teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


金曜RIZEもやってるよっ!

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月18日(水)23時33分33秒
  金曜の夜は、RIZEダンススタジオ長津田(YUJI先生のスタジオ)
でもレッスンをやっております♪

☆体験レッスン¥1000!
☆入会金¥5000→¥2000!


今のところ少人数なので、来れる方は是非お待ちしております!



RIZEダンススタジオURL
http://rizedancestudio.com/
 
 

ほそく(とんちんかんちん一休さん♪)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月18日(水)23時32分38秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、Spillerの「Batucada (Exlusive Samba Mix)」♪


んで、今日は、「LOOSE LEGS」の基本を総まとめみたいな感じでやりました。
レッスン中にいつも指示するコトや、レッスン後に「こうするといいよ」ってアドバイスするようなコトをまとめた感じね♪

ルーズレッグスは、ステップしながらも、

左右に軸が移動し過ぎずになるべく同じ場所にいたい
(●´∀`)ノいたいのぉ~

=(イコール)

出し足に体重をかけつつも、真上からじゃなくってナナメに体重をかけたい
(●´∀`)ノナナメなのぉ~

ので、腕を上手に使う必要があります。
腕の扱いがしっかり身についたならば、そんなに腕を使わなくっても肩甲骨やボディがそういう風に動くのでいいんですが、そこまでに達していない場合はトレーニングとしてしっかり大きく腕を使って練習した方が良いッスよ!!まじで。



「ルーズレッグス」と呼べるのは3歩からなんだけども、腕の扱いを丁寧に把握してカラダに入れるにはさらに1つ段階を下げて、

2歩のステップに合わせてみっちりやる

のをオススメします。
いっぺんに考えるコト(足のコト)を減らして腕の扱いに集中するってコトね。




<練習のおさらい>

☆足の出るタイミングと腕の出るタイミングを合わせるコト
(このタイミングが合ってない人は大抵その次のピークのタイミングも合ってないケースが多いです。ってか、別々に出たもの(速度の違うもの)をピークで合わせるのは難しいよ)


☆「前半」出し足に体重がかかるのと腕のピークのタイミングを合わせるコト


☆「後半」出し足の押し返しと伸ばした腕のフォロー、逆手の準備を合わせるコト




【練習方法】 ヽ(・∀・)ノ 復習してね~♪

・出し足と出し手が紐や棒で繋がってるとイメージしながら。
・チョップ→アイーンを意識しながら。
・フォローの腕でお尻をタッチしながら。 (桃、柿をお尻のポッケにしまう)
・長い棒や傘などを両手で持ちながら。


レッスン時間内では「練習方法を紹介する」程度しか時間を取れないのでね、
(o´_`o)はふーん
(ホントなら上の4つの練習方法もそれぞれ1レッスン分かけてやりたいくらいなのよ~。)
“自分で復習する時間”を持って欲しいのでありますよ。



ルーズレッグスはね、
簡単にも複雑にもしやすく♪
フリーダンスでも使いやすい♪

とっても使い勝手の良いステップだし、「ハウスと言えばアレっしょ?」みたいな代表的なステップのひとつでもあるので、ハウスをメインジャンルにしてない人でもマスターしておけばお役に立つステップだよ。
逆にハウスもレパートリーにしたい人は必須っすっすっすー!
(ノ*゚ー゚)ノすっすー!


ぶっちゃけねー、足の順番覚えるだけならばわりと簡単に出来ちゃうのさ。
だけどそれだけでは、、それだけでは、、、ゆくゆく振付でスピード上がったり、難易度上がった時に大苦戦するコトになっちゃうんだよね。。。
(TωT)メニミエテル ノサー・゜・。

なのでここでしっかりと!!

そんな思いを込めて、今日はやってみました。
「しつもぉ~ん!」|*゚Д゚|┛とか、
「出来るようになったかチェックしてぇ~!」 ( 'Θ')ノ
っていう人はいつでも声かけてください。
(ホントに誰か声かけてくれるかしら?と、期待しつつ。。)


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月15日(日)20時13分57秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、Lucky Charmzの「Buy Urself A Friend」♪
コンガとベースとエンビートでアオるようなハイハットがカッコ良す~!!
ヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノうきゃほーう



<INのCRABから始まるパドブレ>

足の順番は普通にパドブレなんですが、入りを「INのCRAB」から始めます。
これ、ヒップホップでもちょっとリズムを変えて使いますので、練習して慣らしておいてねー。
ほんで、CRAB系のステップはね、

左右の移動しか練習しない人が多い
くすん ( ノω-、)

ので、色んな方向に進めるように試行錯誤しましょう!



<Circling>

ビバップで使う「サークリング」を練習しました。
これがINのCRABから始まるのでね、先のパドブレはこのための予備練習っす。
ヘ( ̄ー ̄)ノぶひッ♪

“自分の前にイメージした円の軌道に沿って”
まるーく1周する6カウントのステップワークです。
これね~、初めてやるとなぁ~んだかしっくりいかなかったりするよねー。僕もそうだった。
まーるい円にならなかったりしちゃうしさー。

続けてやってくうちにだんだん馴染んでくると思うので、まずは回数こなしましょっ!

今日は何人かの人の前に”円の軌道を確認出来るように” 靴を置きましたが、靴だとそれなりに大回りしなきゃなんで、ペットボトルとか、IPhoneとか、何か小さめな物を置いてやると良いねっ。
1~3&で円の半分(頂点)へ。
4~6で残りの半円で元の位置へ。

覚えたてのうちに左右均等!

に練習してねーっ!!これ大事やぞぉ~い!!
ミギモへ( ̄_ ̄へ)(ノ ̄_ ̄)ノヒダリモ


しかし、なんで映像、フレッド・アステアなんだろねぇ~。。。謎。
 

本日のサザエさん

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月15日(日)11時34分38秒
  日曜R&S>

Lucky Charmzの「Buy Urself A Friend」(2015)(DEEP HOUSE)♪

で、ハウスの予定です。
皆さん、踊りに来てね~(*^▽^*)☆彡
 

猿尻センセイのほそく(⊂(( ̄⊥ ̄))⊃)ウッキー!

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月14日(土)00時05分20秒
  金曜RIZE>

今日はパンキングやりました。
曲は、

Times 3 - Best of my Love [Club mix]♪
J.D. Hall - Wonder Woman (Instrumental)♪
B Team - Took It To Come Down (Neighbourhood Romeo Remix) [Super Hi Fi]♪





<本日のポイント>

「足を横にステップしつつ、”上半身だけ”を捻って、腰は正面に残す」

このカラダの使い方をマスターすることで、

捻りによるタメ
捻りによる反動


などが使えるようになります。
「捻りのピークで動作を止めちゃう」
やり方と、
「ピークで止めないで捻り続ける」
やり方があるんだけど、基本的には止めないで捻り続けるやり方を練習してねっ。
「タメ」や「反動」は捻り続けるやり方から産まれます。
(ピークで捻り続けるので、一見見た目には止まってるようにも見えますが、カラダの中では捻り(引っ張り)続けてますです。)

今日は露骨に止めるパターンと、露骨にタメと反動を使うパターンを見せたので、違いは分かってもらえたんではないかと思います。
(⊂(( ̄⊥ ̄))⊃)ウッキー!




☆キチンと捻りつつ、腰を正面に残すには☆

●軸足の膝を曲げて、しっかりと踏むコト
(軸足の膝とつま先は正面向きね。軸足がオープンに開いてしまうと、腰を正面にキープするのが困難になるよ)
●上半身の脱力を意識して、おへその辺りで捻るコト

この2つをゆーっくり丁寧に確認してくださいナ。
「どのくらい踏みしめてるのか?」
「どの辺で捻ってるのか?」

ね。

これがしっかり出来るようになると、見た目のカラダのラインも整ってきますよ。


今日はみんなかなりいい感じでこの使い方を理解、吸収してくれてたと思います♪
グッドグッド! (⊂(( ̄⊥ ̄))⊃)ウッキー!
この調子で引き続き練習してねっ。




<大事なコト>

こういうのはね、まずはシンプルな動作でしっかり意味を理解しつつカラダに馴染ませていく作業が必要だよ。
「振り練」ではなく、いわゆる基礎練というか地味練だよね。
慣れないうちはさ、振付の中で気をつけようと思っても、
「振りの順番」とか「腕の使い方」とか、
他にも気を使うコトがいっぱいで、出来てるのか出来てないのか、、自分では分からないケースが多いからね。

あとはそうだね、、、
僕のカラダのライン(形)をしっかりイメージに焼き付けて、同じライン(形)に近づけていけるように模索してみましょ。
(同じ形になるということは、概ね、体重のかけ方も同じになってるハズなので。)



<全体として>

未経験だった人達もだんだん慣れてきたねー♪
“上半身の脱力”や”素早い腕の扱い方”なんかはまだまだトレーニングが必要だけど、これ、時間もかかるからね、焦らずあせらず、引き続きやっていきましょう☆彡
(⊂(( ̄⊥ ̄))⊃)ウッキー!(⊂(( ̄⊥ ̄))⊃)ウッキー!


TIMES3は埋め込み不可でした。。リンクで。
https://youtu.be/cmB8hPJAV2g



 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月11日(水)23時40分55秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、All Good Funk Allianceの「Top Brass」♪


<基礎練>

・腰→ボディ→腕の振り回し
・上に腕を開く時の、腕の捻り
・足を横にステップする時のボディの捻り




<腰→ボディ→腕の振り回し>
足はしっかり踏みつつ腰を安定させて、その分上半身をリラックス。
下から順番に動作(チカラ??)が伝わっていく『体内時間差』を意識しながら丁寧に練習してねー。
(ゝω・*)b


<上に腕を開く時の、腕の捻り>
1:腕を胸まで繋げるため
2:腕をより長く見せるため
3:ケガ防止のため


3つの「~のため」が入った動作だよ。
基本的には『美しいラインを作るため』なので「1」と「2」がメインなんですが、この動作が苦手でショーケース中にちょくちょく肩を脱臼する人もおりました。
Σ( ̄ロ ̄lll) Σ( ̄ロ ̄lll) 
なので、「3」も頭に入れておいてねー。

ん~、「腕の絞り」って言ってもいいんだけど、「絞り」って言うと必要以上に力んじゃいそうな気もするのでここでは「腕の捻り」って言っとこうかな。
僕のカラダの感覚では、

適度な脱力をベースにした、胸へ繋げつつ腕をより長く見せるための絞り引っ張り

ってな感じです。
わーお、文字にすると超ムズ~い!!w
w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w



<足を横にステップする時のボディの捻り>
「腰→正面、胸→正面」では作れない、

捻りのチカラを生み出す

基本動作のひとつだよ。
この”捻り”が、

振りの勢いも作るし、
捻ってる間のタメも作るし、
戻るチカラ(次の動作へ移るチカラ)も作ります。
(スイングやシェイクもまた然り。)


さらに言うとですな、、
(今日は小難しい文字の説明多くてゴメンね)

「腰→ボディ→腕」の時間差と、この「捻り」を合わせるコトで、

下(足裏)から上(腕)へ上がる"螺旋のチカラ"

が産まれます。ぉお(゚ロ゚屮)屮(体内感覚を言葉にするとこうなりますです。)
ま~、なんとも抽象的ですみませんな~。。
(*_ _)人ゴメンナサヒ


まぁ、手始めには今日僕がやったような、

上半身捻り+開いた足の側の手で股間隠し
(●´艸`)フ゛ハッ

しながら、『ボディに腰がもってかれないポジション』をチェックしてみてくださいね~。




<ターン>
『腰を回す』!!
『速く見る』!!


