄想練習してみるのも面白いと思うよ♪♪♪


僕のクラスだけ参加の人はそれは出来ないので、逆に「今日僕がどう腕を使っていたか?」を思い出してマネしてみましょ~♪

え?思い出せない??
 Σ( ̄□ ̄ ||
そういう人は、それ以外のコトで許容量がいっぱいになってるので、
(すたくらとしては至極当たり前なんだけどもね~)、
「教えてない部分をどう使ってるか?」
を見るというコトも今後のレッスンの受け方のひとつとして覚えておきませうよ♪
すぐには出来なくとも、そう思っておればやがてはそういう風になってゆきます!


MVはNew Jackだね~。



こちらはLIVE♪GROUNDBEATはこのなんというか、、"自然と腰の揺れる感じ"というノリがたまりませぬな~☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月25日(日)23時33分46秒
  日曜R&S>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、Nu Flavorの「Sweet Sexy Thing (Groove Mix Edit)」♪


そこそこ足数も多めな振りだったのと「踵&腰&腕の左右繰り返し振り」の苦戦で、最初はどうなるかなぁ~(p・Д・;)アセアセと思ったけど、頑張りましたねっ!
(●・v・○)ノグッジョブ

歌メロの雰囲気と「チッ、チッ、チッ、チッ」っていうハイハットの8分音符刻みであんな感じになりましたヨ。




<腰の横振りとアクセント>
ただ腰を左右に振っただけではアクセントが出ないし、横に"アタック(打つ)"しちゃうと強すぎるし左右連続で続けるのは困難ッス。

今日のはどちからというと「1つ1つ置いていく」ようなアクセント。

・股関節そのもので(ズラして止める)
・膝で(曲げを止める)
・踵で(落とす)


これら3つを使いながら、
「バン!バン!バン!」ではなく、
「トッ!トッ!トッ!」とか「コッ!コッ!コッ!」

みたいな音をイメージして練習すると良いよっ。
(*´゚∀゚`)ノヨィョォ♪
ん~、、これはもう少し説明と練習が必要だろうから、また機会をみてやった方がいいかもね。
(タイトに落としていくブレイクダウンやロックステディなどもこのアクセントを使います)



<腰&踵&腕の左右繰り返し振り>
そうなんよね~。こうちゃんの言う通り、
「1&2♪ 3&4♪」
3つずつなら気持ちイイとこで楽なんだけどもね~。
(すたくらだったらそっちのバージョンだったと思う)

今日は「チッ!チッ!チッ!チッ!」のハイハットにフィーリングがいってたので、あえて、
「1&2&♪ 3&4&♪」
4動作にしました。
意地悪問題っちゅやぁ意地悪問題だけれども、あんまりそういう意識もなくそうしてしまいましたわいな。

「張り手」の方の腕が見た目には印象的なので、安易にそこに意識がいってしまうと"張り手側だけの手振り"になっちゃうケースもありんす。
どっちかというと反対側の「引き手」(引き肩甲骨)の方を意識した方がスムーズに振りが繋がると思うよっ。

『派手に使ってない側の腕(肩甲骨)』

とーっても大事でありますです。
常にそれも意識出来るように覚えておきませう。



<全体として>
1手(1歩)詰まるとアラララ!!な振付でしたが、割とタイト目な8分音符のビート取りをベースにして、伸ばすところや抜くところ、
どういう風にアクセントをつけてくかが課題になるようなイメージで振り作りしました。

レッスン時間内でしっくりいかなかったところや、
(。-`ω-)ンー
イメージは掴めてんだけどいまいちカラダまで反映出来なかったところなど、、。
(ー`´ー)うーん

曲を聴きながら、再度イメトレ復習しておくれませ~☆彡


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月25日(日)10時45分7秒
  日曜R&S>

Nu Flavorの「Sweet Sexy Thing (Groove Mix Edit) 」(原曲:1997)(R&B)♪

で、FREESTYLEの予定です。
HIPHOPやスタイル系ではない振付です~。

皆さん踊りに来てね~っ☆彡(=゚ω゚)ノ
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月23日(金)23時59分51秒
  金曜RIZE>

今日はソウル系フリースタイルやりました。
曲は、Nu Flavorの「Sweet Sexy Thing」♪


<ビートトレーニング>

・4分音符と8分音符を両手で同時に。
(左右チェンジ)
・4分音符(8分音符)と3拍子を両手で同時に。
・8分音符(16分音符)で、「2」「5」「7&」をCLAP

(執拗な嫌がらせに耐えながらねぇ。。笑)
( ´∀`)ヵヵヵ

これらは暇さえあったらマメにやってね~♪



<ステップ>

「SWIM」・・・
上半身の"アップのリズム取り"で踊ります。
「胸で踊る」
「腰で反って踊る」
「股関節をズラして骨盤を使って踊る」


色んな意識の仕方とカラダへのアプローチがあるので、どれもまんべんなく試みて、感覚を探りましょう。



「Snake」・・・
頭→肩→胸→腹と順番に横へズラしてって、
最後に残った腰でキメのアクセント!
これに腕を合わせていきましょう。
リズムは、
「わぁ~んつっ!すり~ぃふぉっ!

文字通り"蛇"~> ̄ )~~~ヘビのように、腰のアクセント前までを滑らかに踊れるように練習してねっ。

Snakeを練習しておくとね、横のボディウェーブも上手になりますよー♪♪♪



<コンビネーション>

"ひねくれステップワーク"や
"リズム的ひっかけ問題"も入れたコンビネーションでしたが、グッジョブでしたっ☆彡
(*^ー゚)b グッジョブ!!

アップのステップワークは慣れるまで時間かかりますので、引き続き色んなパターンをやっていきましょね。


まずは、「Swim」「Snake」
これを単体で繰り返してちょうだいませよ。
1ステップ2年。。 サキハ ナガイ ノォ~
気長に気長に踊り込んでいきませうよ~♪


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月22日(木)00時07分45秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲はMISIAの、
「虹色のリズムremix」♪
「太陽がいるからremix」♪


練習したステップは、「LOOSE LEGS」♪
数多いハウスのステップの中でも僕的には、

・簡単過ぎず難し過ぎず
・振りと振り、技と技の合間に使いやすく
・単体で繰り返してもそれなりに見栄えが良く
・改造しやすいのでバリエーションを作りやすい

(あくまでも"僕的には"ねー(●´∪`)b⌒Ne☆



「繋ぎのステップ」としても
「次に何しようか考える時のステップ」としても
「かかっている曲を聴いて探る時のステップ」としても
「難易度を上げて見せるためのステップ」としても


役に立つ、とーっても大好きなステップでありますです。
(●´∀`人´∀`●)ヤクダチサーン
ぜひ皆んなも得意ステップにしてもらえたらなぁ~って思います。



<基礎練>
しっかり出来るようになっちゃえば、多少崩したり、腕を使わなかったりというのもいいけれど、基本的なトレーニングとしては、

●"直角三角形"のカタチを意識して、出し足は上からではなく、「ナナメに突き刺すように体重を刺す」コト

●「出し足」と「払い腕」のタイミングを合わせて、出し足を戻した時には「逆側の腕の準備が整っている」コト

●ステップが4歩に増えた時は「逆側の準備の腕もひとつ増やして」、
足と腕のタイミングを合わせるコト



腕をキチンと付けられる人がワザと腕を使わないのは簡単チンだけども、
腕を付けられない人が使おうとするのは大変。。
ゞ(´Д`q汗)+・.

なので、基本的なステップ練習としては細かくちゃんと腕も付けてマスターしておいた方が良いよねー。




<ステップバリエーション>
やりだしたらいくらでも増えてく中から、今日は3つね。

・ジャンプしてつま先タッチ
・横っ跳び
・片足の、前→横→後ろを使ったステップ


はい!
本日のテーマは、
『自分で狙ってルーズレッグの中に入れて踊る』
(★ ̄∀ ̄★)シャキーン!


でありましたねっ。
1バリエーションだと簡単すぎるし、4バリエーションだとちょっと多いかもだし、難易度高過ぎてもなんだろうし、、
ってコトで今日はあの3つをチョイスしましたヨ。

とは言え、最初は苦戦するよね~。
そうだよね~。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン


なによりも大切なのは、

踊りながら考えるコト!


そういう経験も重ねてって欲しいであります。
(ってコトはまずはやっぱりノーマルな状態でのステップをカラダに入れなきゃよね~)

僕はCLUBや公園や部屋で延々とやり込んだクチですが、そうもいかない場合は部屋でマメにやる回数を増やしてくださいな。
軽~く踊ってOKなので、まずは数をこなしてくらさい。


ルーズレッグを踏みながら曲を聴く、
曲を聴きながらどこにバリエーションを入れるか考える、

そういう練習をしてって欲しいです。




レッスン後に哲也さんと鉄也さん、、(あ!ダブルてっちゃん(-∀-。)♪♪)と話してて出たんですが、

「バリエーションを突っ込んで足が止まりそうになった時」(思考が止まりそうになった時)
「カウントの区切りに合わなくなった時」


止まらずに踊り続けるためには、

「そこが小節のどこなのか?」(=次の区切りまでに何カウント残っているのか?)

を把握している必要があるよ。
(σ´∀`)σアルヨー
次の区切りまでにあと何カウント残っているかが分かっていれば、何個の動作を突っ込めばつじつまを合わせられるかが分かるからね。


なのでさ、こういうフリー性を求められた時のためにもね、

小節を把握しながら踊る練習

も必要さね~。(HOUSEは特によ。)



最初は2小節(ワンエイト)から♪
はい!にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃん、はい!にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃん」

慣れたら1小節(4カウント)♪
はい!にゃんにゃんにゃん、はい!にゃんにゃんにゃん、はい!にゃんにゃんにゃん、はい!にゃんにゃんにゃん」

最終的には踊っているそのステップ1つのカウントの幅で把握する。
そういう練習をしておくとね、ステップに詰まりそうになった時に帳尻合わすのが上手になるよ~。
マジカー(*゚Д゚)人(゚Д゚*)マジッスー!




すたくらとしてはね、ちょっと高度過ぎる内容かな、、とも思ったんだけどもさ、
逆にすたくらの段階からそういうコトを教わっとく方が後々のためにはいいのかも知れないなぁとも思ったのでここで書いときますネ。


先生から教わった振りをマスターするのも大事な勉強ですけどもね、自分で自由に踊れるようにもなって欲しいし、ゆくは自分で振りを作れるようにもなって欲しいので、すたくらなれどもこういう練習したり、こういうコト言ったりもしちゃいますでありま~す♪
v(@∀@)vィェ~ィ



「虹色のリズム」はYouTubeにはなかったよ~。
http://www.dailymotion.com/video/x3u4by_misia-color-of-life-shinin_music

「Misia - Taiyou ga irukara(Classic 12" Mix)」今日使ったのとはバージョン違いだけど。
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月18日(日)19時14分7秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、

DJ KAWASAKIの「Into You」♪

・DJ KAWASAKI Smooth Version
・Feat. Emi Tawata Version
・Feat. Emi Tawata(Soulful House Mix) Version



今日はハウス慣れしてる人達も苦戦の色が見える感じだったね。
( ̄ー ̄;( ̄ー ̄;
普段やり慣れないステップと並べ方だったからかな~。
それと左右均等攻めだねぇ。。



<ステップ>
「カラダを外側に倒して両足開き」からの「踵ステップ」

足を開いた時の"体重のかかってない足"を軸足として戻して→体重のかかってた足で踵を置きます。

曲に合わせずに動作だけを、
「1:開いて→2:足置いて→3:踵→4:戻す」
ってやる分には全然楽勝なんだけども、いざハウスの速さでやるとなると、

体重のかけ方のタイミング

を考えないと大変になっちゃうよね。
(;´Д`A ```

「1&2&」=「アップダウンアップダウン」

「1&2&」=「ダウン~~アップダウアッ」
ってやるのが良いと思うよ。


今日は後者でやりました。「1&」を繋げてダウンで使うってことねっ。
曲のテンポが速いとね~、こういうテクニックというか、
『ダウンアップと膝の使い方の工夫』
というかが、スムーズに踊るためのポイントになってきたりもしますヨ。
1つ1つ膝が止まってしまうと、体力も使うし、速くも動けないケースって多いのだす。




他ジャンルをメインにしていてハウスの回にも出てくれている人はね、
ハウスダンスからこういう「膝と体重の使い方」を覚えてくれると本来のジャンルにもまた何かしら役立つかな~って思うよ。
(欲を言うなら、よりステップをしやすくするための「ステップと上半身の関係」もね~)
(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン




