teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


勃起薬

 投稿者:勃起薬  投稿日:2012年 4月16日(月)18時01分16秒
  世界の勃起薬ベストセラーで勃起薬「中国のバイアグラ」と呼ばれ、中国全土で大人気!
勃動力三體牛鞭は中国安徽省蒙城の商品質の黄牛鞭を主原料として、高麗人参、鹿茸等、貴重な漢方薬材を用いて伝統漢方医学原理に基づき、現代医科学技術と製造法により生産された新製品です。
勃動力三體牛鞭はアメリカや日本、東南アジア各地に輸出されています。
明の時代の名医で有能な漢方薬の研究者でもあった李時珍は黄牛鞭を「本草綱目」という本の中で「服用すれば初めは氾濫した渋水のように精力がみなぎるがそれが過ぎ去った後は、実に爽快である」と書き記しております!

http://www.vglove-online.com

 
 

無線で制御は如何について

 投稿者:勝間 秀樹メール  投稿日:2011年12月 6日(火)18時42分13秒
  はじめまして。
貴方様のサイトを拝見させて頂きまして、無線にお詳しいと思いますので教えてください。
”無線で制御は如何、StrawberryLinuxの無線モジュールを使ってみて”について
ご意見をお伺いしたいと思います。
http://www.mars.dti.ne.jp/~m7030/pic_room/315mhz/

PIC12F675を使用しましたStrawberryLinux社の無線送受信モジュール回路を 参考に製作いたしました。
StrwaberryLinux社のモジュールについては、 送信回路も受信回路も製作して、オシロで、双方を観測しながら ANT信号を見ています。

 12F675の5ピンから  送信モジュールのDATA-IN端子へは 著者の方のソフトに沿いましたクロック信号が 送信モジュールに 送信されてますが、
 送信モジュールのアンテナ端子からは、315MHzらしき信号が出力されません。

 これは、どうしてでしょうか、電池電源からの電圧、GNDも PIC12F675,および送信
モジュールにも  +3V供給され、(+3V仕様の送信モジュールを購入しました)、モジュールにも 電圧 +3Vが供給されて GND端子も、正常に接続されていることを テスターで 確認しました。

StrawberryLinux社の無線送受信モジュールは、送受信の2つの ユニバーサル基板を製作しましたが、送信基板のANTには、
DATA-IN 信号と同じ信号、もしくは、315MHzらしき信号は 出力しませんでした。 何の信号も出力しないと言っても過言ではありません。

IPI社から購入の無線送信モジュールの送信回路も製作しましたが、上記と同様に、ANT信号が出力しませんので、 受信回路基板は、まだ製作していません。

もし、お時間がありましたら、ご指導のほど お願い致します。
以上です。

 

おひさしぶりです!!

 投稿者:桐山建二メール  投稿日:2010年 1月30日(土)06時27分16秒
 

夢作士のHPが再開されたので投稿してみました。

 昨年の後半は中国製の5,700円(プローブは別売り)のオシロスコップが話題になりましたが、
本年は台湾製の11,000円のロジック・アナザイラー(プローブ先端のグリップ部2個添付)
更に、20個のプローブ先端グリップ部、2,500円が必要となるので、13,500円になりますが、
解析ソフト6本(I2C、SPI、UART、7_SegLED更に今回に限り2本選択可能)でこの価格、
充分に楽しめそうです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-03438/
現在は売り切れで入荷待ち状態です。
ストロベリー・リナックスでも、13,800円ですが、入荷待ち状態です。
明日の定例会は少々遅くなるかもしれませんが、出席いたしますので宜しく!!

 

SH7125Fのプログラミング

 投稿者:shell-stone@po2.across.oメール  投稿日:2009年 3月20日(金)23時34分25秒
  SH7125Fのプログラミング さっぱり判らず お手上げです。
PWM信号を入力 演算制御 PWM信号を出力する プログラムです。
RCプロポ受信機からのPWM信号を HS7125Fに入力制御(ミキシング)
またPWM信号に戻しRCサーボへ プロポ送信機の4チャンネル分の動さを
サーボABCDをミキシングした動作に変える 難しいでしょうね~
サーボをABCD同時に動作させたり ABだけ CDだけ Aだけ Bだけ・・・・
混ぜ合わせたりしなくてはなりません。 どなたか SH7125F詳しい方
少し力 お貸していただけませんか
 