まずはこの2つを意識して練習しましょう。
経験者の人は、それに加えて、(ああ、またもや抽象的な文字での説明になりますが、、)

中心にまとめる .:♪*:

というか

軸を細くする .:♪*:

というか、、、

そういう意識を持てるようにしていきましょ。
(これは全然スタートクラスのレベルのお話しではないので、また機会があったら説明しましょ。)

なんせターンはやり込んだ数がモノを言う(ダブル・トリプルくらいまでは)ので、
ヒマを見つけてはクルクル回ってくだしゃんせ♪


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月 8日(日)18時47分18秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、B Teamの「Took It To Come Down (Neighbourhood Romeo Remix) 」♪



<基礎練>
・腰→ボディ→腕の振り回し(横)(前後)
・腕を振って手首をロール


「腰→ボディ→腕の振り回し」は、
両足、右足、左足、どの体重の乗せ方でもやってねー。


<腕のパターン>
・顔の前→真上→頭の後ろ→真上→肩→下ろす

顔の前にセットした腕が、「顔の前を通って真上に上がる」軌道を通るように気をつけませう。
ヾ(゜v ゜*)ノ


・右腕を上から後方へ、左腕は肘を上げて前へ。

上半身が右へ回転するので、腰が持ってかれないように右足をストレートに出して(オープンで出しちゃダメよん!)腰を正面にのこしましょっ。
伸ばした腕は小指で絞って腕を捻り、腕の延長ラインが”胸までつながる”ように使ってね。
ヾ(゜v ゜*)ノ


・片足上げのボディ捻り+反りのアクセント

カウントの「4」に合わせて、短くて強めなアクセントを取りたかったので「反り」を加えました。
まずは「膝を落として腰で反る」を。
慣れたらそれに「上半身のアップ」を加えて、

上半身と下半身の捻り合い
膝の抜きと腰の反り
上半身のアップで、膝は落としつつも上半身は上へアクセント


と、3つの要素を同時に使えるように練習しましょ。
ヾ(゜v ゜*)ノ



<全体として>

1エイト目から、ステップの体重移動に苦戦しましたねー。
(2エイト目の「5、6」のトコもね。)
(;´艸`)ぁぁぁ
最終的にはなんとかクリア出来たようなので良かったっス。
オッケー☆⌒c(´∀`)ノ


 

本日のサザエさん

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月 8日(日)12時13分44秒
  日曜R&S>

B Teamの「Took It To Come Down (Neighbourhood Romeo Remix) 」(2007)(Breakbeats/Electro)♪

そんなに速くなくベースの効いた曲で、パンキングの予定です。
皆さん、踊りに来てね~(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月 6日(金)23時58分3秒
  金曜R&S>

今日は、シェネターンやりました。
曲は適当♪

ターンはね、気をつけなきゃなんないコトがたーくさんあるので大変だけど、まず今日は基本的な事をネ。


<慣れてない方>

・しっかりルルベアップして、踵が落ちないように。
・一本のラインの上を進んでいけるように。
・進行方向にしっかり目線をつける。

(慣れてきたら進行方向じゃなくて正面に目線を付けることもしますよ)

まずはこの3つに気をつけながら練習してねー。
(o≧▽゚)oニパッ



<経験者の方>

・「回転」「開き足の着地」「軸の移動」を速くして、1回ずつキチンとリセットする。

これはそういう教え方をされてないと、どういう事か分からない人も多いので覚えておいてねっ。
d(^^*)



<オマケ>

カラダの実感として分かるのはまだまだ練習した先のお話しであろうとしても、説明と見本(僕自身随分と久しぶりなので美しい見本ではありませんでしたが、、)で一応は、

シングル、ダブル、トリプル、フォース、、
それぞれの概念。


は分かってもらえたんじゃないかなと思います。

シングルを3回とトリプルは違うし、
シングルを4回とダブル2回も違うし、
シングルを4回とトリプル1回+シングル1回も違いますやね。
チガウヨネ!(。・ω・)σ)´Д`)プニッ♪


理屈で分かったなら、後はそこに近づけていけるように練習していきませう。
とは言いつつも、本来ならばキレイに回ろうと思ったら、

そういうコトが出来るようになるためのエクササイズ

から始めなきゃなんですが、、、(;-ω-) ム~、まぁそれはね、またチャンスがあれば紹介するとしましょ。


という事で、またリクエストや機会があれば、こういうのもレクチャーしますよ~ん☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月 4日(水)23時26分51秒
  水曜すたくら>

今日はヒップホップやりました。
曲は、B-Real, Busta Rhymes, Coolio, LL Cool J, and Method Man の「 Hit 'Em High (The Monstars' Anthem)」♪


今日は名前のあるステップの練習でした。
「Gucci」「Stomp」ねー。


<Gucci>
基本動作の練習と、足のバリエーションをいくつかやりました。
まずは、移動しない基本動作で、

・ボディの前後の動き
・ボディの向きチェンジ
・膝のアップダウン
・腕の準備と下ろし


これらのタイミングを合わせてちょ。
エンカウントをちゃんと意識しながらやんないと全部のタイミングが上手く合わないからねっ。
ヽ(oゝω・o)-☆  ねっ!!!


その上で足捌きのバリエーションに進むのが本当はいいんだけど、今日はイッキにバリエーションまでやったので、各自で復習してカラダに馴染ませてね~。

・足なし
・両足同時移動
・片足ずつ踏んで→追っかけて→揃える
・ダウン(エン)で片足出して→アップ(オン)で揃える





<Stomp>
ニュージャックスイングで良く出てくるステップだね。
今日は前後に行き来するバージョン以外に、前に進んでくバリエーションもやりました。
前に進んでくバージョンは、固くもできるけども今日は柔らかい雰囲気の方で♪
立っている自分の”軸”を上から順番に前に出していくようなイメージでやると良いよ。
後はカラダと膝の柔らかいコントロールっす!


Stompはずっと同じ向きばっかりでやってるとすぐに飽きちゃうwので、
『方向転換』「腕の使い方」にバリエーションを持てると、とっても楽しくなるよ。
(*´ 艸`)ウフフフ
(ま~、、他のどのステップにも言えるコトだけれどもさ~)
なので、「習う」以外にも、どんどん自分でバリエーションを自作してって欲しいであります!



<全体として>
どちらもシンプルなステップなんで、

「熟練度」「どんな気分で踊ってるか?」

がモロに出ちゃいますですますですますです。。
((((*゜θ゜)ノノなのだぁ~♪
なるべく
”自分の気分がノレる曲”で、
”気持ち良く”、
“たくさん(何回も)”、

踊ってくだしゃんせ。
「振りとしてガッツリ気持ち良く」(しゃぁオラーっ!)も。
「ノリとしてラクラク気持ち良く」(ふんふんふ~ん♪)も。

どっちも味わってくださいねー☆彡



<訂正> (*_ _)人
Stompの向きチェンジのリズムバリエーションについて、レッスン中には、

「どういう曲の聴き方かだよー。」

って言いましたが、後から考えたら適切ではない言い方でした。

「(自分で)どういうリズムの持ち方をするかだよー。」

の方が適切ス。
なのでここで訂正。ごめんちょっ!
(人;´Д`)すまヌかった!!

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月 1日(日)21時10分26秒
  日曜R&S>

今日はヒップホップ風フリースタイル??
(でもそう意識しなかったらもっと違ってただろうから、一応はヒップホップでいいのかな。)
をやりました。


曲は、Kirk Franklinの「I Smile」♪
元は牧師さんで、ゴスペルミュージックにヒップホップやR&Bなどの要素を取り入れ、
アーバン コンテンポラリー ゴスペルというスタイルでスターになった人であります。


「大きいカウントで強く踏む」ノリ
っていうテーマでやりました。

“軽快に”でもなく、単純に”力強く”でもない、
わりと”タメ感”たっぷりなこの感じ、、。
「これはこれで気持ちいいよねー。」
 d(´▽`)b
って思ってもらえたら嬉しいです。


「強い踏み」と「膝の余韻」をベースに、
ズゥーン♪ズゥーン♪って踊っていけたらいいねっ!

ある程度ゆったり目なBPMの曲の時に使いたいノリです。
逆に、「どの曲ならこのノリが使えそうカナ??」(´∀`)っていう視点であれこれ曲を聴いてみるのも面白いかもねっ♪



膝だけでは「重さ感」は出ても「柔らかさ」に足りないかも知れないので、
両足の膝はもちろん、ボディもリラックスして使いたいところでありますやね。


クラブやバーでノル分にはこのノリだけでも楽しいんだけども、
ダンスのレッスンとしてはそれでは物足りないだろうという事で、

踵で回るターン

少し細かい振り


なんぞも入れてみました。


なんせ「カウントの間の広い」振りやステップは、その音の取り方をどうイメージするか
ぜーんぜん変わって見えちゃうので、今日みたいなノリも是非とも覚えて、使って欲しいでありますです☆彡

レッスンでいきなり聴いて踊るのと、あらためてヘッドホンで曲を聴いてイメトレするのとでは
多分違う感覚があると思うので、なるべくならヘッドホンで曲を聴いてみてね~♪






 

本日のサザエさん

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年10月 1日(日)12時05分38秒
  日曜R&S>

Kirk Franklinの「I Smile」(2011)(Urban contemporary gospel)♪

で、んん~、、ヒップホップというよりは、"ヒップホップの週だってコトは一応意識はしたのよ的なフリースタイル"w

ってな感じです。曲調も振りも一般的なヒップホップのイメージではないッス。

今日は、『大きなカウントで強めに踏む』ノリを楽しんでもらえたらな~、、でもずっとそればっかりでもなぁ~、、。
なんて思いながら振りを作りましたヨ。

気持ちのいい今日のお天気のように、気持ちよく踊ってもらえたら嬉しいデス♪
皆さん、踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月30日(土)00時16分57秒
  金曜RIZE>

今日は基礎練×基礎練でした。
簡単なステップでの「アクセントの出し方&小節の割り方」

パンキング イズミスタイル流「ウエスト誘導の素振り


曲は、PRINCEの「Sexy Mutha (Edit of Sexy M.F. Remix)」♪



<アクセントの出し方>

・強さで出す。
・高さで出す。
・カラダのパーツで出す。


あれこれありますが、”見ている人にもハッキリと分かるように”を心がけませう。

“ハッキリと分かるように”
というコトはね、

「狙ったアクセント以外のトコロで似たような紛らわしい強さ(高さ、パーツ)を入れない事」が大切だよ。
ヾ(´∀`)ソリャ ソウダヨネー
ところが意外とこの意識が足りなくって、狙ったアクセント以外のトコロにもアクセントが入っちゃって、見ててもドコ取ってんのか分からない。。
っていうケースがよくあるからねー。



<小節の割り方>

ワンエイトの8カウント(今日のリズムパターンだと4カウントを8分音符で8個が2回)をそのリズムパターンによって

色んな割り方でアプローチ

出来るとすごく良いんです。
d(゚∀゚。)デス!!
今日は、
「3」「3」「2」=8
「4」「4」=8

の2パターンで練習してみました。


今日のメンバーだと
「数えずにリズムで取りました~。」
っていう”フィーリング派”の人が多かったですが、フィーリング派の人は逆にカウントで数える練習も欠かさずネ。

こういうね、
「カウントの割り方のバリエーションを増やしたり」
だったりさ、さらには
「もっと複雑なリズムだったり」
「もっと間の空いたリズムだったり」

に対応するには、やはり数えられた方が有利ですからねー。



<パンキング:ウエスト誘導の素振り>

これは僕のパンキングスタイルの特徴的な基礎練です。
おそらく他にこんな練習をするパンキングの先生はいないと思います。
(中国武術や武道なんかではあるんだけどね)
まぁ、僕のスタイル自体が特殊っちゃ特殊なのでね、、。
(なもんで、世の中のパンキングがみんなこういう練習をしてるという風には認識しないでネ)

なんだけどもさ、これをマスターするとね、

カラダの中からうねるようなしなやかなムーヴが出来るようになれちゃう☆彡
d(*゚∀゚*)b゚ひゃっふーい♪♪

ので、僕的には、しっかり吟味しながら繰り返し繰り返し続けて欲しい基礎練なのでありますのよ。

「腰」→「ボディ」→「腕」の体内時間差感覚

「ボディや腕」の脱力感覚
を養うのにも、すんご~くいい練習だよっ。


練習を続けるにあたって気をつけたいポイントは、

☆足の踏みの実感と腰の安定
(土台がしっかりしてなきゃねっ!)

☆ボディと腕の脱力
(上半身の全部の関節をゆるゆるにしてるようなイメージで!)

☆「腰」→「ボディ」→「腕」の体内時間差感覚
(脱力が基礎になります。力んじゃうとパーツが繋がってしまって、時間差にならなくなっちゃうからね)


この3つを頭に置いて練習しましょ。
んでね、んでね、まずは、、

ゆっくりゆるーり でいいからねっ!! からねっ!!ねっ!!