<連続ステップ>
「キック」→「TOEタッチ」→「ルーズレッグ」
の組み合わせ。

ぞれぞれ単体では、なんてコトないシンプルなステップだし、
ゆ~っくりやったり、 (^∇^)あは~ん
ボディを全然使わずにやったり、 ( ̄▽+ ̄*)ほっほっほ
その場でやったり、 (▼▽▼)よゆ~っ

なら大して面白味もないんですが、

スピードにのせて、カラダ全体で、後ろに下がりながらやると、
「あれ!?何?今、どーやったの??」
; ̄ロ ̄)!!; ̄ロ ̄)!!
みたいな面白さが出てくるコンビネーションです。


たぶんね~、片側だけならもっと早く入って苦戦もしなかったんだろうけども、、、
"左右どっちも出来る子ちゃん"になって欲しいので、
あえて左右均等にやりました。ごめんね。

(左右均等にやらないならば、8&まで入り組んだステップにしちゃうんだけれどもw、今日は左右均等を優先しました。)



一足で体重を変えてくステップワークって、動きが入るまでは大変なんだけども、
慣れちゃえばステップワークの幅はイッキに広がるので、引き続き練習してくらされっ♪
フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー



<コンビネーション>

6エイト用意してたんだけど、様子見て5エイト1に変えました。
「振付」というよりもね~今日は、

1エイト目「5&6&7&8&」の両足開きステップと、
3エイト目4エイト目「1&2&3&4&」のコンビネーションを
しっかりマスターして欲しいかったのでさ~。


「膝とダウンアップの工夫」、「ステップの組み合わせ方とボディの扱い」。。

実に学ぶべきポイントの多いステップワークでありますですよ~☆彡


Smooth Version - Dj Kawasaki - Into you



Dj Kawasaki Feat.Emi Tawata= Into You



DJ Kawasaki - Into You (Soulful House Mix) (Feat. Emi Tawata)
あら~、、、僕の持ってるバージョンがYouTubeから消えちゃった!!!
ちょっとバージョン違いでごめんなちゃい。。
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月18日(日)12時05分10秒
  日曜R&S>

DJ KAWASAKIの「Into You」(2008)(J-HOUSE)♪

・DJ KAWASAKI Smooth Version
・Feat. Emi Tawata Version
・Feat. Emi Tawata(Soulful House Mix) Version

3曲使いで、HOUSEの予定です。
皆さん踊りに来てね~♪(*^▽^*)
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月17日(土)00時14分21秒
  金曜RIZE >

今日はソウルステップ入りのフリースタイルやりました。
曲は、Mariama Ceesayの「Think About You Instead Cool Million Remix」♪



<ビートトレーニング>
・4分音符
・8分音符
・16分音符
からの
8分音符での「2&」「7」「8」のCLAP

まずは数える!! (゚◇゚)ゞ
しっかりしっかり数えて、、 (゚◇゚)ゞ(゚◇゚)ゞ
もぉ~、イヤになるくらい数えるっ! (゚◇゚)ゞ(゚◇゚)ゞ(゚◇゚)ゞ


これをひたすら繰り返して、やがてベースになる音符が頭に染み付いたら、

喋りながらでも~ (=v=)ムフフ♪
歌いながらでも ~(=v=)(=v=)ムフフフ♪
他のコトしながらでも ~(=v=)(=v=)(=v=)ムフフフフ♪

任意のカウントを狙えるようになりますです♪
が、、2~3日やそこらでは無理なのでぇ~、


「それなりに気長にやるコト」
「少しずつでもマメにやるコト」



を念頭に置いて続けてね~♪

キチンと狙える(数えられる)というコトは、
キチンとカラダを使えるというコトと同じくらい重要な武器なのでありますです。

( ̄∇+ ̄)vキラーン




<ステップ>
今日は「FREAK」を練習しました。
腰を下半円で振ってぇ~、、 ぐるんと回しながらステップ♪
「膝」の扱いをしっかり意識しましょう。
「Sex Machine」は前後の縦に腰を回しますが、
「FREAK」は左右の縦回しッス。


8分音符のノリでも、4分音符のノリでも出来るように練習してねっ。
腰&ステップが慣れたなら、さらに上半身にアップのリズム取りをプラスしてみませうよ。



<コンビネーション>
FREAKの「行き戻し」の有り無しで、ちょっと戸惑ったね、、僕がっ?( ̄Д ̄;;(笑)すみませぬ。。
FREAKは腕を腰と同じ動きで使ってサポートしてあげると、カラダ全体がまとまってやりやすくなりますよっ。


3エイト目に細かめな意地悪問題を入れてみましたが、なんとか無事合格っすねー。グッジョブ!
振りは忘れちゃってもよいので、FREAKは練習を続けてちょうだいね~☆彡





☆オ・マ・ケ☆
ふしぎなメルモ[OP/ED]

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月14日(水)23時55分34秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、fort knox fiveの「dodge city rockers (all good funk alliance mix)」♪


<基礎練>
・胸+腰+腕の連動
(腰と胸を同じ割合にね~♪)
・手首の脱力とロール
(外側では手首の捻りで"締め"てね~♪)
・手首と肘のコントロール
(脱力!脱力!)
・ショルダースタートの前打ち(4行程)
(肩を引くのを意識して~♪)
・ウエストスタートの前打ち(5行程)
(腰のアタックの勢いからうまく繋げましょ♪)




<腕練>
・ショルダースタートからの肘で跳ね上げ(最後は縦)(9行程)
前に打った肩を『引く』のが難しいので、
「打ったら引くっ!打ったら引くっ!」
(`^´*)引くっ!(`^´*)引くっ!
って思いながら練習してねっ。



<捻り練>
上半身(肩甲骨と背骨)が捻って引っ張り合ったポジションを作って、その反動を使って"振りと振りの合間を繋げる"

今日は便宜上、
「腰を止めて、上半身だけ捻って~」
(∀・)ネー☆
っていう説明をしたけどもね、
上と下の捻り合いの力がちょうどに釣り合ってて、

カタチの上では腰がその場に"止まって見えてる"

だけで、チカラのエネルギーは充分に生きてる状態だよぉ~♪
チカラのエネルギーもなくしてしまう「止める」とは意味が違うからね。
ニホンゴッテ、、 ムズカシイ デシュネ、、。
(´Д`;)でしゅね~。。


この"捻り合いの反動"を同じように使って、シェイクを入れるケースもありますが、今日のはシェイクとは別物だよ。
(シェイクならもっとゴガガガッと入れまする)

shake(振るとか揺らす、、ん~揺らすはまだ近いけどね)というよりは、僕のイメージでは、
wind(ワインド:うねる)って感じカナ。



そうね。シェイクと明確に区別化するために、この動きは「ワインド:うねうねする」と名付けましょかねっ。
*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。新名称!
ワインド、、。
はい、他のクラスでは通じないイズミスタイルのみの名称ですからね~。ソコントコ ヨロシクッ!
∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))夜露死苦っ!きゃー古いっ♪



言ってるコトは頭では理解してくれてると思いますが、それをカラダの感覚として"実感する"には今日のレッスン時間だけでは到ぅ~底、足りないと思います。
ましてや「使いこなせる」ようになるにはね。。。
曲もかけずに、、
鏡も見ずに、、、




ゆーっくり丁寧に、上半身の脱力を気にしながら(力が抜けてないと、うねれないからね)、自分のカラダと対話してってくらさい。
振りとしてカタチを追うんじゃなくって、全身に意識をめぐらせて、動作の質を知る
そういう練習が必要だよ。
(* ̄∇ ̄)/だよん♪



「シェイク」、「ワインド」。

どちらも"動きと動きの合間を繋げたり"、"動きそのものを修飾したり"する技っす。
(ん~、それを語るにはシェイクもきちんとやらねばならぬやね~。。)



☆本日の最重要ポイント☆

すっかりシェイクやらワインドやらのお話しになってしまいましたが、
本日のレッスンで最も重要なコトは、

上下で捻り合うことで、引っ張っている時にすでに次に戻ろうとするチカラを作っている

というコトだよ。 (* ̄0 ̄)/捻り合いっ!

それを意識して、実感して、反復して、感覚にまで練りあげるのが最重要目的でありますですだす!


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月11日(日)19時09分4秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Incognitoの「Talkin' Loud」♪
マイ フェイバリットな名曲ッス!
ヽ(•?ω•? )ゝ?うきゃーっ


<基礎練>
・手首回し
・肩の前打ち、上打ち
・腰の前打ち、上打ち
・腰→肩の前打ち、上打ち
・手首と肘のコントロール

引き続きマメ練よろしこです♪



<腕のロール>
「外回しに回した後で左右の腕を違う高さにもっていく」

振りだけ見てると分かりにくい(というか分からないだろう)けど、最後に、

「小指の軽い締め」
「手首の回転」

を使ってますヨ。
キュッと締めて腕の動き自体も止めちゃうパターン
もあるし、
キュゥ~と締めつつも腕を胸まで繋げて引っ張り続けるパターン
もありますです。


こういう『手首のカタチと使い方』もね、「腕が長く見えるため」のポイントなんだよ。
ヾ(・ω・ ) だよ
脱力&肩甲骨と手首、この3つのキーワードが腕を長く見せる極意であります。
もしバレエなら、、脱力&肩甲骨と指先、になるのかな。。。)


~ポイント1~
高い方の腕が伸びきらないように気をつけてねっ。また違う種類の動作になっちゃうよ。

~ポイント2~
腕のロールが小さくなっちゃったり、いびつになっちゃったりしないように気をつけませう。

~ポイント3~
ロールだけを意識してると、ついつい手振りになっちゃいがちな動作なので、
「開き閉じ」と「ロール」の"合体技"
だと思って、背中と胸まで意識してちょうだいね~っ。




まずは「1&2♪3&4♪~」と左右交互に練習してカタチを整えていきましょ。
それが馴染んで来たなら、合間にボディを振って、
「わんえんつ~えんすりぃえんふぉ~えん
と動作を繋げてってちょ。



<コンビネーション>
フリースタイル2エイト+パンキング2エイトでした。
作ってたらフリースタイルがどんどん増えちゃいそうになるのをググっとこらえましたw。
┌(。Д。)┐ あはは♪

まず最初の2エイトでどんな風にノってパンキングになだれ込んでいくか?
が雰囲気としての課題かな。

2エイト目の最後が5&♪6&♪とエンノリになっちゃったので、パンキングに移るために、
「&8」
に無理くりもってきましたw。
ププッ ( ̄m ̄*)
そういう思惑もね、聞いたら「あ~、だからね~。」と思ってもらえるだしょかね~。


パンキング未経験だった人達も徐々に"踊り慣れ"感が見えてきたのでとっても嬉しい今日この頃っす!!
ヨロコヒ゛ーム!(●´∀`)ノ+゜*。゜喜+゜。*゜+

さーさー、パイセン達、、、ここいらでもう一段階突き放しにかかりませうよ~♪






はい。こちらはLIVEバージョン♪
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月11日(日)11時04分18秒
  日曜R&S>

Incognitoの「Talkin' Loud」(1993)(ACID JAZZ)♪

で、パンキングの予定です。
皆さん、踊りに来てね~っ☆彡(*'▽')
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月10日(土)00時02分24秒
  金曜RIZE>

今日は簡単な合わせ振り4エイトと、各々2エイトずつのソロを割り当てました。

曲は、ZOOの「Native」♪
いつ聴いても明るい気分になれる曲です。
(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン


<合わせ振り>
4エイトといえども、この辺はパッと覚えちゃったね。GOODッス!
リラックスして楽しくっ!!
(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ




<1:Yちゃん>
ノリはサイコーなんだけどね~♪
、、、鏡見ませう。(笑) (;´▽`A``
指先とポージングをしっかり意識すればもっとキマるよっ。
そのためには、、やっぱり鏡を見ませう!
(゚∀゚*)ノ(゚∀゚*)ノ



<2:Kちゃん>
指摘した、「肩が上がる」(出だし一発目ね)、「左手が上まで上がってない」をゆっくり確認してみましょっ。
腕を開いた後の"首ふり"はね、ロッキンの時よりもちょい大きめに、「胸を使って首をふる」ってくらいの意識が良いよ。(←これ、言い忘れましたm(_ _)m)
v('▽^*)♪



