teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


金曜RIZEもやってるよっ!

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月23日(水)23時23分13秒
  金曜の夜は、RIZEダンススタジオ長津田(YUJI先生のスタジオ)
でもレッスンをやっております♪

☆体験レッスン¥1000!
☆入会金¥5000無料!


今のところ少人数なので、来れる方は是非お待ちしております!



RIZEダンススタジオURL
http://rizedancestudio.com/
 
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月23日(水)23時22分8秒
  水曜すたくら>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、TLCの「Diggin' on you」♪


<今日の課題>

「腰を振りながらの体重移動」

両足に乗って腰を振る
左右どちらかの足に乗って腰を振る


っていうのはOKだと思いますが、

腰を振りながら左右の足の体重を移動する

っていうコトもダンスでは必要になってくるので、ひきつづき練習してねっ。
ヽ(oゝω・o)-☆



腰の振り→前後/左右/ナナメ/ロール
足の開き→前後/左右/ナナメ/ステップしながら


どの組み合わせでも出来るような基礎練を目指すのが理想よねー。
(・∀)(∀・)ネー☆
「体重の移動」はね、細かくは色んなやり方があるんだけども、基本的には、

『頭の位置を移動させて重心を誘導する』

っていうのを意識すると良いよ。
左右の足の立ち位置が変わんなくったって、頭の位置が変われば"中心軸"は移動するからね~。

スムーズに行うには、
「膝の使い方」
「体重をかける側の足の踏み方」
なんかも関わってくるから、振り練ではなく、"基礎練"として、
タイミングや角度、体重の乗せ方などを研究してみるのをオススメしますよ。
(レッスンではどうしても充分に練習する時間のないまま振付に突入せざるを得ないからさっ。)
なんとなく振りで出来ちゃった人でも、

「角度」
「タイミング」
「踏みにかける時間と強弱」
「自分なりの音感」

まで意識するにはレッスン時間内だけではとうてい至れませんアルヨ~。
(ノд`@)エエ、エエ、ソウデショウトモ。。。
「バリエーション」まで考えるとなおさらッス。




<コンビネーション>

そうだねー、、、全部ぜんぶじゃなくって自分なりのチョイスでいいので、

「偶数カウントのスネアの強い音」でアクセントを取ったり、
そのアクセントの手前で抜いたりタメたりして抑揚をつけたり、


っていう"色付け"が出来ると素敵よねー♪
そうそう、、ストップもそうだよね。
出来る限り、「一辺倒な踊り」や「無表情な踊り(顔のコトじゃないよ)」にならないように気をつけて欲しいのであります。

そゆのはね、すぐにはやれないかもだけどさ、

しっかり曲を聴いて、
『自分からノッてく♪

(自分でノせてく/自分でアゲてく)


コトの積み重ねだからね~っ☆彡



 

お・ま・け(ネタバラシちゃん♪)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月20日(日)18時50分15秒
  気分をHOUSEモードにするために、ようつべで動画を見ておりました。

今日はトレーニング。
「重心のチョイス&腕の合わせ方」ってのは既に決まっとったんスが、
なんか他にもいい題材ないかしらな~って思ってたトコロ、

HyROSSIさん vs CEBOのバトルらしからぬ、お互いに人の良さが出まくったw動画の4分辺りのくだりに興味を惹かれました。

「お、ルーズレッグのターンの入れ方が違うネ♪♪♪」
「自分だったらドコにターン入れるかな。。。」
「いっぱい入れるトコあるけど、、ん~、コレみたいに2人で合ってて流れ切らないようにやるには入れ場所と入れ方、、限られてくるよな~。」
「、、、おもろいやん♪」


ってコトで、他の候補を押しのけて「ルーズレッグ+シングルターン」がメニュー入りしました。


4分からのその部分は必ず見て欲しいとして、笑顔でいい気分になれるバトルなので、時間のある人は頭っから見てね~♪




 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月20日(日)18時36分47秒
  日曜R&S>

今日はHOUSEやりました。
曲は、Rhemi Ft HanLei 「Diamond Original Mix」


今日は振付ではなく、ザ・トレーニングでした。
(o゚▽゚)oニパッ
テーマは、

「重心のチョイス&腕の合わせ方」
「ルーズレッグ&シングルターン」

でした。


「重心のチョイス&腕の合わせ方」・・・

左右の足のどっちに体重を準備するか?
によって、
「ステップの順番」「腕の扱い」など、次のMOVEが変化します。

名のあるステップを覚えたり、振付を覚えたり、っていうのももちろん必要不可欠なんスが、こういうコトも頭とカラダで経験として知っておくと、ステップや振付を覚える際の

「理解の速さと深さ」

が増すと僕は思います。
そしていずれ、、"自分で振りを作る"ようになった時には、更に役立つコトになるでしょう。
なのでね、ステップ練や振り練に加えて、こういうのも是非とも練習して欲しいでありますよ。


そしてね、すっごく重要なポイントとして、

「ヒザえもん」「ボディえもん」

これは"両足が揃った体勢"だけのモノでなくって、前後や左右にポジションを取った体勢でも使えるので、覚えておいて、自分であれこれ確認してくださいねっ!
(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!




「ルーズレッグ&シングルターン」・・・

ルーズレッグそのものはもう知っとるじゃろ♪
(σ^▽^)σじゃろ?
ってコトで時間少なめでしたが、もうちょい早めから取り掛かればよかったかなぁ。

ルーズレッグのカウント(流れ)を気にしなければ、いろーんなトコにターンは突っ込めるんだけど、
「ルーズレッグのカウントを崩さないで」となると、自ずと入れられる箇所は限られてきちゃいますです。
今日はその中で、

右軸右ターン(左軸左ターン)
左軸右ターン(右軸左ターン)

を1つずつやりました。
どっちもね、

ターン後にスムーズに元のルーズレッグの流れに戻れる

ってコトが最重要であります!!
ヾ(*゚Д゚*)なのだ━ぉ
(ターン終わりには次のルーズレッグに入れる体勢になってないといかんよってぇコトね。)

そうです、ここでも、
「ヒザえもん」「ボディえもん」「ウデえもん」
の効力が発揮されますですのよーん♪


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月20日(日)11時09分3秒
  日曜R&S>

Rhemi Ft HanLei 「Diamond Original Mix」(2015)(Soulful House)♪

で、HOUSEの予定です。
今日は、名のあるステップレクチャーや振付じゃなくって、『トレーニング』っす☆彡

その1「重心のチョイス&腕の扱い」

その2「ルーズレッグ+シングルターン」


もし時間が余ったらもう1つやるかもねん。
皆さん、今日は"踊りにきてね~♪"というよりもw、"学びに来てね~♪"(*^^)v
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月19日(土)00時28分21秒
  金曜RIZE>

今日は横移動するステップをやりました。
曲は、Sybil - Walk On By (club mix)


<アイソレ>
今日はステップなしでやりましたが、各自自主練の際はステップ入れてやってねー。

「腰の横振り」で左右に体重を移しながらやりました。同じ要領で他のパーツも練習しましょ。
右足一本立ちで、左足一本立ちで、両足で体重を移しながら、の3パターンを1セットと考えるのが良いよっ。



<リズム練習>
「1&」「2」「3&」「5&」でしたねっ。
エンカウントを指定する率も増えてきて嬉しス!
v(*'-^*)

8分音符では段々数えられるようになってきたねー。この調子で続けましょっ。
で、その次は、

4分音符でかぞえながら8分音符のカウントのリズムもちゃんと叩けるように。

カウントではなく、自分なりの"リズム"や"歌感"で覚えられるように。
(これはまだまだトレーニングが必要だね~)

この2つが目標ね♪




<ステップ>
「ステップ」「ボディのリズム」「腕のリズム」
3つとも8分音符で数えて揃えていけばOKだよ。

『3つ』っていうのはそれなりに慣れが必要なのでね、
まずは「ステップ」「ボディのリズム」「腕のリズム」それぞれひとつずつ慣らしてから

「ステップ」+「ボディのリズム」
「ステップ」+「腕のリズム」
「ボディのリズム」+「腕のリズム」
みたいに2つずつを合わせて慣らす

全部合わせてチャレンジ

っていう段階を踏んでみるのも、より理解が深まって良いと思うよ。
レッスン中にはそんな時間はないけども、復習練では是非ぜひっ!


んー、、そうだね、リズム的にはね、
「1&2&3&4&~」の8分音符で揃えればOKと言いましたけどもですなぁ、、、
(¬¬;)ちらり
希望を言うならばよ、

「ウッチャカ♪ウッチャカ♪」でもいいし、
「ズンダカ♪ズンダカ♪」でもいいし、
「えっさか♪ほっさか♪」でもいいし、
「ズズチャカ♪ズズチャ♪」でもいいし、
「ん~あっ♪ん~あっ♪」でもいいし、
「ピーヒャラ♪ピーヒャラ♪」でもいいので、

自分の気持ち良い『リズム歌い』に置き換えて歌えるようになって欲しいのね~。のね~。のね~。
これがね、"歌感のある踊り"を養うには、
とーーーーーーーーーーーーっても重要であると僕は思うのでありますよ。
「スゴい動きが出来るね!」
 q|゚Д゚|pワオォ
ではない、
「気持ちいい踊りだね♪」
ヽ( ̄▽ ̄)/キモチィ
な要素ねっ。




<振りとしては>

ステップで片足を引っ掛けました。

「足だけかけるのか?腰(股関節)も捻ってみるのか?」
「じゃあボディも正面のままと、捻るのと、どっちも出来るんじゃないのか?」


などなど考えて、やってみて、どうなのか?? お?どぉなのか??
ぜひ復習してみませうよ。




☆★重要ポイント★☆

1エイト目「&7&8」のステップ&カラダの反転。
"軸を保つ"っていうのも重要なんだけど、

腕や肩甲骨を使って、カラダの反転のためのステップをサポートする

っていうのが、とぉーっても大切です。
カラダの色んなパーツを効果的に使うってコトね。
これは、すぐには実感として分からなくっても大切に頭に置いておいてねっ。

「そういう風に足で、"動いてる"」

「そういう風に色んなパーツで、"動けてる"」

「そういう風に全身で、"踊れてる"」


へ至るためのポイントだよ。
なのでね、動画で撮影出来たりとか、先生がたくさん見本をみせてくれるチャンスがある場合にはね、

「振りとして使ってる(指示してる)パーツ以外のパーツを見るコトもする」

ってのが良いっすよ!
(σ ゜д゜)σソレソレ!
振りを理解するまでは、やっぱりその時使ってるパーツをメインに見なきゃなんないけど、そこが理解出来たならば、視野を広げて(または視点を変えて)(そのパーツだけにとらわれないで)先生のカラダの色んなパーツを見るように心がけていきませうよ。

最初からはなかなか上手にも見れないモンだけどさ、常にそういう意識を忘れずにもっていれば(そして自分のカラダも色んなパーツが総合的に使えるようになってくれば)、やがてね、


全体をぼんやりみてても、色んなパーツの動きがパッと見て感覚でわかるようになりますのよん。
それなりに経験と積み重ねと年数はかかるけんどもね。



ひとまずはそういうコトを

"知って"、
"忘れずに覚えておく"、
"常に思い出して意識する"、


のが大事なんでありますですよ。
今日のメンバーは、しっかりと貯金してちょーだいっ!!





こちらはMVね♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月16日(水)23時08分27秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、 Carlos Manaca - Feel The Drums (Glender Remix)

だけど最終的には色んな曲で踊ってみました。
(●´艸`)フ゛ハッ

短いステップワークを4種類やろうかと思ってたんだけど、2つに絞って、

「ステップに合わせる腕の使い方」

を重点的に練習しました。


カラダに対して足が横に出るケース
カラダに対して足が前後に出るケース

これに合わせて"腕もキチンと出し分ける"
まずはこの辺、分かってもらえたでしょか。
(○´∀`○)ノ
最初はね~、
「あれ?えーっとどっちだっけ??」
って考えなきゃなんないけども、何度も何度も繰り返してカラダに入っちゃえば、

どの向きでどこに足を出そうが、それに合ったボディの向きと腕使いが出来るようになるからね。
 ̄∇ ̄)ノうひゃほぉ~い


ステップや足運びの組み立て方次第では、二度手や三度手なんぞは当たり前のように出てきちゃうのがHOUSE!!
ステップだけじゃなくって、足運びに対して腕の合わせ方も同時に練習していくのが、不恰好にならない最善の道でありますです。



☆★ほそくポイント★☆

『二度手のバリエーション』・・・

今日の先のステップのように、
「左足が前」→「右足が横」
ってなると、腕は、
「右手が前」→「右手が横」
っていう"二度手"になるやね。

こういうケースの時には、「前出して→横出して」でも構わないんだけど、

「α(アルファ)」の文字を描くようにして2つの動作を繋げちゃう♪♪

割と頻繁に使うので、覚えておいてねっ。
v(°∇^*)



『加重のチョイス』・・・

前後でも左右でも、、どちらに足を出したとしてもさ、左右の足にかける体重は、

1:両足に均等
2:右足に
3:左足に


この3つのどれでも選べるように意識しておくのが良いよ。
「1」「2」「3」、どれをチョイスするかで次のステップワークを色んな風に変えていけるからさっ!