日常生活でのカラダの使い方とは違うカラダの使い方だからね、まずは3つのポイントをゆっくり丁寧に”探って””感じて””把握する”事が大切だよ。
僕が書いた言葉の意味を、、自分のカラダで探る旅を! (=゚ω゚)ノ"☆
(●´艸`)旅テー、ブフッ!




初心者の方>
これが僕のパンキングスタイルの土台の1つだと覚えておいてね。
そうするとこの先、ムーヴや振付を見た時に、
「え?何がどーなってんの??」
(*´д`)??
とか、
「どう動いてんのか理解不能。。」
(*´д`)??(*´д`)??
ってコトが減るからネ。

パッやってパッと出来る感覚のモノではないので、時間をかけて取り組んでいきましょっ♪


経験者の方へ>
もうすでにパンキングのほとんどのムーヴは出来ちゃうレベルなので、あらためてこの基礎を「自分の土台の部分」に組み込んで(または自分の"引き出し"の中に入れて)、さらにパワーアップしちゃいましょっ♪
(●´∀`)ノ(●´∀`)ノ



わー、なんかお話しが重ぉくなってきたねー。
まーまーまー、リラックスしてやってちょうだいやー。
んでね、
「これでいいのんか??」
「これ、出来てんのか??」
などと迷ったら、いつでも聞いとくれやす!


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月27日(水)23時41分16秒
  水曜すたくら>

今日は、ジャンルなし。
『リズムを意識したビートアプローチ』
(小節の割り方)
(oミ゚ロ゚ミ)o(ミ゚ロ゚ミo)ズズチャカ♪ズズチャカ♪

をやりました。

曲は、PRINCEの「Sexy Mutha (Edit of Sexy M.F. Remix)」♪



“ダンスのなんとかという技”(名のあるステップ)
ではありませんが、こういうのも僕のクラスに出てくれている皆んなには、覚えて、使えるようになって欲しい、大きい意味での
“ダンサーの技”
でありますですよ。 ヾ(゜v ゜*)ノ YO★

こういう、

リズムやアクセント(またはステップや振付)によって色んな風に小節の割り方を変えてフィーリングとする
(σ・ω・)σするっ!

ってコトが出来ると、

カウントを数える必要がなくなったり、、
もっとアクセントが意識しやすくなったり、、
振り覚えが速くなったり、、

なーんていう効能がごじゃいますですのよ~!
((*゜ヮ゜)Φよー!!!




<その1>「カウントで数える」

つるっと数えると、
1&2&3&4&5&6&7&8&

だったね。
曲調の、8分音符(1&2&3&4&5&6&7&8&)が”ビート”
アクセントにした、「1、2&♪ 5、6&♪」が”リズム”だよ。

まず前提として大事なのが、

取りたい(狙った)リズムのカウントをちゃんと把握できるコト!


もぉ~、、これは必須だすよぉぉぉぉぉぉん。
(●´Д`)ノぉぉぉぉぉぉん
リズムのカウントを把握出来なければ、その上の段階である「どう小節を割るか?」には至れましぇんのです。
今日はケンちゃん、グッジョブでございました!花マルっ☆彡
(σ*´∀`)σハナマルッ!!



んで、、はい。アクセントをつけるには、、

・強さでつける
・高さや前後左右の向きでつける
・使うカラダのパーツでつける
・動き方でつける


などなどあれこれありますが、まぁ最初は「強さでつける」から習得してくのがいいかなっ。
「強さでつける」は、その他のやり方全部に上乗せして使えますからねー。




<その2>「3/3/2で分ける」

「1&2」「&3&」「4&」♪
「5&6」「&7&」「8&」♪


ダッ!つくつく、ダッ!つくつく、つくつく♪

今日のリズムに対しては、もっともアクセントをつかみやすい割り方だと思うよ。


☆ポイント☆
狙いたいリズムは、3つ、3つの「頭」なので、最後の2つの「頭」を強く取ってしまわないコトねー。





<その3>「4/4」で分ける。

「1&2&」「3&4&」♪
「5&6&」「7&8&」♪


こういう"割り方"だってアリよね~。
ネ─(。・ω-)(-ω・。)─♪

ダッ!つくつくダッ!、つくつくつくつく♪




<全体として>

こういうトレーニングが身に付くとね、フツーにカウントを数えててもその数えてるカウントの中に、

そういうリズム的なアプローチ

っつーもんが自然と入ってくるもんなのさね~、これが。。
そういうのがある人とない人の踊りでは、とーぜんのように、、見てても"リズム感"が違いますですよ。


はい。"リズム感"というモノを向上させるにあたってっすね、こういう、

小節の割り方からアプローチするリズムとアクセント のフィーリング♪

という方法も経験として貯金しときましょっ!!!




今日は、その1、2、3とも、「説明トレーニング用ステップ」と「振りっぽいステップワーク」と両方やりましたが、後者はちょっち意地悪問題であたふたしちゃいましたね。
ごめんごめん。 m(・ω・m)スマヌ

トレーニング用ステップの方で、しっかりと内容がつかめればOKです!

あえて欲をいうならば、、、今後の課題としてね、

右も左も、同じように使えるようにカラダをコントロールできるように目指していきましょ♪

かな~w


同じバージョンがなかったッス。。似たような別バージョンで。
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月22日(金)23時45分43秒
  金曜RIZE>

今日は、しごき教室wやりました。


<左右ボール投げ練>
「立った場合」・・・
体重の移動、腰の回転、ボディの回転、腕。

「座った場合」・・・
ボディの回転、腕。

ぜーんぶを意識しながら、出来るだけ左右均等にカラダを使えるように目指しましょう!



<アイソレ>
アイソレ連続打ちは、筋肉がグゥ~っと辛くなるまでやりませう。

"何回そこまでやれたか?何回それを乗り越えたか?"

の先にしか「適切な脱力」はありませぬよ。
やはり回数こなしてるのは比較的ラクに出来ただろうなので、上手く出来なかったヤツを練習続けていきましょね。




<腰に小さなゴルゴ13>
「カラダ全体の繋がり」「適度な脱力」で。
硬い棒では根元のパワーを先っぽへ動きとして増幅していきにくいです。
しなやかな「釣り竿」のようなイメージで。




<膝のリズム練>
VERY GOOD!!! (ノ゚▽゚)ノ (ノ゚▽゚)ノ 


<リベンジ・ザ・踊り感>
GOOD! (ノ゚▽゚)ノ 
「動き」だけじゃなくってね、このくらい

その動きのリズム

をイメージしながら踊れると良いねっ!
今日は単純なステップでやりましたが、
もっと複雑な動作や振付になっても同じだよ。



<おまけ>
ステップワークは、『リズムで組み立てる』
それにカラダが素早く反応出来るようになるために、これからもフリーステップ練、続けてちょうだいませませっ☆彡
 

ほそく(2カウントセックス、、きゃぁ~恥ずかしいっ!の巻)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月20日(水)23時38分11秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、mellow house mix rokc 2017

ハウスとしてはちょっとゆっくり目な長ぁ~いMIX(分くらいあります)なので、自主練に良いですよ~。
 (o´∀`o)


さて、今日はいつもと趣向を変えてですね、
「3つの簡単なステップ」「ラスト1エイトのステップ」を組み合わせて、

『自分で組み立てる』♪♪♪

をテーマにやってみました。


本当はね、ハウスに限らずどのジャンルでもこういうトレーニングをするのが上達にはとっても効果的なんだけども、ハウスは特にね、こういうのやって欲しいのでやりました。

ステップを覚える
振付を覚える


もちろんもちろん大事です。が、今日の練習は、

覚えたステップをどう使うか?

というトレーニングねっ。
ステップを、「覚えた」というのと「自在に使えるようになった」というのは別のレベルのお話しなので、今日のは後者になるための練習だす。
まずはね、そういうトレーニング法があるというコトを知ればOKだよ。
ハウスをやる上では、初心者の段階から知っておいて欲しい内容であります!!

すたくらなので簡単なステップ3つに絞りましたが、練習を続けてって色んなステップで出来るように目指したいっすね!!
♪(゚▽^*)ノ⌒☆



さてさて、いざ"自分で組み立てる"となると、

☆どうステップを続けるか?
☆今、何エイト目なのか?


どっちも考えなくっちゃなりませぬなぁ~。
その上で、最も大切な"ビート感""踊り感"も失ってはなりませぬ。
これはもう大前提だすですだすっ!

慣れるまでは考えなきゃなんないコトがいっぱいだすなぁ~。
(ノД`)ハァ
なので、各々で練習を続けてくださいね。




「今、何エイト目なのか?」=「小節の把握」
は、決まった振付を覚えるだけならそんなに気にしなくても大丈夫ですが、「自分で組み立てる」となるととっても重要な要素になります。


大きい小節の把握としては、"どこで終わるのか?(キリのいい所で終われるのか?)"に繋がり、

小さい小節の把握としては、"1エイト毎の中身でどうステップを繰り出すか?"に繋がります。


小さい1エイト毎の幅をちゃんと把握してるから、その幅にちょうどハマるようにステップを組み立てたり、わざと区切りをまたいだ組み合わせにしてみたり、というコトが出来て、
大きい小節の幅をちゃんと把握してるから、4エイト、8エイト、12エイト、16エイト、20エイトと楽曲的に区切りの良いところで終えるコトが出来るのでありんす。




そうね、これに関しては、、こういうトレーニングをしましょ。
12エイトや20エイト、、ぜーんぶ数える必要はまずはありませんッス。

☆1エイトの区切り
☆4エイトの区切り


この2つをまずはキーッチリと数えて数えて数えまくって、感覚で分かるレベルにまで出来るように目指しましょう♪

そうしたら、

8エイト→※1「4エイトまで来たら1度頭をリセットして、もう1回4エイト」
12エイト→※1の作業を2回リセットして3回分
16エイト→※1の作業を3回リセットして4回分
20エイト→※1の作業を4回リセットして5回分

ってな具合に4エイトというのを頼りにそれを重ねていけば良いのでありますよ。
まーね、そう聞いてすぐにパッと出来るモンでもなかろうとも思いますが、ちゃんと練習を続けていけば出来るようになりますので、

信じるかどうかはアナタ次第です!!
(・∀・)bbb☆ナノダ☆


ちゅーこっちゃねw
そういうトレーニングを続けていくとね、副産物として、

パッと曲を聴いた瞬間に4エイトを区切りとして、「今、何エイト目」♪
ってのが分かるようにもなります。

( ̄m ̄*)マジマジ


人間ってすごいね~。ホント。
出来るようになりたくなったら、練習を続けてねっ!!!



ダンスってね、やはり音楽ありきなので、ダンサーたるもの細かい音楽理論なんて知らなくっても全然OKですが、ある程度の小節くらいはちゃんと把握して踊っていたいものでありますですよ~♪


 

お・ま・け♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月17日(日)19時32分16秒
  今日の別の候補曲だったんスが、結局曲のトラックが弱いのでハウスのレッスンとしてはボツにしたんだけども、こんな雨の日の気分を解消するにはとってもいい爽やかな映像のMVだったので、MVだけ紹介しちゃいます。

こんなカラフルな街、どこの国なんだろ~♪


Sigala, Ella Eyre - Came Here for Love
 

ほそく(彼女とドライブを夢見て編w)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月17日(日)19時28分39秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、Chris Malinchakの「So Good To Me」♪
普段は聴くだけであんまり踊りでは使わないような曲調なんだけど、雨のせいか、今日はこの曲に気分がマッチしました。
σ(゚ー^*)σ(゚ー^*)

曲調に合わせて、(細かめなステップワークはあれども)あまりガツガツせずにゆるやかなイメージで作りましたよ。




しょっぱなの1エイト目からいつもならやらないような、

1エイト目全部が1カウントのステップ

から入ってみました。
この1エイト目でまず"気分&雰囲気作り"をして欲しかったので、大きいカウントにしました。
この1エイト目をどう踊るか?で、その後の流れにも気分的にも影響するんじゃないかな~って思いますヨ。


こういう大きなカウントはね、リズムの持ち方的に"遊びようがいっぱい"あるので、選択肢も多いですやね。
逆に何も考えずに「12345678」と踊ってしまうと、なんとももったいないこっちゃと思います。
il||li(つд-。)il||li
細かいステップやトリッキーなステップなんかは、ステップや振り、"そのもの"が魅せる要素になり得ますが、
大きなカウントでのシンプルなステップは、

カラダの使い方やライン、リズムの持ち方

という、どう踊るか?が魅せるためのとっても重要なポイントになると覚えておいてねっ!