<3:Kさん>
ごめんね~、僕の間違い刷り込みか、、同じ箇所でひっかかっちゃったネ。 m(_ _)m
やりにくい並べ方の振りだったけど、ポイント、クラップ、ロック、「止める」を意識ね。
ジャンプは女子は苦手よねー。( ̄Д ̄;;
また機会みてやりましょ。



全体的にとっても楽しい雰囲気で踊ってもらえたので良かったっスー☆彡
時々はね、こうやって「ソロを踊らされる練習」というのもやっていきましょうね~♪
ヽ( ̄▽ ̄)ノ ♪



む~ん、バブルの頃を思いだすねぇ~♪



☆オ・マ・ケ(1)☆
マイケル・ジャクソン スーダラ節



☆オ・マ・ケ(2)☆
吉幾三 × マイケルジャクソン IKUZO スリラー
「レーザーばあさん、レーザーじいさん、まったく何者だっ!(笑)」
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 7日(水)23時33分38秒
  水曜すたくら>

今日はヒップホップやりました。
曲は、
Beverlei Brown feat. Dennis Taylorの「Could Be You」♪
宇多田ヒカルの「Automatic」♪


<アイソレ>
今日はお馴染みメンバーだったので、いつもと違うアイソレ練をやりました。
♪(゚▽^*)ノ⌒☆
パーツと方向は同じで、「動かし方」を3種類。

「1」:ノーアクセント
(アクセントをつけないでなるべくゆるやかに)
「2」:止め止め
(行きも帰りも止める)
「3」:タメ打ち
(オンで打ったら、エンはとらないでタメる)

いつもはアイソレ&ステップでリズムトレーニングの要素も含めてますが、
今日は各パーツそのものでリズムトレーニングの要素を含めました。

こういう練習もとっても大切なので、覚えておいてねっ♪
たくさんのリズム(動かし方)を持っている方が踊る時の選択肢もひろがるからね~♪


倍速のタメ打ちは、やり込まないとどぉしてもチカラが抜けないで固まっちゃうけど、続けていくうちに余計なチカラが抜けてってラクに打てるようになるからねっ。
ひたすらやり込むべしであります。
(・щ・)なのだぁ~~。




<ステップ>
今日のステップはパーティダンス的な「Tone Wop」♪
「チキンヌードルスープ」や「ジャーク」、「ネーネー」みたいな感じだけど、それらほどは有名ではないかも。。

腕が「前」も「上」もエンカウントなので、"エンのノリ"に弱い人は慣れるまで苦戦しちゃうステップっす。

あれあれあれっ? !?!?
∑(゚□゚;)はにゃー
ってなった人は落ち着いて復習してね♪



<コンビネーション>
アイソレ練で「Automatic」を使った流れで、予定してなかったけど2曲使いしました。
v(@∀@)vィェ~ィ


曲によって自分の踊りフィーリングが違うかどうか、、。
「ん~、、分からないッス」
(; ̄ー ̄)...ン?
な人が多かったね。うんうん、スタクラですもの、至って当たり前。
(それはね、曲を聴く感覚と、それを動作に変える選択肢の幅、ひと言にまとめると「経験」というのが必要なのよねん)



んだども~、スタクラなればこそ、そういう部分も伸ばしてあげたいともあらためて思いましたっ。
(*゚▽゚)ノ(*゚▽゚)ノ(*゚▽゚)ノ
振りが難しくなるほどそれは難しくなるから、
なるべくシンプルな動作で、、また機会みて"複数曲使い"、やりましょっ。


2エイト目「&5~8」の踵&パンチのステップ。
あれはねぇ~、、もぉ~、、やりようによって実に幅広く「リズム」も「見た目」も変えられるステップなので、またそのうちピックアップしてやりたいと思いまーす☆彡








この曲の歌声はやっぱりデビューの頃がしっくりくるんだけど、宇多田ヒカルの雰囲気はこのNYのLIVEが一番好きなので、これも貼っときましょか♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 4日(日)19時51分1秒
  日曜R&S>

今日はヒップホップやりました。
曲は、Ciaraの「Body Party」♪

音ハメ2エイト
休憩振り1エイト
ラスト1エイト
の4エイトでした。


まぁ、メインは音ハメの2エイトなんだけども、3エイト目の休憩振りの雰囲気のまま4エイト目がテンション下がったままにならないように、4エイト目でもっかいアゲてもらえたらいいかなー。
(人´∀`)



<音ハメ2エイト>
ドンとかチッとかダンとかの音に合わせて、
振りをあてました。

音をイメージしたストッピングとか指バッチンとかのムーヴも大事だけども、

それらのムーヴの合間をどう踊るのか??

っつーのもおろそかにできにゃい大事なトコよね。
曲調もあんな感じなので、
「どこからもってくる」
「どこまで引っ張る」

なんかも雰囲気に影響してくるもんね~。
引っ張れるトコはしっかり(力強くという意味ではないよ。長さとか余韻ってことね)引っ張れた方がストッピングが活きて見えるかもね。




なもんで、脱力と力入れの配分が噛み合わないと、
一本調子に見えたり、
固すぎて見えたり、
柔らかすぎて見えたり、


しちゃうのかもしんないねー。




「当てる」「止める」「弾く」「引っ張る」
などなどは振りの中でも練習できるし、振付の方が音もあってイメージしやすいだろうと思うんだけど、出来れば、、出来ればね~、アイソレ練習のように、
「色んなパーツで色んな方向で」
そういうエフェクト練習
も出来るといいやねっ♪
特にストッピングは、ポッピングやウェービングと同じでコツコツ練しないとキレイに止まるようになんないよ。
(・д・)ノナンナイヨ!!




今日の振りは
「今日の時点での僕のあれらの音と曲調へのイメージ」ッス。

違う日に踊ってみたら、また今日とは違うイメージを抱くだろうと思います。
そして、みんな的にも、
「ん~、私のイメージだとそうじゃないんだけどなぁ~。。」
(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー
っていうケースもあるだろうね。


レッスン後は、そういう箇所を
「自分イメージに改造したり、差し替えたり」
して、もっとも自分イメージに近い音感,曲感なコンビネーションを仕上げて、僕の振りと比べて"何がどう違うのか?"、、、研究してみてちょーだいませませっ☆彡
自分のオリジナリティを発見する良い機会だよっ♪



Ciaraはなんというか、、、本当にカッコイイねぇ~♪うんうん、、マジかっこいい♪



こちらはTVショー♪
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 4日(日)13時00分0秒
  日曜R&S>

Ciaraの「BODY PARTY」(2013)(R&B)♪

で、ヒップホップの予定です。

音ハメ振り×2エイト
休憩振り×1エイト
軽いステップ×1エイト

の4エイト。体力系ではない感じっス~♪

皆さん踊りに来てね~☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 3日(土)21時00分41秒
  土曜代講HOUSE>

今日はFOOMIN'先生の代講やりました。
曲は、Eric Kupper Remix / guri guri boys feat. N'Dea Davenportの「Touch The Sky」♪


<基礎練:ファーマー変形>
片足に乗って、反対足をつま先でタッチする。
A : 普通にダウンアップ
=アップのタイミングでつま先をタッチすることになる

B : 長いダウン
つま先をタッチする瞬間まで軸足の膝をダウンし続ける
(次のアップにかけられる時間が少なくなる)

スピードが速くなると、「軸足膝のダウンにどのくらいの時間をかけているのか?」が把握しにくくなりますが、ハウスでは「B」のリズム取りの方が使う頻度が多いのでしっかり練習して慣らしていきましょう!
ヽ(oゝω・o)-☆



<基礎練:つま先タッチのタイミング>
●軸足に隠れて見えにくい
●エンカウントを狙う意識が薄い
●膝から下がリラックスしてない(力んでる)ので、つま先がエンカウントよりも早めについちゃう


おそらくね、この3つの理由から狙いたいエンカウントよりも早くつま先タッチしちゃう人が多いです。

「キチンとエンカウントを狙う」には、
(本来はね、、、"意識"なんだけども、、)
今日やったみたいに「つま先タッチのタイミングで手を叩く」のが効果的だよー♪
他には、「っエンっ!」って口に出してみるとかね~。
(σ´∀`)σエンッ!!

もうひとつは、「膝から下のリラックス」!
(σ`・ω・´)σコレダイジヨ コレー
腰・太腿・膝がタッチの体勢に入ってしまっていても、
"膝から下がリラックスして使えていれば"
そこでタメてキチンとしたタイミングを狙う ♪
ことが出来るからね。


肘から先をリラックスして、スティックでスネアドラムをターンっ!って叩くようなイメージで、後ろ足の膝から下でタンッ!と狙ってあげましょっ。

キチンとエンカウントを狙える
っていうことはね、振付でもフリーでも、踊りのリズムに小気味良いアクセントつけるために重要だから、狙ってズラさない限りはズレないように意識していきませう。




<コンビネーション>
割と簡単めな振りで3エイトいって、4エイト目にドンと難易度上げました。
( ̄∇ ̄)ニヤッ


3エイト目まではなるべく一本調子にならないように各々のやり方とフィーリングでいいので、「力具合」「そのタイミングへ行きつくまでの前後」「アクセント」などをあれこれ色付けしてみれると良いねっ。

「各々のやり方でいいのでって言われてもさーあ、、、思いつかないんだもぉん。。」
(*´Д`)=3ハァ・・・
って感じる人は、

自分が歌を歌う時にどういうフィーリングで歌声に色付けしているかを参考にしてネ♪♪♪



「私、カラオケって苦手なんです~」って人はいるだろうけど、
「私、歌を歌うコトなんて一切ありません」って人は声が出ないとかじゃない限りいないっしょ。

ん~、、もしいたら、、、もしいたら、、、。
もんのすんごぉ~いスーパーダンサーになるか、
生涯ダンスではなく体操をし続ける人になるか、
どちらかなのかもしれないね~。


4エイト目は大変だったかもだけど、"カラダ使い""足さばき"などの教材にしてもらえたらと思いま~す☆彡
さ、曲を聴きながらイメトレ復習してみませう♪


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 3日(土)00時26分33秒
  金曜RIZE>

今日は特別な時に発動するwパンキング研究会でした。
(⌒-⌒)
曲は長いミックスを垂れ流しw



<手首の回転からのステップアップバリエーション>

「1」:手首の回転

「2」:肘から先の腕回し「1+2」

「3」:肘を開いたり閉じたりして使う「2」「1+2+3」

「4」:ボディを振りながらの「3」「1+2+3+4」

「5」:ボディを2回振りながらの「4」「1+2+3+4+5」


このように、いろーんな動作が重なって一連のmoveを構成しております。
通常、振付だといきなり「5」を振り写ししたりするんだけど(もちろんあれよ、クラスのレベルにもよるけどね)、こうして1つずつ段階を追ってやっていくと、

「なにをやってるのか?」

ひとつひとつの意味が分かるんじゃないかなって思います。
と同時に、

「どのくらい複雑にいろんな動きが重なっているのか?」

も、分かっちゃって、あひょぉ~!(驚)ともなっちゃうかとも思います。
w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!



