teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


金曜RIZEもやってるよっ !

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月25日(木)00時01分33秒
  金曜の夜は、RIZEダンススタジオ長津田(YUJI先生のスタジオ)
でもレッスンをやっております♪

☆体験レッスン¥1000!
☆入会金¥5000→¥2000!


今のところ少人数なので、来れる方は是非お待ちしております!

http://rizedancestudio.com/

 
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月25日(木)00時00分39秒
編集済
  水曜すたくら>

今日はソウルダンスのムーヴをひとつ練習して、フリースタイルの振付の中に入れました。
曲は、Martikaの「coloured kisses (on practice mix) 」♪
Ground Beatって呼ばれるジャンルだよ。
僕は大好きなのでありまする。
そういうのも覚えておいてちょ♪


<ムーヴ練>

「ショル」・・・

“ショルダー” のショルですが、な~んで「ダー」が消えてるのかは分かりましぇぬ。
( ・◇・)?(・◇・ )


右足を前にして右肩を2発

ステップでボディの向きを変えつつ

左足を前にして腰を右に2発


動作自体はそんなに難しくはないですが、
カッコつけたりぃ~、
雰囲気出したりぃ~、

ってのはやり込まないとやっぱり感覚掴めてこないので、これからやり込んでってネ。
(=´ー`)ノ ヨロシク



*ペアダンスだすだす*

振付は1人ででしたが、本来ショルはペアダンスなので2人組みでも練習してみましたヨ。
実際本当には肩は当てないけども、
「肩と肩をコツンコツンしてるようなイメージ」
で踊って欲しいであります。

ペアダンスはね、

・しっかり相手を見て(感じて)
・距離感をはかって

踊るコトがとっても大切だよ。
とは言えなかなかペアダンスってやる機会少ないので、今日は良い経験になったんではないでしょか。
男女でペアになった組はちょっぴり恥ずかしかったかもしんないけど、それこそ良い経験でありまする!!
(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン



<コンビネーション>

「1エイト目」・・・

最後の引っ掛けターン後の右足開き「1」が間に合うかなぁ~って思ってたけど大丈夫だったね!
d(´▽`)bアッパレジャ!


「2エイト目」・・・

「5~8&」の横ステップ。
ダウンなりアップなり、はたまたダウンアップなしなり、自分なりに試してみれたかな??


「3エイト目」・・・

いちにっさんの♪
にーにっさんの♪
さんにっさんの♪
肩ふたつ♪


今日はココが苦戦ドコロだったかもしれないね。
でも皆んなしっかり頑張ってくれました!
とっても嬉しス☆彡
ォッヶォッヶ♪(* ̄∇ ̄)/


こういう込み入った系の振付は経験値がモノを言うのでね、今日苦戦したとしてもぜーんぜん問題ないからねー。
「覚えの速さ」も「テンポの速さへの対応」も徐々に上がっていくものなので、なんも焦るコトはござぁ~ません!!


「4エイト目」・・・

「ひとりショル」でフィニッシュ♪
ステップと肩肩腰腰はだいたいオーケーなので、鏡の前で、

自分の腕の扱い

をチェックしてちょうだいませ!
今日はステップと肩と腰に気を配るのに意識の大半を持ってかれただろうなので、
ここから先は、

腕もカッコがつくように使えるように

意識していきましょね~☆彡




こちらはMVねん♪
ああ、幸せ感満載のなんて素敵なMVだこと♪♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月21日(日)19時55分5秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、Kentaro Takizawa×Jazzin'parkの「Music's Got Me Going Wild (Extended Mix)♪ 」


<ムーヴ練>

「Floor Sweeper」・・・
(ベーシックバージョン)

ダウンで横に出した足を戻す時に、軸足&ボディのアップと上手く連携させると、
「楽に」「スムーズに」
足を寄せられるよ。
足だけに気を取られずに、全身を繋げて使いましょ♪


「しゃいーん(仮名)」笑、、、
(^m^ )クスッ

常に片足体重だよ。
似たようなステップはいくつかあるんだけどもね~、片足体重とリズムの持ち方が独特なので名無し。。
今日は「しゃいーん♪しゃいーん♪」って言いながらレクチャーしたので、しゃいーん(仮名)ねー。
L(´▽`L )シャイーン

わんえん♪つーえん♪って考えるとあのリズムにならないので、
~ん♪つ~♪
と考えてねっ。

感覚をつかむ、慣れるのに少し時間のかかるステップなので 、
『すぐに出来なくて当たり前』
と思って焦らずに練習して欲しいのであります。

これも、足・ボディ・腕、、、
全身を連携させてどうまとめようか?