<2エイト目>

いつまでもゆるいままではおれんじゃろw、ってコトで、ここは細かめにしました。
されど、跳んだり跳ねたりせずの雰囲気はキープしつつねっ♪
素早く体重移動しないと、あたふたしちゃうよ~。



<3エイト目>

休憩ドコロ♪ でも気を抜き過ぎずにネ!
(σ*´∀`)σ☆彡


<4エイト目>

締め。
前後ステップでも横移動。

「前後腰振り」「カリオカ」「引き上げて首でリズム」などやりましたが、どれも引き続き練習してね~。

どれもね、「腕の扱い」が雑な人が多かったので、腕もちゃんと意識していきましょね。

「引き上げて首を後ろでリズム取り」は、、、、。
圧倒的に出来てなかったッスねぇ。
(´□`川)ゝヵ゛-ン
多分そういう概念というか、動作のイメージがないんだろうと思います。
これはまた機会をみてやりましょう♪


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月17日(日)12時16分0秒
  日曜R&S>

Chris Malinchakの「So Good To Me」(2013)(DEEP HOSUE)♪

ゆるやかに心地よい系の曲調で、今日は雨気分で、"ゆるやかに踊るHOUSE"の予定です。
皆さん、踊りに来てね~(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月15日(金)23時55分49秒
  金曜RIZE>

今日はアップのリズム取りをあれこれ練習しました。
曲は、
MISIAの「つつみ込むように remix」♪
と、「Wobble Go-Go Remix」♪


アップのリズム取りはね、両足で立った状態でやるぶんにはそれほど難しくないんだけども、
"動きながら"とか"ステップの中で"使おうとすると、最初はこんがらがっちゃったりしますのです。
ガ━(゚Д゚;)━ンゴ━Σ(゚Д゚;)━ンギ━Σ(゚Д゚||;)━ン!!!

これはみーんな誰しも最初に通る道なので、盛大にこんがらがっちゃってくらさいっ!
そうやってだんだんと少しずつカラダが覚えていくもんっすよ~。
┫ ̄旦 ̄┣ ロボにやり!




<アップの基本>

「頭」「胸」「腰」「膝」
ぜーんぶを連動してバランスを取りましょう。

くれぐれもリラックス、リラックス!
力むとそのパーツが止まっちゃいますよー。
リラックスのイメージは、
「大きく深呼吸」(高尾山の新鮮な空気をすぅぅ~~♪です)
(*´∀`)スーハースーハー



<首の使い方 2種類>

「扉パカッ→新鮮な空気をすぅぅ~♪」
「扉パタン→閉まっちゃったムグググ」


胸から下はどちらも同じ使い方ですが、頭だけ2種類ね。
まずはこの2つを慣らしてくだされ。




<アップなしでステップすると、、??>

「見た目が変わる」のは当たり前ですが、ステップを全部、

"体重を落として踏む"

ことになるので、すごく疲れます。
(;´ρ`) グッタリ
上手にアップを扱えるようになることで、
"体重を落として踏む"
ではなく、

""体重を引き上げながら踏む""

っていうことが出来るようになり、それがステップに入ることで、

速く踊っても、長く踊っても、楽に踊れる!
ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノイヤッホー!
ってゆー利点があるのでごじゃるよ。



<オマケ練>

今日のステップはまた各々でゆるりと復習を続けてもらうとしてさ、、最後にやった、

「片足側アップ歩きあれこれ練」

ああいうのをたーくさんやって欲しいです。
(あんなに進まないで、ほぼその場でもいいのでね)

お部屋で、、
浴室まていく廊下で、、
地元駅からの帰り道に、、
スーパーの買い物中に、、
エレベーターで1人になった隙に、、
上司に書類提出しにいく時に、、
フライパンに蓋をして目玉焼きが焼きあがるまでの間に、、

ww。ちょっとしたタイミングに遊び気分でやってみましょっ。慣れるのが1番よんっ☆彡


「つつみ込むように」、、今日のREMIXはYouTubeにないので、DJ WATARAI MIX feat.MUROのバージョンで♪




 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月14日(木)00時39分44秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、Shalamarの「Right In The Socket」♪


<基礎練>
・腕を振りながらの手首クルクル
・手首と肘のコントロール
・腰→肩の前打ち
●腰→ボディ→腕の腕振り
(両腕を左右に振る、片腕を前後に回す)

「腰が安定して振れる"足の踏み具合"

「腰→ボディ→腕と、カラダに時間差を作って力を伝えられる、"カラダのゆるみ(脱力)具合"

っていう一見矛盾してるような「力の入れと抜き」を同時に扱う事を意識するのが大切だよ。



しっかり踏めてないと腰の動きにパワーがなくなるし、
( ̄Д)=3
しっかり緩めてないと分割して使いたいカラダがくっついちゃう。。。
( ̄Д)=3( ̄Д)=3



でもね、そういうコトを理解して練習していくと、それは「矛盾」じゃなくって、
「そういうチカラの使い分け」とか、
「そういうカラダの持ち方」として、


カラダ使いのひとつのバリエーションとして自分のものになるので、カタチにこだわるのはまだ先の話でいいので(レッスンなどでも修正していくのでね)、まずは丁寧に自分のカラダを探ってくだちゃい。

"力を抜く"ってのは、とっても難しいっス。



「反復」と「熟練」を頼りに、
「思考」と「気付き」を繰り返しながら、




練習してってくださいね。
(´・∀・)ノ゚ネ!

腕でババババ振っていくムーヴ、
力でガッガッと止めていくムーヴ、
は、あまりそんなコト気にしないでも出来ますが、

しなやかに振っていくムーヴ、
ボディを分割してガチャガチャに使ったり、時間差でブルブルしたりするムーヴ、
では必要不可欠ですのよぉ~ん。



<コンビネーション>

今日のポイントは、2エイト目「6」後の右腕の振りかなっ。
d(ゝω・*)b

・腕で。
・ボディから。
・腰から。


3段階に手順を追ってやったので、
「どう腰が動作を誘導するのか?」
わりと分かりやすかったんではないでしょか?
(そうでもなかったらゴメンねぇ~)


これがね、"踊りながら"ってなると、今日みたいにステップして、

"軸足をチェンジしながら"
(体重移動をしながら)


やるコトになるのでね。
色んなパターンを
「両足立ちで」
「右足一本立ちで」
「左足一本立ちで」

ちゃんと3つの立ち方で練習した人が圧倒的に強いのでありますですよ。
フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!


あとはね、

ステップの2カウントのリズムが弱くなったり、
メインじゃない方の腕の構えがなくなったり、


しちゃうのがわりと多いね。
ステップは意識するとして、腕は、
どのパターンは構える、どのパターンは構えない、っていう判断はある程度経験をつまないと難しいのかもね。

なので基本、

両腕同時じゃなくって片腕をメインに使っている時は、反対側の腕は構える

っていう風にしておくと間違いないっスよーん♪






 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月10日(日)23時52分49秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Mandrillの「Can You Get It (Suzy Caesar)」♪


<基礎練>
「足の踏み/腰から始まる腕の動き」

練習用にシンプルに大きくしてますが、僕はこういう感覚で踊ってますヨ。
σ(゚ー^*)
(もちろん他の技術もたくさん使ってるけどね。)
レッスン中にもつぶやきましたが、ああ、、
パンキング、21年踊ってて20年教えてますが、このレクチャーを10年早く見つけたかったス。。。
o(TヘTo) くぅ
まぁでも今見つけられたのもそれはそれで良しとしましょ。


足の踏み+腰

ボディ

(肩甲骨)腕



と、動作を"時間差"で滑らかに繋げていく。
腕は背中から脱力してカラダの流れについていく。



なのでね、「腕の動作のカウント」よりももう少し前からその動きは始まってます。
「腕で踊ろうとしちゃダメ!」
ヽ(#`Д´)ノダメアルヨ
っていうのはそういうコトねっ。


「腕をどう扱いたいか?」
でそれを腰が誘導しますが、今日のパターンみたいに、

「腰の順番(流れ)に合わせて腕を変化させる」

ってコトもしますよん。
また今後も基礎練としてやりますが、各々で色んなパターンで試して欲しいです。
今日のはあくまでもひとつのパターンねっ。




<コンビネーション>

頭の2エイト目で上手く曲に入れれば、残りのパンキングも気分良く出来るだろね。

3エイト目はちょっと細かい組み合わせだったけど、ステップのオンカウント、
「うん、あー、うん、あー、~」
を見失わずにベースとして、その上にカラダや腕のタイミングをのっけていければいいね。

脱力
流れ
足の踏み/腰からの誘導

を意識しながら、イメトレ復習して欲しいでありまーす☆彡


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月10日(日)11時10分49秒
  日曜R&S>

Mandrillの「Can You Get It (Suzy Caesar)」♪(1977) (FUNK)

で、パンキングの予定です。
皆さん踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月 9日(土)00時14分37秒
  金曜RIZE>

今日はパンキングやりました。
曲は、Shalamarの「Right In The Socket」♪



<リズムトレーニング>

「1&」「3」「5&」「7」
たまたま規則的な配列になったので、今日は楽チンでしたね~。
L(´▽`L )
なので、8分、4分だけじゃなくって16分音符取りも入れてみましたヨ。
右手からスタートしたら、アクセントを取るのは全部右手になります。
自分練としてまたやってみてね~。



<腕の脱力トレーニング>

チカラを入れる事よりも"脱力"する方がずっと難しいです。
足の踏みや体重移動、腰、ボディなどを使って、腕を脱力した状態でブン回せるように練習を続けてねっ。

本当はこれはこれだけで1時間くらいレクチャーしたいトコなんだけどもね、、
中国武術の腕の脱力トレーニング「輪臂功」という稽古法からヒントを得て僕のパンキングスタイルに必要な動きを加えた脱力トレーニングです。
(゚▽^*)ノ⌒☆




<パンキング>

細かいトコはさておいて、皆んなだいぶ慣れてきたね~♪ よかよかっ!
\(^▽^*)よかよか~っ(*^▽^)/
腕と足の順番でこんがらがっちゃうコトもあるけど、それは続けてけば慣れてきますのでご安心して良いです。


今日のポイントになったのは??

2エイト目「すりぃえんふぉっ」の
「両腕を下から上まで上げてく動き」

「ボディのシェイク5発」

を合わせるトコロ。

"ボディシェイクの1発目のアタックを腕の始まりのキッカケにする"

っていうのが重要なポイントです。
でね、慣れてきてその「1発目のアタック」がしっかり取れるようになったらば、
せっかく取れたそのアタックを消さずに持続してシェイクしながら腕を上げでいけるように目指しましょう。

チカラが抜けてきて、腕(もっと細かくは肩甲骨)とボディが分離してくればもっと楽ぅ~に、そしてスピーディに出来るようになりますよん。


3エイト目「4~5~6」のナンバ進みもね、腕よりも、

「いかにカラダで上手くもってくか?」
(繋げてくか?)