逆に、「あれ!ここがつっかかる(゜ロ゜)ギョェ!?」って思ったら、このチョイスが間違ってる可能性が大なので、「1」「2」「3」どれなのか、、確認してみるといいよ~。



<全体として>

内容的には物足りなく感じた人もいるかもですが、その分、「なるほどね~♪」と思えるコトがあったなら嬉しス♪
o(^▽^)oo(^▽^)o

今日のポイントをしっかりと復習してもらって、

上手く全身を使ってステップを踏めるようになる。
固定概念にとらわれない重心の持ち方が出来るようになる。


この2つをしっかりと覚えて今後に役立ててもらいたいのでありま~っす☆彡


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月13日(日)19時46分24秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Shalamarの「Right In The Socket」♪


<腕の使い方>
今日は基礎練なしで腕の振り回しから始めました。

「両腕を振りながらズラして回す(追い手はCRACK)」・・・
●払い手(先の腕)
「肘を抜くバージョン」と"肘を抜かないバージョン"がありますが、今日レクチャーしたのは、
「肘を抜くバージョン」ねっ。
(oゝД・)b(oゝД・)b



"肘を抜かないバージョン"は、
腕がカラダの正面を越える辺りまでに腕をひっくり返して、正面を越えてナナメ45度くらいから回し始める or 90度横に開いた状態で回します。

「肘を抜くバージョン」は、
腕を出す段階でもうひっくり返しておいて、早く折れ曲り、グーが肘よりも先に進みます。
その後、グーも肘も"同時に使いながら"肘を抜きます。

どっちのバージョンでも"グーが描く円"は縦ではなく、上向きの円になるよ。




☆★ほそくポイント★☆(重要だよ)
ヽ(oゝω・o)-☆

「肘を抜くバージョン」でのグーが肘よりも先に進んだ状態。
(腕を掴み捻られて、痛ててて!みたいな状態ね)

このポジションは関節の固い柔らかいによるやりにくさ、やり易さってのもなくはないんだけど、腕以外のパーツを上手く使って欲しいのであります。
『膝』と『上半身』を使って、このポジションを通過してスムーズに上向きに円を描きながら腕を回せる

"角度とタイミング"

を探ってちょーだいませ!

「腕を、"その軌道を通せるように"、、腕以外のカラダを使う」

ってコトねっ。
真っ直ぐ棒立ちで腕だけでどーにかしようとしてもあきまへんでぇ~!
(∀・)へんでー



●追い手(後の腕)
今日は、ただ追っかけて回すだけじゃなくって、
カラダの正面位置で腕を「伸ばす」と「回す」を同時に行ってアクセントを作る、

CRACK(オリジナル用語よ)

を入れましたヨ。
ただ回すだけなら気にするコトはないけども、CRACKでアクセントなので、しっかりとカラダの正面位置を狙ってネ。



慣れないうちは、「払い手」だけ、「追い手」だけ、で分けて練習して、
それぞれの感覚がつかめたら両方合わせて練習してね。
腕の振りとして出来るようになったら、ボディから振れるようにステップアップしましょ!




<全体として>

パンキングのパートは、どっちかというと"連続技"って感じだったね~。
足運び&体重移動でボディの動きを先導して、ボディが動いて腕が動く、、という意識を持てたらグッジョブ花マルちゃんです♪

最重要は足の踏みと腰の安定、、その上に成り立つ上半身と腕の脱力であります。



パンキング以外のパートは、シンプルに偶数アクセントでキメました。


最後の方にやって見せた、「音のタメ方」はねー、タメた分だけその後が速くなるので、
もーっともっと上半身や腕が脱力して踊れるようになんないと難しいよ。

脱力とはなんぞや???
(。?)三(?。?)三( ?。)

ってコトを常々考えましょ~☆彡

 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月13日(日)10時36分55秒
  日曜R&S>

Shalamarの「Right In The Socket」 (1979)(SOUL/DISCO/R&B)♪

で、パンキングの予定です。
皆さん踊りに来てね~(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月10日(木)00時23分51秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、Hamilton Bohannonの「The Groove Machine」♪


<基礎練>

・胸と腰+腕の連動
・手首クルクル
・腕を振りながら手首クルクル
・腕を開いてロール



<パンキングパート>
●「下」→「横」→「構えて」→「持ってきて」→「回して」→「段違い」

ステップは、
「閉じて」→「開いて」の2カウント「7、8」
の中に、腕は、
「持ってきて」→「回して」→「段違い」の2カウント半「&7&8」

が入ってるので、腕のロールを素早くされどキレイな円で!)回す必要があるよ。
最初の基礎練でやった「腕を開いてグルグル回し」を地道にしっかり続けて、素早くキレイに回せるように練習しましょう。


(腕が速くキレイに回せないうちはそれだけで精一杯になっちゃうもんですが、地味練を重ねて速くキレイに回せるようになれば、腕以外のカラダの使い方やステップとの合わせ方も考える余裕ができます。
なのでね、振付の復習だけでなくって、同時進行で、
『基礎練をしっかりやって基本動作の質(精度)を上げる』
っていうコトも絶対に忘れちゃダメだよ。
初心者(&やり慣れないジャンル)のうちは特に基礎練を多めにねっ!)
ヾ(´∀`*)ノヾ(´∀`*)ノ




●「振って」→「持ってきて」→「逆回し」→「ナナメに上げる」→「下ろす」

優しくやると8行程で「1&2&3&4&」なんだけどもね、「4&」終わりだと曲のテンポの良い区切りからはみ出しちゃう。。。
(ノ>▽<。)ノ)) イヤァァァァ

ならばどうするか? ?
σ(´∀`me)??ドースンノ?

はい、今日やったみたいに、

アームスピードを上げて収めたい区切りに間に合わせちゃいます!
マジカー(゚ロ゚ノ)ノオイオイ、、



するってぇと何かい??
回すだの、上げるだの、下ろすだの、、やっぱメッチャ速く出来るようになっとかんとあきませんやんってコトでっか??



ピンポン、ピンポーン!
(●´∀`)ノいえーっす
いきなりは出来なくって当たり前だけども、目指して練習すべきところはソコです。
それなりに時間はかかるコトは分かっているのですぐにとは求めませんが、


目指すべきとこはどこなのか??


という事は最初から分かっている方が断然オトクでありますよ~♪
ってコトから考えてもね、やっぱし基礎練の精度アップは欠かせないのでありんす。


大丈夫!!!!
こんな補足をしっかり読んでくれてる熱心子ちゃんはね、きっと出来るようになりますってば!
継続は力なりッス!!
 \(^_^=^_^)/ 


もうひとつ、そういうコトが出来るようになるためのヒントとして、

16分音符で数える

というのがあります。
8分音符「1&2&3&4&~」ではなくって、
16分音符「わんえんつうえんすりぃえんふぉおえん~」。

8分音符でやったら「4&」で終わる動作を「4」で終わらせようっつーんだから、
考えてみたらそりゃ8分音符より細かいカウントで数えなきゃ把握できないよね~。



『なんとなくやってみたら、、、出来た。』
という人と、
『何回やっても同じように出来るよん』
または
『さらにタイミングにバリエーションまでつけちゃえるよん』



という人の"差"はココで開きますのですよ。
出来るだけ、、出来るだけ、、、僕のクラスに参加してくれる人は、

16分音符=「わんえんつうえんすりぃえんふぉおえん」=「16beat」

標準装備して欲しいのでありますですよ。
ダンスのジャンルでいうと、パンキングは特にそれが使える人が有利になります!


「16分音符ってよくわからない、、、。」とか、
「じゃぁ具体的にどぉすれば、標装装備できるようになんのよ?」
という疑問がわく人は、直接僕に声かけてください。
ダンスレッスンではやらないような、

16分音符マスター練習法

を伝授しますよ♪
v(@∀@)vィェ~ィ
(本当はそういうの、、レッスンで毎回やりたいんだけどね、、踊る時間が減っちゃうとモチベーション下がっちゃうかなとも思うので、控えてますのん。。)



<全体として>

ステップに入る「腰の左右の動き」は、普段のアイソレ練の成果がモノを言いますなぁ~w

あと、「腕と足の組み合わせで頭がいっぱいになっちゃう、、。」
っていう人は、

足を止めて腕だけ

ステップを入れて両方


の2種類をしっかり復習しませう♪
今日はたまたま、「あの腕に対してあのステップ」だったけど、違う日にやったら多分変わっちゃうと思いますwww。
ププッ ( ̄m ̄*)

腕とステップはいかようにも変化する ♪

と思っておいてくださいね~♪♪♪


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月 6日(日)19時27分11秒
  日曜R&S>

今日はヒップホップやりました。
曲は、koffee brownの「weekend thing」♪



この曲はオンでとってもエンでとってもオンエン8分(はちぶ)でとってもいけちゃう感じなので、あれこれ往き来しながらの振付にしてみました。
(●´∀`)ノ+゜*。゜アハハ
ずっとオンエン8分にしちゃうとハキハキ感は出るけども一本調子になっちゃうので、やっぱりあれこれ往き来して踊るのがいいかなって思いますー。


<1エイト目>
「3&」・・・
左足を下ろすのと同時に、上げた右手を立てて左手もそえる。このタイミングを逃さずに狙って、スタイリングも上手くカッコつけましょ!

「5&」「6&」「7&」・・・
ここからエンに切り替わりますが、

オン→はっきり、エン→ゆるやか
オン→ゆるやか、エン→はっきり
オン→はっきり、エン→はっきり
オン→ゆるやか、エン→ゆるやか


どう取るのが1番自分好みなのか??
あらためて考えてみてね~。
(v^ー°)



<2エイト目>
「8~1」・・・
1エイト目の「8」からの「1」。
ここをどう取ろうか、、意識してる人が少なかった気がします。。
ショボボ━(´・ω・`)━ン


それ以降の振りは僕の手癖足癖満開ψ(`∇´)ψ うきょきょきょな組み合わせだったので、覚えるのが大変だったね。
でもみんな良く攻略してくれました!!!グッジョブ!

あとはね、あんな風にオンエン8分で入り組んで続く振付の中だからこそ、

「じゃあ自分はどこにアクセントや抑揚つけて踊ろっかな~。」
(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー


ってのをドンドン試みてってもらえると嬉しいっス!
経験値的にも、性格的にも、パッとやれる人もいれば、なかなか思いつかない人もいるとは思いますが、まずは"そういうコトを考える"というのが第一歩なので、振りの順番が入ったならば、どんどんそっちに頭を切り替えていきましょねー。



<3エイト目>
「&3」・・・
「2」で切った首を戻すタイミングからドンドン(踏み踏み)♪
聴こえにくかったかもですが、ドラムのリズムに合わせてますので、あらためて曲を聴きながらイメトレ復習してねー。


「5&」「6&」「7&」・・・
ここでもエン取りになりますが、ここは、、、
こぉこぉは、、、こぉ~こぉ~わぁ~、、、

後から考えれば考えるほど、あれもこれもとバリエーションで遊べちゃう部分ですやね~。
僕自身も不十分で悔しいんですがo(TヘTo) くぅ、2エイト目の"混みいった振り"みたいな、

わぉ!(なんかすごいね)」って思わせるパートとは違った、

おほぉ~!(ニクいねぇ~こんにゃろめぇ)」って思わせるのを狙えるパートだすやね~。




ってコトは、ガツッといくよりかは、

いかにうまく抜いて他との変化をつけて魅せるか?

の方を考えた方が良いだろうねっ。
(oゝД・)bネ



<4エイト目>
2エイト目の振りにもっと時間かかるかと思ってたので4エイト目はさらっとにしたんだけど、
今日のみんなの覚えペースだったらラスト4カウントくらいはもっと凝っても良かったかもねー。



<全体として>
今日やったみたいにね、同じ曲で同じ振付でも、

ハキハキ踊ってみて、、、
抜いて踊ってみて、、、

はたまた
〇〇で踊ってみて、、、
△△で踊ってみて、、、
××で踊ってみて、、、

みたいに色々とやってみて、最終的に「一番自分好みな組み合わせ」「人が見ていいだろうなと思うであろう組み合わせ」の2つをチョイスして踊れるように目指していきましょ~♪
(、、と、自分にも言い聞かせる今日この頃でありますです。はい。)



 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月 6日(日)13時01分13秒
  日曜R&S>

む~、、今日は迷いに迷っちまいました。。
Koffee Brownの「Weekend Thing」(2001)(R&B)♪

で、ヒップホップの予定です。
皆さん踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月 5日(土)00時10分28秒
  金曜RIZE>

今日はゆるやかなスタイル系ヒップホップやりました。
曲は、Ne-Yoの「CRAZY」♪


<ビート&リズムトレーニング>
「1&」「5」「8&」
この組み合わせ、、繰り返してループすると、
「8&」「1&」「5」
っていう"シンコペーション"な感じになるので、そういうリズムワークで覚えちゃうっていう経験をするにはとっても良い組み合わせだったね。
シンコペーション、、覚えておいてねっ!
ヽ(oゝω・o)-☆ 



<アイソレ練>
普段は立った体勢だったり、ステップしながらだったりでやってますが、今日は、

カラダを倒したり、
座ったり立ったり、


しながらもやりました。
Ψ( ̄∀ ̄)Ψケケケ
慣れない人は胸から上、慣れてる人は腰から上は、ほぼほぼどんな体勢になってようがアイソレできるのが理想だよ。
まずは胸から、、マメに練習を続けてね。



<コンビネーション>
ガツッ!とやってバッ!と止めて、、、っていうのとは違う雰囲気の振付にしてみましたヨ。

チカラは抜き気味で、その分丁寧に、小洒落に踊ってキレイに止めて、最後は緩やかにノッて♪♪
みたいなイメージで作りました。

●全体的にチカラが入り過ぎるとお洒落に見えない。
●止まるべきところが止まらないとメリハリが出ない。



ってのが注意点だよ。かといってチカラ抜きすぎてグニャグニャになっちゃっても良くないので、

「入れすぎず、抜きすぎずに、、抜く」

っていうチカラ具合がなんとも難しいっスねー。
まぁまたこういうのもやって、少しずつ慣らしていきましょう!