☆指摘したポイント☆

・腕のロールは下半円をキレイに回すコト
・肘を開き閉じするロールは、グーと肘を同時に動かすコト
・ボディを振ってもそれに影響されないくらい、「腕を肩甲骨から脱力(リラックスさせる)」コト
・最終的には自由にステップしながら出来るように目指すコト


覚え始めのうちに左右均等に練習して、
右でも左でもどちらでも同じ感覚で出来るように慣らしていきませうよ。



<片足重心の構えからのゼロポジション>
僕は腕を捻って持って来ないスタイル(肘の逆関節を使う)なので、

●肘から先を上げてくる「シュッ」

●肘の逆関節を使って上げてくる「トン シュッ」

●肩の出し引きを使って上げてくる「トン トン シュッ」

●腰の出し引きを使って上げてくる「トン トン トン シュッ」



これも手順を逆から辿って練習しました。
逆関節を使うのは僕の独自スタイルなので、他の先生に習う時は臨機応変に柔らかアタマでその先生のやり方に従ってね。
('▽'*)ニパッ♪



<地中の"震源地"と揺れる地表>
力がしっかりと貯まった「腰」の動きを、充分に脱力した「上半身」に伝えて『揺らす』
腰と肩の割合が同じくらいになる通常のシェイクとは違うカラダの使い方だよ。
腰は「グイっ」とか「ウイっ」とか、、。
上半身は「わぃんわぃん」とか「うわぁんうわぁん」とか、、。



<腕の開き閉じのスピードのピーク>
「開いたピーク」「閉じたピーク」で音を取らない(そこにスピードのピークをもってこない)ようにしましょう。
開き閉じのタメ(引っ張り感)が見えなくなっちゃっいやす。
=しなやかさにも、反り感にも欠ける、「ただの単純な腕の開き閉じ」に見えちゃいますのよん。



<重要なキーワード>

☆しっかりした足裏の踏みから腰の動きが生まれる

☆上半身の脱力を操ることで腰の動きを柔らかく増幅させる(同時に生まれる各パーツの動きの時間差)

☆ボディを振っても影響されないくらいの腕(肩甲骨から)の脱力

☆腕を開いた時、戻した時、「操縦士(またはエネルギー)」は胸にいる(ある)コト


この辺を頭に置きながら引き続き練習してってもらえたらと思いますヨ。
パンキングってねぇ、脱力っていうキーワードがとっても大切なんよね~。
そして脱力ってホントに難しいんだナ、、これが、、、。(お、おにぎりが好きなんだナ、、これが、、。by 清)
(反復練習なしに脱力を得られる人ってよほどの天才以外にはおらんよ。「脱力」への確実な道は「反復」と覚えるべしべし!!
焦らず、、地道に、、されどマメにねっ♪♪♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月31日(水)23時32分15秒
  水曜すたくら>

5週目の今日は、ソウルとヒップホップの合間くらいの振付をやりました。

曲は、Colour Clubの「Sensitivity」♪
あああ、ベースがカッコイイ♪



<胸と腕のロール>
肩を使って軸をズラさない「コブラ」ではない胸の回し方を腕と合わせました。
鏡を見ながら練習してると、「横の動き」は意識しやすいんだけど「縦の動き」が意識しにくいので、胸がまん丸の軌道にならずに"極端な横の楕円"になっちゃうケースが多いので、
縦も横もどっちも気にしながら練習しましょっ。
まずはアイソレとしてしっかりやるのがオススメよん。

ソウルダンスでもキャビレッヂで使うし、ヒップホップでもステップターンなんかに合わせて使いますよ~。
(っ´∀`)っ))



<胸の後ろ打ち>
「胸骨」「背骨」「肩甲骨」で打てるようにカラダの感覚を探りながら練習してね。
腕はオマケなので、腕で頑張り過ぎないように!
"脇がリラックスしてないと動作を妨げちゃう"
ので、適度に「脇を空けて」胸と背中を楽ぅ~にしながら踊るのが良いねっ!

強く打つならば、「打った後の反動(跳ね返し)」までキチンと意識しようねっ。

腕を色んなカタチにアレンジしたり、体勢をあれこれ変えたりしながら、バリエーション豊かに踊れるようになろうねー。
(経験者の方は「頭も一緒に使って強調」も)



<胸&頭のV字のノリ>
胸と頭の「縦の動き」をV字にしていきます。
縦の動きだけならば「背骨をどこから曲げる?」は考えなくってもいいんだけど、V字ってことはそれを考えなくてはなりませぬよ。
( ̄ω ̄;)エートォ...

場合によっては「おヘソの辺りやおヘソの下辺り」まで下ろしちゃうこともあるけども、基本的には水月というか、みぞおちの辺りがV字の1番下になるといいかなっ。
そこをV字の1番下にしておくと、腰をプラスするのもやりやすいのでね~。



<上半身の左右と腰の左右の切り替え>
「上半身」→「腰」
「腰」→「上半身」
で左右の動きを切り替える時は、同じ方向が2回続くよ。

理屈で分かっても、"カラダの感覚"として馴染むにはそれなりに回数をこなさないとならないから、焦らずゆっくり、
「なるほど。ほ~ほ~、なるほど、なるほど。。」
と、確認しながら馴染ませてねっ。

今日は「速ぁい!」という声も上がりましたが、これこれ、、あんなもんで速いと言っててはあきませぬえ。
ヾ(・ω・o) ォィォィ

☆やってほしい練習の手順☆

・腰を止めて「胸を左右」
・胸を止めて「腰を左右」
・みぞおちを中心にして「胸も腰も左右」
・「胸の左右」と「腰の左右」を切り替える


やがてね、、もっと慣れたなら、

頭→肩→胸→腰→膝→腰→胸→肩→頭

と左右の動きを順に下ろして上げて繰り返すってーのもやって欲しいであります。
(どーせ練習するならここまでやってもらえたら、センセ、うれし泣きッス!(ノ◇≦。)アリガタヤー



<コンビネーション>
ジャズベース、ニュースクールベースの人にはちょぴっとややこしい振りだったかな。
ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ
逆にオールドスクールベースの人にはやりやすい振りだったろうね。
まーね。そういう回もあれば、これまた逆の回もあるやね~。
それが僕のクラスの面白いトコでもありますのよん。
チュッ( ´з`)ノ⌒☆


何事も経験っ☆彡
やってくうちに慣れていきますので、ご安心を♪
さーさー、曲を聴きながら、イメトレ復習をっ!!





こちらは原曲バージョン♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月29日(月)00時42分22秒
  日曜R&S>

今日は、オールドスクール系(?)フリースタイルやりました。
オールド系のショーケースをあんまり見たことない人にはそう言われてもイメージ伝わりにくかったかもだね。
曲は、Beverly Brownの「On And On (The Finest Soul Mix)」♪


名のあるステップレクチャーもなくって、振付だったので振り写し自体は早々に終わっちゃったね。
その分踊る時間がたくさんあったので、あれやこれやと色々意識したりチャレンジしたりも出来たなら嬉しス!
振り写し直後のあたふた感wもラストの方では"各々の色に"変わってて良かったス♪
(最後までのあたふたもあったっちゃありましたが、それはそれで今後の課題に!)



ガツッとも、ユルっとも、どっちもいけるようなイメージで作ってみましたヨ。
まぁでも、、そうだね、、

アクセントとして"キメどころ"は作りつつも、全体としては"抜き目ムード"も匂わせつつ 

ぐらいな感じが一番良いのかもよね~。
(★ ̄∀ ̄★)
「キメどころ」でもいいし、
「抜き目ムード」でもいいんだけど、

「あぁ、この人きっとここんトコ気持ち良く(or 気持ち入れて)踊ってんだろ~よな~」

って感じがみえるような踊り方が出来たら万々歳であります。
^(o≧∀≦)oやっふーい
振り入れした後に今日ぐらい時間があると、そういうのを探ったり、自分で作ったりするにも余裕があるやねー。


う~ん、そうだねー。注意というかこれから目指すべきポイントとしてはね、
僕の見本を見て、
両足に乗ってるのか?片足に乗ってるのか?

を見分けるように意識していくのが良いよ♪
その辺がちょいちょい違うのがありました。
(今日に限らずですが)



左右の足の体重ってね、初心者の人には見えないモンだけど、経験を重ねていくことによって、

左右の足の位置とカラダの軸の関係
左右の足の位置と頭の位置が作る三角形の形


などから「見える」ようになるモンなんす。
”カラダのバランスから見る ”
ってことね。
でもそれも、

そういう風に"体重を見ようと意識して"見て、同じカタチを自分のカラダで作って確かめてひとつひとつ覚えていく。
っていう心構えを持ってないと、ただ漠然とやっていてはそういう感覚が身につくにはとーっても長い時間がかかるからね。覚えときましょ。
続けていけばやがて、パッとカラダ全体を一瞬みればある程度の体重のかけ方と割合は見て取れるようになります。



そして何気に難しいのは、『ムード作り』よね。
時間内でどんどん変わってっても良いし、一貫して目指す感じがあっても良いしなんだけど、

「ムードっていうフィーリングを探ろう(出そう)」としてるのも、

「カウントを数えて順番を追いかけてる」のも、

「慣れないジャンルでムードとか言われても良く分かんないし、、」というのも、

見ていてよぉ~く分かります。
(-∀-。)ウン
それは僕も先生として、いっぱいムードを見せてあげられるように精進せねばなりませんです。
(と、自分にも言い聞かせる今日この頃であります)

これからもいっぱい一緒に踊って、経験を重ねて、技術と一緒にそういう感覚も伸ばしていきましょう☆彡


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月28日(日)11時45分18秒
  日曜R&S>

Beverly Brownの「On And On (The Finest Soul Mix)」(1996)(GROUND BEAT)♪

で、ソウルグルーヴ系(オールドスクール系?)フリースタイルの予定です。

とは言っても名のあるソウルステップは一切使いましぇんw
(オールドスクール系のチームがショーの登場や前半でやるような感じと言えば雰囲気伝わるかなぁ。。)

大人ムードでかっちょ良く踊りませう♪
皆さん、踊りに来てね~っ(*‘∀‘)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月26日(金)23時56分23秒
  金曜RIZE>

今日はHOUSEやりました。
曲は、House rulezの「Do It」♪


<基礎練:マネっこタッチ交代w>
ああいうのもね、楽しみながらウォームアップ出来るし、"説明なしで見てマネる" いいトレーニングになるので、またちょくちょくやりますよ~♪


<基礎練:足と腕の関係>
もちろん例外もあるんだけれど、基本としては、

足をカラダの「横」に出す=同じ側の腕
足をカラダの「前」に出す=反対側の腕


っていう法則を覚えておくと、"腕の付け方"に迷った時に役立つよっ。
ヾ(*゚∇^*)ノ



<基礎練:犬かき(クロールの腕)>
ダウンに対して腕を交互にかいて使う、HOUSE特有の腕の使い方だよ。



<変形ボックス>
ボックスステップをアレンジした僕の好きな変形ステップです。
・左足で右足を避け越えたり
・カラダを捻ったり
・上半身を振ったり

(カッキーン!とかスマーッシュ!とかねw)
・軸足で押し上げたり

色んな要素が入ってるのでしっくりいくには少し時間かかるかもだけどさ、小洒落に踊るのにとっても良いアレンジなので、是非マスターしてねっ♪
(@゚ー゚@)ノ



<シャッフル>

色んなバリエーションがある中の、僕が好きで良く使う『ドタバタしないバージョン』をやりました。


☆基本リズム取り☆
「立って立って落とすぅ~」
「アップアップダウン~」
「ON ON OFFぅ~」
「頑張って頑張ってお休みぃ~」
「ひーひーふぅ~」


1:アップして→2:キープして→3:優しく休む

3つとも同じ調子でダン!ダン!ダン!って踏むのとはずいぶん違った、ちょびっとテクニカルなリズム取りです。
(力強さが出ない代わりに、不思議でオシャレな"浮遊感"が出ますのよねん)
ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

このリズム取りが必要になる他のステップも僕は良く使うのでこの"ひーひーふぅ~"のリズム取り、練習を続けてくださいねー♪


3つ目で優しく休むためには、あまりカラダを前傾に倒したりしないで、カラダは立てたまま、"膝をやさし~く"使ってダウンするのがコツだよっ。
(とは言え、それがなかなか難しいモンではありますが、、。ま~ね。)



<はっ、、思い出したっ!w|;゚ロ゚|w 
ダウンに対しての「頭のナナメ後ろ引き」のリズム取り!!