って考えるのがいいと思うよ。

スムーズなカラダと重心の「流れ」があって、それに腕は「後からついて行く」ていう位の捉え方でもオッケーっす。




<そしてそして、、>

何気になにげな、1エイト目の「横ステップ」。
( ^-^)σε=ε=ε=ヘ(* - -)ノ

膝に歌感がなかったり、、
腕がだらんとしたままだったり、、
ボディにリズムがなかったり、、


という感も見受けられやしたねー。

こういうのはね、"遊び"(これ大事よ)として、部屋であれこれ試したり、
ランナーズハイじゃないけども、
"ある程度の長時間"やり続けて色んな気持ちの良さを見つけるのをオススメします。

そういう下地もね、意図的に作ってくようにしないと
「ここは好きにやっていいよ~ん」
って言われた時に苦戦しちゃいますですよぉ。






こちらはLIVEね♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月 6日(水)23時27分55秒
  水曜すたくら>

今日はヒップホップやりました。
曲は、B-Real, Coolio, Method Man, LL Cool J And Busta Rhymesの「Hit Em High」♪
この曲、トラックとフローが気持ち良くってアガるよね~。
ヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノ


今日は名のあるステップ、「Brooklyn」を練習しました。
「Arrow(弓)」って呼ばれる事もあるみたいだけど、僕はあんまりそう聞いたコトないッス。

「両足とも地面から離して同時に開き閉じ」
するタイプもありますが、僕は、ほぼほぼ、
「片足の踵で全体重を支えるタイプ」
を使います。


-y( ̄Д ̄)。oO○プハー
思えばね、ストリートダンスを始めた頃にこのBrooklynとCrabを山盛りやり込んだおかげで、その後のダンスキャリアで「踵で立つ」コトに苦戦することがほとんどなかった気がします。
そして踊りの中で踵体重を使うことも多くなりました。


そういう意味ではね、ヒップホップのステップの中では、このBrooklynは必須でやり込んで欲しいステップとも言えるかな。
"ただBrooklynというステップを踊る"だけではない恩恵のあるステップだと思うのであります。

「片足」+「踵」ってね、バランス感覚も含めてやり込みが必要なので、続けて練習してね♪




んで、今日は、

1:真横に引っ張る
2:上半身のアップを使って引っ張る
3:裏拍から入ってアクセントを逆にする(上向き)
4:上から下に向かって落とす
5:カラダの向きを変える


の5種類を紹介しました。
振りに入れたのは「2」「3」「4」ね。
ひとつのやり方に限定せずに、いろんなバリエーションで練習して欲しいっす~。
(●´Д`人´Д`●)



僕なりのスタイルのこだわりとしては、

☆軸足のスムーズな回転と、膝が自在に扱えるコト
(膝の自在さはダウンやアップの自在さ、そしてリズムのバリエーションに繋がります)

☆上半身の自由さとカッコよさ 
(手足だけでなく、ボディで魅せられるコト)


の2点だよ。そこらへん、受け継いでくれたら嬉しかばいっ!!
(*ノωノ)バイッ!




「上から落として戻すタイプ」の時に、ゆ~っくり時間をかけて丁寧に自分のカラダ全体の感覚を意識しながらやる練習をしましたよね。
これは、ダンスでやる人を見たコトはないけども、武道や古武術などではよくやられる稽古の仕方だよ。

カラダ全部のパーツの動きや角度、繋がり、タイミング、体重の感覚 、そして一連の"流れ"

など、"全てに神経を通して"自分のカラダを探ってね。
(いないと思うけど、「ただ時間をかける」、、と受け取った人は大間違いだよ)
今日のBrooklynに限らず、自分がマスターしたい動作に関しては是非やってみて欲しいッス。


仮に「1動作1カウント」だとしましょう。
その1動作(1カウント)を

「30秒かけて吟味研鑽してる人」
と、
「何も考えずに1カウントでやってる人」
とでは、

同じ1カウント1動作でも、その中に詰まってる情報量と全然違うレベルというか次元のものという事であります。

まぁ、ただじゃぁ何もかもゆっくりやりゃいいのんかってもんでもないんで(感覚と意識の問題ね)、全部が全部じゃないけども、「これはモノにしたい!」ってMOVEに出会った時は是非やってみてね~♪





マイケル・ジョーダン様の映画、「SPACE JAM」の曲だったのね~。
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月 3日(日)18時50分58秒
  日曜R&S>

今日はヒップホップやりました。
曲は、All Saintsの「Whooping Over You」♪


ヒップホップでもR&Bでもないような曲調でしたが、なぜか今日はこれがヒットしちゃいました。
振付もノリよりは"アクセント取り重視"な感じでした。
気を抜くとオールドのノリが出ちゃいそうになるなぁ~っても思ってたら、、、
lady Marmaladeの曲調に心なしか似てるんだね~。
(´ω`*)ア~




<1エイト目>
「3&4(胸→頭→頭)」をアクセントにして、「5~6」を経て「7&8」でキメましょ。
(o≧▽゚)o


<2エイト目>
下半身を右に振って戻すトコは、上半身がつられて動いちゃわないように、
少ぉ~し逆方向に引っ張るくらいの気持ちでやると良いよ。
もうひとつは、お腹の脱力で上半身と下半身を分けちゃうコトかな。

「&4&」とカウントが続くので、「5~6!」で間を空けてあげれるといいねっ。
♪(゚▽^*)ノ⌒☆



<3エイト目>
2エイト目「8&」からシンコペーションで始まるステップにアクセントを1つ2つ3つ4つと足してくリズム遊びを入れました。

アクセントの数が増えると手と足の動作が重なるので、

どこで何拍重なるのか??

を素早く把握するのがポイントだす。



もうひとつのやり方は、ステップをフィーリングに任せて自動操縦にしちゃって、思考をアクセントだけに使う。
(これは慣れや個人差があるだろうね。。
でもそういうやり方もあるってコトを知っておけば、そこに到達した時に、
「あ!出来るようになったっ!!」
ヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノ
っていう気付きと喜びがあると思うよ♪)

これは"振りとは切り離して"リズムトレーニングとして
「1つ」「2つ」「3つ」「4つ」
をあれこれ配置を変えてやってみてね~。
いい教材になるよっ!



<4エイト目>
3エイトまで作って、
「ん?ちょっと振り的に物足りないかなぁ~。。」
(。´-ω・)ン?(。´-ω・)ン?
とも思ったので、「1」から続けて「6」まで押せ押せにしてみましたよ。

リズム遊びの最後から間を空けずになだれ込んでく

のが振り作りの意図っす。 v( ̄∇ ̄)ニヤッ
振りに沿った体重移動&カラダの向きの流れを把握出来ればスピーディにやるのも苦ではないと思います。
"手と足だけ"でやってしまってはあきまへんえ。

ボディの向き&体重移動+肘でのアクセント

で踊れると良いであります。
レッスン中も説明しましたが、「2」と「4」でアクセントを出したいので、その前の動作を、

カタチは作りつつもチカラは抜いておく

のが大切だよ。
どこがアクセントなのか見えなくなっちゃうからさっ。



目指したい音感(リズム感?抑揚?)
動作のスピードの差
動作のチカラの使い方の差

の3つそれぞれを再検討して、イメトレまたはマジ復習してみてねっ!
なんなら「6」までは、「2」「4」「6」以外はノーアクセントにしてとりたい「2」「4」「6」をもっと際立たせちゃっても良いよぉ~☆彡


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月 3日(日)11時33分15秒
  日曜R&S>

All Saintsの「Whooping Over You」(2000)(UK POPS)♪

で、ヒップホップの予定です。
オールドヒップホップやノリ系な感じではありましぇん。

皆さん踊りに来てね~(*^▽^*)☆彡
 

お・ま・け

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月 1日(金)23時49分43秒
  今日はロック ステディをやりましたので、ヨシボーさんとKENZOくんのレクチャーも貼っときましょか♪




 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 9月 1日(金)23時45分8秒
  金曜RIZE>

今日は、オールドスクール風フリースタイルやりました。
曲は、koffee brownの「weekend thing」♪


名のあるステップは、最後の「ロック ステディ」。


<ロック ステディ>
「腰」と「上半身」をズラして使いながら、左右に移動します。
(スタイルによってバリエーションは様々ですヨ)

1:出し足+腰

2:上半身が追い越す

3:追い越された腰が追い付く(そして更に越す)




☆練習その1
両足は開いたままで、腰、上半身、腕の動きとタイミングを練習する。

☆練習その2
足を閉じた状態から、「1」で足を開いて、「3」で閉じる

☆練習その3
「3」で閉じた足を"太ももから上げて"(つま先はフレックスね)「1」に入る

この3ステップを順番に練習してってくらさい。
何気にね、腕や背中の使い方も大切だからしっかりと意識しませうね~♪
(∀・)ネー☆



<全体として>
曲調の"ゆったり感"というか"心地良さ感"を出しつつ、キメるとこはキメるという抑揚が出せるといいねっ!
1エイト目、2エイト目のボックス、4エイト目のロックステディ前のステップなんかで"ゆったり感"フィーリングを持てるといいかな。

2エイト目のボックスとか、4エイト目の前後ステップなどのシンプルなトコね、
そういうトコこそ気を抜かないで、

雰囲気を出すべきポイント
(●ゝω・)━☆

にしなきゃあきまへんよ~。
1エイト目なんかは、ステップが細かくなった時に上半身や腕がつられてアセアセしちゃわないように、ゆったりとリズムキープ出来るといいね。
アイソレ練とリズム練の成果がモノを言いいますよっ。

大人クールな雰囲気をイメージして踊れたらイイね♪
曲を聴きながらイメトレ復習してみてねっ☆彡






こちらはMVね♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月30日(水)23時39分42秒
  水曜すたくら>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、Soul For Realの「Never Felt This Way Before」♪


<リズム練>

5週目だったので普段はやらないリズムトレーニングをやりました。
ププッ ( ̄m ̄*)

まずはキチンとカウントを数え続けるコト!

これが大前提です。
それでも見逃したり崩れたりしちゃうのはね~、、、

ただカウントを数えてるだけで、それが自分の中で"リズムになってないから" !

っていうのが大きな要因だよ。
(それでも正確に数え続けられればひとまずは崩れはしないんだけどもね)
なので、まずは集中して数えるコト。
でもってその先の目標としては、


カウントをリズムや歌などに置き換えて、「数を数える」じゃない方法に変えるコト。


、、これが出来るようになるとね、ただリズムのタイミングを覚えるだけじゃなくって、

そのタイミングの合間を歌える ♪

ようにもなります。
踊りを踊っていても、「カウント感」以上の「歌感」を出せずに苦戦している人もこの練習をオススメします。
「数える」ではなく「歌える」を目指して続けてくだちゃい。
(ノ∇ ̄)ノララリララァ~


同時にさ、ベースとしてキープするビートは、
まずは8分音符

次に4分音符

さらに16分音符


3つともやって欲しいです。
3つともやっておくコトで、色んなジャンルや速さの曲で、ベースとなるビートに対応する事が出来ますからねー。

やり方さえ覚えたなら、ヒマな時間に自分練としてやってくださいねっ!
(やれよぉ~、、やれよぉ~、、、ほんとにやってちょうだいよぉ~w やった者にしか到達できない世界だぞぉぉ~ww)


<振付>

1エイト目は、
「ダウンアップに合わせる上半身と腕の使い方」
全身をバランス良く使って、ゆったり感が出せるといいねー。


2エイト目は、
「腕&腰&ステップ」


3エイト目は、
「ステップワーク」
「2」と「4」でアクセントを取りましょっ。


4エイト目は、
「2」と「4」と「6」のアクセント。
「肩→肘」はウェーブでも使いますので、必ずマスターしてねん。

ノリ系や勢い系の踊りを踊る時とは区別して、繊細にカラダを使いましょ。
(ノリ系や勢い系が繊細じゃないってコトではないんだけどさ)

「最後に1エイトだけ」ヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ
と思ってこの振りを入れたので、全体を通しての感じはちょっとチグハグになってますw
先の3エイトからの流れでそのまま突入するんじゃなくって、4エイト目はガラっとフィーリングを変えて踊るのが良いと思うよー。

僕自身、4エイト目(正確には「6」まで)はそれまでの3エイトとはカラダの持ち方(フィーリング)を変えて踊っています。
ああ、、、これ、レッスン中に説明しとくんだったなぁ~。。しくったわい。。
o(TヘTo) クゥ


まぁレッスンとしてはね、こういうちょっとムチャな流れの変え方もトレーニングのひとつにはなるかな。。
いや、なったら嬉しいナ。

「何を言ってるのか、、さっぱり分からん。。」
o(゚◇゚o)ホエ?
という人もいるかもしれないね。"すたくらレベル"ではないお話しだすからね~。

いずれキチンと分かるように導きますので、安心してついてきてね~♪





MVは「埋め込み不可」だったので、URLを貼っておくね♪
https://www.youtube.com/watch?v=OqqSME1uyRY
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月27日(日)18時25分27秒
  日曜R&S>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、wyolicaの「さあいこう」♪


ゆったりとした曲調でしたが、それゆえに
"それっぽい雰囲気"を出すのもなかなかでしたね。

1エイト目のようなシンプルなムーヴも、
カラダの色んなパーツを使って
カラダの中で充分にカウントを使って

踊らないと、ほんとにシンプルになってしまいます。。。
(´ε`*)
(一概にそれが悪いというコトでもないですけどネ)