ポージングも大事だから、大きく激しく踊るのとはまた別な、"カッコつけ方"も研究していきましょよ。
ストッピングもね、やっぱし必要になるので、機会みて「止め練」もやんなきゃっすよね~。


来週はお盆休みでRIZEスタジオ休みですので、お間違えなく!
また再来週ねー☆彡



こちらはLIVEね♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 8月 2日(水)23時16分32秒
  水曜すたくら>

今日はヒップホップやりました。
曲は、TLC - Girl Talk (Heather B's Do You Mashup)♪


<バート・シンプソン>
色んなタイプのある中から、

「片足だけを開き閉じするタイプ」

をやりました。
進行方向側の足だけを股関節でパカッ!と開きます。
って~コトは、胸・腰・逆側の足は?? (?。?)
、、そう。
正面向いたままだよ。
このタイプはそこをキチンと守らないとスタイリングが崩れちゃいますので要注意ね。



今日はTLCの曲だったのでわりと緩めな雰囲気でやりましたが、ボディと膝の扱いをもっと強めにとってミドルスクールなんかのがっつりヒップホップでもよく使いますヨ。


1&2&~
=ダウンアップダウンアップ~
=片足両足(スライドするなら片足)片足両足~


●ダウンアップのリズム感のキープ、
●片足だけ開いて出る(アップ)、開いた足を戻しながら逆足を寄せる(ダウン)




この2つのタイミングを上手くあわせましょ。
"横移動するステップ"だからといってダウンが甘くなると、見た目のリズム感が減ってふわっとしちゃいます。
なのでね、"出したい雰囲気"によって、

膝(ダウンアップ)の強さとリズムをあれこれ調整できるコト

が幅広く踊るための理想ッス。
「強くとれる人が弱めてやる」のは楽ですが、
「弱い人が強くとれるようになる」のは練習が必要なので、まずはやっぱりハッキリくっきり、強めにダウンアップを意識しながら練習するのをオススメしますよ。
( ̄ ̄▽ ̄ ̄) ニコッ



その他としては、腰が残っちゃうと開いた側の足への体重移動が遅れちゃうので気をつけましょ!
開いた足のつま先をしっかり立てて、そこ(一本足)に素早く全体重を乗っけていけるようにね。
それが出来ないとスライドバージョンには至れませんですよー。




<コンビネーション>
簡単そうに見えてやってみると案外難しい組み合わせの振りを3エイト目に入れました。
苦戦しつつもなんとかかんとか、、って感じだったかな。
気持ちよぉ~くっていうには、もう少しやり込むのが必要かもだね。
(^▽^;)(^▽^;)


レッスン中に指摘もしましたが、
「腕と腰でツイスト」
ではなく、
「腕を含めた"肩甲骨"と腰でツイスト」

するのが、踊りを大きくカッコよくするためのポイントだよ。

で、ツイストはね、
「片側だけを使うのではなく、反対側もキチンと意識して使う」
のが、これまたポイントっす♪♪♪
フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!

「肩甲骨」と「両側使い」を意識しながら、もう一度それぞれで3エイト目の振りを吟味してみて欲しいですー☆彡





そしてこちらは原曲ね♪
 

お・ま・け

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月30日(日)22時27分4秒
  Talkin' Loudのね~
Bassラインがね~
すごーく好きなんだよね~
分かりやすくベースカバーの動画をオマケで貼っておきます♪

Incognito - Talkin' Loud (bass cover)
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月30日(日)22時24分24秒
  日曜R&S>

今日は、もんのすごぉぉぉぉ~~~く久しぶりにレッスンとしてロッキンをやりました。
曲は、
Wobble Go-Go Remix♪
Incognito - Talkin' Loud♪




<ロック>
A: 肘を体側につけた状態から(手首は切り離して)ロック。
B: 拳を体側につけた状態から(手首も返しながら)ロック。
C: 両腕をクロスした状態から肘を開いて、体側につけてロック。


の3種類をやりました。
Aのロックで手首が動いちゃう人が多かったので注意ねっ。
☆ミ(>ω・)bネ!

肘と股関節でロック

しますが、これ、最初のうちはロックの感覚もわかんないし、カタチもなんだかキマんないしで、、どぉ~にも気持ち悪いんだよねー。。
ヾ(*д*)ノ゛ヾ(*д*)ノ゛ヾ(*д*)ノ゛
動画も観て、何回も何回も繰り返していくうちにだんだんとキマってきますので、根気強くくりかえしましょねっ。



<スキーター>
"蹴り足""乗り足"腕やカラダの付け方など、スタイルはさまざまですが、今日は僕の好きなというか、僕の1番自然に出るスタイルでやりました。

7つの行程、
キック、置いて、乗って、戻して、キック、チェンジ、踏む

で一連の動作になりますが、「腕の付け方」がちょっちややこしいので、初心者の人には今日練習したように、

先の4つと後の3つ

に分けて練習してみるのもオススメしますよ。
♪(゚▽^*)ノ⌒☆
ちなみに後の3つ(キック→チェンジ→踏む)はそれ単体で、

スクービー・ドゥ

という動きだよ。



<コンビネーション>
ロッキンをやったコトない人は、カタチや順番を覚えるのが大変だっただろうし、
(´Д`;)
ロッキンを普段やってる人は、やり慣れない僕のスタイルや振りの並べ方に「あれれ!」ってなっただろうし、
(゜ロ゜)ギョェ
どっちの人達もそれなりに大変だっただろうねー。


まあ今日の所は、雰囲気やムードを楽しんでもらえたなら嬉しいです。
ロッキンは比較的リズムもハッキリ取ることが多いしポージングも独特なので、初めての人もリズムワークやカラダの使い方なんかで新しい扉がちょい見えたとしたら、、万々歳だすっ!!


なぁーんも基礎を教えてないのにいきなりの振付で戸惑いもあったかと思いますが、みんな良く頑張ってくれましたっ♪
また機会あったらやりましょっ☆彡




 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月30日(日)11時33分40秒
  日曜R&S>

Wobble Go-Go Remix♪

で、5週目エクストラの今日はロッキンの予定です。ワーオ。
(普段はロッキンやってないので、あまり速過ぎないGOGOビートでネ♪)

皆さん踊りに来てね~ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ☆彡

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月28日(金)23時53分48秒
  金曜RIZE>

今日はロッキンやりました。
曲は、Wobble Go-Go Remix


<ビート&リズムトレーニング>
だんだんと数えられるようになってきたねっ♪
よしよし。 (●´∀`)ノ
引き続き鍛えていきましょー!


<トゥエル>
腕を上げたり下げたりしながら、手首をクルクル。
繰り返しやってくうちに手首の力が抜けてきて、楽に回るようなるので、それまで辛抱強く続けてねっ。

経験者は、「肘で腕を釣り上げる」感覚を探りましょう!動作に"しなり"が出ますよ。
逆に、しならせずにやりたい場合は、腕全体で持ち上げませう。


<ロック>
肘の内側をボディにくっつけた状態から、肘を開きます。
同時に股関節を使って、

肘と股関節でLOCK!!

最初はねー、どーやってもカタチが決まらないのよね、、これが、、。
( ̄▼ ̄|||)ぬはぁ
僕もそうでした。
続けてやってくうちにカタチも整ってくるしロックの、

止まる(カラダに鍵をかける)感覚

も身についてきますので、気長にされどマメにやってくださいねー。


<ポイント>
色んな方向へ指をさしますが、大事なコトは、

指は最後っ!!
(σ゜д゜)σ サイゴッ!
だよ。動き出しからもぉ人差し指が立ってたりしないようにねっ。

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月26日(水)23時36分12秒
  水曜すたくら>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、Royals Go Go Remix feat Kenny Sharp


「Break Down」・・・
いくつかある種類の中の、"上半身を傾ける"タイプのBreak Downをやりました。
基本的にはソウルダンスの動きなんだども、このタイプは純然たるソウルダンスよりもどちらかというとロッキンなどのジャンルの中で使われることが多いよ。



"上半身を傾ける"という動きをする時に、

『背骨のどこで曲げているのか??』

というのを把握して欲しいので、今日は、
・みぞおち
・おへその下


の2箇所でやりました。


初心者の人はこの、「どこで曲げているのか?」っていう意識が薄かったり無かったりするので、先生がおへその下で動いてるのを見てても、自分はもっと上のみぞおちの辺りで動いちゃったりしちゃうのです。
(´・ω・`;)

今日2箇所でやってみたコトで、これからは先生や人の動きを見て、
「あ~、あの辺で曲げてんなぁ。」
( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ふむふむ

って見分けられるようになってくれれば嬉しいです!



おへその下から曲げる、、というコトは、
「背骨は真っ直ぐのまま」ね。

立ってるポジションではやりやすいですが、膝を曲げた体勢はやり込まないと慣れないかもね。
膝を曲げた時に"曲げポイント"が上に上がっちゃわないように注意しませうよ。



そしてもうひとつ。
「ボディを傾ける」
のと
「胸を横に動かす」
のは、まったく違う動き方なので、これも混同しちゃわないようにくれぐれも注意してねっ。
ヽ(oゝω・o)-☆ 




ゆくゆくは腰も一緒に動かすやり方もありますが、今日の段階では腰は動かしません。
感覚が掴めない人は、椅子に腰掛けた体勢でやっておへその下から動く感覚をつかんでね♪
そしたら次に、立って膝を曲げた体勢で練習。
立っても、膝を曲げても、"曲げポイント"から上はなんら変わらない動きをキープ出来るようになったら完成ッス。



最初はどうやっても力んじゃいますが、続けていくほどに力みは抜けていくからねっ。
続けるコトが大切だよー。

マスターするとね、上半身・下半身ともリラックスしつつも、『しっかり腰で全身を支える』というカラダの使い方が身につきますよ~ん!!




<コンビネーション>

そんなに抑揚のない曲にそこそこ振りを詰めちゃったので、

「順番を覚える」
「振りのリズムの区切り方と抑揚のポイントを見つける」

のがちょっと大変だったかもね。。
(*- -)(*_ _)ペコリ
あらためて曲を聴きながら、イメトレ復習してみましょ~♪

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月16日(日)19時08分59秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、Laurent Wolfの「Saxo」♪


<基礎練>

「ルーズレッグの腕使い」
"出した足の着地"と"払い腕の伸びきるピーク"を合わせるように意識しましょう。

今日の練習でやったようにね、出し足の後で向きを変える際には、

払い腕のアフターフォローで次の向きへと誘導する

っていうのが有効になってくるからね~。
90度なら90度。
180度なら180度。
払った腕でその向きまでボディをもっていき、ステップはルーズレッグの手順を崩さずに自然についていきませうよ。
ハゥイ(゚ω゚`)ノ



<コンビネーション>

「技がそのまんま」や「ステップの繰り返し」のない振付だったので、順番入るのに少し苦戦しましたね。
1エイト目2エイト目と、「2エイト目の4と8」以外はずっと8分音符でステップしてるので、

どこでどっちの足に乗ってるのか

を一手、、いや一足w間違うと「だあぁ~(>Д<)!!」ってなっちゃう感じでしたね。
"ルーズレッグ"とか、"後ろ足でつま先タッチ"とかを多用してくとそういう組み合わせになるコトが多いっす。


今日は、

「ルーズレッグの要領だけども通常とは違う方向へ足を出す」

とか、

「あえてステップの数を減らして、重く踏んでタメる」

とかも入れてみました。そこらへん、ポイントにして覚えておいて欲しいで~す!



 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月16日(日)11時13分49秒
  日曜R&S>

Laurent Wolfの「Saxo」(2002)(HOUSE)♪

で、ハウスの予定です。
皆さん踊りに来てね~(*^▽^*)♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月15日(土)00時13分34秒
  金曜RIZE>

今日はオールドスクールテイストのステップスをやりました。
曲は、Byron "Mr. Talkbox" Chambersの「Tell Somebody」♪



<アイソレ練>
ダウンアップやステップを変えたりアイソレを変化させたりしてやりました。
上手く出来なかったヤツを思い出して攻略してねー!
(゚▽^*)ノ⌒☆



<ビートトレーニング>
「2」「3&」「8」で8分音符やら4分音符やらあれこれ。

「カウント(数字)じゃなくって、自分なりのリズムに置き換えて覚える」

これねー、たーくさんやって欲しいですー。
コンビネーションの振り入れの時に実演したようにね、カウントを把握した上でそれを「自分なりのリズムに置き換えて覚える」ことで、

アクセントや抑揚をもっとつけやすくして覚えちゃう !
(*´∀`*)ゞわふーい


っていうテクニックのひとつだよ。
(カウントでもやれるけどもさ、、もっとイメージしやすくなりますヨ)
「数えながら覚える(踊る)」
よりももっと、
「歌いながら覚える(踊る)」
っていう感じだねっ。

(とはいえねー、"数える"というコトも大切なのでカウントにも強くなって欲しいですのヨ。カウントを速く正確に覚えられるってコトは、振りを速く正確に覚えるための要素のひとつだからね~ん。)




<プレイ・ザ・ギター>
腰(膝)でビートをしっかりキープしながら、体重移動&腕の振り。
左手が縮こまらないように、右手は肘から動かせるように。
引き続き回数をやってカタチを整えていきましょー!