っていう意識があると攻略は早いよ♪
素早い動きはね、全身の連携が大事だからね~っ☆彡
最初はパーツに気がいっちゃうけど、やってくうちに"全身のバランスと繫がり"を意識できるようになってくるからさっ!
それが反復練習の効力のひとつなのだす。
(★σ・v・★)ナノダス



<コンビネーション>

「1エイト目、2エイト目」・・・

「フロアスイーパー」からの「しゃい~ん」、左右交互。
これはステップ単位で練習かな。


「3エイト目」・・・

どんつこどんどん♪どんつこどんどん♪

のビートイメージの振り。
いくつか踊り分けをシェアしたけども、

『どういうイメージで踊ろうかな?』

、、、想像力と閃きを働かせておくれませ♪



「4エイト目」・・・

ルーズレッグとシャッフルの掛け合わせ振り。
「4&5」を普通にシャッフルしてもつまんないので、あえて"両足揃え"にしました。

1&2&すりぃ~4&5

ってな具合に、「3」を効果的に使えるといい抑揚になるねっ♪
「3」を完全ストップしちゃうのもアリよね~。



「5エイト目」・・・

4エイトではちょっぴり締めくくり感に足りなったモンで、オマケで追加しました。

片足重心の両足動かし

も上半身の位置を「後ろ→前」と移動してあげるとやりやすいよ。



残念ながらYouTubeにはこの曲、ありまへんでした。
il||li(つд-。)il||li
なもんで、検索したら出てきたAlaventaさんとYOSHIE先生の動画を貼っておきましょ。



 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月21日(日)10時09分44秒
  日曜R&S>

Kentaro Takizawa×Jazzin'parkの「Music's Got Me Going Wild (Extended Mix)」
(2010)(HOUSE??)

で、HOUSE振付の予定です。
皆さん踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月20日(土)00時12分54秒
  金曜RIZE>

今日はソウルダンスのムーヴ「ショル」を練習しました。

曲は、
KC & The Sunshine Band の「That's The Way (I Like It)」 ♪


<カラダ練>

・2人組「背骨動かし」・・・
上下、左右、捻り

腰を動かす、カラダを横に倒す、なんてのは日常生活でもよくある動きだけど、

お腹~胸辺りの背骨を動かす

っていうのは日常生活で意識するコトが少ないのでやってみましたよ。


・「腕の脱力」+「肩甲骨の動き」

“腕と肩甲骨を分けて意識” 出来るようにやってみましたよ。
肩甲骨を動かす時についつい無意識に

「腕にもチカラが入っちゃう」

のに気づけたかなっ。
どっちのカラダ練も時々思い出してやってみてね~!



<ムーヴ練>

「ショル」・・・

ペアダンスです。
へ(゚ω゚*へ)ワショーィ(ノ*゚ω゚)ノ
ステップでカラダの向きを入れ替えながら、
肩♪肩♪腰♪腰♪ ね。


各々に、

・腰の時の右膝の使い方(うしろ五木w)
・上半身を後ろに引いて腰を前に残すカラダの向きチェンジ
・軸足(後ろ足)の股関節を使うカラダの向きチェンジ
・硬め or 柔らかめ のアクセント

などなど、ポイントや課題がありましたね。
覚えておきましょ!

ムーヴ自体はひとり練で慣らして練っていかなくてはですが、
ペアで踊れる時は、

相手との距離感やコミュニケーション

も意識しましょね~☆彡

http://rizedancestudio.com/

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月18日(木)00時05分38秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、arlieの「Long Time Ago」♪


<ムーヴ練>

・テケテケ横歩き

「普通にステップ」
「一歩目つま先でツイスト」
「一歩目踵でツイスト」

足だけじゃなくって、腕も付けて出来るように練習してねっ。
┏(`○´)┛腕もっ 腕もっ



・「足の開き閉じ」+「腕」

「腕の出し」を「足の出し」のタイミングに合わせるコト
「腕を開いたピーク」と「足の着地」のタイミングを合わせるコト

開いた腕はピークを越えて”フォロースルー”まで意識して使いましょっ☆彡

この感覚が身についた後ならば、
もういい加減に腕を使っても(極端に言うと腕を使わなくったって)カラダがそういう動きますをするんだけどね、自分の中でタイミングと感覚がしっくり整うまではまずはしっかりと腕を振って練習してね。



・「足の開き閉じ」+「腕」+『方向チェンジ』

「足」+「ボディ」でも出来るんだけどね、180度や360度ってなったら腕のフォロースルーを有効利用しない手はないっス!!
\(≧▽≦)/っす~!
経験者の人は、

この”腕を振る” っていう感覚を『肩甲骨でやる』

ようにイメージしてくと、よりカラダの内側から踊れるようになりますのよぉ~ん♪
回転や軸の感覚は”経験による慣れ” も大きいので、焦らず焦らずだよん。
┗(・o・)┛ケイケン ヤデー



<コンビネーション>

後半予定変更しました。
前半も後半も”左右均等の振り” ってのは頭使うやねー。
でもまぁ右と左の感覚を整えるには効果的だすな。
ハウスは特に左右均等に繰り返すステップが多いのでね、左右どちらからでも次の動作に入れるようにトレーニングしておくのがよろしです。