どのタイミングでどのパーツをどう、、。
というほど振付的なものでもないので、
どういうフィーリングで聴いてどうカラダに出すか?
が、大事なのかもしれません。
これはその人の性格や、曲への入り方が大きく出るので、色んな人の踊り方を見て欲しかったんだけど、、残念ながら今日は少人数でごさった。。
。・゚・(ノД`)。・゚・(ノД`)



<胸のロールに合わせてカラダの向きを変える>

胸のロールのタイミングに合わせた左右の足の体重移動を把握して、スムーズにカラダの向きを変えましょう。
今日の振付では、あんまり速くや力強くでなく、なめらかにやれたら良いかなっ。
☆ミ(>ω・)b



<リズムハメ>

カウントではよけいにややこしくなってしまうので、音で覚えてもらいました。
こういうのはたくさん経験して、慣れていくしかないよねぇ~。


<全体として>

カタイとか強いってのは出しやすいので、やはり、柔らかさとかゆるやかさを出すコトを意識して、あれこれ織り交ぜていけるといいねっ♪
ひきつづき研究を~っ☆彡


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月27日(日)10時23分5秒
  日曜R&S>

いいお天気になりましたネー。
今日は、

wyolicaの「さあいこう」(2000)(J-R&B)♪

ゆるっとした心地よい曲調で、
ノリ系MOVE のち ちょっと細かい動き 一時 リズムはめ 時々 ノリ

みたいなwFREE STYLEの予定です。
リラックスして踊りませうよ♪

皆さん、踊りに来てね~(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月25日(金)23時56分56秒
  金曜RIZE>

今日はパンキング研究会、発動しました。
あまりにもマニアックな内容で参加者しか読んでも分からないと思いますので、忘れないように忘備録として項目だけ書いておきますね~。

<腕腰胸の連動>
ステップの縦 or 横と、捻りの向きに注意


<ショルダー/ウエストスタート 前打ち>
肩の引きを意識
【NEW】肋骨ひっぱり打ち/ひっぱりタメ打ち


<ショルダー/ウエストスタート 上打ち>
腰のアタックの強化
上に打った肩の解放を速く
【NEW】肋骨ひっぱり打ち/ひっぱりタメ打ち


<ステップが前の捻り>
腰を正面に対して平行に保てるような"絞り方"
(上半身の捻りに腰が持ってかれないような、お尻と内ももの絞り方)


<ステップが横の捻り>
【NEW】「上半身」と「腰」と「股関節」、3つの捻りを把握する


<正拳突き 腰練>
「腰と腕が同時」
「腰からの腕」
「腰の戻しの"締め"&腕」
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月23日(水)23時22分8秒
  水曜すたくら>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、TLCの「Diggin' on you」♪


<今日の課題>

「腰を振りながらの体重移動」

両足に乗って腰を振る
左右どちらかの足に乗って腰を振る


っていうのはOKだと思いますが、

腰を振りながら左右の足の体重を移動する

っていうコトもダンスでは必要になってくるので、ひきつづき練習してねっ。
ヽ(oゝω・o)-☆



腰の振り→前後/左右/ナナメ/ロール
足の開き→前後/左右/ナナメ/ステップしながら


どの組み合わせでも出来るような基礎練を目指すのが理想よねー。
(・∀)(∀・)ネー☆
「体重の移動」はね、細かくは色んなやり方があるんだけども、基本的には、

『頭の位置を移動させて重心を誘導する』

っていうのを意識すると良いよ。
左右の足の立ち位置が変わんなくったって、頭の位置が変われば"中心軸"は移動するからね~。

スムーズに行うには、
「膝の使い方」
「体重をかける側の足の踏み方」
なんかも関わってくるから、振り練ではなく、"基礎練"として、
タイミングや角度、体重の乗せ方などを研究してみるのをオススメしますよ。
(レッスンではどうしても充分に練習する時間のないまま振付に突入せざるを得ないからさっ。)
なんとなく振りで出来ちゃった人でも、

「角度」
「タイミング」
「踏みにかける時間と強弱」
「自分なりの音感」

まで意識するにはレッスン時間内だけではとうてい至れませんアルヨ~。
(ノд`@)エエ、エエ、ソウデショウトモ。。。
「バリエーション」まで考えるとなおさらッス。




<コンビネーション>

そうだねー、、、全部ぜんぶじゃなくって自分なりのチョイスでいいので、

「偶数カウントのスネアの強い音」でアクセントを取ったり、
そのアクセントの手前で抜いたりタメたりして抑揚をつけたり、


っていう"色付け"が出来ると素敵よねー♪
そうそう、、ストップもそうだよね。
出来る限り、「一辺倒な踊り」や「無表情な踊り(顔のコトじゃないよ)」にならないように気をつけて欲しいのであります。

そゆのはね、すぐにはやれないかもだけどさ、

しっかり曲を聴いて、
『自分からノッてく♪

(自分でノせてく/自分でアゲてく)


コトの積み重ねだからね~っ☆彡



 

お・ま・け(ネタバラシちゃん♪)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月20日(日)18時50分15秒
  気分をHOUSEモードにするために、ようつべで動画を見ておりました。

今日はトレーニング。
「重心のチョイス&腕の合わせ方」ってのは既に決まっとったんスが、
なんか他にもいい題材ないかしらな~って思ってたトコロ、

HyROSSIさん vs CEBOのバトルらしからぬ、お互いに人の良さが出まくったw動画の4分辺りのくだりに興味を惹かれました。

「お、ルーズレッグのターンの入れ方が違うネ♪♪♪」
「自分だったらドコにターン入れるかな。。。」
「いっぱい入れるトコあるけど、、ん~、コレみたいに2人で合ってて流れ切らないようにやるには入れ場所と入れ方、、限られてくるよな~。」
「、、、おもろいやん♪」


ってコトで、他の候補を押しのけて「ルーズレッグ+シングルターン」がメニュー入りしました。


4分からのその部分は必ず見て欲しいとして、笑顔でいい気分になれるバトルなので、時間のある人は頭っから見てね~♪




 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月20日(日)18時36分47秒
  日曜R&S>

今日はHOUSEやりました。
曲は、Rhemi Ft HanLei 「Diamond Original Mix」


今日は振付ではなく、ザ・トレーニングでした。
(o゚▽゚)oニパッ
テーマは、

「重心のチョイス&腕の合わせ方」
「ルーズレッグ&シングルターン」

でした。


「重心のチョイス&腕の合わせ方」・・・

左右の足のどっちに体重を準備するか?
によって、
「ステップの順番」「腕の扱い」など、次のMOVEが変化します。

名のあるステップを覚えたり、振付を覚えたり、っていうのももちろん必要不可欠なんスが、こういうコトも頭とカラダで経験として知っておくと、ステップや振付を覚える際の

「理解の速さと深さ」

が増すと僕は思います。
そしていずれ、、"自分で振りを作る"ようになった時には、更に役立つコトになるでしょう。
なのでね、ステップ練や振り練に加えて、こういうのも是非とも練習して欲しいでありますよ。


そしてね、すっごく重要なポイントとして、

「ヒザえもん」「ボディえもん」

これは"両足が揃った体勢"だけのモノでなくって、前後や左右にポジションを取った体勢でも使えるので、覚えておいて、自分であれこれ確認してくださいねっ!
(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!




「ルーズレッグ&シングルターン」・・・

ルーズレッグそのものはもう知っとるじゃろ♪
(σ^▽^)σじゃろ?
ってコトで時間少なめでしたが、もうちょい早めから取り掛かればよかったかなぁ。

ルーズレッグのカウント(流れ)を気にしなければ、いろーんなトコにターンは突っ込めるんだけど、
「ルーズレッグのカウントを崩さないで」となると、自ずと入れられる箇所は限られてきちゃいますです。
今日はその中で、

右軸右ターン(左軸左ターン)
左軸右ターン(右軸左ターン)

を1つずつやりました。
どっちもね、

ターン後にスムーズに元のルーズレッグの流れに戻れる

ってコトが最重要であります!!
ヾ(*゚Д゚*)なのだ━ぉ
(ターン終わりには次のルーズレッグに入れる体勢になってないといかんよってぇコトね。)

そうです、ここでも、
「ヒザえもん」「ボディえもん」「ウデえもん」
の効力が発揮されますですのよーん♪


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月20日(日)11時09分3秒
  日曜R&S>

Rhemi Ft HanLei 「Diamond Original Mix」(2015)(Soulful House)♪

で、HOUSEの予定です。
今日は、名のあるステップレクチャーや振付じゃなくって、『トレーニング』っす☆彡

その1「重心のチョイス&腕の扱い」

その2「ルーズレッグ+シングルターン」


もし時間が余ったらもう1つやるかもねん。
皆さん、今日は"踊りにきてね~♪"というよりもw、"学びに来てね~♪"(*^^)v
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月19日(土)00時28分21秒
  金曜RIZE>

今日は横移動するステップをやりました。
曲は、Sybil - Walk On By (club mix)


<アイソレ>
今日はステップなしでやりましたが、各自自主練の際はステップ入れてやってねー。

「腰の横振り」で左右に体重を移しながらやりました。同じ要領で他のパーツも練習しましょ。
右足一本立ちで、左足一本立ちで、両足で体重を移しながら、の3パターンを1セットと考えるのが良いよっ。



<リズム練習>
「1&」「2」「3&」「5&」でしたねっ。
エンカウントを指定する率も増えてきて嬉しス!
v(*'-^*)

8分音符では段々数えられるようになってきたねー。この調子で続けましょっ。
で、その次は、

4分音符でかぞえながら8分音符のカウントのリズムもちゃんと叩けるように。

カウントではなく、自分なりの"リズム"や"歌感"で覚えられるように。
(これはまだまだトレーニングが必要だね~)

この2つが目標ね♪




<ステップ>
「ステップ」「ボディのリズム」「腕のリズム」
3つとも8分音符で数えて揃えていけばOKだよ。

『3つ』っていうのはそれなりに慣れが必要なのでね、
まずは「ステップ」「ボディのリズム」「腕のリズム」それぞれひとつずつ慣らしてから

「ステップ」+「ボディのリズム」
「ステップ」+「腕のリズム」
「ボディのリズム」+「腕のリズム」
みたいに2つずつを合わせて慣らす

全部合わせてチャレンジ

っていう段階を踏んでみるのも、より理解が深まって良いと思うよ。
レッスン中にはそんな時間はないけども、復習練では是非ぜひっ!


んー、、そうだね、リズム的にはね、
「1&2&3&4&~」の8分音符で揃えればOKと言いましたけどもですなぁ、、、
(¬¬;)ちらり
希望を言うならばよ、

「ウッチャカ♪ウッチャカ♪」でもいいし、
「ズンダカ♪ズンダカ♪」でもいいし、
「えっさか♪ほっさか♪」でもいいし、
「ズズチャカ♪ズズチャ♪」でもいいし、
「ん~あっ♪ん~あっ♪」でもいいし、
「ピーヒャラ♪ピーヒャラ♪」でもいいので、

自分の気持ち良い『リズム歌い』に置き換えて歌えるようになって欲しいのね~。のね~。のね~。
これがね、"歌感のある踊り"を養うには、
とーーーーーーーーーーーーっても重要であると僕は思うのでありますよ。
「スゴい動きが出来るね!」
 q|゚Д゚|pワオォ
ではない、
「気持ちいい踊りだね♪」
ヽ( ̄▽ ̄)/キモチィ
な要素ねっ。




<振りとしては>

ステップで片足を引っ掛けました。

「足だけかけるのか?腰(股関節)も捻ってみるのか?」
「じゃあボディも正面のままと、捻るのと、どっちも出来るんじゃないのか?」


などなど考えて、やってみて、どうなのか?? お?どぉなのか??
ぜひ復習してみませうよ。




☆★重要ポイント★☆

1エイト目「&7&8」のステップ&カラダの反転。
"軸を保つ"っていうのも重要なんだけど、

腕や肩甲骨を使って、カラダの反転のためのステップをサポートする

っていうのが、とぉーっても大切です。
カラダの色んなパーツを効果的に使うってコトね。
これは、すぐには実感として分からなくっても大切に頭に置いておいてねっ。

「そういう風に足で、"動いてる"」

「そういう風に色んなパーツで、"動けてる"」

「そういう風に全身で、"踊れてる"」


へ至るためのポイントだよ。
なのでね、動画で撮影出来たりとか、先生がたくさん見本をみせてくれるチャンスがある場合にはね、

「振りとして使ってる(指示してる)パーツ以外のパーツを見るコトもする」

ってのが良いっすよ!
(σ ゜д゜)σソレソレ!
振りを理解するまでは、やっぱりその時使ってるパーツをメインに見なきゃなんないけど、そこが理解出来たならば、視野を広げて(または視点を変えて)(そのパーツだけにとらわれないで)先生のカラダの色んなパーツを見るように心がけていきませうよ。

最初からはなかなか上手にも見れないモンだけどさ、常にそういう意識を忘れずにもっていれば(そして自分のカラダも色んなパーツが総合的に使えるようになってくれば)、やがてね、


全体をぼんやりみてても、色んなパーツの動きがパッと見て感覚でわかるようになりますのよん。
それなりに経験と積み重ねと年数はかかるけんどもね。



ひとまずはそういうコトを

"知って"、
"忘れずに覚えておく"、
"常に思い出して意識する"、


のが大事なんでありますですよ。
今日のメンバーは、しっかりと貯金してちょーだいっ!!