こんにちは

 投稿者:E-HERОワイルドマン  投稿日:2008年 6月10日(火)18時18分48秒
  こんにちは。
新しくきた、E-HEROワイルドマン
といいます。
さてさて、わたくし、レーザーポイントを作りました。
見たい方は、メアド教えてください。
(はあ~こういわれると、
迷惑メール送られると思う人、
おおいんだよね。)
では。
 

11月の定例会のdsPIC実験報告

 投稿者:桐山建二メール  投稿日:2007年11月19日(月)02時10分0秒
   題目に実験報告致しましたが、会員の皆様の本年の8月号のdsPIC基板の進行
状況は??

 購入してハードだけ組み立てて、通電で終了していませんか?または、8月号
に添付の実行形式、***.HEXファイルをダウンロードしての確認で終了していま
せんか?
 9月号に添付されたソフト(Clock及びLogger等等)を自分でProjectを作って
コンパイルして動作を確認出来しましたか?

 ここまでで、やっと自分で作ったソフトを走らせることが出来るのですが、
皆様の基板の進行の状況は如何ですか?

 なるべく多くの方が、パソコンとターゲット基板を持参して、実際に自分のシス
テムで動作を確認しながら進めませんか?

   ””ただ、4時間聞いているだけだけじゃ退屈しませんか?””

 是非、システムを持参するようにして、一緒に進めませんか? 桐山
 

POアンプ実験

 投稿者:桐山メール  投稿日:2007年 4月 5日(木)03時30分32秒
   皆様ご無沙汰ですが、久しぶりに投稿してみました。

 トタンジスター技術の2007年4月号特集の「OPアンプで体験する電子回路の世界」はなか
なか良く出来ています。OPアンプの実験に発信機とオシロスコープが必要になりますが、この
特集は双方と添付のCD-ROMのソフトをパソコンにインストールして使用できます。
 発信機は「DSPLinls」オシロスコープは「SoftOscillo2」です。双方を一つのパソコンでの
使用は無理なようです。私の場合はオシロスコープのインストールが上手くいかなかったので
従来のアナログ方式のオシロスコープを使いました。発信機の信号はパソコンのオーディオの
イアホーンの端子から出力されますが、充分に使えました。PICを始めマイコンも良いですが
電子技術の原点であるアナログ技術のOPアンプももう一度確認してみませんか、皆様如何ですか?
 4月号は未だ市場で充分に入手可能です。
 

電話線

 投稿者:中村メール  投稿日:2007年 2月22日(木)17時09分54秒
  2月25日の定例会に
6線の電話線有りましたので5メータ位持っていきます。
 

秋月キットのPICライター組んでみました

 投稿者:高梨  投稿日:2006年10月28日(土)00時56分25秒
  お世話になります。10月の定例会で新居浜高専キットを組んで、次の日には秋月さんにPICライターキットと、誠分堂新光社-わかるPICマイコン制御-を、ぽちっと注文しました。
なんとか組みあがり、マイコンキットのサンプルプログラムを書き換えて遊んでみました。>>>無事書き込めたようです。
 PICライターキットを組み上げたあとに、他のHPにてU6、U7にICソケットをつけて浮かしてあるのを見つけました。
↓こちらです。内容はCNC自作キットの紹介みたいです。
ttp://www.originalmind.co.jp/cargo5/black/firststep.html

当方、ゼロプレッシャーを直につけてしまいました。。。
二代目はICソケットつけようと思います。
 

CQ7144A基板の信号PA15

 投稿者:桐山メール  投稿日:2006年 6月 5日(月)05時03分31秒
  Interface6月号付録基板CQ7144Aの信号名:PA15(ピン番号28)はイニシャル時(デフォルト)はCKとなっているので、48MHzのサインカーブが出力されています。他のPINと同様にPA15/CKと記述されているますが、電源投入時には一般入出力ポートして使用することはできません。入出力ポートとして使用の場合にはI/Oポオート設定PFC.PACRL1.BIT.PA15MD=0;を入れて下さい。  

QuartusⅡのライセンス組込時

 投稿者:桐山メール  投稿日:2006年 4月29日(土)04時12分40秒
  当然ながらライセンス・ファイル要求時はインターネットへの接続は不可欠ですが、取得したライセンス組込時はインターネット接続が不要と言うことですね?その際のライセンス有効期間はどのように表示されますか?確かに組み込んでしまえば、その後は接続は不要でしょうが。私は4月24日の掲示版書き込みのように、組込時まではインターネット接続必要と思っていましたので、一寸不可思議な感じです。その後組み込んだ方は如何でしたか?  