思い出して欲しいポイントとしては、、


・腕の「持ってきて→払う」の"直線の動き"をボディのダウン・アップに合わせて「α(アルファ)の字」に変化させてあげる

・片足立ちのステップワークでも”膝を使える”ように意識する

・次の振りを予測した”腕の準備”をする


そうね~、、どれもわりと些細なコトっちゃ些細なコトなんだけども、
あるのとないのとじゃぁぜぇ~んぜん違っちゃうんです。
でね、これらは長く踊ってくとある程度自然と身につくモンなんだけんどもね、

早い段階から知識として知っておくと上達にかかる時間も短縮できちゃう☆彡
ヽ(゜∀゜)ノおばぁちゃんの知恵袋みたぁ~い♪


ので、皆んなには早い段階からシェアしちゃうのでありまする!!!
(ノ´∀`)ノイズミ オジチャンノ チエブクロ♪



 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月14日(日)23時08分14秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Introの「Love Thang (R&B Version)」♪


<ムーヴ練>

「Worm」・・・
「胸」→「腹」→「腰」と下へ下ろしていき、「膝」+「腰の抜き」+「片足の外し」
1~2♪ 3~4♪と偶数カウントでアクセントを取って踊れるといいねっ。
d(ゝω・*)b

今日はカラダのサイドで下ろしていくバリエーションを使いましたが、初めてやった人はカラダの正面で下ろしていくスタンダードなやり方をまず練習してね~。


「Shake」・・・

肩でやる「ショルダーシェイク」
腰でやる「ウエストシェイク」

どちらも「前後」と「上下」のバリエーションがあります。
まずは、肩、腰、どっちも単独で練習して、慣れたら、

腰でシェイクして上半身を脱力するコトで肩のシェイクをプラスしましょう☆彡

腕を振っちゃうと肩(肩甲骨)の動きが制限されちゃうので、腕は使わない方が良いよ。
「前後」「上下」どちらとも

・両足立ちで
・片足立ちで

いずれでも練習するのが必須だす。
踊りながらではステップしながらやるコトになるからねっ!
基礎練としては16分音符でシェイクしましょう。
((((≧▽≦))))ダダダダダダダダ



「Wind(ワインド)」・・・
*名前は便宜上、僕が勝手に付けたので正式名称ではないですよ~。
(これ、自然とというか感覚的にやってるんですが、名前がないのでレッスンのために勝手につけました。)


しっかりと脚と腰で地面を踏んで、脱力した上半身を”うねらせる”ように振ります。
下半身の安定と上半身の脱力を同時に扱うのでちょっと難しいけども、この機会にぜひ覚えてねっ♪
下半身のパワーを上半身に伝えて、それをさらに腕に伝えます。

下半身が木の根っこ
上半身が木の幹
腕が枝


みたいなイメージかな。
(σ゜∀゜)σ(σ゜∀゜)σ
(僕のスタイルのパンキングは極端にいうと「腕はオマケ」っていうのはこういう所からきています。)



<まとめ>

コンビネーションについては、今日はいいかなっ。
(´∀`*)(´∀`*)(´∀`*)

シェイクについてはまずは基礎練をみっちりと!
ワインドについてはしっかり踏んで、『踏みのチカラ』を使えるようになるコト!


「どのくらいのチカラで踏んでるか???」

ってね、パッと見では分かりづらいよね。
(。-`ω-)ンー

でもダンスってあれこれ色んな経験を積んでいくと、"カラダ全体のバランス" とか "動きの" でね、どのくらいのチカラで踏んでるか?(体重を使っているか?)が見た目で分かるようになるのです。これが、、、。
なので、日々そういうコトにも意識を向けて精進なワケですよ。
でもね、、、
「踏む」とか
「体重を使う」とか
の意識のない人や足りない人は、、、何年やったってそういうスキルは身につかないのです。これが、、、。
( ノω-、)だって意識してなんだもん。。。

なのでね、この機会にそういうコトも覚えてくれたらとっても嬉しいのであります!
そういう意味では、今日のレッスンに参加してくれた皆さんはそういう意識、、再確認したか、芽生えたと思うのです。
これはとっても大きなコトですよ!!!!