こちらはMVね♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月16日(水)23時08分27秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、 Carlos Manaca - Feel The Drums (Glender Remix)

だけど最終的には色んな曲で踊ってみました。
(●´艸`)フ゛ハッ

短いステップワークを4種類やろうかと思ってたんだけど、2つに絞って、

「ステップに合わせる腕の使い方」

を重点的に練習しました。


カラダに対して足が横に出るケース
カラダに対して足が前後に出るケース

これに合わせて"腕もキチンと出し分ける"
まずはこの辺、分かってもらえたでしょか。
(○´∀`○)ノ
最初はね~、
「あれ?えーっとどっちだっけ??」
って考えなきゃなんないけども、何度も何度も繰り返してカラダに入っちゃえば、

どの向きでどこに足を出そうが、それに合ったボディの向きと腕使いが出来るようになるからね。
 ̄∇ ̄)ノうひゃほぉ~い


ステップや足運びの組み立て方次第では、二度手や三度手なんぞは当たり前のように出てきちゃうのがHOUSE!!
ステップだけじゃなくって、足運びに対して腕の合わせ方も同時に練習していくのが、不恰好にならない最善の道でありますです。



☆★ほそくポイント★☆

『二度手のバリエーション』・・・

今日の先のステップのように、
「左足が前」→「右足が横」
ってなると、腕は、
「右手が前」→「右手が横」
っていう"二度手"になるやね。

こういうケースの時には、「前出して→横出して」でも構わないんだけど、

「α(アルファ)」の文字を描くようにして2つの動作を繋げちゃう♪♪

割と頻繁に使うので、覚えておいてねっ。
v(°∇^*)



『加重のチョイス』・・・

前後でも左右でも、、どちらに足を出したとしてもさ、左右の足にかける体重は、

1:両足に均等
2:右足に
3:左足に


この3つのどれでも選べるように意識しておくのが良いよ。
「1」「2」「3」、どれをチョイスするかで次のステップワークを色んな風に変えていけるからさっ!

逆に、「あれ!ここがつっかかる(゜ロ゜)ギョェ!?」って思ったら、このチョイスが間違ってる可能性が大なので、「1」「2」「3」どれなのか、、確認してみるといいよ~。



<全体として>

内容的には物足りなく感じた人もいるかもですが、その分、「なるほどね~♪」と思えるコトがあったなら嬉しス♪
o(^▽^)oo(^▽^)o

今日のポイントをしっかりと復習してもらって、

上手く全身を使ってステップを踏めるようになる。
固定概念にとらわれない重心の持ち方が出来るようになる。


この2つをしっかりと覚えて今後に役立ててもらいたいのでありま~っす☆彡


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月13日(日)19時46分24秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Shalamarの「Right In The Socket」♪


<腕の使い方>
今日は基礎練なしで腕の振り回しから始めました。

「両腕を振りながらズラして回す(追い手はCRACK)」・・・
●払い手(先の腕)
「肘を抜くバージョン」と"肘を抜かないバージョン"がありますが、今日レクチャーしたのは、
「肘を抜くバージョン」ねっ。
(oゝД・)b(oゝД・)b



"肘を抜かないバージョン"は、
腕がカラダの正面を越える辺りまでに腕をひっくり返して、正面を越えてナナメ45度くらいから回し始める or 90度横に開いた状態で回します。

「肘を抜くバージョン」は、
腕を出す段階でもうひっくり返しておいて、早く折れ曲り、グーが肘よりも先に進みます。
その後、グーも肘も"同時に使いながら"肘を抜きます。

どっちのバージョンでも"グーが描く円"は縦ではなく、上向きの円になるよ。




☆★ほそくポイント★☆(重要だよ)
ヽ(oゝω・o)-☆

「肘を抜くバージョン」でのグーが肘よりも先に進んだ状態。
(腕を掴み捻られて、痛ててて!みたいな状態ね)

このポジションは関節の固い柔らかいによるやりにくさ、やり易さってのもなくはないんだけど、腕以外のパーツを上手く使って欲しいのであります。
『膝』と『上半身』を使って、このポジションを通過してスムーズに上向きに円を描きながら腕を回せる

"角度とタイミング"

を探ってちょーだいませ!

「腕を、"その軌道を通せるように"、、腕以外のカラダを使う」

ってコトねっ。
真っ直ぐ棒立ちで腕だけでどーにかしようとしてもあきまへんでぇ~!
(∀・)へんでー



●追い手(後の腕)
今日は、ただ追っかけて回すだけじゃなくって、
カラダの正面位置で腕を「伸ばす」と「回す」を同時に行ってアクセントを作る、

CRACK(オリジナル用語よ)

を入れましたヨ。
ただ回すだけなら気にするコトはないけども、CRACKでアクセントなので、しっかりとカラダの正面位置を狙ってネ。



慣れないうちは、「払い手」だけ、「追い手」だけ、で分けて練習して、
それぞれの感覚がつかめたら両方合わせて練習してね。
腕の振りとして出来るようになったら、ボディから振れるようにステップアップしましょ!




<全体として>

パンキングのパートは、どっちかというと"連続技"って感じだったね~。
足運び&体重移動でボディの動きを先導して、ボディが動いて腕が動く、、という意識を持てたらグッジョブ花マルちゃんです♪

最重要は足の踏みと腰の安定、、その上に成り立つ上半身と腕の脱力であります。



パンキング以外のパートは、シンプルに偶数アクセントでキメました。


最後の方にやって見せた、「音のタメ方」はねー、タメた分だけその後が速くなるので、
もーっともっと上半身や腕が脱力して踊れるようになんないと難しいよ。

脱力とはなんぞや???
(。?)三(?。?)三( ?。)

ってコトを常々考えましょ~☆彡

 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月13日(日)10時36分55秒
  日曜R&S>

Shalamarの「Right In The Socket」 (1979)(SOUL/DISCO/R&B)♪

で、パンキングの予定です。
皆さん踊りに来てね~(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月10日(木)00時23分51秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、Hamilton Bohannonの「The Groove Machine」♪


<基礎練>

・胸と腰+腕の連動
・手首クルクル
・腕を振りながら手首クルクル
・腕を開いてロール



<パンキングパート>
●「下」→「横」→「構えて」→「持ってきて」→「回して」→「段違い」

ステップは、
「閉じて」→「開いて」の2カウント「7、8」
の中に、腕は、
「持ってきて」→「回して」→「段違い」の2カウント半「&7&8」

が入ってるので、腕のロールを素早くされどキレイな円で!)回す必要があるよ。
最初の基礎練でやった「腕を開いてグルグル回し」を地道にしっかり続けて、素早くキレイに回せるように練習しましょう。


(腕が速くキレイに回せないうちはそれだけで精一杯になっちゃうもんですが、地味練を重ねて速くキレイに回せるようになれば、腕以外のカラダの使い方やステップとの合わせ方も考える余裕ができます。
なのでね、振付の復習だけでなくって、同時進行で、
『基礎練をしっかりやって基本動作の質(精度)を上げる』
っていうコトも絶対に忘れちゃダメだよ。
初心者(&やり慣れないジャンル)のうちは特に基礎練を多めにねっ!)
ヾ(´∀`*)ノヾ(´∀`*)ノ




●「振って」→「持ってきて」→「逆回し」→「ナナメに上げる」→「下ろす」

優しくやると8行程で「1&2&3&4&」なんだけどもね、「4&」終わりだと曲のテンポの良い区切りからはみ出しちゃう。。。
(ノ>▽<。)ノ)) イヤァァァァ

ならばどうするか? ?
σ(´∀`me)??ドースンノ?

はい、今日やったみたいに、

アームスピードを上げて収めたい区切りに間に合わせちゃいます!
マジカー(゚ロ゚ノ)ノオイオイ、、



するってぇと何かい??
回すだの、上げるだの、下ろすだの、、やっぱメッチャ速く出来るようになっとかんとあきませんやんってコトでっか??



ピンポン、ピンポーン!
(●´∀`)ノいえーっす
いきなりは出来なくって当たり前だけども、目指して練習すべきところはソコです。
それなりに時間はかかるコトは分かっているのですぐにとは求めませんが、


目指すべきとこはどこなのか??


という事は最初から分かっている方が断然オトクでありますよ~♪
ってコトから考えてもね、やっぱし基礎練の精度アップは欠かせないのでありんす。


大丈夫!!!!
こんな補足をしっかり読んでくれてる熱心子ちゃんはね、きっと出来るようになりますってば!
継続は力なりッス!!
 \(^_^=^_^)/ 


もうひとつ、そういうコトが出来るようになるためのヒントとして、

16分音符で数える

というのがあります。
8分音符「1&2&3&4&~」ではなくって、
16分音符「わんえんつうえんすりぃえんふぉおえん~」。

8分音符でやったら「4&」で終わる動作を「4」で終わらせようっつーんだから、
考えてみたらそりゃ8分音符より細かいカウントで数えなきゃ把握できないよね~。



『なんとなくやってみたら、、、出来た。』
という人と、
『何回やっても同じように出来るよん』
または
『さらにタイミングにバリエーションまでつけちゃえるよん』



という人の"差"はココで開きますのですよ。
出来るだけ、、出来るだけ、、、僕のクラスに参加してくれる人は、

16分音符=「わんえんつうえんすりぃえんふぉおえん」=「16beat」

標準装備して欲しいのでありますですよ。
ダンスのジャンルでいうと、パンキングは特にそれが使える人が有利になります!


「16分音符ってよくわからない、、、。」とか、
「じゃぁ具体的にどぉすれば、標装装備できるようになんのよ?」
という疑問がわく人は、直接僕に声かけてください。
ダンスレッスンではやらないような、

16分音符マスター練習法

を伝授しますよ♪
v(@∀@)vィェ~ィ
(本当はそういうの、、レッスンで毎回やりたいんだけどね、、踊る時間が減っちゃうとモチベーション下がっちゃうかなとも思うので、控えてますのん。。)



<全体として>

ステップに入る「腰の左右の動き」は、普段のアイソレ練の成果がモノを言いますなぁ~w

あと、「腕と足の組み合わせで頭がいっぱいになっちゃう、、。」
っていう人は、

足を止めて腕だけ

ステップを入れて両方


の2種類をしっかり復習しませう♪
今日はたまたま、「あの腕に対してあのステップ」だったけど、違う日にやったら多分変わっちゃうと思いますwww。
ププッ ( ̄m ̄*)

腕とステップはいかようにも変化する ♪

と思っておいてくださいね~♪♪♪


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月 6日(日)19時27分11秒
  日曜R&S>

今日はヒップホップやりました。
曲は、koffee brownの「weekend thing」♪



この曲はオンでとってもエンでとってもオンエン8分(はちぶ)でとってもいけちゃう感じなので、あれこれ往き来しながらの振付にしてみました。
(●´∀`)ノ+゜*。゜アハハ
ずっとオンエン8分にしちゃうとハキハキ感は出るけども一本調子になっちゃうので、やっぱりあれこれ往き来して踊るのがいいかなって思いますー。


<1エイト目>
「3&」・・・
左足を下ろすのと同時に、上げた右手を立てて左手もそえる。このタイミングを逃さずに狙って、スタイリングも上手くカッコつけましょ!