QuartusⅡの認証に登録に関して

 投稿者:小川英隆  投稿日:2006年 4月27日(木)01時19分5秒
  先日の定例会でQuartusⅡの認証についていろいろ問題が出ているとの事でしたが他の方から認証番号を借りた場合ですがインターネット接続のままでなくても問題ないはずです。先日会場で塚越さんに私の認証番号をパソコンに登録しましたところ上手く動きました。先々はどうかわかりませんが現在の環境に認証が入っていればよいと思います。ただし最新の情報は私のメールアドレスに来ますので自分のメールアドレスで情報登録したほうがいいかもしれません。ネットで見られて入るわけではないと思います。私は認証を得てからその後CPLDの実験時はノートPCをネットに接続してませんが問題は出てません。もし他の方で問題が出ていましたら掲示板で報告下さい。  

Interface6月号を買おう

 投稿者:小川英隆  投稿日:2006年 4月25日(火)05時54分0秒
  今月の定例会はいかがでしたか。初めてCPLDのプログラムでデジタル回路への関心も深まったのではないでしょうか。上手く動かなかった方も挫折しないで頑張ってください。まだまだ機能を使いきれないですが何か楽しいデジタル回路を気軽に実験できると思いますので挑戦してください。
さて4月25日にInterface6月号が発刊されます。付録としてSH2マイコンボードが付きます。いよいよRISCマイコンの組み込み技術講座がはじまります。講師は、吉田幸作先生です。懐かしい名前でしょ。とてもわかりやすい説明できっと理解できると思います。価格は1490円だそうですが絶対買いのがさいない方がよろしいです。(絶対安すぎる)乞うご期待です。
 

QuartusⅡの認証について

 投稿者:桐山メール  投稿日:2006年 4月24日(月)16時32分8秒
  昨日(23日)は4月の定例会後出席ご苦労さまでした。
さて、私のデモの際に認証の期限が切れてコンパイルが出来なくなりました。帰宅して調べましたが、原因は特定出来ませんでしたが、再度のライセンスを取得して無事回復いたしました。その際に気が付きました件報告致します。インターネットに接続して、QuartusⅡ評価版の使用許諾ファイル(ライセンス・ファイル)を要求すると、ALTERAより返信mailに******.datなるファイルが添付されてきます。このファイルをQuartusⅡに組み込む(4月号142ページ)とALTERAよりライセンスの有効期限等(Expiration)がインターネットを介して送付されてCurrentLisense欄に表記されます。従って、ライセンス組込の際もインターネット接続は必要ですし、他所からライセンスを入手した際も、インターネットへの接続は必要になります。多分他所からのライセンス組込時も141頁の右中の図17の選択個所は中央で宜しいと思いますが、何方か確認して頂けませんか?
 

QuartusⅡの認証が上手くいかない

 投稿者:マイコンクラブ夢作士  投稿日:2006年 4月22日(土)18時35分38秒
  CPLD基板開発のQuartusⅡが上手くインストールできない方は次のことを確認ください。
(1)パソコンがインターネットに接続できていますか。
(2)トラ技術4月号の付属CD-ROMよりQuartusⅡをインストールしてください。
(3)全て完了したらQuartusⅡがスタートメニューに登録されているか、また画面にアイコンが表示されているか確認下さい。
(4)初回のQuartusⅡの立ち上げでトラ技術4月号のp141の16図の確認がでますか。
(5)次に17図の認証登録の確認がでましたか。2行目にチェックをOKで自動的にインターネットへ接続されてALTERA社の認証のホームページに行くはずです。ここに左側だけわかる範囲で入力します。当然英語です。適当でも大丈夫です。メールアドレスは正確に入力してください。
(6)自分のメールに認証が送られてきます。(添付書類に)これをコピーします。
(7)パソコンのCドライブを開くとalteraのフォルダーがあります。その中に先程コピーした認証ファイルを貼り付けて下さい。
(8)次からは正常にQuartusⅡが起動するはずです。