<コンビネーション>
あまりガッツリしない、どちらかというとクールな感じのコンビネーションでした。

おのおの、動画で

「指定されてない部分の腕を自分はどう扱っているのか?

をまずはしっかりとチェックしてねっ!
これ、重要っス!!!
 (o`・ω・)ゞデシ!!


その他、カタチやら抑揚やらやらやら、、もチェックして今後の参考にしましょ~☆彡


 

お・ま・け(むちみ について)

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月13日(木)00時26分57秒
  今日ね、レッスン前に「動きが固いんです」とあった質問に「沖縄空手 むちみ」とググって調べてみなさいと答えました。
"自分であれこれ調べて"という過程を踏んで、自分で考えるというコトもして欲しかったんですが、
実際「沖縄空手 むちみ」とネットでググってみたところ、あまりにもいい加減な情報がたくさんあったので、「こりゃヤバイ、、逆に混乱するかも」と思いました。

動画を貼っておきます。
僕の言いたい「むちみ」とはこういうコトです。

23分55秒~26分25秒、
34分~37分10秒を観てくらさい。
(興味や時間のある人は全部見てみるのもすごく勉強になるよ~)


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月12日(水)23時29分44秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、Bootsy Collins Feat One & Bobby Womackの「Groove Eternal」♪


<基礎練>

・腕と胸と腰の連動
(胸と腰の割合が同じになるようにね)

・腕を振って手首をクルクル
(左が回らない人が多かったよー。左側練習ねっ!)

・手首と肘のコントロール
(肘の内側への回転が甘い人が多かったね。外側へ回すのに力が入っちゃって、それがそのまま抜けないと内側へ回すのをさえぎっちゃうので、どっちへ回すのでも力まずに出来るように"脱力"を意識しながら何度も繰り返してねっ。手首の脱力(分離)も引き続き要練習だよー。)




<腕の使い方>

・ショルダースタート前打ち(4行程)
肩を前に打つ

肩を引きながら腕が前に上がる

腕を引く

腕を下ろす

今日は肘の内側に目印のテープを貼ったのでよく意識出来てたと思うけど、いざスピードが上がったりコンビネーションになると目印が見えなくなっちゃう(腕が内側に回転しちゃう)ケースがあるので、これからもそこに気をつけてこうねー。
(・∀)(∀・)ネー☆


んで、『肘の逆関節のコツン』
これも引き続きね。
この逆関節のコツンが目印シールの代わりだよ。
シールがなくってもこの"コツン"があれば肘の内側がしかるべき方向に向いて腕が出てるってコトね。
ヽ(。ゝω・。)ノ
"コツンを感じない時"は腕が回ってるか、力んで力が入ってるかのどちらかです。



・ショルダースタート前→上→落ろし
今日のバージョンは9行程ね。
「肩で打つ」
「肘で跳ね上げる」
(肘でトスっ!w)

二段階ロケットをイメージしてくらさい。
んでもって、この9行程を16分音符(わんえんつうえんす)でキチンと把握してハメられるようにねっ。
ただ漠然とやっててはあきまへんえ。
いきなり速くは無理としても、ゆっくりでもちゃんと数えながら練習してね~。




・腕が伸びきった時の手首の脱力とブルルン
腕が伸びきったタイミングで手首が揺れることで、
「伸ばしたという動きをデフォルメする」
「もうちょびっと腕を長くみせる」


の2つの目的があります。
(場合によっては音のアクセントを取るってコトもしますヨ)

イメージとしては「鞭の先端がピシッとなる感じ」かなー。
腕を動かしてる中で手首の脱力をコントロールするのも慣れないと難しいだろうなのでね、やっぱし基礎練の「手首と肘のコントロール」のやり込みが必要だよね。
(-∀-。)ぅんぅん



<コンビネーション>

今日は基礎練を長めにしたので、コンビネーションは短くしました。
1エイト目の「7&」で両腕が伸びきったてっぺん。
2エイト目の「3イエン」の左腕が伸びきったてっぺん。と、そこまでの腕の出し方。

ここら辺に気をつけられたらイイネ♪
動きの「リズムの引っ張り」(つうぅ~っとかふぉぉ~っとかね)は、またこれから覚えていきましょっ♪


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月 9日(日)19時02分29秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、 Hamilton Bohannonの「The Groove Machine/The Boogie Train (Idjut Boys Re-Edit)」♪


<基礎練>

・腕を振って手首をクルクル
・両手の手首をクルクル
・手首と肘のコントロール
(随分出来るようになってきた人とそうでない人の差が出てきたよ。マメ練を忘れずにね。)
・構え 左右



<腕の振り方>

●両手とも外回し→ナナメ上へ
「上半円が回ってない人」
「下半円が回ってない人」
っていう指摘をしたね。"肘の内側"を上向けたりした向けたりっていう回転を上手くコントロール出来ないとロールはキレイに真ん丸く回らないよ。

腕を回しながら、"肘の内側"の回転具合いをじっくり探りましょう。



、、、でもね、便宜上というかさ、、段階を追っていうとそうなるんだけどね、そうするとイメージとしては、
「腕を回す」がまずあって、その補助として「肘の内側の回転」を使うっていうような感じに聞こえちゃうっしょ。
(。-`ω-)ンー


厳密にというか、段階をすっ飛ばして奥義を言うとね、

肘の内側(=肩から肘まで)の回転をしっかり扱えれば、肘から先はアホにしてても回るのであります。


これがね、
「腕を"先っぽの方"で回して"内側の方"の意識が少ない」
のと
「腕を"内側の方"で回して"先っぽの方"は脱力してついていってる」


の大きな差なんだよね、、。
( 'ノω')コッソリ
「肘でグーを回してよ~」っていうのもそういうコトっす。

パッと理解出来る、、
何を言ってるのかよく分からない、、
個人差はあると思うので、各々で自分のカラダと対話しながらよぉ~く考えてね~♪




●指パッチン→内回しロール&肘の引き寄せ(オアチャーッ!!Lee風w)
ロールと肘の引き寄せのタイミングを研究してねっ!
「グー」と「肘」の2点を同時に動かすんだよー。



●右腕は上へ。左腕は横へ。
腕の開き閉じからの応用ね。
右腕が変わってもなるべく左腕は影響されないように心がけましょ!
ただ、右腕が「肘を跳ね上げて」上にあげるので、その前の準備の段階では両腕とも"肘は閉じておく"のが良いよっ。



<全体として>

1エイト目はワンツー、ワンツーで動作を終結しないで"次へ次へと繋いでいく"ようなパターンにしてみました。

どのタイミングでどっちの足に重心をもってくか!?

が重要なポイントになるので、左右の足の体重の移り変わりのタイミングを整理しませう。




2エイト目は腕と足のタイミングをズラしてみました。
そういうのにも惑わされずに「間」を計りませう。
v(*'-^*)ゞ・'゚☆ブイ


最初に練習した12インチバージョンね♪


振りとして踊ったリミックスバージョンっす♪
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月 9日(日)11時49分46秒
  日曜R&S>

Hamilton Bohannonの「The Groove Machine/The Boogie Train (Idjut Boys Re-Edit)」
(原曲1979)(FUNK)♪

で、パンキングの予定です。
皆さん踊りに来てね~っ(*'▽')☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月 8日(土)00時32分53秒
  金曜RIZE>

今日はパンキング研究会が発動しました。
曲はあれこれ垂れ流し。


<準備運動>
・腕で振る、肩甲骨から振る、腰から振る
・「重心を浮かせたまま振る」のと「重心を落として"踏み"を使って振る」の、"腰と脚の違い"



どっちもね、『振る』ということの理解を深めるためには大切なコトです。
とくに腰から振るとか、腰を先行させて上半身を遅らせるとか、僕のスタイルではよくやるのでねー。
カラダの感覚を探りながら、それぞれ違いをつかみとってね♪
v( ̄∇ ̄)ニヤッ



<ビッケさん式ロール>
「肘を使いながらロールする」技術のひとつです。

「肘の開き閉じ」と「ロール」を同時にスムーズに扱えるようになりましょう!
それにはね、

腕そのものの「ドリル状の回転」を把握&コントロールするのが攻略のポイントだよ。


・重心(体重)の移動

・肘が出る

・拳が真下辺りまでいったら、肘を引きながら残りのロールをする


色んなタイミングを計りつつもキレイに素早くロール出来るようになるには、

「理論的に仕組みを知る」
「反復練習で数をこなして、感覚をつかんでく」


どっちも必要だよね~。
(●´∀`人´∀`●)ネェェッン☆★



「仕組みを理解して」
(なるほど。。)

「まずは丁寧にその仕組みを頭とカラダで確認する」
(ん~、こういうコトか。。)

「それでもまだ速くや連続でやると上手くいかない。。」
(だよなぁ。。)

「数をこなして、頭で理解した仕組みをカラダの感覚に変えていく」
(こうか!?いや、こうなのか!?)

「さらに数をこなしていくうちに余分な力が抜けてきてスムーズに出来るようになる」
(は!これじゃん!この感じじゃん♪♪)


っていうかんじだね~。
キーワードは「理解」と「反復」の2つ。
今日の帰り際に話したコトに通じるけどね、


「理解」が深いほど、「反復」にかかる時間も多少は減るだろうし、
「反復」が多いほど、浅めの「理解」でもそのようにカラダが動くようになるだろうし、


大人なので、どっちも上手いことバランス取ってやってくのがいい練習法だと思いますよー。

(これは基本的なお話で、まずはここからねっ。もっと先々には、「反復を経ないと得られない理解」ってのもありますです)
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月 5日(水)23時37分32秒
  水曜すたくら>

今日はヒップホップやりました。
曲は、The Notorious B.I.G.の「One More Chance (Hip-Hop Remix)」♪


<腰の前後振り>
んー。。
"腰で動いてる"つもりが、ほぼほぼ「膝で動いてる」人がたくさんいたね~。
(。-`ω-)ンー
「膝の動き」と「腰の動き」を完全に分けて使えると、

色んな割合で(腰と膝の)混ぜ方を選びながら動かせる

んだけど、それが出来るようになるには、、
(ー`´ー)うーん
そうだね~、、
今日やったみたいに「変なおじさん」方式で、両手を前後でタッチしながら、"その為のスペースを作る"ように練習するのも効果的なんだけど、、、
もっと分かりやすく腰(股関節)の動きを知るには、

両足とも膝立ちの状態で腰を振りましょ!

これは完全に膝を殺しているので、「腰だけで動かす」というコトがどういうコトなのか、1発で分かると思うよ。
ヾ(*ゝω・*)ノ☆゚




んでね、ジャズダンスがベースの人は、

骨盤をメインに使って腰を前後に振っちゃう
(もそっと細かくいうと骨盤の下部と股関節をメインにって感じかな)

ケースが多いんだけど、ストリートダンスでは

背骨の下半分辺りからもう使ったり、
逆に股関節だけで骨盤から上は一枚の板にして使ったり、


もしますよ。
言葉の説明だけではなんのこっちゃら??
(*´д`)??
だろうなので、詳しく聞きたい人は僕に会った時に、「腰教えてっ☆彡」と声かけてくらさい。
個別に説明します。
でもって、またそういう題材の良い機会の時に改めてクラスでレクチャーしますね~。




はい。このほそくを読んでくれている熱心子ちゃん達は全員、

膝立ち腰振り

を一度は必ずやってくださいネ。
速くやる必要はないですよ。自分のカラダのどこがどう動いてるのかを知るためなので、
ゆっくり、慎重に、

股関節
骨盤
背骨


に意識をめぐらしながらやっておくれませ。
(☆膝立ちの体勢でもね、ジャズダンス的な骨盤メインの動かし方も出来ちゃうので、ここんとこ注意ねっ!)