はい。今日の「ステップ」と「腕の扱いのパターン」は

”今日のレッスンのためのほんの一例”

だからね、あれを”お決まりの振付(定型パターン)”として考えちゃダメだよ。
あくまでも、「シェイク」「ワインド」っていう表現(テクニック)として身につけてね。
足捌きや腕の振りっていうのはね、

・振付によって
・直感的な閃きによって


いくらでも変化します。
なので、

あらゆる足捌きや腕の扱いにシェイクもワインドも入れていけるのよぉ~ん
O(゚▽゚o)(o゚▽゚)o ノヨーン

っていう風に考えてね~っ!!!
多少時間はかかると思うけども、練習を続けて欲しいのでありまーっす☆彡



 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月14日(日)11時59分11秒
  日曜R&S>

Introの「Love Thang (R&B Version)」(原曲1993)(R&B)♪

でパンキングの予定です。
ゆっくり目なテンポの曲でほどよく脱力して、大人ムードな雰囲気の振付です♪
(速い曲でもやるかはその場の感じでw)

今日は普段あんまりレクチャーする機会の少ないテクニックもやりますのでチャンスよん!
皆さん、踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月13日(土)18時17分42秒
  特設クラス パンキング

今日は特設クラスでパンキングやりました。
参加してくれた皆さま、ありがとうございました!!
★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★

曲は、あれやこれやたくさん無造作に使いました。


<ムーヴ練>

■ウエストスタートの前後
腰の前打ち→肩の前打ち→肩を引きながら腕を前へ→腕を寄せる→下ろす

の5工程ね。
(ショルダースタートにすると4行程になります)

まずは、ひとつひとつの動作をゆっくり繰り返してカラダに入れましょう。

次に、
1。
1→2。
1→2→3。
1→2→3→4。
1→2→3→4→5。
と、順番に増やしていきましょ。

さらに、「1」のパワーでイッキに最後まで繋げて完成だよ。
ヽ(´∀`*)ノ


<ポイント>

・「2」で肩を出した時に『腕の内旋』が混じらないように気をつけましょ。

・「3」で腕を出す時に『肩を引く』感覚を覚えましょ。



<バリエーション練>

・腕を出す「角度」をチョイス出来るように練習しておきましょ。

・「右腕に対して」(逆も一緒ね)
両足立ち、右足立ち、左足立ち
どれでも出来るように練習しておきましょ。




■ウエストスタートの上下

腰の上打ち→肩の上打ち→肩を落としながら腕を横へ→腕を寄せる→腕をナナメ上に上げる。

の5行程。
基本的に練習法やポイントは「前後」の項目と変わらないけど、

「1」の時に肘の内側を外向きにセットしておくとベスト

ってのが追加かな。
これは意識して練習しないと身につかないから、常々自分チェックをお忘れなくっ!
(*>ω<)bなくっ!



<コンビネーション>

「1エイト目」・・・

「5」開き→上あげへの"繋ぎ"ね。
上にあげるので、一度肘を落としたポジションを通して肘から上を跳ね上げるのがポイントだよ。


「2エイト目」・・・

ウエストスタートの前後のバリエーションね♪
ステップを踏みかえながらになるので、慣れてない人はショルダースタートでもいいよん。


「3エイト目」・・・

休憩ドコロ


「4エイト目」・・・

ウエストスタートの上下。



<全体として>


慣れてない人はまず「前後」「上下」の、ウエストスタート5工程に取り組みましょ!
慣れてる人は、「片足で」とか「出す腕の角度のチョイス」などのバリエーションに取り組みましょ!

明日もパンキングだすね。
明日はまた違う課題にチャレンジしましょっ☆彡
ヾ(*´∪`*)
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月12日(金)23時48分51秒
  金曜RIZE>

今日はソウルダンスのムーヴ「ポイント」を練習しました。
曲は、KC & The Sunshine Bandの「That's The Way (I Like It)」♪


<ソウルダンスおさらい練>

引き続き引き続き。
レッスンでやんない時も各々で引き出しから出してやってねっ♪
ソウルダンスは「踊り込みによる”熟成”が大切だからね。


<ムーヴ練>

「ポイント」・・・

足→上から下への山なり。
ボディ→下から上の山なり(アップ)
肩甲骨(と若干の捻り)。
手→上から下への山なり(と若干の捻り)。


全部キチンと意識しながらやるとけっこう大変だし、カッコがつくにもけっこうやりこまないとあきまへん。
ショーケースなどではここまでキッチリでもなく、わりとスカした感じでサラッと踊られるケースが多いけども、

「足・ボディ・肩甲骨・手」

この4つのポイントを知って練習しておけばサラッとしたやり方を見ても大事なコトは分かるし、自分がサラッと踊る時にもカッコがつくと思います。
(o≧▽゚)oニパッ



<練習のポイント>

・「足の山なり」無しで練習していると、 前後でタメてる時間が長め(真ん中の移動時間が少なめ)になるケースが多いので、
「腕の出し始め」が微妙に遅れたり、
「ボディのリズム」にゆったり感が出せなかったり
することがあります。
(わざとそういう風にする場合もあるけどもね)
「足の山なり」を意識して練習しておくと、「山なり無し」でやっても同じようなタイミング(エンカウントに”味のある” タイミング)で踊れるようになるからね~☆彡

・時々ね、片方しか練習してないのか、左足前の右向きでしか出来ない人がいたりもします。
左右どっちでも出来るように練習してねっ。



<まとめ>

「That's The Way 」は実際にポイントを踊る曲なんだけども、「足・ボディ・肩甲骨・手」
全部意識とチェックしながら練習するにはちょっぴりテンポ速めなので、

・曲なしでもやってみて
・もっとゆっくりの曲でもやってみて


ある程度慣れてきてから、「That's The Way 」で踊るのが堅実かもね~♪
゚+.(・∀・).+゚地道にね~!