これ、、、慣れるまでは時間かかるので、コツコツと地味に取り組んでねーっ。



<最後に>
お風呂で足ほぐしてから寝てね~♪( ̄∇ ̄) sweet dreams☆彡

 

オ・マ・ケ

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月24日(水)23時26分15秒
  僕が初めて生で見たYOSHIBOWさんのBUMP♪
1999、六本木ビエッティ。BUMPは1分54秒くらいからの数秒だよん。

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月24日(水)23時12分40秒
  水曜すたくら>

今日はソウルダンス系をやりました。
曲は、Jamestown Feat. Jocelyn Brownの「She Got Soul (Dj "S" Bootleg Extended Re-Mix)」♪
GROUND BEATの曲の中ではもっとも大好きな曲です。
オトナの魅力でカッコよく踊りたい曲ッス。
.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪




練習したのは、
「GUESS」
「Brand-new Shoulder」
「BUMP」
「She got soul」
(これは曲名ね)

「GUESS」は博多バージョン。
「Brand-new Shoulder」と「She got soul」は出所Be Bop Crewなので、いわゆる世間一般的なソウルステップではないよ。
(そこはちゃんと覚えておいてねっ)
☆^(o≧▽゚)oニパッ



「GUESS」・・・
ダウン(微妙なダウンだけどね)で片足を踏みながら、踏んだ足の方向へボディを引っ張りましょう。
踏んでない側の足の"股関節を緩めてズラしてあげる"のが、踏んだ足に体重をかけるのもボディを引っ張るのもやりやすくなるポイントよん。


「Brand-new Sholder」・・・
片足を2回ずつ踏んで、同じ側の肩を上へ。
そうね、これもGUESSと同じように、
踏んでない側の足の股関節をズラしてあげるとスタイリングしやすいやね~。
(右肩と左腰、左肩と右腰の対角線でスタイリング)

シンプルな動きだからさ、逆にいっぱいやり込んで角度を研究したり、バリエーション作ったりしてってね。


「BUMP」・・・
奇数カウントで離れて、偶数カウントでお互いのカラダのどこかをぶつけませう♪
基本これだけっ!!
/(。△。*)逆ニパッ

とはいってもねー、

ちゃんとチカラ加減して当てたり、
肘、膝、腰骨なんぞの「骨の硬い部分」で当てないように"肉の部分"で狙ったり、
次に当てなれないくらい"立ち位置ごと離れないように"気をつけたり、


は、してちょうだいねっ。
型としてはまぁ1人でも練習できるけんども、
実際のところ"距離感"や"チカラ加減"は2人でないと出来ないんで、スマートにキメるにはやっぱり、「やり慣れた者同士」でないと難しいダンスでござります。

今日はそんなコトはまぁ気にしないで、"ペアダンスの雰囲気と感覚"を楽しめたなら花マルちゃんですっ!
o(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ



「She got soul」・・・
これはステップじゃなくって2エイトの"コンビネーション"ね。
アップのリズム取りで踊ってね♪

ハキハキ元気に踊るのか?
柔らかくムーディーに踊るのか?
はたまたそれらを混ぜたり、タメたり、、。


その辺は、曲を聴いて感じた自分フィーリングで♪

1つの踊り方だけよりも、あれこれ試した方が断然よいよっ!
そんな教材にしてもらえたなら嬉しいです。
2エイトで繰り返し踊れるので、そんな練習にはちょうど良いと思いま~っす♪
(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)oニパッ ニパッニパッ






こちらはオリジナルMVね♪
 

ほそく(いいトコ見せようとおもったのに~、いっぱい失敗しちったwwアハハ の巻)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月22日(月)00時30分1秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、Don Carlosの「House of Blues」♪


あんまりガツガツし過ぎない感じで~、と思って作ったらあんな感じになりました。


<ヒール&バックスキップ>

「1」「&」「2」「&」
キレイに均等に取るためには、
1! & 2! & (オンのアクセント)
1 &! 2 &! (エンのアクセント)

どっちもやるのが良いよっ。
さらに欲をいうなら、

1! &! 2 & (前半のアクセント)
1 & 2! &! (後半のアクセント)
1! & 2 &! (頭とケツのアクセント)
1 &! 2! & (中2つのアクセント)

も、やらないよりはやった方が良いよね♪
全部練習したならば、

「均等に取る」のはラクラクだし、
「どこかを狙って取る」のも出来るようになりやす!

ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪



「バックスキップ」が入ってるのでね、
ボディは、
「捻らない」
「足に対してクロスで捻る」
「足に対してナンバで開く」


の3択になるよ。
JACKINGなんかを入れてくんなら、「捻らない」のがよいねっ。



<チョキパー チョキパーのステップ>

ビバップ以外の他のジャンルと大きく違う特徴は、オンもエンも『浮かせたまま落とさない』コト!
つま先がモノをいいますが、さらにそれを補助するのは、

横隔膜の引き上げ(胸骨といってもいいかもだし、"胸で扱う重心の引き上げ"といってもいいのかもね)

これはなかなかビンとこないかもしれないけどねー。。
ターンもそうだし、ハウスではこれを使うコトが多々あります。
"ルルベアップ""引き上げ"、、この使い方で、
「ハウサーの動き方」なのか「順番は追えてるけど他ジャンルの動き方」なのかに分かれますヨ。
またチャンスを狙って、詳しくレクチャーしませうね♪



<全体として>

あんまりオラオラでもちょっと雰囲気違っちゃうかもね。
「(゚ペ) エットォ…
適度にリラックスも意識しつつ、

幅の広いカウント、8分音符でタイトなカウント、その意識分けをきっちりカラダに出せるといいかな~って思います。
今日は僕の見本も欲張りすぎて失敗しちゃって、最後の最後くらいしか参考にならなかったかな。。。
(*´ο`*)=3 はふぅん

8分音符タイトはね、ついついエンカウントが弱くなっちゃったり、ズレちゃったりしがちなので気をつけてねー♪


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月21日(日)11時22分51秒
  日曜R&S>

Don Carlosの「House of Blues」(2008)(Jazzy House)♪

ピアノのメロディーが心地よいJazz Houseで、リラックスして軽やかに踊りましょ☆彡
皆さん、踊りに来てね~っ!(^^♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月19日(金)23時59分57秒
  金曜RIZE>

今日はビートトレーニングと、リズムトレーニング系なフリースタイルをやりました。
曲は、Brandyの「Best Friend (Character R&B Remix)」♪



<ビートトレーニング>
わんえんつうえんすりえんふおえん→16分音符
1     &      2     &     3    &      4     &    →8分音符
1             2             3            4            →4分音符

手を叩くトレーニングはバッチリでした♪
Good!!! (*^ー゚)b グッジョブ!!
ダンスではこれらをカラダでやるコトになりますので、
「横ステップ&腕」
の方の練習を引き続きやってくらさいね~♪



<コンビネーション>
カタチや技ではなく、"リズムの組み合わせ"というような振付にしました。

「4分音符の大きなカウントからのタメ」
(どんっ~あっ!どん~あっ!)

「8分音符のシングル/シングル/ダブルのステップ」
(ぐっ、あっ、ぐっ、あっ)

「オンをひっぱってエンでアクセントの動作」
(ん~まっ!ん~まっ、)

「8分音符のポーズ振り」
(ぱっ、ぱっ、ぱっ、ぱっ)

「オンで押し込みジャンプしてのエン着地(キョンシーw)」
(んっとん、んっとん)



無理に大きく踊ろうとしなくってもOKだよ。
『どう踊ったらもっとそのリズムらしく見えるだろ??』
って考えながらやるのがまず一番よね。
σ(゚ー^*)



<技術的なポイント>
■「ん~まっ!ん~まっ!のステップ。」
タメを作り出すのは、

『体重のかけ方』
=「足の裏」+「足首」+「膝」


だよ。「膝」は意識しやすいけど、「足の裏」と「足首」も、しかとその範疇に入れてちょうだいませ。

基本的な動きに慣れたら、「腰」や「肩甲骨」、「頭」など他のパーツを足したり、腕のポジションを変えてみたりしてみましょ♪


■「キョンシージャンプ」
「んっとん♪んっとん♪」

「わっえん♪つっえん♪」

このジャンプは時間をかけずに"一瞬で踏み込んだダウンを利用して"跳びますヨ。
"膝を固めて"ドン!と着地しますので、あまり無理して高く飛んじゃうと膝を痛めたらコワイので充分に気をつけてねー!!





こちらはLIVEバージョン♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月17日(水)23時27分12秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、「Tribal House Club Music Mix 2016 By Mr Lumoss」♪

かけ流しで練習するのにちょうど良いッス♪
(o≧▽゚)oニパッ
今日は少しテンポ下げて使いましたヨ。



はい。今日練習したのは、
SALSA STEP

どっちかっつーとSALSA HOPの方がよく使われるかもですが、これはこれで覚えておいてねっ。


「ステップそのものは超カンタンっしょぉ?」
( ´∀`)
っていう所からだんだん難易度上げていこうと思ってたんだけども、そうでもなかったみたいね。

体重を乗せる速さ

半々カウント(16分音符ひとつ)ちがうだけでハウスでは大きく変わってきますよ。
これ、覚えておいてね!
テンポの速くない曲なら気にしないでもいけるっちゃいけるんだけど、ハウスは速いのでそういうトコが大きなポイントになります。
逆にそういうコトを知っておくと、他のジャンルでも音ハメとかする時に役に立つよんっ♪



さてさて話しを戻して、、。
今日は、
「ステップ→キック→ステップ→ステップ」
「&→1→&→2」

ぜーんぶ均等ね。
分かってて"ズラす"分にはOKですが、
分かってなくて"ズレる"のは問題ナリよ!!


飛んじゃう
タメちゃう
キック後の足先の戻しが遅れて次に影響しちゃう

(膝下リラックス使いを心がけてね!)

どれも均等が崩れちゃう原因になりますので気をつけませう。
(逆に均等じゃなくしたい時にはそういうのをチャレンジしていきましょっ。でもまずは均等が出来てからね)




<コンビネーション1>
サルサホップせず×3回
サルサステップ×2回
(ずっと同じ側の足)


<コンビネーション2>
サルサホップせず×2回
サルサステップ×2回
ステップ→ステップ→バックスキップ×2回
(足が入れ替わる)


<コンビネーション3>
サルサホップせず×2回
サルサホップせずの途中からサルサステップ×2回
前/横/後ろ/揃えのステップ
(足が入れ替わる)


<コンビネーション4>
サルサステップ
「1&2&」
止め→キック→ツイスト→ステップ→ステップ
「3」「4&」「5&」「6&」
サルサステップ
「7&8&」
サルサステップ
「1&2&」
ひっかけ
「3&4&」
後ろから
「5&6&」
横へ
「7&8&」



<全体として>

まずはサルサステップそのものをたーくさんやって欲しいです。
そしたらね、ステップ自体は単純なもんだから、
"すぐ飽きちゃう"のよこれが、、w
ヾ(≧∇≦)ゞ ヤァァーン
と思うので、
向きを変えたり、タイミングを変えたり、
して色んな味にチャレンジしませう。
(1ステップ1パターンではもったいのうござりまする、ハイ。)



で、コンビネーションはいくらでも難易度上げていけますので、まずは今日の4パターンを完全コンプリート出来るように目指しませう♪


「1」→「2」→「1(逆足)」→「2(逆足)」→「3(左右両方)」→「4(左右両方)」

ってスラッと通して見せてくれたらば、
大いなる賞賛と賛美&頭なでなでからのぉ~、ビール一杯ビール進呈しちゃいますっ☆彡
アルコールNGなレディには、、ん~、、、ケーキショートケーキでっ!!w

わはは!マジよ、マジマジっ!!
 ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆
(先生的な欲望としてはそこまで復習して欲すぃのぉ~ん♪っていう願望っちゃ願望よん)


 

オマケ

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月14日(日)20時10分29秒
  ●スポーツウィップって」こんなんよ~。


●今日見せた映像、ウィップクラッキング(スポーツウィップ)のフォームの名称 鞭の振り方の名前
(僕のオリジナル技:キャトルマンズクラックはここからパクっ、、、インスパイアしていますw)
ヘッドホンで聴くとキレイないい音が聞けるよ~♪

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月14日(日)20時02分10秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Three man Islandの「Jack the lad」♪

曲調で分かる人にはわかると思いますが、「Funkin' for the UK」のアーティストです。
1988結成→1989年活動停止という驚きの活動期間の短さ!!
(゜ロ゜)ギョェ
カッコイイのに、もっと続けて欲しかった。。。



さて今日は「CRACKING」(イズミ命名)の技を3つ練習しました。
予告のサザエさんでも書きましたが、このCRACKINGというのは僕が勝手に作ったものなので、もともとパンキングの技として存在するモノではありましぇん。
(似たモノはあったけどね、そこまで明確でもありましぇん)
ちゃんと説明しておかないとね、もともとあるものと誤解して覚えちゃうと大変なので。
再度書いときますネ。




「CRACKING」・・・
腕を伸ばしたり、回したり、回転させたりした最後に使う、
「手首」と「指の締め」で取るアタック


鞭の先端が音速を超えた時にパーン!って鳴る時の「CRACK」から命名しています。




SAUCER(ソーサー)・・・

腕を"水平なお皿(円盤)"を描くように回して、腕が伸びきるタイミングでCRACK!!
今日は一番前のタイミングでやりましたが、どのタイミングを狙うかは様々に変わります。



ROTATE CRACK(ローテートクラック)・・・

(肩)肘から持ち上げた腕を後ろ方向に回転させて、最後に手首の回転&指の締めでCRACK!!
肘の角度は鋭角なのからほぼほぼ伸ばした鈍角までさまざまッス。
肩甲骨や肩などの"根本から順々に先端に向かって回転していく"ように使うのがポイントだよ。



OVER HEAD(オーバーヘッド)・・・

後ろから持ち上げてきた腕を頭のナナメ上でCRACK!!!
後ろからの腕の持ち上げ方や、CRACKの位置はさまざまに変わります。



実際には鞭じゃないのでね~。音が鳴んないのが非常ぉ~に残念なんだけれども、
(鳴るモンならば"キレイな音が鳴ったら合格"って出来るのにね~。ま~音速超えれるわけないからしょうがないよね。。せめて鳴ってるような気分だけでももってやってくらさい)
アタックの強い音なんかに合わせると、とっても気持ち良いよ♪
ヾ( ̄∇ ̄=ノパーン!