「ほーほーほー。なるほどねー。」
 (-∀-。)
ってなったら、
次は立った状態で「膝を使わずに」やる。

そこまでキチンと段階を踏んでやってみたら、今日、「膝で動いてるよ」「腰動いてないよ」って指摘された人も、今日までとは違った感覚で腰を使えるようになってるだろうと思うよ。
(o≧▽゚)oニパッ




<左右反転しながらのステップ>

レッスン後に復習してる人達の動きを見てると、
「両踵をキュってした後の反転する時」に、

前足を引いて両足が正面向きで揃ってる(カラダが正面を向いてる)

人が何人かいたよ。
反転はね、軽くジャンプして、前足がいきなり逆側の横向きになって後ろ足は空中に浮いてる状態にして、カラダが正面向いてる体勢を作らないようにしてちょうだいね~♪

そうすると、「1&2&っ♪3&4&っ♪」っていうようなちょっと"跳ねたリズム"の感じが出しやすくなりますのでね~。

腕と足のタイミング、うまく合わせて踊ってね。



<全体として>

ちょっと難し目というかな振りだったかな~。。。
みなさん頑張ってくれてありがとで~す♪m(_ _)m





はい。こちら原曲です。
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月 2日(日)19時09分55秒
  今日はヒップホップやりました。
曲は、The Braidsの「Bohemian Rhapsody」♪


<リズム練>
・どん~たっ♪ ー ーどんたっ♪

OK d(^^)

・どん~たっ♪ チキチッ、どんたっ♪

OK σ(゚ー^*)

・どんチッたっ♪チキチッ、どんたっ♪

むむっ! (ー△ー;)

・どんチッたっ♪チキチッ、どんたっ♪
(ボディの前後や左右を入れて)

あちゃー!!Σ( ̄□ ̄ ||

リズムトレーニングとしてはとっても良い題材なので、おヒマな時間に復習して攻略してくださいましよっ。



<コンビネーション>
★1エイト目「&2&」の腕・・・
「ノーアクセント」でもなく、「止める」でもなく、、
軽~く"当て(ヒット)"ながら次の方向へ進んでいく。

今日は力も抜き気味だったので、
「コン!コン!コン!」とか
「チッ!チッ!チッ!」みたいな
音でイメージするのが良いかと思うよ。
♪(゚▽^*)ノ⌒☆


★1エイト目「エンセ」の左手・・・
肘→肩上げ→肩下ろし

振りの中でパッと突然入ると、どうしても肩が先に反応してしまう人が多かったね~。
(´A`。)(´A`。)
ウェーブ練とか、腕のアイソレを見直しませう。
途中から、「付けられる人は右手もつけてみてー。」って言ったけど、そういうのも左腕の順番を意識するサポートのひとつよねっ。

さー、自主練としては、必ず逆の腕(右手)でもやっておいてね~。



★3エイト目「1~2」の上半身回し・・・
これ、上手いこといってない人が多かったので、練習法を説明しました。

前後に動かす
横に動かす
回す


どれもね、

首から、胸から、みぞおちから、おヘソの下から。

『どこから使うのか??』

に選択肢を持てるコトが重要だよ。
(エグく極端に言うと、「背骨の何番目から」っていうような意識ね。まーそこまでは言い過ぎだけど例えとしてはそういう感じね)

基礎練としてカラダに馴染ませておかないと、今日みたいに"ステップしながら"ってなると余計に正確に意識しにくくなるかんね~。




<全体として>
今日は音感の"ニュアンス"を出すのを重視して、普段よりも力を抜き気味に踊るのをオススメしました。
ヽ(* ̄▽ ̄*)ノ
どういうニュアンスを出すのかによって、「踊り方全体」としての力加減もあれこれ調整して欲しいです。
その曲の雰囲気や、その振りの雰囲気なんぞも加味しながらね~☆彡






言わずと知れたQueenの原曲♪超名曲っ!!




そして、Queenトリビュートのエルトンジョン&アクセルローズ。
盛り上がりのアクセルの登場シーン(3'17'')が大好きッス(=゚ω゚)ノ♪ウキャーーっ!!!
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月 2日(日)11時54分38秒
  日曜R&S>

THE BRAIDSの「Bohemian Rhapsody」(1996)(R&B)(原曲:Queen 1975)♪

でヒップホップの予定です。
皆さん踊りに来てね~♪(*^▽^*)
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 7月 1日(土)00時14分28秒
  金曜RIZE>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、Sybilの「Walk On By (club mix)」♪


<ビートトレーニング>
「3」と「8」の組み合わせは意外に苦戦しちゃう落とし穴だったねー。
( ̄ー ̄; ヒヤリ
オンとオンだから簡単だろうと思ったけども。。
(「寝てました」、、サイコーでしたw)
ププッ ( ̄m ̄*)



<コンビネーション>
●ステップをしながらボディでリズムを合わせるのは慣れないと大変やねー。
(アップは特にね)

まぁでも、み~んなその同じ道を通って慣れてゆくので心配なくっ!
続けることが大事だよ。
(僕も同じ道を歩いてきましたっ^ ^)


●「左足」→「頭」→「肩」のところは、合間の「エンカウント」で入ってくる手であわてないように、
「1&2&3」と、しっかり8分音符で数えてねっ。


●「足を開いた状態でのひっくり返り」
最初の足を置くのに"間髪を入れず"、次の足を動かしちゃう(空中に浮かせちゃう)のがポイントだよ。
これが遅れて「両足が揃った状態」になると、『軸』が大きく移動する動きになっちゃいますよ。


●「上半身の向き変え」→「腰」
これは、上半身と腰をタイミングずらして動かすし、
左右足の体重チェンジもあるし、
ましてや今日は肩甲骨も入れたので、難しかったねっ!
+.((人д`o)(o´д人))゜

もっと分かりやすい手法でまた機会みてやりましょっ♪ ♪♪


<オマケ>
1エイト目「5」の左足のところを、
「止めたり」、「引っ張ったり」してみました。
こういうカウントの広い部分は、自分なりの色付け(アクセント付け)する絶好の個所なので、またそういうカウントの広い部分が出てきた時は、

「あ!キタ、ここ。。(゜∀゜三゜∀゜)
さーて、、どうすっかなー。センセはどうやってっかな~、どれどれ。。」


って考えるチャンス到来でありますよ~☆彡


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月28日(水)23時57分32秒
  水曜すたくら>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、Sybilの「Don't Make Me Over」♪


<踵ステップ>
踵だけでやるとなんてコトないステップですが、
('ω'*)アハン♪
色んなパーツを合わせて使うことでどんどん色を付けていきませうよ。
まずは踵、
そして腰、

んでもって今日は「引っ張る側の肩甲骨」まで付けました。
"腕"じゃないよー、"肩甲骨"だよー。
o(* ̄○ ̄)ゝだよー
肩甲骨で向きを作れるように練習しておくと、腕は腕でまた別の動きとして変化していけるので便利っす。


「どのくらい上半身を傾ければ、腰をキレイに残したまま傾け側の足に全体重を乗せられるか?」


をまずは探ってね。
「腰をのこしたまま片足に全体重をかけられるポイント(体勢)」
が分かったら、
「エンカウント」の間にそこまでもっていけるタイミングを計りつつ、
カタチを整えていきましょう。


歩幅によってタイミングもポイント(体勢)も変わるので、色んな歩幅でやってみるのがいいね。


基本は"横のステップ"なんですが、今日みたいに「上半身でも向きを作る」ことで、
"縦(前後)の動き"

が加わって、踊りが3D(立体感のある動き)になりますよ~☆彡
あとはリズム取りのあれこれで、カッチリにでも滑らかにでも!
L(・∀・o)


「肩甲骨を使う」って感覚は、腕をもりもり使っちゃうと探りにくくなっちゃうので、トレーニングとしては、わざとある程度腕の動きを殺して感覚を探ってちょうだいね。


そういう練習をしてくとね、結果、ボディから踊れるようになります。
(ひとくちに「ボディの動き」っつっても沢山あるけんども、肩甲骨もボディに含まれる=カラダの中にあるのでそのひとつねっ。)

練習を重ねて慣れて来た人には、上半身のリズム取りやらなにやら、、まだ更に加えていきますよーん。
L(`∀´o)オーー



<カラダを落とすストッピング>
膝を"抜いて"、、、うん、僕の感覚では「膝を曲げて」よりも「膝を抜いて」と言った方がしっくりくるかな。。

膝を抜いて、落ちたカラダを「トッ!」とか「ドッ!」とか「ッッッ!」とか。
強ければ、「ドッ!」とか「ゴッ!」みたいな音のイメージで止める。


むふぅ~ぅ、これはねー。。
(。-`ω-)ンー
「止める!」「止める!」
と念じながらw、繰り返し繰り返し反復して感覚をつかんでくしかないかなぁ~。

「ポップを打つ」とか、
「ロックを止める」とかと同じよね。

最重要は、「鮮明なイメージ」と「練習量」っす!!



<全体として>
スタイリングとしてはオールドスクールな雰囲気でしたが、腕の振りをそういう風につければ今ドキヒップホップ風にも改造できちゃう振りだったかもね。

そういう意味では、複数の先生のクラスに出てる人は、〇〇先生風に腕の振りをつけたら、、はてさて、どうなるか??
みたいな妄想練習してみるのも面白いと思うよ♪♪♪


僕のクラスだけ参加の人はそれは出来ないので、逆に「今日僕がどう腕を使っていたか?」を思い出してマネしてみましょ~♪

え?思い出せない??
 Σ( ̄□ ̄ ||
そういう人は、それ以外のコトで許容量がいっぱいになってるので、
(すたくらとしては至極当たり前なんだけどもね~)、
「教えてない部分をどう使ってるか?」
を見るというコトも今後のレッスンの受け方のひとつとして覚えておきませうよ♪
すぐには出来なくとも、そう思っておればやがてはそういう風になってゆきます!


MVはNew Jackだね~。



こちらはLIVE♪GROUNDBEATはこのなんというか、、"自然と腰の揺れる感じ"というノリがたまりませぬな~☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月25日(日)23時33分46秒
  日曜R&S>

今日はフリースタイルやりました。
曲は、Nu Flavorの「Sweet Sexy Thing (Groove Mix Edit)」♪


そこそこ足数も多めな振りだったのと「踵&腰&腕の左右繰り返し振り」の苦戦で、最初はどうなるかなぁ~(p・Д・;)アセアセと思ったけど、頑張りましたねっ!
(●・v・○)ノグッジョブ

歌メロの雰囲気と「チッ、チッ、チッ、チッ」っていうハイハットの8分音符刻みであんな感じになりましたヨ。




<腰の横振りとアクセント>
ただ腰を左右に振っただけではアクセントが出ないし、横に"アタック(打つ)"しちゃうと強すぎるし左右連続で続けるのは困難ッス。

今日のはどちからというと「1つ1つ置いていく」ようなアクセント。

・股関節そのもので(ズラして止める)
・膝で(曲げを止める)
・踵で(落とす)


これら3つを使いながら、
「バン!バン!バン!」ではなく、
「トッ!トッ!トッ!」とか「コッ!コッ!コッ!」

みたいな音をイメージして練習すると良いよっ。
(*´゚∀゚`)ノヨィョォ♪
ん~、、これはもう少し説明と練習が必要だろうから、また機会をみてやった方がいいかもね。
(タイトに落としていくブレイクダウンやロックステディなどもこのアクセントを使います)



<腰&踵&腕の左右繰り返し振り>
そうなんよね~。こうちゃんの言う通り、
「1&2♪ 3&4♪」
3つずつなら気持ちイイとこで楽なんだけどもね~。
(すたくらだったらそっちのバージョンだったと思う)

今日は「チッ!チッ!チッ!チッ!」のハイハットにフィーリングがいってたので、あえて、
「1&2&♪ 3&4&♪」
4動作にしました。
意地悪問題っちゅやぁ意地悪問題だけれども、あんまりそういう意識もなくそうしてしまいましたわいな。

「張り手」の方の腕が見た目には印象的なので、安易にそこに意識がいってしまうと"張り手側だけの手振り"になっちゃうケースもありんす。
どっちかというと反対側の「引き手」(引き肩甲骨)の方を意識した方がスムーズに振りが繋がると思うよっ。

『派手に使ってない側の腕(肩甲骨)』

とーっても大事でありますです。
常にそれも意識出来るように覚えておきませう。



<全体として>
1手(1歩)詰まるとアラララ!!な振付でしたが、割とタイト目な8分音符のビート取りをベースにして、伸ばすところや抜くところ、
どういう風にアクセントをつけてくかが課題になるようなイメージで振り作りしました。

レッスン時間内でしっくりいかなかったところや、
(。-`ω-)ンー
イメージは掴めてんだけどいまいちカラダまで反映出来なかったところなど、、。
(ー`´ー)うーん

曲を聴きながら、再度イメトレ復習しておくれませ~☆彡


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月25日(日)10時45分7秒
  日曜R&S>

Nu Flavorの「Sweet Sexy Thing (Groove Mix Edit) 」(原曲:1997)(R&B)♪

で、FREESTYLEの予定です。
HIPHOPやスタイル系ではない振付です~。

皆さん踊りに来てね~っ☆彡(=゚ω゚)ノ
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月23日(金)23時59分51秒
  金曜RIZE>

今日はソウル系フリースタイルやりました。
曲は、Nu Flavorの「Sweet Sexy Thing」♪


<ビートトレーニング>

・4分音符と8分音符を両手で同時に。
(左右チェンジ)
・4分音符(8分音符)と3拍子を両手で同時に。
・8分音符(16分音符)で、「2」「5」「7&」をCLAP

(執拗な嫌がらせに耐えながらねぇ。。笑)
( ´∀`)ヵヵヵ

これらは暇さえあったらマメにやってね~♪



<ステップ>

「SWIM」・・・
上半身の"アップのリズム取り"で踊ります。
「胸で踊る」
「腰で反って踊る」
「股関節をズラして骨盤を使って踊る」


色んな意識の仕方とカラダへのアプローチがあるので、どれもまんべんなく試みて、感覚を探りましょう。



「Snake」・・・
頭→肩→胸→腹と順番に横へズラしてって、
最後に残った腰でキメのアクセント!
これに腕を合わせていきましょう。
リズムは、
「わぁ~んつっ!すり~ぃふぉっ!

文字通り"蛇"~> ̄ )~~~ヘビのように、腰のアクセント前までを滑らかに踊れるように練習してねっ。

Snakeを練習しておくとね、横のボディウェーブも上手になりますよー♪♪♪



<コンビネーション>

"ひねくれステップワーク"や
"リズム的ひっかけ問題"も入れたコンビネーションでしたが、グッジョブでしたっ☆彡
(*^ー゚)b グッジョブ!!