「5&」「6&」「7&」・・・
ここからエンに切り替わりますが、

オン→はっきり、エン→ゆるやか
オン→ゆるやか、エン→はっきり
オン→はっきり、エン→はっきり
オン→ゆるやか、エン→ゆるやか


どう取るのが1番自分好みなのか??
あらためて考えてみてね~。
(v^ー°)



<2エイト目>
「8~1」・・・
1エイト目の「8」からの「1」。
ここをどう取ろうか、、意識してる人が少なかった気がします。。
ショボボ━(´・ω・`)━ン


それ以降の振りは僕の手癖足癖満開ψ(`∇´)ψ うきょきょきょな組み合わせだったので、覚えるのが大変だったね。
でもみんな良く攻略してくれました!!!グッジョブ!

あとはね、あんな風にオンエン8分で入り組んで続く振付の中だからこそ、

「じゃあ自分はどこにアクセントや抑揚つけて踊ろっかな~。」
(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー


ってのをドンドン試みてってもらえると嬉しいっス!
経験値的にも、性格的にも、パッとやれる人もいれば、なかなか思いつかない人もいるとは思いますが、まずは"そういうコトを考える"というのが第一歩なので、振りの順番が入ったならば、どんどんそっちに頭を切り替えていきましょねー。



<3エイト目>
「&3」・・・
「2」で切った首を戻すタイミングからドンドン(踏み踏み)♪
聴こえにくかったかもですが、ドラムのリズムに合わせてますので、あらためて曲を聴きながらイメトレ復習してねー。


「5&」「6&」「7&」・・・
ここでもエン取りになりますが、ここは、、、
こぉこぉは、、、こぉ~こぉ~わぁ~、、、

後から考えれば考えるほど、あれもこれもとバリエーションで遊べちゃう部分ですやね~。
僕自身も不十分で悔しいんですがo(TヘTo) くぅ、2エイト目の"混みいった振り"みたいな、

わぉ!(なんかすごいね)」って思わせるパートとは違った、

おほぉ~!(ニクいねぇ~こんにゃろめぇ)」って思わせるのを狙えるパートだすやね~。




ってコトは、ガツッといくよりかは、

いかにうまく抜いて他との変化をつけて魅せるか?

の方を考えた方が良いだろうねっ。
(oゝД・)bネ



<4エイト目>
2エイト目の振りにもっと時間かかるかと思ってたので4エイト目はさらっとにしたんだけど、
今日のみんなの覚えペースだったらラスト4カウントくらいはもっと凝っても良かったかもねー。



<全体として>
今日やったみたいにね、同じ曲で同じ振付でも、

ハキハキ踊ってみて、、、
抜いて踊ってみて、、、

はたまた
〇〇で踊ってみて、、、
△△で踊ってみて、、、
××で踊ってみて、、、

みたいに色々とやってみて、最終的に「一番自分好みな組み合わせ」「人が見ていいだろうなと思うであろう組み合わせ」の2つをチョイスして踊れるように目指していきましょ~♪
(、、と、自分にも言い聞かせる今日この頃でありますです。はい。)



 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月 6日(日)13時01分13秒
  日曜R&S>

む~、、今日は迷いに迷っちまいました。。
Koffee Brownの「Weekend Thing」(2001)(R&B)♪

で、ヒップホップの予定です。
皆さん踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月 5日(土)00時10分28秒
  金曜RIZE>

今日はゆるやかなスタイル系ヒップホップやりました。
曲は、Ne-Yoの「CRAZY」♪


<ビート&リズムトレーニング>
「1&」「5」「8&」
この組み合わせ、、繰り返してループすると、
「8&」「1&」「5」
っていう"シンコペーション"な感じになるので、そういうリズムワークで覚えちゃうっていう経験をするにはとっても良い組み合わせだったね。
シンコペーション、、覚えておいてねっ!
ヽ(oゝω・o)-☆ 



<アイソレ練>
普段は立った体勢だったり、ステップしながらだったりでやってますが、今日は、

カラダを倒したり、
座ったり立ったり、


しながらもやりました。
Ψ( ̄∀ ̄)Ψケケケ
慣れない人は胸から上、慣れてる人は腰から上は、ほぼほぼどんな体勢になってようがアイソレできるのが理想だよ。
まずは胸から、、マメに練習を続けてね。



<コンビネーション>
ガツッ!とやってバッ!と止めて、、、っていうのとは違う雰囲気の振付にしてみましたヨ。

チカラは抜き気味で、その分丁寧に、小洒落に踊ってキレイに止めて、最後は緩やかにノッて♪♪
みたいなイメージで作りました。

●全体的にチカラが入り過ぎるとお洒落に見えない。
●止まるべきところが止まらないとメリハリが出ない。



ってのが注意点だよ。かといってチカラ抜きすぎてグニャグニャになっちゃっても良くないので、

「入れすぎず、抜きすぎずに、、抜く」

っていうチカラ具合がなんとも難しいっスねー。
まぁまたこういうのもやって、少しずつ慣らしていきましょう!

ポージングも大事だから、大きく激しく踊るのとはまた別な、"カッコつけ方"も研究していきましょよ。
ストッピングもね、やっぱし必要になるので、機会みて「止め練」もやんなきゃっすよね~。


来週はお盆休みでRIZEスタジオ休みですので、お間違えなく!
また再来週ねー☆彡



こちらはLIVEね♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月 2日(水)23時16分32秒
  水曜すたくら>

今日はヒップホップやりました。
曲は、TLC - Girl Talk (Heather B's Do You Mashup)♪


<バート・シンプソン>
色んなタイプのある中から、

「片足だけを開き閉じするタイプ」

をやりました。
進行方向側の足だけを股関節でパカッ!と開きます。
って~コトは、胸・腰・逆側の足は?? (?。?)
、、そう。
正面向いたままだよ。
このタイプはそこをキチンと守らないとスタイリングが崩れちゃいますので要注意ね。



今日はTLCの曲だったのでわりと緩めな雰囲気でやりましたが、ボディと膝の扱いをもっと強めにとってミドルスクールなんかのがっつりヒップホップでもよく使いますヨ。


1&2&~
=ダウンアップダウンアップ~
=片足両足(スライドするなら片足)片足両足~


●ダウンアップのリズム感のキープ、
●片足だけ開いて出る(アップ)、開いた足を戻しながら逆足を寄せる(ダウン)




この2つのタイミングを上手くあわせましょ。
"横移動するステップ"だからといってダウンが甘くなると、見た目のリズム感が減ってふわっとしちゃいます。
なのでね、"出したい雰囲気"によって、

膝(ダウンアップ)の強さとリズムをあれこれ調整できるコト

が幅広く踊るための理想ッス。
「強くとれる人が弱めてやる」のは楽ですが、
「弱い人が強くとれるようになる」のは練習が必要なので、まずはやっぱりハッキリくっきり、強めにダウンアップを意識しながら練習するのをオススメしますよ。
( ̄ ̄▽ ̄ ̄) ニコッ



その他としては、腰が残っちゃうと開いた側の足への体重移動が遅れちゃうので気をつけましょ!
開いた足のつま先をしっかり立てて、そこ(一本足)に素早く全体重を乗っけていけるようにね。
それが出来ないとスライドバージョンには至れませんですよー。




<コンビネーション>
簡単そうに見えてやってみると案外難しい組み合わせの振りを3エイト目に入れました。
苦戦しつつもなんとかかんとか、、って感じだったかな。
気持ちよぉ~くっていうには、もう少しやり込むのが必要かもだね。
(^▽^;)(^▽^;)


レッスン中に指摘もしましたが、
「腕と腰でツイスト」
ではなく、
「腕を含めた"肩甲骨"と腰でツイスト」

するのが、踊りを大きくカッコよくするためのポイントだよ。

で、ツイストはね、
「片側だけを使うのではなく、反対側もキチンと意識して使う」
のが、これまたポイントっす♪♪♪
フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!

「肩甲骨」と「両側使い」を意識しながら、もう一度それぞれで3エイト目の振りを吟味してみて欲しいですー☆彡





そしてこちらは原曲ね♪
 

お・ま・け

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月30日(日)22時27分4秒
  Talkin' Loudのね~
Bassラインがね~
すごーく好きなんだよね~
分かりやすくベースカバーの動画をオマケで貼っておきます♪

Incognito - Talkin' Loud (bass cover)
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月30日(日)22時24分24秒
  日曜R&S>

今日は、もんのすごぉぉぉぉ~~~く久しぶりにレッスンとしてロッキンをやりました。
曲は、
Wobble Go-Go Remix♪
Incognito - Talkin' Loud♪




<ロック>
A: 肘を体側につけた状態から(手首は切り離して)ロック。
B: 拳を体側につけた状態から(手首も返しながら)ロック。
C: 両腕をクロスした状態から肘を開いて、体側につけてロック。


の3種類をやりました。
Aのロックで手首が動いちゃう人が多かったので注意ねっ。
☆ミ(>ω・)bネ!

肘と股関節でロック

しますが、これ、最初のうちはロックの感覚もわかんないし、カタチもなんだかキマんないしで、、どぉ~にも気持ち悪いんだよねー。。
ヾ(*д*)ノ゛ヾ(*д*)ノ゛ヾ(*д*)ノ゛
動画も観て、何回も何回も繰り返していくうちにだんだんとキマってきますので、根気強くくりかえしましょねっ。



<スキーター>
"蹴り足""乗り足"腕やカラダの付け方など、スタイルはさまざまですが、今日は僕の好きなというか、僕の1番自然に出るスタイルでやりました。

7つの行程、
キック、置いて、乗って、戻して、キック、チェンジ、踏む

で一連の動作になりますが、「腕の付け方」がちょっちややこしいので、初心者の人には今日練習したように、

先の4つと後の3つ

に分けて練習してみるのもオススメしますよ。
♪(゚▽^*)ノ⌒☆
ちなみに後の3つ(キック→チェンジ→踏む)はそれ単体で、

スクービー・ドゥ

という動きだよ。



<コンビネーション>
ロッキンをやったコトない人は、カタチや順番を覚えるのが大変だっただろうし、
(´Д`;)
ロッキンを普段やってる人は、やり慣れない僕のスタイルや振りの並べ方に「あれれ!」ってなっただろうし、
(゜ロ゜)ギョェ
どっちの人達もそれなりに大変だっただろうねー。


まあ今日の所は、雰囲気やムードを楽しんでもらえたなら嬉しいです。
ロッキンは比較的リズムもハッキリ取ることが多いしポージングも独特なので、初めての人もリズムワークやカラダの使い方なんかで新しい扉がちょい見えたとしたら、、万々歳だすっ!!


なぁーんも基礎を教えてないのにいきなりの振付で戸惑いもあったかと思いますが、みんな良く頑張ってくれましたっ♪
また機会あったらやりましょっ☆彡




 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月30日(日)11時33分40秒
  日曜R&S>

Wobble Go-Go Remix♪

で、5週目エクストラの今日はロッキンの予定です。ワーオ。
(普段はロッキンやってないので、あまり速過ぎないGOGOビートでネ♪)

皆さん踊りに来てね~ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ☆彡

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月28日(金)23時53分48秒
  金曜RIZE>

今日はロッキンやりました。
曲は、Wobble Go-Go Remix


<ビート&リズムトレーニング>
だんだんと数えられるようになってきたねっ♪
よしよし。 (●´∀`)ノ
引き続き鍛えていきましょー!


<トゥエル>
腕を上げたり下げたりしながら、手首をクルクル。
繰り返しやってくうちに手首の力が抜けてきて、楽に回るようなるので、それまで辛抱強く続けてねっ。

経験者は、「肘で腕を釣り上げる」感覚を探りましょう!動作に"しなり"が出ますよ。
逆に、しならせずにやりたい場合は、腕全体で持ち上げませう。


<ロック>
肘の内側をボディにくっつけた状態から、肘を開きます。
同時に股関節を使って、

肘と股関節でLOCK!!

最初はねー、どーやってもカタチが決まらないのよね、、これが、、。
( ̄▼ ̄|||)ぬはぁ
僕もそうでした。
続けてやってくうちにカタチも整ってくるしロックの、

止まる(カラダに鍵をかける)感覚

も身についてきますので、気長にされどマメにやってくださいねー。


<ポイント>
色んな方向へ指をさしますが、大事なコトは、

指は最後っ!!
(σ゜д゜)σ サイゴッ!
だよ。動き出しからもぉ人差し指が立ってたりしないようにねっ。

 

レンタル掲示板
/30