サックスの人のデコがスゲー!!!

http://rizedancestudio.com/

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月10日(水)23時55分5秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、Fort Knox Fiveの「Blowing Up The Barrio」♪


<基礎練>

・手首の脱力
縦振り、横振り、ぐるぐる回し

・構えの引っ張り場所の確認
ボディは後ろへ、腰は前へ捻り合う。
ボディは「腕」っていうよりも「肩甲骨」で引っ張るコトで、

捻りのチカラの中心が横っ腹にくるように

上下のチカラ具合いを調整してねっ。
「チカラが釣り合ってないよ~」
o( ̄Д ̄o)おやおやおやぁ~??

って言われた人は肩甲骨を意識して、

腕の引っ張りをもう少しボディに繋げる
(捻りの位置をもう少し下に持っていく)

ようにしてみませう!



<ムーヴ練>

・「Wの字」からの肘を使った内回しロール

内側の上1/4をキレイに通すために、早く小指を内側へ向けてあげてね。
これは前腕の『回転だけ』だから、手首がクッと曲がっちゃってはダメよ~ん。
(((゙◇゙)))タメヨ タメタメ タメアルヨ~


・下からの「パタパタ上げ→ナナメ上アタック」

バババ ボーン♪バババ ボーン♪(笑)
(´∀`)ばばばぼぉーん


肘から先→肘→肘が前へ→アタック

の順番と軌道をまずは繰り返しましょ。
腕だけじゃなくって、しっかりと”ボディで向きを作る” のがポイントだよ。

肘が、
下段→中段→上段と3段階のポイントを通るイメージを大切にね。
正しい軌道を通りつつ、スムーズに素早く出来るには、

「ゆっくりの確認練」

「繰り返し繰り返しの反復練」

のどちらも必要だよ。
なので今日しっくり出来なくって当たり前なので、続けてねっ!!

今日は体重を移動する「両足を使ったやり方」で練習しましたが、ある程度なれたら「片足立ち」の体勢でもやりますからね~♪
そしてそして、、、

必ず右でも左でも、均等に練習しとくれやす!

片っぽしか出来にゃいのは、あきまへんで~!!!
(#`・д・)/アキマヘンデー


<コンビネーション>

一応オマケでやりました☆彡


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月 7日(日)19時24分22秒
  日曜R&S>



今日はヒップホップやりました。
曲は、Beyoncé の「Love On Top」♪


<ムーヴ練>

「CRAB変形ステップ」・・・

INで足を前後

OUTで前足の方へ移動

前足を下げる

前足だけのIN/OUTでも可なんだけど、
「前後の足の重なり具合」「見た目」を考えると前後両方の足でIN/OUTしたいトコだよねー。
(・∀)(∀・)ネー☆



<コンビネーション>

「1エイト目」・・・

「1、2」の踵を左右。
膝を止めて「わん♪つー♪」
膝を使って「わぁ~ん♪つぅ~う♪」

膝は大きく使ってるワケではないけども、見た目がずいぶんと変わりますよ。
(腕のリズムに膝も合わせてあげるって感じかな)

どっちも出来るうえで、好みによって使い分けて欲しいであります。
そのあとの振りもどう取るか幅は広いだすな。

迷ったら、「3から8&」まではヴォーカルのメロラインに寄せてもいいかもねっ。
(oゝД・)b


「2エイト目」・・・

「5~6♪ 7~8」の単純な横出し戻しステップをどう扱うか??がある意味今日の見せドコロだよ。

「ただの横ステップ」と思うのか?
「さてココ、どうやって踊っちゃおうか」と思うのか?

これまた全~然、変わりまするよ~。


「3エイト目」・・・

スティーブ・マーティンのバリエーションからのCRAB変形ステップ。
腕や上半身が死なないように気をつけましょ。


「4エイト目」・・・

「2♪3♪」の頭振りからのジャンプも個性の見せドコロでしたね。
レッスン中の自分と今の自分では一緒なのか?違うのか?
イメトレ復習してみましょ!

「6&7&8&」の後ろ下がりステップは"遊びゴコロ"出せたかな???