なるべく腕を脱力してやるように心がけてください。
脱力出来てないのに力まかせにやると、肘や筋なんかを痛めちゃう可能性もありますのでね。



<delayed raise up>(腕のレイズアップのズラし)

今日は経験者向けにいきなりやったけど、慣れてない人はまずは両手同時をしっかりカラダに入れてねっ。
両手同時の順番・軌道・タイミング(手順の個数)がしっかりカラダに入ったら、ズラしに取り組みましょう。
音の数え方は、「タカタカタカタカ=わんえんつうえんすりぃえんふぉおえん」と16分音符になるからねっ。
16分音符で数えられない人は、まずそこから練習が必要だよ~。


パンキングの特徴的な動きの要素である、
「広げる」
「閉じる」
「回す」
「ブルブル(シェイク)する」
「肩を抜く」

に、

「クラックする」
( ´▽)ノパーン!

っていうのを加えられるように練習していきましょうね~♪♪♪



 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月14日(日)12時45分55秒
  日曜R&S>

Three man Islandの「Jack the lad」(1988)(ELECTRO FUNK??)♪

で、パンキングの予定です。
今日はCRACKINGの技をいくつか入れてやる予定です。

CRACKINGってナーニ?:
鞭の競技で音を鳴らす"ウィップクラッキング"からヒントを得てつけた名前の技です。
実際は腕なので音は鳴るワケありませんが(当たり前か~w)"鞭のようなイメージ"で腕を使います。
※僕が勝手につけた名前なので、もともとある名称ではありませんよ。
似たような動きはいくつか昔からもありますが、明確に「CRACK」を目的ともしてないし名前もついてはないので、イズミンスタイルのオリジナル技という認識でいてください。


ではでは皆さん、踊りにきてね~(*^▽^*)☆彡

 

ほそく(次回は6/3土に代講します!)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月13日(土)21時05分30秒
  代講HOUSE>

今日はFOOMIN'先生の代講HOUSEやりました。
曲は、i-depの「Sign Of Summer」♪
可愛い声のvocalでおしゃれさんな感じよね~。
ちょっとサンバちっくなトラックも夏にむけて聴きたい感じ♪
o(゚▽゚o)(o゚▽゚)oニパニパッ


<基礎練>
・前後のステップでの腕の付け方の基本
・横のステップでの腕の付け方の基本
(横のステップでは、「腕と足の"出し""ピーク"のタイミング」を合わせましょう)
(出した腕の"アフターフォロー"を、逆の腕の準備やボディの向きチェンジ、回転するためのサポートに利用してちょうだいねっ)




<ステップ練>
・シャッフル
ベーシックは横移動ですが、縦横斜め、さらには回転、色んなパターンで練習しておくのが良いですよー。

僕は足を開かず、腰も使わず、
「立って→キープして→落とす」
というスタイルのシャッフルをよく使いますので、違うスタイルをデフォルトにしている人は、チャレンジして自分レシピに加えてねー。
(∀・)ネー☆


・パウワウ
オールドスクールの人は3歩目「2」のカブせる右足のところで踏み込んでダウンを取りますが、ハウスでは、

●アップした一定の高さでキープする
●「1&2&3&4&」=「アップダウンアップダウンアップダウンアップダウン」と、オンカウントを全部アップにする


っていうケースも多いので覚えておきましょ!



・ヒールステップのトリプレット
ヒールステップの"三連踏み"ッスね。
ジャンプ前の1番低いポジションに到達するまでに3発踏まないといけないので、

1発目は膝がほぼ伸びてる高い位置で入れるコト♪
そしてその時に2発目の足が上がっていて、準備がちゃんと出来ているコトが大切だよ。
引き続き練習をっ!

リズム的には、
「えんわ♪ えんつ♪ えんす♪ えんふぉ♪」
(↑今日のパターンね)

他にも、
「わんえ♪ つうえ♪ すりえ♪ ふぉおえ♪」
や、3歩目の足から始めて、
「わっえん♪ つっえん♪ すっえん♪ふぉっえん♪」
「えっわん♪えっつう♪ えっすり♪ えっふぉお♪」

などのリズムバリエーションまで欲張っちゃえるなら、上達するコト間違いなしッス。
(●´∀`人´∀`●)ネェェッン☆★



<コンビネーション>
ちょっと作りすぎてたのを抜いてたら、振り入れが上手くいかなくてごめんなさいでしたっ!
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
・・・
il||li(つд-。)il||li
ゴメンナサヒ。。。


技としてのステップ練は各ステップごとに単体で練習するとして、振付全体としての最後の方に言ったように、

大きいカウントの部分と細かいカウントの部分をハッキリと意識分けして踊る

ってコトだよ♪♪♪

僕自身も自分の踊りをビデオに撮って客観的に見ると常々思うんだけど、
自分で思ってるほどはそんなに雰囲気やフィーリングって出てないモンなんだよね。。。 これが。。
やりすぎて注意されるくらいがちょうどイイのかもしれませぬなw


 

お・ま・け

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月13日(土)00時10分51秒
編集済
  パルナスCM、、、関西ローカルCMでしたw

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月13日(土)00時06分12秒
  金曜RIZE>

今日は、「アップ地獄」w、、いやいや、
「アップのリズム取りでの教材詰め合わせ for oldschool編」
をやりました。

曲は、

CiaraのBody Party Go-Go Remix
Tony ThompsonのI Wanna Love Like That
ShaniceのI Love Your Smile
JAMES BROWNの Papa Don't Take No Mess
Warの Cisco Kid
3 MAN ISLANDのFunkin' for the UK
Gloria GaynorのNever can say goodbye



アップのリズム取りをキープしつつ、
苦戦ポイントになるような「足運び」

苦戦ポイントになるような「タイミング」
を4エイトに詰め込んだまさしく"教材"なコンビネーションでした。
(≧∇≦)bヒャホー


・方向転換する時
・片足立ちになる時
・エンで足を開きながら踏む時


ってのが大体"膝の動きがなくなりがち"になりやすいので、そういう箇所をまずは気をつけて自分チェックするようにしませうね。


で、色んな曲で色んな抑揚の持ち方で踊りました。
曲調変わればやっぱりフィーリングも変わって当然なので、楽しみながらそういう"幅"をひろげてって欲しいと思うのであります。
゙☆⌒o(*^ー゚)



そんでね、復習練のいちメニューとしては、

ステップを小さくして、その分上半身を大きくしてやる。

さらには、椅子に座って(足は使ってるつもりで)、上半身だけでやる。

『上半身&腕』練を是非とも加えて欲しいであります。
まずは膝。
そして上半身ねー。


はい。そしてそして、まだ探究心に許容量があるならば??
( ̄o ̄ ̄ 3)ん?( ̄o ̄ ̄ 3)ん?( ̄o ̄ ̄ 3)ん?

、、、はい、ぴんぽーん♪
アップのリズム取りをダウンのリズム取りに変えて
とか、
左右を逆にして
とかでも試みてみるのが花マルちゃんナリヨ~♪
m(゚- ゚ )ホントニ ヤッテクレマス ヨォニ ☆彡













 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月10日(水)23時45分11秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、Michael Jacksonの「Blood On The Dance Floor」♪


<基礎練>
手首内外回し
手首クルクル回し
(どっちも手首の脱力のトレーニングね)
手首&肘のコントロール
(どっちも単独で使えるように)
★構えのポジション
片足にしっかり乗って、「倒す」+「捻る」
マトリックス銃弾よけww

このポジションからコンビネーションが始まる
このポジションをコンビネーションの間に経由する
このポジションの乗り方で違う腕の使い方をする


と、使う頻度の高いポジションなので、じっくりしっかりと繰り返してマスターして欲しいです。
「乗る」「倒す」「捻る」
(^0^)ノル!(^◇^)タオス!(^▽^)ヒネル!

の3つが"バランス良くまとまる"には多少時間はかかりますが、どのジャンルでも『構え』ってそーゆーもんよね。
武道なんかでもさ、"構えを見ると腕前が分かる"なーんて言われますが、まさしくその通りでございます。
( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう



※このポジションの時に、

カラダの前側の腕は曲げて構えてる。
カラダの後ろ側の腕は後ろへ伸ばしてる。


ってなりますが、多分他の先生のスタイルだとカラダの後ろへやった腕は曲がってるかと思います。
僕のスタイルでは後ろへやった腕は曲げないので、それは"スタイルの違い"ッス。
なので、クラスによって使い分けてねっ!
∑d(・ω・*)ネッ!


<ポイント>
 「拳と肘を同時に動かす」
日常動作ではあまりやるコトのない動きなので、感覚がつかめなくて苦戦したね~。

・肘を支点にしてグーを動かす
・グーを支点にして肘を動かす
・肘とグーの真ん中を支点にして両方動かす


この3つを丁寧に比べながら確認するのが良いよ。

「脇の開き具合の角度」
「肘の曲げ具合の角度」
「ボディそのものの角度」

なんぞによって、やりやすくもやりにくくもなるので自分にとって一番やりやすい角度を探って見つけてちょーだいませ。
そんなに大きくは出来なくっても、グーと肘が同じ距離で使えていればキレイに見えるもんなのね、コレが。
グーと肘、、同じ距離で使えるように意識して練習しましょ。
ナハナハにならないようにねっ。



<コンビネーション>
「構え」のボディと体重の乗せ方(左右)で、腕の振りを変えていきました。
肩甲骨から下はずっと同じ動作ですー。

なもんでね、極端な言い方すると、腕は好きなように変化していくので、まずは「乗る」「倒す」「捻る」の部分が大切なのっすー。

それをなぜレッスン中に言わなかったんだろうと今さら思ってます。
今日このコンビネーションにした意図の肝とも言えるのに。。。
うははー、ごめんねっ!
+.((人д`o)(o´д人))゜+.ゴメン



もちろん腕メインでも踊れますが、たぶん「しなやかさ」も「スピード」も落ちるだろうね。
「乗る」「倒す」「捻る」の『土台』が先行して、それに"脱力した腕がついてってる"から、速く、細かく、しなやかに踊れるんだよ。

腕が動く前に、すでに下半身とボディがそれを導いてる

と言ってもいいかもしんないね。



んでもってね、今日は左右均等にコンビネーションをやりましたので、そこに苦戦した人も多かったかもね。
(o´Д`)=з
うん、それも"慣れ"ッス!!!
そういう機会を重ねるごとに左右の変換も早く出来るようになっていきます。
(逆を言うと、やらんといつまでたっても出来るようにはなりませぬぞよ。)

HOUSEとPUNKINGはね、すべての技を左右対称に出来るようにしとくのがだんぜんオススメだよっ♪
そのためにはね、

「最初に覚えた(練習した)側のクセ」

がついちゃう前に、なるべく覚えたての真新しい段階で、
左右均等に練習しちゃうのをオススメしま~っす!!!!!





こちらはLIVE♪



☆オマケ☆ マイケルファンは嫌いかもだけどごめんね、、、、ゴリケル。「鼻ダディ」♪
 

ほそく(GW中の参加、ありがとですっ!!の巻)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月 7日(日)19時13分44秒
  日曜R&S>

今日は軽いヒップホップやりました。
曲は、Blackstreet Ft. Mya, Mase, & Blinky Blinkの「Take Me There」♪
Jackson5の「I want you back」のトラックがサンプリングされている曲です。)


なかなか治らない首痛のせいであんまり大きく踊れずですません。。
(ノД`゚)゚ゴメーン
本日帰りにようやく塗り薬を買いました。早く治ってほし~っ。



さてさて、ニュアンス的には軽い感じの振りでしたが、全部が全部フワフワしちゃわないように要所々はタイト目なアクセントも必要っすよねー。
(最後の高帆ちゃんとのDuoは良いシンクロ率だったと思います(^▽^)♪参考になりましたかな。)



■ストッピング、、これはとにかく地味に反復練習っすね。
ストッピングはやればやるほど使う力も最低必要限になり、力を入れるタイミングもタイトになりますからね。

タイミングは、
わ!ん、え、ん!つー」

2発ストッピングが続くので、1発目で止めた力をキレイに抜かないと2発目がしっかり止まらないよ。
(別バージョンもあるとしては、1発目で少し弾いて2発目で止めるっていうのもアリよね。)




3エイト目のTシャツドンドン♪は、今日はあれがやりたくてやったんですが、
通常であれば右手を胸に当てて"胸の前ヒット"でやります。
そういうのも練習しておくがよろしス。
(゚∇^*)☆☆




■4エイト目のキックステップ。
、、、あれねー、入る人はすんなり入るし、入んない人は結構苦戦するというなんとも不思議なステップです。
(随分昔にやった時もその昔にやった時もそうでした。)
腕が合わなかったり、ボディが合わなかったり、個々の要因は見てれば分かるんだけども、

何故その間違いが起こるのか??