アップのステップワークは慣れるまで時間かかりますので、引き続き色んなパターンをやっていきましょね。


まずは、「Swim」「Snake」
これを単体で繰り返してちょうだいませよ。
1ステップ2年。。 サキハ ナガイ ノォ~
気長に気長に踊り込んでいきませうよ~♪


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月22日(木)00時07分45秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲はMISIAの、
「虹色のリズムremix」♪
「太陽がいるからremix」♪


練習したステップは、「LOOSE LEGS」♪
数多いハウスのステップの中でも僕的には、

・簡単過ぎず難し過ぎず
・振りと振り、技と技の合間に使いやすく
・単体で繰り返してもそれなりに見栄えが良く
・改造しやすいのでバリエーションを作りやすい

(あくまでも"僕的には"ねー(●´∪`)b⌒Ne☆



「繋ぎのステップ」としても
「次に何しようか考える時のステップ」としても
「かかっている曲を聴いて探る時のステップ」としても
「難易度を上げて見せるためのステップ」としても


役に立つ、とーっても大好きなステップでありますです。
(●´∀`人´∀`●)ヤクダチサーン
ぜひ皆んなも得意ステップにしてもらえたらなぁ~って思います。



<基礎練>
しっかり出来るようになっちゃえば、多少崩したり、腕を使わなかったりというのもいいけれど、基本的なトレーニングとしては、

●"直角三角形"のカタチを意識して、出し足は上からではなく、「ナナメに突き刺すように体重を刺す」コト

●「出し足」と「払い腕」のタイミングを合わせて、出し足を戻した時には「逆側の腕の準備が整っている」コト

●ステップが4歩に増えた時は「逆側の準備の腕もひとつ増やして」、
足と腕のタイミングを合わせるコト



腕をキチンと付けられる人がワザと腕を使わないのは簡単チンだけども、
腕を付けられない人が使おうとするのは大変。。
ゞ(´Д`q汗)+・.

なので、基本的なステップ練習としては細かくちゃんと腕も付けてマスターしておいた方が良いよねー。




<ステップバリエーション>
やりだしたらいくらでも増えてく中から、今日は3つね。

・ジャンプしてつま先タッチ
・横っ跳び
・片足の、前→横→後ろを使ったステップ


はい!
本日のテーマは、
『自分で狙ってルーズレッグの中に入れて踊る』
(★ ̄∀ ̄★)シャキーン!


でありましたねっ。
1バリエーションだと簡単すぎるし、4バリエーションだとちょっと多いかもだし、難易度高過ぎてもなんだろうし、、
ってコトで今日はあの3つをチョイスしましたヨ。

とは言え、最初は苦戦するよね~。
そうだよね~。
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン


なによりも大切なのは、

踊りながら考えるコト!


そういう経験も重ねてって欲しいであります。
(ってコトはまずはやっぱりノーマルな状態でのステップをカラダに入れなきゃよね~)

僕はCLUBや公園や部屋で延々とやり込んだクチですが、そうもいかない場合は部屋でマメにやる回数を増やしてくださいな。
軽~く踊ってOKなので、まずは数をこなしてくらさい。


ルーズレッグを踏みながら曲を聴く、
曲を聴きながらどこにバリエーションを入れるか考える、

そういう練習をしてって欲しいです。




レッスン後に哲也さんと鉄也さん、、(あ!ダブルてっちゃん(-∀-。)♪♪)と話してて出たんですが、

「バリエーションを突っ込んで足が止まりそうになった時」(思考が止まりそうになった時)
「カウントの区切りに合わなくなった時」


止まらずに踊り続けるためには、

「そこが小節のどこなのか?」(=次の区切りまでに何カウント残っているのか?)

を把握している必要があるよ。
(σ´∀`)σアルヨー
次の区切りまでにあと何カウント残っているかが分かっていれば、何個の動作を突っ込めばつじつまを合わせられるかが分かるからね。


なのでさ、こういうフリー性を求められた時のためにもね、

小節を把握しながら踊る練習

も必要さね~。(HOUSEは特によ。)



最初は2小節(ワンエイト)から♪
はい!にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃん、はい!にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃん」

慣れたら1小節(4カウント)♪
はい!にゃんにゃんにゃん、はい!にゃんにゃんにゃん、はい!にゃんにゃんにゃん、はい!にゃんにゃんにゃん」

最終的には踊っているそのステップ1つのカウントの幅で把握する。
そういう練習をしておくとね、ステップに詰まりそうになった時に帳尻合わすのが上手になるよ~。
マジカー(*゚Д゚)人(゚Д゚*)マジッスー!




すたくらとしてはね、ちょっと高度過ぎる内容かな、、とも思ったんだけどもさ、
逆にすたくらの段階からそういうコトを教わっとく方が後々のためにはいいのかも知れないなぁとも思ったのでここで書いときますネ。


先生から教わった振りをマスターするのも大事な勉強ですけどもね、自分で自由に踊れるようにもなって欲しいし、ゆくは自分で振りを作れるようにもなって欲しいので、すたくらなれどもこういう練習したり、こういうコト言ったりもしちゃいますでありま~す♪
v(@∀@)vィェ~ィ



「虹色のリズム」はYouTubeにはなかったよ~。
http://www.dailymotion.com/video/x3u4by_misia-color-of-life-shinin_music

「Misia - Taiyou ga irukara(Classic 12" Mix)」今日使ったのとはバージョン違いだけど。
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月18日(日)19時14分7秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、

DJ KAWASAKIの「Into You」♪

・DJ KAWASAKI Smooth Version
・Feat. Emi Tawata Version
・Feat. Emi Tawata(Soulful House Mix) Version



今日はハウス慣れしてる人達も苦戦の色が見える感じだったね。
( ̄ー ̄;( ̄ー ̄;
普段やり慣れないステップと並べ方だったからかな~。
それと左右均等攻めだねぇ。。



<ステップ>
「カラダを外側に倒して両足開き」からの「踵ステップ」

足を開いた時の"体重のかかってない足"を軸足として戻して→体重のかかってた足で踵を置きます。

曲に合わせずに動作だけを、
「1:開いて→2:足置いて→3:踵→4:戻す」
ってやる分には全然楽勝なんだけども、いざハウスの速さでやるとなると、

体重のかけ方のタイミング

を考えないと大変になっちゃうよね。
(;´Д`A ```

「1&2&」=「アップダウンアップダウン」

「1&2&」=「ダウン~~アップダウアッ」
ってやるのが良いと思うよ。


今日は後者でやりました。「1&」を繋げてダウンで使うってことねっ。
曲のテンポが速いとね~、こういうテクニックというか、
『ダウンアップと膝の使い方の工夫』
というかが、スムーズに踊るためのポイントになってきたりもしますヨ。
1つ1つ膝が止まってしまうと、体力も使うし、速くも動けないケースって多いのだす。




他ジャンルをメインにしていてハウスの回にも出てくれている人はね、
ハウスダンスからこういう「膝と体重の使い方」を覚えてくれると本来のジャンルにもまた何かしら役立つかな~って思うよ。
(欲を言うなら、よりステップをしやすくするための「ステップと上半身の関係」もね~)
(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン




<連続ステップ>
「キック」→「TOEタッチ」→「ルーズレッグ」
の組み合わせ。

ぞれぞれ単体では、なんてコトないシンプルなステップだし、
ゆ~っくりやったり、 (^∇^)あは~ん
ボディを全然使わずにやったり、 ( ̄▽+ ̄*)ほっほっほ
その場でやったり、 (▼▽▼)よゆ~っ

なら大して面白味もないんですが、

スピードにのせて、カラダ全体で、後ろに下がりながらやると、
「あれ!?何?今、どーやったの??」
; ̄ロ ̄)!!; ̄ロ ̄)!!
みたいな面白さが出てくるコンビネーションです。


たぶんね~、片側だけならもっと早く入って苦戦もしなかったんだろうけども、、、
"左右どっちも出来る子ちゃん"になって欲しいので、
あえて左右均等にやりました。ごめんね。

(左右均等にやらないならば、8&まで入り組んだステップにしちゃうんだけれどもw、今日は左右均等を優先しました。)



一足で体重を変えてくステップワークって、動きが入るまでは大変なんだけども、
慣れちゃえばステップワークの幅はイッキに広がるので、引き続き練習してくらされっ♪
フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー



<コンビネーション>

6エイト用意してたんだけど、様子見て5エイト1に変えました。
「振付」というよりもね~今日は、

1エイト目「5&6&7&8&」の両足開きステップと、
3エイト目4エイト目「1&2&3&4&」のコンビネーションを
しっかりマスターして欲しいかったのでさ~。


「膝とダウンアップの工夫」、「ステップの組み合わせ方とボディの扱い」。。

実に学ぶべきポイントの多いステップワークでありますですよ~☆彡


Smooth Version - Dj Kawasaki - Into you



Dj Kawasaki Feat.Emi Tawata= Into You



DJ Kawasaki - Into You (Soulful House Mix) (Feat. Emi Tawata)
あら~、、、僕の持ってるバージョンがYouTubeから消えちゃった!!!
ちょっとバージョン違いでごめんなちゃい。。
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月18日(日)12時05分10秒
  日曜R&S>

DJ KAWASAKIの「Into You」(2008)(J-HOUSE)♪

・DJ KAWASAKI Smooth Version
・Feat. Emi Tawata Version
・Feat. Emi Tawata(Soulful House Mix) Version

3曲使いで、HOUSEの予定です。
皆さん踊りに来てね~♪(*^▽^*)
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月17日(土)00時14分21秒
  金曜RIZE >

今日はソウルステップ入りのフリースタイルやりました。
曲は、Mariama Ceesayの「Think About You Instead Cool Million Remix」♪



<ビートトレーニング>
・4分音符
・8分音符
・16分音符
からの
8分音符での「2&」「7」「8」のCLAP

まずは数える!! (゚◇゚)ゞ
しっかりしっかり数えて、、 (゚◇゚)ゞ(゚◇゚)ゞ
もぉ~、イヤになるくらい数えるっ! (゚◇゚)ゞ(゚◇゚)ゞ(゚◇゚)ゞ


これをひたすら繰り返して、やがてベースになる音符が頭に染み付いたら、

喋りながらでも~ (=v=)ムフフ♪
歌いながらでも ~(=v=)(=v=)ムフフフ♪
他のコトしながらでも ~(=v=)(=v=)(=v=)ムフフフフ♪

任意のカウントを狙えるようになりますです♪
が、、2~3日やそこらでは無理なのでぇ~、


「それなりに気長にやるコト」
「少しずつでもマメにやるコト」



を念頭に置いて続けてね~♪

キチンと狙える(数えられる)というコトは、
キチンとカラダを使えるというコトと同じくらい重要な武器なのでありますです。

( ̄∇+ ̄)vキラーン




<ステップ>
今日は「FREAK」を練習しました。
腰を下半円で振ってぇ~、、 ぐるんと回しながらステップ♪
「膝」の扱いをしっかり意識しましょう。
「Sex Machine」は前後の縦に腰を回しますが、
「FREAK」は左右の縦回しッス。


8分音符のノリでも、4分音符のノリでも出来るように練習してねっ。
腰&ステップが慣れたなら、さらに上半身にアップのリズム取りをプラスしてみませうよ。



<コンビネーション>
FREAKの「行き戻し」の有り無しで、ちょっと戸惑ったね、、僕がっ?( ̄Д ̄;;(笑)すみませぬ。。
FREAKは腕を腰と同じ動きで使ってサポートしてあげると、カラダ全体がまとまってやりやすくなりますよっ。


3エイト目に細かめな意地悪問題を入れてみましたが、なんとか無事合格っすねー。グッジョブ!
振りは忘れちゃってもよいので、FREAKは練習を続けてちょうだいね~☆彡





☆オ・マ・ケ☆
ふしぎなメルモ[OP/ED]

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月14日(水)23時55分34秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、fort knox fiveの「dodge city rockers (all good funk alliance mix)」♪


<基礎練>
・胸+腰+腕の連動
(腰と胸を同じ割合にね~♪)
・手首の脱力とロール
(外側では手首の捻りで"締め"てね~♪)
・手首と肘のコントロール
(脱力!脱力!)
・ショルダースタートの前打ち(4行程)
(肩を引くのを意識して~♪)
・ウエストスタートの前打ち(5行程)
(腰のアタックの勢いからうまく繋げましょ♪)




<腕練>
・ショルダースタートからの肘で跳ね上げ(最後は縦)(9行程)
前に打った肩を『引く』のが難しいので、
「打ったら引くっ!打ったら引くっ!」
(`^´*)引くっ!(`^´*)引くっ!
って思いながら練習してねっ。



<捻り練>
上半身(肩甲骨と背骨)が捻って引っ張り合ったポジションを作って、その反動を使って"振りと振りの合間を繋げる"

今日は便宜上、
「腰を止めて、上半身だけ捻って~」
(∀・)ネー☆
っていう説明をしたけどもね、
上と下の捻り合いの力がちょうどに釣り合ってて、

カタチの上では腰がその場に"止まって見えてる"

だけで、チカラのエネルギーは充分に生きてる状態だよぉ~♪
チカラのエネルギーもなくしてしまう「止める」とは意味が違うからね。
ニホンゴッテ、、 ムズカシイ デシュネ、、。
(´Д`;)でしゅね~。。


この"捻り合いの反動"を同じように使って、シェイクを入れるケースもありますが、今日のはシェイクとは別物だよ。
(シェイクならもっとゴガガガッと入れまする)

shake(振るとか揺らす、、ん~揺らすはまだ近いけどね)というよりは、僕のイメージでは、
wind(ワインド:うねる)って感じカナ。



そうね。シェイクと明確に区別化するために、この動きは「ワインド:うねうねする」と名付けましょかねっ。
*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。新名称!
ワインド、、。
はい、他のクラスでは通じないイズミスタイルのみの名称ですからね~。ソコントコ ヨロシクッ!
∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))夜露死苦っ!きゃー古いっ♪



言ってるコトは頭では理解してくれてると思いますが、それをカラダの感覚として"実感する"には今日のレッスン時間だけでは到ぅ~底、足りないと思います。
ましてや「使いこなせる」ようになるにはね。。。
曲もかけずに、、
鏡も見ずに、、、




ゆーっくり丁寧に、上半身の脱力を気にしながら(力が抜けてないと、うねれないからね)、自分のカラダと対話してってくらさい。
振りとしてカタチを追うんじゃなくって、全身に意識をめぐらせて、動作の質を知る
そういう練習が必要だよ。
(* ̄∇ ̄)/だよん♪



「シェイク」、「ワインド」。

どちらも"動きと動きの合間を繋げたり"、"動きそのものを修飾したり"する技っす。
(ん~、それを語るにはシェイクもきちんとやらねばならぬやね~。。)



☆本日の最重要ポイント☆

すっかりシェイクやらワインドやらのお話しになってしまいましたが、
本日のレッスンで最も重要なコトは、

上下で捻り合うことで、引っ張っている時にすでに次に戻ろうとするチカラを作っている

というコトだよ。 (* ̄0 ̄)/捻り合いっ!