<全体として>

3エイト目「1」左足
4エイト目「5」右足

「1カウント」をどう踊るか???
あれこれ閃きを働かせて欲しいであります。
全体としては、一辺倒にならないように、

緩やかさ(柔らかさ)とアクセント(強さ)のバランス

に気を配って踊れたらいいね~☆彡


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月 7日(日)11時58分8秒
  日曜R&S>

Beyoncé の「Love On Top」(2011)(R&B)♪

で、ヒップホップ振付の予定です。
お天気のいい日曜の昼間な気分で作りましたw。

激しくもなく、キメ系でもなく、、
爽やか気持ち良くで踊ってもらえたら嬉しいです♪

皆さん、踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡
、、ん~、でも今日はみんなお花見かなぁ、、、。
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月 6日(土)00時01分52秒
  金曜RIZE>

今日はソウルダンスのムーヴ、「Worm」を練習しました。
曲は、RICK JAMESの「Mary Jane」♪


<ソウルダンスおさらい練>

今日の指摘は、

・オールドマンの胸のリズム
・スバンクの1発目の胸のリズム

どちらも上半身、胸の動きでしたね。
ムーヴを踊りながら注意するのももちろんですが、今日やったように、

・オールドマン
足と手を出して、後ろ足(軸足)体重で胸を使う。

・スパンク
足を引いて手を出して、前足(軸足)体重で胸を使う。


っていうように『その時の体勢』を再現してそれに特化して練習するっていうのもとっても効果的だよ。
(゚▽^*)ノ⌒☆




<ムーヴ練>

「Worm」・・・

ボディウェーブのように、
胸→腹→腰と落としていって、膝と一緒に腰を抜いて片足を外します。
(ジャズダンスのドルフィンのように、”後ろに沿って軸ごと移動する” 動きとは全然違うので区別してね。)


まずは基本練として、

胸→腹→腰→膝&片足外し

で練習しましょう♪
が、しかし、さらに表現を増すにはもっと細かくパーツを使うってコトが分かってもらえたかな?

胸→腹(みぞおち→ヘソ辺り→下腹部)→腰(骨盤と背骨の付け根辺り→若干の膝&尻)→膝&片足外し


丁寧に書くとこのくらい細かくなっちゃうのね~これが。。
このくらい使ってるパーツの意識が違ったら、、そりゃ見た目も違ってくるよねー。
(´ω`*)ネーそりゃそーだー


『お腹』ってね、けっこう色んな動かし方が出来るもんなんスよ。
色んな筋肉もあるしね。
でも日常生活ではそんなに意識して使うコトの少ないパーツだから上手く使えてないだけね。
なので、ボディウェーブそのものとか、こういうウェーブ系のムーヴ練で身につけるのが良いよっ!
曲でやるのも大事だけどさ、

曲なしで丁寧に丁寧に、ゆ~っくりでいいからパーツの動きに意識を集中してやる

っていう基礎練がとっても大切だよ。
これが足りてなくて、踊りや振りでしか練習してないがために、
「順番はあってるけど、大雑把だよね~」
「なんか雰囲気やムード足りないよね~」

という人はとても多いのであります。。
(つд-。)ザンネンムネン、、



<その他>

・胸→腹→腰のリズムの取り方
(均等取り、胸タメ取り、腰タメ取り)
偶数カウントにアクセントで抑揚をつけるには、腰タメ取りが効果的だよ。
まあでもどれが正解ではないので、どれも出来るのがベストよね。

・見せる角度によってカラダの右側、左側も使う
(正面ウェーブ、右側ウェーブ、左側ウェーブ)
「正面」がド基本なんだけどね、カラダの右側・左側でもウェーブを扱えると表現の仕方がさらに増えまするよ。

・みぞおちで誘導して腰を振る
(これはジャークでも使いますよー)


はい。ボディで表現するムーヴは難しいのでね。根気よく続けていきましょ~☆彡




サナエちゃん正解~っ!!RICK JAMESさん、ベース弾いてました~!(^^)!♪

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 4月 4日(木)00時17分10秒
  水曜すたくら>

今日はそんなにヒップホップって感じでもないけどいちおうヒップホップとしてやりました。
曲は、Brownstoneの「If You Love Me[Smooth Out Remix]」♪


<ムーヴ練>

・オンビート腰後ろのビート取り
(股関節から上は一枚板でOKです。欲を言うと首から上は一枚板から外してバリエーション使えたらベストよねー)


・腕突っ込んで→肩→肩
「肩→肩→肩」をトレーニング用にアレンジしてみましたヨ。
( ̄ー ̄)ニヤリッ
腕を入れるコトで肩の動きがこんがらがらないようにね。
右利きの人は左側が、、。
左利きの人は右側が苦戦したんじゃないかな?
左右均等に同じ感覚で出来るようにねっ。


・ステップ「PREP」(プレップ)
ヒップホップの「PREP」というステップで腕や肩の動きをアレンジしました。
今日は振付としていきなり足とその他を組み合わせちゃいましたけども、復習としては、

まずは足捌きだけをしっかりカラダに入れる

足捌きに余裕が出来たらその他の振りを入れる

でOKですからね~☆彡
(いきなり両方ともってのはそりゃ難しいでありますよね~)

今日は便宜上、
『ダウンでもいいよ~♪』
としましたが、タイミングさえつかめたら、
ダウンっていうよりも、

膝で曲げてボディを少し後ろへ傾ける
(股関節は使わない)

と思った方がよいね。
普段は、

「それダメー。膝メインじゃなくって股関節使ってー!!」

って言われてる、「ダウンの悪い例」のやり方のコトだねっ(笑)。
PREPはそれでオーケーだす♪
(*´∀`)だす!