が、イマイチ解明しないなんとも不思議ちゃんステップ。。 ?(゚_。)?(。_゚)??(゚_。)?(。_゚)?
「前に蹴る」「前に叩く」「前に進む」と
「後ろへボディを引く」の

"複数の矢印に頭が ヽ(゚◇。)ノこんがらがっちゃう"

からかな~なんてのが今のトコの推測っす。


さーさーさー、あらためて曲を聴きながらイメトレ復習や自分なりに振り改造など、試みておくれませってばよっ!!


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月 7日(日)11時15分12秒
  日曜R&S>

Blackstreet Ft. Mya, Mase, & Blinky Blinkの「Take Me There」(1999)(R&B)♪

で、軽めなヒップホップの予定です。
爽やか明るい曲で楽しく踊りましょ♪
(*^^)v
 

ほそく(GWにも来てくれてありがとでしたっ!の巻)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月 3日(水)23時15分51秒
  水曜すたくら>


今日は、、ん~、なんだろね。
ヒップホップと呼ぶにはなんだし、、、。
「アイソレ&リズム取り、繋げました編」w
ププッ ( ̄m ̄*)
みたいな感じかなー。 ちょっと地味すぎたカナ。。


曲は、Brandy ft. Maseの「Top Of The World (Boogiesoul Extended Remix) 」♪
ああ~、ベースがかっちょいいっ!!
ヾ( ̄∇ ̄=ノうきょあー



<前半:アイソレ増やし>
最終的には1つずつ加えていきましたが、トレーニングとしては最初にやったように、

・(順番に)足してったり引いてったり
・(ランダムに)足してったり引いてったり


するのが良いねっ。
パーツ毎の
動かす方向を変えたり、
動かす回数を変えたり、
動かすタイミングを変えたり、


にまでチャレンジ出来たら、相当良い練習になるよっ♪♪



<後半:リズム取り>
「アップで胸を押し上げ」→「腰振って反転」
は、苦戦っぽかったね。

・膝のアップで胸を押し上げるイメージ
(腰は前にも後ろにも逃げないようにしましょ。腰を前に持ち上げるバリエーションもありますが、今日のは腰を逃さないバージョンです)

・少し後ろにもたれ掛かるくらいでやるのが、ポージングとしてカッコがつけやすいよ。
そうするとね、
軸足膝の真上に胸がちょい上向きでのっかる
のでやりやすいッス。

・腕が"前パンチ"にならないように上へ。
タイミングも「1&2」にならないように「1~2~」ねー。


☆ハキハキやるのか、柔らかくやるのか、を使い分ける"肝"『膝のリズムの使い分け』です。
膝はリズムの命!!
色んなリズムで使えるようにいつも意識して練習しませうね~♪
ね~ヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノね~



「踵で作るアクセント」
は、体重の乗っている足で。

「ヒッティングで作るアクセント」
は、、、んー、、これはね、何回も何回も反復して感覚をつかんでちょうだいませ。
ポッピングと一緒でね、
カラダがそういう風に動くようになるにはそれなりに回数を重ねないとなりませぬのです。

あらゆるパーツで。
あらゆる方向に。


アクセントをつけられる練習をしておくといいねっ!






こちらは原曲♪



そしてこちらはMTV Awards♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月30日(日)18時54分31秒
  日曜R&S>

今日はFree Styleやりました。
曲は、Brandyの「Sittin' Up In My Room」♪


もっと振り振りした感じにしようかとも思ってたんですがネ、作りはじめてみるとわりとシックな感じになりました。
ある程度歌メロのタイミングに合わせたので、
3&4&5~6♪
7&8&1~2♪


みたいな、「1から入らない振り」に。
( ̄m ̄*)
そして振りの始まりも6エイト目からなので、ちゃんと数えてないとダメ子ちゃんよ~ん。
(^m^ )よーん



「6」と「2」でのハッキリめなアクセント。
そして2エイト目と4エイト目の「6」

(Lyricsは「I」と「I'm」っす)
での"強すぎないアクセント(ちょっと抜き気味なアクセントっていうのかな)"『差』を出して雰囲気作りが出来たらいいかなーって思います。
( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ウンウン



後半は4エイトまるまるいっちゃうと多すぎるかな~と思って2エイト振りの繰り返しにしたんだけど、今日の感じならいっちゃっても良かったかもね~。。

8分音符の横ステップ振り

4分音符の横ステップ+歌メロの手振り

繰り返し



なのでさ、メロディを意識して予測しておかないと、横ステップがスムーズに4分から8分に戻れなかったりしちゃうよ。
(-∀-。)

「大きい4分音符のステップ+歌メロの手振り」は、最初だけ苦戦したもののすぐに入ったようだね。
ォッヶォッヶ♪(* ̄∇ ̄)/
あの手振りもね、あらためて曲を聴きながら、
"歌メロのアクセント(抑揚)"をしっかり取れるようにイメトレ復習してみてちょうだいませませ!!




レッスン時間内ではまず振りを覚えなきゃだからなかなかじっくり曲を聴けてないかもなので、落ち着いて聴き直すと、
「ここ、タメれたなぁ~。」
 うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ
とか、
「ここ、もうちょい色つけれたなぁ~。」
( ̄-  ̄ ) ンー
とか、
自分なりの再発見もあると思うよっ☆彡





こちらはMV♪



そしてLIVE♪
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月30日(日)11時58分44秒
  日曜R&S>

Brandyの「Sittin' Up In My Room」(1995)(R&B)♪

で、Free style振付の予定です。
心地よい系の曲なので、ガッツリ体力モノな振付ではありましぇん。

踊りに来てね~(*^▽^*)♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月28日(金)23時54分33秒
  金曜RIZE>

今日はパンキング基礎動作をじっくりやりました。
曲はあれこれかけ流し。

どれもね、
「より速く踊る」ために。
「よりキレイに踊る」ために。

必要な基礎なので、注意点に気をつけながら引き続き練習を重ねてってね。
踊った感としての楽しさはなかったかもですが、
ここまでじっくり説明しながらってのもなかなかないので、
「振付を覚える」ではない、
「動きの意味を知る」
「僕のカラダの感覚を知る」

という意味ではこういうレッスンのバージョンも良いと思います♪




<肩甲骨トレーニング>

・両腕の内転と外転+肩甲骨の開き閉じ
・内転と外転の左右ミックス+肩甲骨の左右
・肩の出し引き(前後)


<手首トレーニング>
・カラダの前でクルクルまわし
・腕の左右振りを使ったクルクルまわし
(両手バージョンが苦戦しましたねー。復習してマスターしてねー。)


<手首と肘のコントロール>

これは良かったヨ♪ GOOD!!
日常練にしてさらに精度と感覚をアップさせていきませう。


<ショルダースタート/ウエストスタート>(横パターン)

・肘の内側&親指の方向のセット(準備)
気を抜くとね、、これを忘れちゃいがちなので、「動作の前に準備する」のを気をつけて!

・「肩→腕が水平に」
ありえないけれども、イメージは「逆関節ウエーブ」のつもりくらいで。
(少し"しなる"くらいの長い棒の手前端をもって、その棒を下から水平まで持ち上げるような感覚です)
そして、

腕が下から水平まで上がるのにかかる時間

肩(根元)から拳先(先端)までイメージのウエーブの通りに腕が出ていくタイミング


を合わせてあげましょう。
スピードアップして素早くなっても同じことだよ。



<上げた腕の肘から先だけ落とす>

腕をまっすぐ上げて、肘から先を前後に落としていきましょ。

☆毎度てっぺんを通過する
☆肘はできるだけ落とさないように


の2点を自分チェックしながら復習してね。
「手くびも固めずに」リラックスしてつかってちょっ!
慣れてきたら、
ステップしながらとか、
シェイクしながらとか、
出来るのを目指しましょ~っ!



<ほそくのほそく>

どの動きもね、やり方というか理論はすぐに分かると思うんだけど、

カラダに馴染む
カラダの感覚として分かる
いつでも何回でも出来る状態にする


には、やっぱりね、コツコツと時間をかけて反復してカラダに入れてくしかないので、
数回、数日、数週間っていうスパンでは考えないで、少なくとも数ヶ月または数年かけて習得していく気持ちで続けてって欲しいです。
その時期時期でね、
「出来たと思ってたんだけど、まだまだだった、、。(o´Д`)=з 
の繰り返しっす。


そしてこの基礎編、まーだまだ内容はいーっぱいあるので、また機会みて続編もやりましょう。
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月26日(水)23時22分28秒
  水曜すたくら>

今日は、「ザ・基礎トレーニング」でした。
曲は、Shaniceの「I Love Your Smile」♪

ダンスとして楽しい感じはあまりなかったかと思いますが、
( ̄▼ ̄|||)
重要な基礎なので覚えておいてねっ。
こういうことがキチンと出来ると色んな振付に苦戦する要素も減るからね~。



<ダウンアップ>

「パーツ」
・頭、胸、腰、膝、そして股関節。
全部を意識しながら、出来るだけリラックスして出来るようにね。

「ノーアクセント」
・強弱やアクセントをつけた取り方は、
良い面では"リズム感が出る"けれども
悪い面では"クセにもなりやすい"ので
一番のベーシックとしては「ノーアクセント」で取れるようにしておくのが良いよ。

「股関節と踵」
・足先に乗りすぎると股関節の動きが減っちゃうケースがあります。初心者の人に多いパターンです。
(意識して慣れてけば足先に乗っても股関節を使えるようになりますが、、)
踵に体重を落としてダウンを取れる練習もしていきましょう。
足先or踵、、、踊りのケースに合わせてチョイス出来るようにしておくとグッド!



<腕の使い方 3種類>

●ダウンに合わせやすいやり方
●アップも合わせやすいやり方
●ハウス特有のやり方

3つともマスターしておいて、チョイスしたり、組み合わせたり出来るようにしておくべしでございます。
(・∀・)bbb☆ナノダ☆
腕の振りがついてる振付では必要なくなりますが、

・腕の振りがついてない時
・振りと振りとの合間
・フリーで踊る時

に役立ちますよ~♪



<ダウンアップ&リズムステップ>

・オンで踏む
・エンで踏む
・リズムステップで踏む
・16分音符を入れて踏む


まずは頭で理解して、正確に数えながら狙えるように練習しましょっ。
それが出来たら、そこにフィーリングや強弱、抑揚などを入れてって、
"動き""踊り"にしてってねっ♪


さらには、 さらには、、願わくばさーあ、
(*゚▽゚*)キラキラ゜。・:*

「じゃあ、アップのリズム取りでもやってみよか。」
「別のリズムステップ考えてやってみよか。」
「もっと速い曲でもやってみよか。」
「腕をめっちゃ意識しながらやってみよか。」


なぁ~んてトコロにまで探究心がひろがってもらえたら、、、
もぉ~先生冥利に尽きて涙チョチョ切れちゃうっつーもんでありますでございますー。
ウァーン・゚・(ノД`)オロローン



<振付>
短い中に色んなタイミングでステップする振りをやりました。
今日のレッスンの目的達成としてはみんなOK! !!
合格花マルちゃんなので、その先は、、、??

自分なりの抑揚やスタイリングを加えてって、
『自分の踊り』
に仕上げてってちょうだいませませーっ☆彡




こちらはLIVEバージョンです。男性ダンサーのシースルーがなんとも♪
昔、ジャザーだった頃こんなシースルーで踊らされた事もあったなや~。。w


こちらはUnplugged。ベースが良く聴こえてかっちょヨス♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月23日(日)20時42分45秒
  日曜R&S>

今日はソウルグルーヴなフリースタイルやりました。
とはいえ、、、ソウルステップはな~んにも使ってなくって、カラダのスタイリングと雰囲気だけってのが今日のこだわりでありまする。

曲は、Cooly's hot boxの「Make Me Happy」♪
Bstの音響ではあんまり聞こえないけれども、ベースが超かっこ良くてお気に入りなのです。
(ヘッドホンで聴くとイイヨ♪ ベースラインのカッコイイ曲大好物っすっ♪)
(つ∀`*)うきょあーっ!