それを意識して、実感して、反復して、感覚にまで練りあげるのが最重要目的でありますですだす!


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月11日(日)19時09分4秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Incognitoの「Talkin' Loud」♪
マイ フェイバリットな名曲ッス!
ヽ(•?ω•? )ゝ?うきゃーっ


<基礎練>
・手首回し
・肩の前打ち、上打ち
・腰の前打ち、上打ち
・腰→肩の前打ち、上打ち
・手首と肘のコントロール

引き続きマメ練よろしこです♪



<腕のロール>
「外回しに回した後で左右の腕を違う高さにもっていく」

振りだけ見てると分かりにくい(というか分からないだろう)けど、最後に、

「小指の軽い締め」
「手首の回転」

を使ってますヨ。
キュッと締めて腕の動き自体も止めちゃうパターン
もあるし、
キュゥ~と締めつつも腕を胸まで繋げて引っ張り続けるパターン
もありますです。


こういう『手首のカタチと使い方』もね、「腕が長く見えるため」のポイントなんだよ。
ヾ(・ω・ ) だよ
脱力&肩甲骨と手首、この3つのキーワードが腕を長く見せる極意であります。
もしバレエなら、、脱力&肩甲骨と指先、になるのかな。。。)


~ポイント1~
高い方の腕が伸びきらないように気をつけてねっ。また違う種類の動作になっちゃうよ。

~ポイント2~
腕のロールが小さくなっちゃったり、いびつになっちゃったりしないように気をつけませう。

~ポイント3~
ロールだけを意識してると、ついつい手振りになっちゃいがちな動作なので、
「開き閉じ」と「ロール」の"合体技"
だと思って、背中と胸まで意識してちょうだいね~っ。




まずは「1&2♪3&4♪~」と左右交互に練習してカタチを整えていきましょ。
それが馴染んで来たなら、合間にボディを振って、
「わんえんつ~えんすりぃえんふぉ~えん
と動作を繋げてってちょ。



<コンビネーション>
フリースタイル2エイト+パンキング2エイトでした。
作ってたらフリースタイルがどんどん増えちゃいそうになるのをググっとこらえましたw。
┌(。Д。)┐ あはは♪

まず最初の2エイトでどんな風にノってパンキングになだれ込んでいくか?
が雰囲気としての課題かな。

2エイト目の最後が5&♪6&♪とエンノリになっちゃったので、パンキングに移るために、
「&8」
に無理くりもってきましたw。
ププッ ( ̄m ̄*)
そういう思惑もね、聞いたら「あ~、だからね~。」と思ってもらえるだしょかね~。


パンキング未経験だった人達も徐々に"踊り慣れ"感が見えてきたのでとっても嬉しい今日この頃っす!!
ヨロコヒ゛ーム!(●´∀`)ノ+゜*。゜喜+゜。*゜+

さーさー、パイセン達、、、ここいらでもう一段階突き放しにかかりませうよ~♪






はい。こちらはLIVEバージョン♪
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月11日(日)11時04分18秒
  日曜R&S>

Incognitoの「Talkin' Loud」(1993)(ACID JAZZ)♪

で、パンキングの予定です。
皆さん、踊りに来てね~っ☆彡(*'▽')
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月10日(土)00時02分24秒
  金曜RIZE>

今日は簡単な合わせ振り4エイトと、各々2エイトずつのソロを割り当てました。

曲は、ZOOの「Native」♪
いつ聴いても明るい気分になれる曲です。
(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン


<合わせ振り>
4エイトといえども、この辺はパッと覚えちゃったね。GOODッス!
リラックスして楽しくっ!!
(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ




<1:Yちゃん>
ノリはサイコーなんだけどね~♪
、、、鏡見ませう。(笑) (;´▽`A``
指先とポージングをしっかり意識すればもっとキマるよっ。
そのためには、、やっぱり鏡を見ませう!
(゚∀゚*)ノ(゚∀゚*)ノ



<2:Kちゃん>
指摘した、「肩が上がる」(出だし一発目ね)、「左手が上まで上がってない」をゆっくり確認してみましょっ。
腕を開いた後の"首ふり"はね、ロッキンの時よりもちょい大きめに、「胸を使って首をふる」ってくらいの意識が良いよ。(←これ、言い忘れましたm(_ _)m)
v('▽^*)♪



<3:Kさん>
ごめんね~、僕の間違い刷り込みか、、同じ箇所でひっかかっちゃったネ。 m(_ _)m
やりにくい並べ方の振りだったけど、ポイント、クラップ、ロック、「止める」を意識ね。
ジャンプは女子は苦手よねー。( ̄Д ̄;;
また機会みてやりましょ。



全体的にとっても楽しい雰囲気で踊ってもらえたので良かったっスー☆彡
時々はね、こうやって「ソロを踊らされる練習」というのもやっていきましょうね~♪
ヽ( ̄▽ ̄)ノ ♪



む~ん、バブルの頃を思いだすねぇ~♪



☆オ・マ・ケ(1)☆
マイケル・ジャクソン スーダラ節



☆オ・マ・ケ(2)☆
吉幾三 × マイケルジャクソン IKUZO スリラー
「レーザーばあさん、レーザーじいさん、まったく何者だっ!(笑)」
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 7日(水)23時33分38秒
  水曜すたくら>

今日はヒップホップやりました。
曲は、
Beverlei Brown feat. Dennis Taylorの「Could Be You」♪
宇多田ヒカルの「Automatic」♪


<アイソレ>
今日はお馴染みメンバーだったので、いつもと違うアイソレ練をやりました。
♪(゚▽^*)ノ⌒☆
パーツと方向は同じで、「動かし方」を3種類。

「1」:ノーアクセント
(アクセントをつけないでなるべくゆるやかに)
「2」:止め止め
(行きも帰りも止める)
「3」:タメ打ち
(オンで打ったら、エンはとらないでタメる)

いつもはアイソレ&ステップでリズムトレーニングの要素も含めてますが、
今日は各パーツそのものでリズムトレーニングの要素を含めました。

こういう練習もとっても大切なので、覚えておいてねっ♪
たくさんのリズム(動かし方)を持っている方が踊る時の選択肢もひろがるからね~♪


倍速のタメ打ちは、やり込まないとどぉしてもチカラが抜けないで固まっちゃうけど、続けていくうちに余計なチカラが抜けてってラクに打てるようになるからねっ。
ひたすらやり込むべしであります。
(・щ・)なのだぁ~~。




<ステップ>
今日のステップはパーティダンス的な「Tone Wop」♪
「チキンヌードルスープ」や「ジャーク」、「ネーネー」みたいな感じだけど、それらほどは有名ではないかも。。

腕が「前」も「上」もエンカウントなので、"エンのノリ"に弱い人は慣れるまで苦戦しちゃうステップっす。

あれあれあれっ? !?!?
∑(゚□゚;)はにゃー
ってなった人は落ち着いて復習してね♪



<コンビネーション>
アイソレ練で「Automatic」を使った流れで、予定してなかったけど2曲使いしました。
v(@∀@)vィェ~ィ


曲によって自分の踊りフィーリングが違うかどうか、、。
「ん~、、分からないッス」
(; ̄ー ̄)...ン?
な人が多かったね。うんうん、スタクラですもの、至って当たり前。
(それはね、曲を聴く感覚と、それを動作に変える選択肢の幅、ひと言にまとめると「経験」というのが必要なのよねん)



んだども~、スタクラなればこそ、そういう部分も伸ばしてあげたいともあらためて思いましたっ。
(*゚▽゚)ノ(*゚▽゚)ノ(*゚▽゚)ノ
振りが難しくなるほどそれは難しくなるから、
なるべくシンプルな動作で、、また機会みて"複数曲使い"、やりましょっ。


2エイト目「&5~8」の踵&パンチのステップ。
あれはねぇ~、、もぉ~、、やりようによって実に幅広く「リズム」も「見た目」も変えられるステップなので、またそのうちピックアップしてやりたいと思いまーす☆彡








この曲の歌声はやっぱりデビューの頃がしっくりくるんだけど、宇多田ヒカルの雰囲気はこのNYのLIVEが一番好きなので、これも貼っときましょか♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 4日(日)19時51分1秒
  日曜R&S>

今日はヒップホップやりました。
曲は、Ciaraの「Body Party」♪

音ハメ2エイト
休憩振り1エイト
ラスト1エイト
の4エイトでした。


まぁ、メインは音ハメの2エイトなんだけども、3エイト目の休憩振りの雰囲気のまま4エイト目がテンション下がったままにならないように、4エイト目でもっかいアゲてもらえたらいいかなー。
(人´∀`)



<音ハメ2エイト>
ドンとかチッとかダンとかの音に合わせて、
振りをあてました。

音をイメージしたストッピングとか指バッチンとかのムーヴも大事だけども、

それらのムーヴの合間をどう踊るのか??

っつーのもおろそかにできにゃい大事なトコよね。
曲調もあんな感じなので、
「どこからもってくる」
「どこまで引っ張る」

なんかも雰囲気に影響してくるもんね~。
引っ張れるトコはしっかり(力強くという意味ではないよ。長さとか余韻ってことね)引っ張れた方がストッピングが活きて見えるかもね。




なもんで、脱力と力入れの配分が噛み合わないと、
一本調子に見えたり、
固すぎて見えたり、
柔らかすぎて見えたり、


しちゃうのかもしんないねー。




「当てる」「止める」「弾く」「引っ張る」
などなどは振りの中でも練習できるし、振付の方が音もあってイメージしやすいだろうと思うんだけど、出来れば、、出来ればね~、アイソレ練習のように、
「色んなパーツで色んな方向で」
そういうエフェクト練習
も出来るといいやねっ♪
特にストッピングは、ポッピングやウェービングと同じでコツコツ練しないとキレイに止まるようになんないよ。
(・д・)ノナンナイヨ!!




今日の振りは
「今日の時点での僕のあれらの音と曲調へのイメージ」ッス。

違う日に踊ってみたら、また今日とは違うイメージを抱くだろうと思います。
そして、みんな的にも、
「ん~、私のイメージだとそうじゃないんだけどなぁ~。。」
(。-`ω-)ンー(。-`ω-)ンー
っていうケースもあるだろうね。


レッスン後は、そういう箇所を
「自分イメージに改造したり、差し替えたり」
して、もっとも自分イメージに近い音感,曲感なコンビネーションを仕上げて、僕の振りと比べて"何がどう違うのか?"、、、研究してみてちょーだいませませっ☆彡
自分のオリジナリティを発見する良い機会だよっ♪



Ciaraはなんというか、、、本当にカッコイイねぇ~♪うんうん、、マジかっこいい♪



こちらはTVショー♪
 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 4日(日)13時00分0秒
  日曜R&S>

Ciaraの「BODY PARTY」(2013)(R&B)♪

で、ヒップホップの予定です。

音ハメ振り×2エイト
休憩振り×1エイト
軽いステップ×1エイト

の4エイト。体力系ではない感じっス~♪

皆さん踊りに来てね~☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 3日(土)21時00分41秒
  土曜代講HOUSE>

今日はFOOMIN'先生の代講やりました。
曲は、Eric Kupper Remix / guri guri boys feat. N'Dea Davenportの「Touch The Sky」♪


<基礎練:ファーマー変形>
片足に乗って、反対足をつま先でタッチする。
A : 普通にダウンアップ
=アップのタイミングでつま先をタッチすることになる

B : 長いダウン
つま先をタッチする瞬間まで軸足の膝をダウンし続ける
(次のアップにかけられる時間が少なくなる)

スピードが速くなると、「軸足膝のダウンにどのくらいの時間をかけているのか?」が把握しにくくなりますが、ハウスでは「B」のリズム取りの方が使う頻度が多いのでしっかり練習して慣らしていきましょう!
ヽ(oゝω・o)-☆



<基礎練:つま先タッチのタイミング>
●軸足に隠れて見えにくい
●エンカウントを狙う意識が薄い
●膝から下がリラックスしてない(力んでる)ので、つま先がエンカウントよりも早めについちゃう


おそらくね、この3つの理由から狙いたいエンカウントよりも早くつま先タッチしちゃう人が多いです。

「キチンとエンカウントを狙う」には、
(本来はね、、、"意識"なんだけども、、)
今日やったみたいに「つま先タッチのタイミングで手を叩く」のが効果的だよー♪
他には、「っエンっ!」って口に出してみるとかね~。
(σ´∀`)σエンッ!!