<コンビネーション>

「1エイト目」・・・
腰後ろから始まって、腕→肩→肩。
腰後ろの時に腕が死なないように気を付けてね。


「2エイト目」・・・
"腕とボディーを使った" 横ステップからのタメ→アクセント→横ステップ。
ボディーを使うコトで見た目がどれだけ変わるか、、感じてもらえたでしょか???


「3エイト目」・・・
ひと休みステップw


「4エイト目」・・・
PREP
おし♪おし♪→ぐるりんパン♪→肩♪肩♪→うん♪うん♪



<全体として>

2エイト目「1&」のダウン。
3エイト目「8&」の右足出し。

ここの"繋がり"のカウントを把握して狙うのがポイントでしたね~☆彡





こちらは原曲MVよん♪

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月31日(日)23時34分22秒
  日曜R&S>

今日はステップ「ポップコーン」の練習と振付をやりました。
曲は、Mandrillの「Livin it up」♪


<ムーヴ練>

「ポップコーン」・・・

ソウルダンスにもヒップホップにもポップコーンっていうステップはあるし、同じソウルダンスの中でもスタイルは色々あると思っておいてねっ。
☆ミ(>ω・)bネ!
(僕自身もレッスンや振付では後にやった方のスタイルを使いますが、ソウルクラブやソウルバー的な場所で踊る時は最初にやった超シンプルなスタイルで踊ります。)

さて、手順とポイントをおさらいしておきましょか。


<手順>

踏む→後ろへ→戻る→上る

「1」で踏んで「2」で戻るリズムで今日はやりました。
「1」で足を上げて「2」でボディを引っ張るリズムでもやってみてね。


<ポイント>

・1歩目でしっかり踏んでボディを下げる
(横から見たら頭の位置が「Lの字」を描くようなイメージね)

・後ろへ下げたボディをキチンと前へ戻してから上る

・後ろ足に体重をかけながら、前足の踵を押し出す

・後ろ足の踵の上げが低かったり、つま先が着いた後にまだ踵へ乗っていこうとすると、しっかり上半身を支えられないし、ボディを押し戻すタイミングにも間に合わせるのが苦しくなるので、後ろ足は踵を上げてしっかりと

「つま先と足首のチカラ」

で支えるコト。



☆☆いきなりパッとは出来なくて当たり前よん☆☆
(´・ω・`だよん)

どのくらい踏んで?
下げ足の膝と足首(踵の高さ)は?
ボディはどのくらい引くのか?


などなどね、”自分のカラダなり”の色んなパーツの角度やチカラ具合が上手くつり合うようになってきたら形も定まってきますよ。
なので、今日見たイメージを忘れずに、焦らずじっくりと反復してって欲しいのでありますです!!

ボディは最初のうちはまっすぐのまま下げ戻しした方が良いトレーニングになるね♪
感覚つかめて慣れてきたら傾けたり捻ったり、研究していきましょ。



<コンビネーション>

「1エイト目」・・・

曲の感じをイメージしながら、シンプルにしました。「5~6」の間(ま)を遊んでみてねっ♪


「2エイト目」・・・

「2」肩でアクセントを取ってステップ


「3エイト目」・・・

頭→胸→腰→ツイスト→ティルトの流れ
「1!2!3!4!」とアクセントを取っても良し、ゆるやかに流しても良し♪
どっちもやれるにこしたコトはないやねっ。


「4エイト目」・・・

ポップコーン。腕の合わせ方も思い出してね。
かめはめ波も是非チャレンジしてみませう!
Σd(゚∀゚。)波ぁぁ~っ!

 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月31日(日)12時11分53秒
  日曜R&S>

Mandrillの「Livin it up」(1975)(FUNK)♪

で、ソウルダンスのステップ「ポップコーン」の練習とその他振付の予定です。
皆さん、踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月29日(金)23時55分46秒
  金曜RIZE>

今日はフリースタイル振付やりました。
曲は、Nellyの「Country Grammar (Hot...)」♪


<コンビネーション>

「1エイト目」・・・
第1ブリっ子→第2ブリっ子→お尻叩き

第2ブリっ子の首の動かし方がちょっと難しかったかな。
「横に倒した頭を立ててから反対側へ持ってく」
のがポイントだよ。
σ(゚ー^*)
頭のてっぺんで無限大マーク「?」を描くようなイメージかな。
また練習しましょ!