ガツガツも悪くないけどもね~、
個人的にはスカした感じ(●´艸`)wで流して踊る感じをイメージして作りましたヨ。
(復習練で、どこまでスカせるか?ってやって欲しいなー。)



まあまあ足数のある振付だけれどもね、
それを余裕ぶっこいた風な顔して踊れたらサイコーっす!!
v(@∀@)vィェ~ィ


歩幅を大きく取り過ぎたり、
足ばかり頑張り過ぎちゃうと、

ダウンアップ(膝の動き)やら上半身の動きやらが減っちゃって全体的に"固い踊りの印象"になっちゃいがちなので、全体のバランスを意識しながら「ちょい柔らかめ」に踊ってくれたら嬉しいカナ。



振りの流れとしてはね、
「ココとココとココを踏み忘れたらダメよ~」
って言った箇所を逃さないのが大事。

そして、
2エイト目「&7&8&」(お尻の後のステップ)
3エイト目「&3&4」(ツイストの後の手)
みたいな『&から入るタイミング』をキチンと狙えるといいねっ♪
(僕はシンコペーション大好きなので、よくそういう入り方しますのでっ。)

そうね~、そういう振りの作り方って、、、どうしてかというとね。
1つワケがあってさ、

「リズム」「歌の雰囲気」と一緒にね、
「ハイハット」(ドラムの左側にある、チキチキチキチキした音のヤツ。
その曲の"ビート"を示す役割をもってます)を聴きながら作ってると、そうなっちゃうんよね。ついつい。




<おらさいして欲しいポイント>

☆2エイト目「1~2&3~4」の
「左足ダウン2回→右足アップで乗って→右足ダウン2回」のね!
軸足をひっくり返すために
「左足で2回ダウンを取る」=「アップしてる隙に軸足をひっくり返す」
っていう膝の使い方です。


☆最初に練習した、「ナナメ後ろへのお尻抜き」

オンでお尻と一緒に体重移動するのか
エンでお尻よりも先に体重移動するのか
(肩甲骨でカラダの向きをひっくりかえすっていうのもねー)



この2点をしっかり復習して欲しいです。
振りの順番なんかはねー、経験重ねていけば覚えられるようになっから!!
全然焦ることはないですよ~っ♪
なんせ楽しみをもって続けるコトっすよん~(=´∀`)人(´∀`=)


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月23日(日)12時05分51秒
  日曜R&S>

Cooly's hot boxの「Make Me Happy」(2002)(R&B)♪

で、ソウルグルーヴ系フリースタイル振付の予定です。
(名のあるソウルステップはありましぇん)

"流れるように"、、気持ちよぉ~く踊りませう☆彡
(*^▽^*)
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月22日(土)00時20分44秒
  金曜RIZE>

今日はヒップホップやりました。
曲は、J.Holidayの「Be with me」♪


<基礎練>
・ビートトレーニング
4分音符叩き
8分音符叩き
16分音符叩き

16分音符(わんえんつうえん~)で数えられる事はとっても大切なので、自分の好きな曲で練習してね。
(o´・ω-)b


・ルーディメント
16分音符で、オンアクセントとエンアクセント。そして16分音符を1つずつズラしていくルーディメント。


・リズム&ビート 同時叩き
適当にリズムを作って、「オン叩き」「エン叩き」に合わせる。
これが出来るようになるとね、
オンのノリ、エンのノリを自由にチョイスしたり、行き来したり出来るようになってとっても強いよっ!
そして、リズムに対して"オンからの感覚"、"エンからの感覚"、どっちからも考えられるようになるので、リズムの事がもっともっと分かるようになります。
(σ´∀`)σヤリー


民族的なお話し、日本人の多くはオンのノリが得意で、エンのノリが苦手なケースが多いので、
「リズム+エン叩き」
をしっかり練習していきましょうね。



<振付>
今どきテイストなヒップホップでした。
(3エイト目のウェーブひっくり返しはソウルテイストだけどもさ)


「止め」たりとか、「弾いたり」とか、「ふっ、、と出す」とかのアクセントで作る抑揚が特徴的でしたね。

見慣れない、やり慣れない、と
「見てる分にはわかるけんども、どうやってやるねん、、ソレ。。」
(ノД`)・゜・。ハァァ
って気分にもなるかと思いますが、少しずつ慣れていきましょね~♪



こういうアクセントもアイソレーションと同じでね、

少しずつマメに、時間をかけて自分のカラダと対話しながら感覚を身につけていくもの

でありますよ。
あらためて時間を設けて練習ってのは社会人的にはなかなか時間の確保も大変だろうと思うんで、

生活の中で暇を見つけてはちょこちょこ、こまめにやるのをオススメするよ~。
"塵も積もれば山となる" 作戦よのさっw
ヘ(*゚∇゚)ピノコ ヨノサッ アッチョンブリケ


またチャンスあったら、そういう動作や抑揚に楽しくチャレンジしてくようなレッスンも試みますね~♪

 

今週は今風ヒップホップテイストでやります♪ 金曜RIZEもやってるよっ!

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月19日(水)23時24分47秒
  今週は幸いに今日の時点で振りを作れちゃったので、告知しますね~♪
明後日金曜RIZEクラスは一部例外もありますが、今風ヒップホップなテイストで参ります。
曲は、J HOLIDAYの「BE WITH ME」♪
ご興味ある方、時間の合う方は是非ともいらっしゃれ~うふ♪(* ̄ω ̄)v



*******************************************

金曜の夜は、RIZEダンススタジオ長津田(YUJI先生のスタジオ)
でもレッスンをやっております♪

☆体験レッスン→¥1000!
☆入会金¥5000→無料!



今のところ少人数なので、来れる方は是非お待ちしております!



RIZEダンススタジオURL
http://rizedancestudio.com/
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月19日(水)23時18分36秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、I-depの「Sign Of Summer - Club Edit」♪

お天気の良い休日の朝とかに聴きたい爽やか系ですなやー♪
\(o ̄∇ ̄o)/


さて、今日のポイントとしては、

☆「ヒールステップは"アップ"じゃなくて、"高いダウン"と思ってちょっ」
☆「片足で円を描いて回るステップは、回す足先に"眼をつけて"ちょっ」

の2つかなー。



●ヒールステップ・・・
今日のメンバーは、「トトン♪トトン♪」ってなっちゃうリズム間違いはなく、ちゃんと「トン♪トン♪トン♪トン♪」ってなってたので、ダウンの注意だけね。

出し足と一緒に『軸足の踵』も上から落とすコトで、

アップっていう感覚を、高いダウンっていう感覚に変えちゃいましょう!
ヾ(@^▽^@)ノ ウキャホウッ!



「練習は片足繰り返しでやるのがいいよ」
って言ったけど、もひとつね、
「軽くジャンプしながらやる」 !!!

飛んじゃえば否が応でも両足の踵を使う事になるので、
「高いダウン(ドン!って落とす感覚)」って感じが分かりやすくなると思うよ。
(ああ、これやれば良かった。。あの場で思い出さなかったのが悔やまれる~)
(*´ο`*)=3 はふぅん



ハウスの「経験の長さ」と「上手さ」は、だいたいこの使い方見れば一発でわかるので、
焦らず、されど忘れず、、引き続き練習してってね。




●片足で円を描きながら回る・・・
まずは「回す足が雑に(きたなく?)ならないように」気をつけましょ♪

そして、足だけじゃなくって、
☆同じ側の腕☆
も使って回転をサポートしてあげるとよいね。


「足先に眼をつけてねー」と言いましたが、 厳密には足先にちゃんと意識が通ってて、
「どのくらい回転するか正確に把握する意識と感覚」のお話しよね。
( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう


90度
120度
180度
240度
270度
360度
450度
540度

などなどなぁ~どなど。。。 (。-∀-)ニヒッ
あらゆる角度にバチッとステップしていけるように回転感覚を鍛えていきませうよー。
(回転感覚は何度も何度もやり込んで、カラダに染み込ませていく以外に道はないので、なんせまずは数をこなす事がなにより大事だよ!)

ハウスは特にね、
(ゆくゆくの話しだけども、今のうちから言っちゃいます)
方向感覚が他のジャンルよりも露骨に必要になるジャンルなので、早い段階から、
「回転感覚」は鍛えてった方がよかですばい~っ!!!
( ´∀`)ばいぃぃぃ♪

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月17日(月)00時01分38秒
  今日はハウスやりました。
曲は、Dudu Capoeiraの「Pra Jogar」♪



どこがどうという訳でもないんですが、なーんとなくいつもとはカラダの持ち方の違いを意識しながら作りましたヨ。
なぜそうなったか。。。 (。-`ω-)ンー
ん~、ごめんね。それは僕にも明確にはわからなくってね、、
「曲から受けるフィーリングがそうだったから。」と言うしかないんだよね~。

ハウス特有の「オンで踏んでく」とかとはまた違った感覚を曲から引っ張られたのかもしれません。


2エイトの「5&6&7&8&」のステップ。
スッと入る人は入ったし、入らない人は苦戦しましたねー。
各々のバックボーンとなる各ジャンルの"いつものクセ"っていうのが苦戦の原因なのかなぁ~なんても感じました。
ハウスを踊る際の「オンダウン、エンアップ」っていうのがカラダに染みついてない人も苦戦しちゃうかも知れません。
(半カウントずらすから、エンのアップで体重のせるのね~ってのがスッと入るか入らないかみたいなね)

似た動きをすでに知っている場合、ついついそこへ持っていってしまうのか、、
「あ、そこ違うんだぁっ」てすんなり区別出来るのかは、やはり、固定概念とか、思考の柔らかさによるのかも知れないなーっても思います。



そんなにトリッキーでもないし、めちゃ体力を必要とする振りでもないのに、
なぜか苦戦しちゃう。。。
(スピードによる苦戦は、ハウスである限り当然のコトとします。)

そんな雰囲気を楽しんでもらえたら、、なんでだろう、、って考えてもらえたら嬉しく思います。




ちなみにこちらは今日レッスンで使った音源で、実際にビリンバウを演奏しているものッス♪
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月16日(日)12時40分43秒
  日曜R&S>

Dudu Capoeiraの「Pra Jogar」(2017)(Berimbau House)♪

ブラジルのビリンバウ(弦楽器)をフューチャーしたHOUSEで、
ハウスの予定です。

踊りに来てね~(*^▽^*)♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 4月15日(土)00時13分10秒
  金曜RIZE>

今日はソウルダンスやりました。
曲は、 LaBelleの「Lady Marmalade」♪


<基礎練>
・アイソレ 倍速経験者向け
・ハンドウェーブ練 各種 マニアックなとこまでw 


ハンドウェーブは、まずはやり方を覚えてもらえればOKです。マスターするにはコツコツやり続けるしかないのでねっ。
「焦らず地道に。されど忘れず」というのが、結果近道なのであります。



<技練>
・「スウィム」
・「ウォーム」


「スウィム」・・・
上半身のアップの動きでビートを取っていきます。
前かがみになろうともアップの動きなので要注意ねっ!
多分最初は「ありゃ?」(。´-ω・)ン?ってなるかもですが、しばらくやれば慣れますよー。

ハキハキやるのか?
なめらかにやるのか?


などは、踊る曲によって合わせていきましょっ♪


「ウォーム」・・・
前に出すウェーブで(後ろに反ってくドルフィンではありません)、最後に片足を外しませう。
2カウント1セットの動きですが、

最初の1カウント目でウェーブをどこまで落とすのか?
2カウント目でアクセントを取るのか取らないのか?


などで見た目はあれこれ変わってきますよ~。
基本"ボディのムーヴ"なので、

腕のスタイリングをどうしたかカッコよくみえるか?

も考えながら踊りましょー♪
(●´∀`)ノ




<振付>
『上半身のアップ』の動きで"ノリ"を出しながら、
「ウォームの偶数カウント」や、
「横ステップの偶数カウント踏み」
「足叩きのエンカウント」

などでアクセント出して踊れるとよかですね~♪
(o≧▽゚)oニパッ

「ノリの気持ち良さ」+「要所々にアクセント」
みたいな感じでリラックスして踊って欲しい振りであります。




<オマケ>
こちらはAguilera, Lil' Kim, Mya, PinkとゴージャスなメンツのLady Marmalade♪
 

レンタル掲示板
/29