もうひとつは、「膝から下のリラックス」!
(σ`・ω・´)σコレダイジヨ コレー
腰・太腿・膝がタッチの体勢に入ってしまっていても、
"膝から下がリラックスして使えていれば"
そこでタメてキチンとしたタイミングを狙う ♪
ことが出来るからね。


肘から先をリラックスして、スティックでスネアドラムをターンっ!って叩くようなイメージで、後ろ足の膝から下でタンッ!と狙ってあげましょっ。

キチンとエンカウントを狙える
っていうことはね、振付でもフリーでも、踊りのリズムに小気味良いアクセントつけるために重要だから、狙ってズラさない限りはズレないように意識していきませう。




<コンビネーション>
割と簡単めな振りで3エイトいって、4エイト目にドンと難易度上げました。
( ̄∇ ̄)ニヤッ


3エイト目まではなるべく一本調子にならないように各々のやり方とフィーリングでいいので、「力具合」「そのタイミングへ行きつくまでの前後」「アクセント」などをあれこれ色付けしてみれると良いねっ。

「各々のやり方でいいのでって言われてもさーあ、、、思いつかないんだもぉん。。」
(*´Д`)=3ハァ・・・
って感じる人は、

自分が歌を歌う時にどういうフィーリングで歌声に色付けしているかを参考にしてネ♪♪♪



「私、カラオケって苦手なんです~」って人はいるだろうけど、
「私、歌を歌うコトなんて一切ありません」って人は声が出ないとかじゃない限りいないっしょ。

ん~、、もしいたら、、、もしいたら、、、。
もんのすんごぉ~いスーパーダンサーになるか、
生涯ダンスではなく体操をし続ける人になるか、
どちらかなのかもしれないね~。


4エイト目は大変だったかもだけど、"カラダ使い""足さばき"などの教材にしてもらえたらと思いま~す☆彡
さ、曲を聴きながらイメトレ復習してみませう♪


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 6月 3日(土)00時26分33秒
  金曜RIZE>

今日は特別な時に発動するwパンキング研究会でした。
(⌒-⌒)
曲は長いミックスを垂れ流しw



<手首の回転からのステップアップバリエーション>

「1」:手首の回転

「2」:肘から先の腕回し「1+2」

「3」:肘を開いたり閉じたりして使う「2」「1+2+3」

「4」:ボディを振りながらの「3」「1+2+3+4」

「5」:ボディを2回振りながらの「4」「1+2+3+4+5」


このように、いろーんな動作が重なって一連のmoveを構成しております。
通常、振付だといきなり「5」を振り写ししたりするんだけど(もちろんあれよ、クラスのレベルにもよるけどね)、こうして1つずつ段階を追ってやっていくと、

「なにをやってるのか?」

ひとつひとつの意味が分かるんじゃないかなって思います。
と同時に、

「どのくらい複雑にいろんな動きが重なっているのか?」

も、分かっちゃって、あひょぉ~!(驚)ともなっちゃうかとも思います。
w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!



☆指摘したポイント☆

・腕のロールは下半円をキレイに回すコト
・肘を開き閉じするロールは、グーと肘を同時に動かすコト
・ボディを振ってもそれに影響されないくらい、「腕を肩甲骨から脱力(リラックスさせる)」コト
・最終的には自由にステップしながら出来るように目指すコト


覚え始めのうちに左右均等に練習して、
右でも左でもどちらでも同じ感覚で出来るように慣らしていきませうよ。



<片足重心の構えからのゼロポジション>
僕は腕を捻って持って来ないスタイル(肘の逆関節を使う)なので、

●肘から先を上げてくる「シュッ」

●肘の逆関節を使って上げてくる「トン シュッ」

●肩の出し引きを使って上げてくる「トン トン シュッ」

●腰の出し引きを使って上げてくる「トン トン トン シュッ」



これも手順を逆から辿って練習しました。
逆関節を使うのは僕の独自スタイルなので、他の先生に習う時は臨機応変に柔らかアタマでその先生のやり方に従ってね。
('▽'*)ニパッ♪



<地中の"震源地"と揺れる地表>
力がしっかりと貯まった「腰」の動きを、充分に脱力した「上半身」に伝えて『揺らす』
腰と肩の割合が同じくらいになる通常のシェイクとは違うカラダの使い方だよ。
腰は「グイっ」とか「ウイっ」とか、、。
上半身は「わぃんわぃん」とか「うわぁんうわぁん」とか、、。



<腕の開き閉じのスピードのピーク>
「開いたピーク」「閉じたピーク」で音を取らない(そこにスピードのピークをもってこない)ようにしましょう。
開き閉じのタメ(引っ張り感)が見えなくなっちゃっいやす。
=しなやかさにも、反り感にも欠ける、「ただの単純な腕の開き閉じ」に見えちゃいますのよん。



<重要なキーワード>

☆しっかりした足裏の踏みから腰の動きが生まれる

☆上半身の脱力を操ることで腰の動きを柔らかく増幅させる(同時に生まれる各パーツの動きの時間差)

☆ボディを振っても影響されないくらいの腕(肩甲骨から)の脱力

☆腕を開いた時、戻した時、「操縦士(またはエネルギー)」は胸にいる(ある)コト


この辺を頭に置きながら引き続き練習してってもらえたらと思いますヨ。
パンキングってねぇ、脱力っていうキーワードがとっても大切なんよね~。
そして脱力ってホントに難しいんだナ、、これが、、、。(お、おにぎりが好きなんだナ、、これが、、。by 清)
(反復練習なしに脱力を得られる人ってよほどの天才以外にはおらんよ。「脱力」への確実な道は「反復」と覚えるべしべし!!
焦らず、、地道に、、されどマメにねっ♪♪♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月31日(水)23時32分15秒
  水曜すたくら>

5週目の今日は、ソウルとヒップホップの合間くらいの振付をやりました。

曲は、Colour Clubの「Sensitivity」♪
あああ、ベースがカッコイイ♪



<胸と腕のロール>
肩を使って軸をズラさない「コブラ」ではない胸の回し方を腕と合わせました。
鏡を見ながら練習してると、「横の動き」は意識しやすいんだけど「縦の動き」が意識しにくいので、胸がまん丸の軌道にならずに"極端な横の楕円"になっちゃうケースが多いので、
縦も横もどっちも気にしながら練習しましょっ。
まずはアイソレとしてしっかりやるのがオススメよん。

ソウルダンスでもキャビレッヂで使うし、ヒップホップでもステップターンなんかに合わせて使いますよ~。
(っ´∀`)っ))



<胸の後ろ打ち>
「胸骨」「背骨」「肩甲骨」で打てるようにカラダの感覚を探りながら練習してね。
腕はオマケなので、腕で頑張り過ぎないように!
"脇がリラックスしてないと動作を妨げちゃう"
ので、適度に「脇を空けて」胸と背中を楽ぅ~にしながら踊るのが良いねっ!

強く打つならば、「打った後の反動(跳ね返し)」までキチンと意識しようねっ。

腕を色んなカタチにアレンジしたり、体勢をあれこれ変えたりしながら、バリエーション豊かに踊れるようになろうねー。
(経験者の方は「頭も一緒に使って強調」も)



<胸&頭のV字のノリ>
胸と頭の「縦の動き」をV字にしていきます。
縦の動きだけならば「背骨をどこから曲げる?」は考えなくってもいいんだけど、V字ってことはそれを考えなくてはなりませぬよ。
( ̄ω ̄;)エートォ...

場合によっては「おヘソの辺りやおヘソの下辺り」まで下ろしちゃうこともあるけども、基本的には水月というか、みぞおちの辺りがV字の1番下になるといいかなっ。
そこをV字の1番下にしておくと、腰をプラスするのもやりやすいのでね~。



<上半身の左右と腰の左右の切り替え>
「上半身」→「腰」
「腰」→「上半身」
で左右の動きを切り替える時は、同じ方向が2回続くよ。

理屈で分かっても、"カラダの感覚"として馴染むにはそれなりに回数をこなさないとならないから、焦らずゆっくり、
「なるほど。ほ~ほ~、なるほど、なるほど。。」
と、確認しながら馴染ませてねっ。

今日は「速ぁい!」という声も上がりましたが、これこれ、、あんなもんで速いと言っててはあきませぬえ。
ヾ(・ω・o) ォィォィ

☆やってほしい練習の手順☆

・腰を止めて「胸を左右」
・胸を止めて「腰を左右」
・みぞおちを中心にして「胸も腰も左右」
・「胸の左右」と「腰の左右」を切り替える


やがてね、、もっと慣れたなら、

頭→肩→胸→腰→膝→腰→胸→肩→頭

と左右の動きを順に下ろして上げて繰り返すってーのもやって欲しいであります。
(どーせ練習するならここまでやってもらえたら、センセ、うれし泣きッス!(ノ◇≦。)アリガタヤー



<コンビネーション>
ジャズベース、ニュースクールベースの人にはちょぴっとややこしい振りだったかな。
ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ
逆にオールドスクールベースの人にはやりやすい振りだったろうね。
まーね。そういう回もあれば、これまた逆の回もあるやね~。
それが僕のクラスの面白いトコでもありますのよん。
チュッ( ´з`)ノ⌒☆


何事も経験っ☆彡
やってくうちに慣れていきますので、ご安心を♪
さーさー、曲を聴きながら、イメトレ復習をっ!!





こちらは原曲バージョン♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2017年 5月29日(月)00時42分22秒
  日曜R&S>

今日は、オールドスクール系(?)フリースタイルやりました。
オールド系のショーケースをあんまり見たことない人にはそう言われてもイメージ伝わりにくかったかもだね。
曲は、Beverly Brownの「On And On (The Finest Soul Mix)」♪


名のあるステップレクチャーもなくって、振付だったので振り写し自体は早々に終わっちゃったね。
その分踊る時間がたくさんあったので、あれやこれやと色々意識したりチャレンジしたりも出来たなら嬉しス!
振り写し直後のあたふた感wもラストの方では"各々の色に"変わってて良かったス♪
(最後までのあたふたもあったっちゃありましたが、それはそれで今後の課題に!)



ガツッとも、ユルっとも、どっちもいけるようなイメージで作ってみましたヨ。
まぁでも、、そうだね、、

アクセントとして"キメどころ"は作りつつも、全体としては"抜き目ムード"も匂わせつつ 

ぐらいな感じが一番良いのかもよね~。
(★ ̄∀ ̄★)
「キメどころ」でもいいし、
「抜き目ムード」でもいいんだけど、

「あぁ、この人きっとここんトコ気持ち良く(or 気持ち入れて)踊ってんだろ~よな~」

って感じがみえるような踊り方が出来たら万々歳であります。
^(o≧∀≦)oやっふーい
振り入れした後に今日ぐらい時間があると、そういうのを探ったり、自分で作ったりするにも余裕があるやねー。


う~ん、そうだねー。注意というかこれから目指すべきポイントとしてはね、
僕の見本を見て、
両足に乗ってるのか?片足に乗ってるのか?

を見分けるように意識していくのが良いよ♪
その辺がちょいちょい違うのがありました。
(今日に限らずですが)



左右の足の体重ってね、初心者の人には見えないモンだけど、経験を重ねていくことによって、

左右の足の位置とカラダの軸の関係
左右の足の位置と頭の位置が作る三角形の形


などから「見える」ようになるモンなんす。
”カラダのバランスから見る ”
ってことね。
でもそれも、

そういう風に"体重を見ようと意識して"見て、同じカタチを自分のカラダで作って確かめてひとつひとつ覚えていく。
っていう心構えを持ってないと、ただ漠然とやっていてはそういう感覚が身につくにはとーっても長い時間がかかるからね。覚えときましょ。
続けていけばやがて、パッとカラダ全体を一瞬みればある程度の体重のかけ方と割合は見て取れるようになります。



そして何気に難しいのは、『ムード作り』よね。
時間内でどんどん変わってっても良いし、一貫して目指す感じがあっても良いしなんだけど、

「ムードっていうフィーリングを探ろう(出そう)」としてるのも、

「カウントを数えて順番を追いかけてる」のも、

「慣れないジャンルでムードとか言われても良く分かんないし、、」というのも、

見ていてよぉ~く分かります。
(-∀-。)ウン
それは僕も先生として、いっぱいムードを見せてあげられるように精進せねばなりませんです。
(と、自分にも言い聞かせる今日この頃であります)

これからもいっぱい一緒に踊って、経験を重ねて、技術と一緒にそういう感覚も伸ばしていきましょう☆彡


 

レンタル掲示板
/29