最後に今回のQuartusⅡを使用するに当たり皆さんのパソコンの環境が下記を満たしていますか。
・OSがWindows2000かWindowsXPである必要があります。
・インストール時にハードディスク容量が633MB程必要です。
・インターネット使える環境が必要。初回インストール時の認証時だけ。
・パソコンに25pinプリンターコネクターが付いてますか。
 (トラ技術5月号の製作でシリアルポートも使えるように出来ます。)

上手くいかないときはご質問下さい。
 

CPLD基板を活用してカウンター製作

 投稿者:マイコンクラブ夢作士  投稿日:2006年 4月22日(土)18時08分30秒
  トラ技術4月号の5章にありますCPLD基板をつかったカウンターを製作してみましょう。その前にCPLD基板の基本チェックを1章に従って行ってください。基板が正常でないと先に進めません。カウンター作りで厄介なのが7セグメント表示器の取り付けです。足が少なくとも10本ほど出ていますのでどの足がどの表示なのかが解らないと配線もできませんし当然ミス配線では点灯すらしない場合があります。説明書も良く見て配線してください。今回使用するのはアノードコモンの表示器です。共通の端子を電源3.3Vに繋いでください。コネクターの足も多いので間違えないで下さい。製作が完了したら5章のプログラムがCD-ROMに入ってますので実際に書き込んでみます。結構すんなり完成するはずですが上手くいかない人は配線が間違っています。再度チェックしてみましょう。そんなに簡単にCPDLは壊れませんので繰り返し挑戦です。定例会では実際に皆さんで動かしてみましょう。ストップウォッチにもなります。  

CPLD基板製作に関して(部品選択)

 投稿者:マイコンクラブ夢作士  投稿日:2006年 4月22日(土)17時49分11秒
  トラ技術4月の付録CPLD基板の製作で部品調達に悩んでませんか。まず厄介なのが3.3Vのさ3端子レギュレータですが秋月電子で100円(TA48033S)で扱ってます。それ以外では千石では0.5AタイプのナショセミのLM1117等があります。間違っても5Vのものは使わないで下さい。水晶発信器については発信周波数について今回の製作に関してあまり気にしなくても良いです。4MHz、10MHz、12MHz等幾つでも動作します。安いのを探してみてください。50円から100円で入手できます。その他ではコネクター類ですがやはりこの辺は秋月電子で購入が安くて種類も豊富です。基板側にメス側のコネクターを付けた方が安心です。基板に加える電源ですが5Vに限定して下さい。DCアダプターで5Vを用意してください。7セグメント表示機は種類がありアノードコモンでないと図面道理使えません。これも秋月電子で50円程で変えます。組立てに関しては別のページで報告します。  

マイコンクラブ夢作士4月定例会

 投稿者:マイコンクラブ夢作士  投稿日:2006年 4月14日(金)16時47分44秒
  春本番の今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか。私は花粉症やられてはや5年、今年も顔をしかめてクシャミと戦ってます。さて今月も定例会が近づきましたのでご報告いたします。
マイコンクラブ夢作士4月定例会の日程
■平成18年4月23日(日)
■国立オリンピック記念青少年センター 407教室
テーマ
★トラ技術付録のCPLDの活用方法と実験
★論理回路その2
★最新PIC事情
その他ためになるマイコン情報をお知らせします。
 

中村さんお元気でしたか。

 投稿者:マイコンクラブ夢作士  投稿日:2006年 4月14日(金)16時39分49秒
  すっかり春になり桜も散り初め社会は新しい年度のスタートです。マイコンクラブも今年で12年目になるんです。今年も皆さん応援ご協力よろしくお願いします。
中村さんから掲示板にご挨拶がありました。1年半のお休みでしたか。またクラブに参加してくださる日を楽しみにしてます。
 

御無沙汰してます。

 投稿者:中村メール  投稿日:2006年 4月12日(水)21時15分21秒
   会長及びクラブの皆様 様無沙汰してます。中村です
1年6ヶ月 連絡もせず休部していました。4月より時間の余裕がある限り出席したいと思います。此れからも今まで同様お付き合いよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/10