お尻を叩く手の表情もキチンと意識してね。


「2エイト目」・・・
横ステップしながらの腕振り
バッテン→開き→上げ→下げ→ぐるりん→あたま


全体的にオッケーなので、横ステップしているボディにちょいと角度をつけてあげるともっとカッコ良くなるよ。
ボディが正面向いて止まったままだと、パラパラかアイドル振りのような感じになるからねー。


「3エイト目」・・・
高畑さぁ~ん→はい♪はい♪はい♪はい♪

腰から捻りつつ膝を内側に入れて、足の間が開かないように気をつけつつ足踏みしましょ。


「4エイト目」・・・
なんですかぁ~?なんですかぁ~?

「倒し」+「肩出し」+「反り」
女性にはそんなに難しくないボディラインだと思うんだけどもね、
「反り」というか「胸出し」というかを入れるコトで、ちょいと上半身でシャクるようなリズム感が出るので、それも意識してみましょ。
ああ、その”リズム感”、、もそっと詳しくやればよかったナ。。
(*´Д`)=з(*´Д`)=з


「5エイト目、6エイト目」・・・
決めポーズ×4つ
お嬢さまっ→セニョリータッ→ぐるりんぱっ→振り返りっ


1番複雑だったのはセレブお嬢さまかな。
「右足に体重をかけながら腰を右にズラす」 ♪
それに対応して
「肩甲骨(左上げ、右下げ)」 

これだけでもそれなりにカタチになるんだけどもさ、
プラスして
『反り』
が入ったらなおGOODでありまする♪
(o≧▽゚)oニパッ



<全体として>

もすこし”踊り込む”時間と、アドバイスする時間があったら良かったねっ。
前半ゆっくりし過ぎちゃったか。。 むぅ~。。
ごめんねーっ!

曲を聴きながらのイメトレ復習にプラスして、曲なしで鏡の前で、
『ゆっくり踊って自分のボディラインの確認』
ってのもして欲しかですよ~☆彡

http://rizedancestudio.com/

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月27日(水)23時47分42秒
  水曜すたくら>

今日はダウン・アップの切り替えをテーマにやりました。
曲は、Tony Thompsonの「My Cherie Amour」♪


<ダウン・アップの切り替え 基礎練>

・両足立ちで2種類
「半カウント待って切り替える」
「ダウン×2、アップ×2と2回取って切り替える」

・8分音符のステップで切り替える
(わりと簡単♪)

・4分音符のステップで切り替える
(ボディは待っても足は動かし続けるので慣れが必要)

・ステップしないで切り替えるタイミングの足を上げるだけで練習
(ボディは待っても足は動かし続ける練習)




<コンビネーション>

ダウン→アップ→ダウン→アップ→ダウン→アップ
(1エイト目「5~8&」はオンカウントで考えてのダウンね)

と5回切り替えて振りを作ってみましたよ。
( ̄ー ̄)ニヤリッ
ダウン・アップの切り替えはね、基礎練は地味で単純でも振付の中ではいくらでも難易度を上げていけるモンなのだす。
なので、まずは基礎練をしっかりとマスターしておくコトが大切だよ。



そしてもうひとつ、ダウン・アップの切り替えは特定のジャンルに限らずどのジャンルでも必要になってくる技術なので、早く習得しておくととってもオトクなのであります♪
(●´∀`)ノオットクー



さらにもひとつ、普段のダウンなりアップなりの基礎練の時から、下半身だけじゃなくってボディや頭も合わせて使えるように心がけませうね。
それが出来てれば、ダウン・アップの切り替えだって

カラダ全体でそういうように見える

ようになりますからね。
足だけ頑張ってても上半身が死んでおっては威力も半減なのよん。
(今日、「アップで伸ばして引っ張る時は胸(横隔膜)も使ってねー♪」って言ったのもそういうテクニックのひとつだよ)



<まとめ>

ダウンにせよ、アップにせよね、
『縦の動き』っていうのはダンスにおいて『リズム感』に大~きく影響する要素なので、
ゆめゆめおろそかにすることなかれ~☆彡
 ̄∇ ̄)ノナカレダスー


 

ほそく2

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月25日(月)01時39分38秒
  特設クラス>
「やさしく学ぶ カラダの使い方と音の数え方」

参加してくれた皆さま、ありがとうございました!!

経験の浅い人は浅い人なりに、、、
経験の長い人も長い人なりに、、、


それぞれ"現時点"での『自分の出来ないコト』を感じて(発見して?)もらえたんではないか?と思います。
まずはそれが大事よね~。
でぇす☆ヾ(´∀`)



<カラダの使い方>「アイソレ編」

・両足立ちでやる
・片足立ちでやる
・ダウンでやる
・アップでやる
・ダウン/アップの切り替えでやる
・ビートに合わせたステップでやる
・リズムに合わせたステップでやる

今日は基本的に「やり方の紹介」みたいな程度でしたが、これからの練習方法としてね、
ここまでやっていければ鬼に金棒なのでありま~す!!
すぐには出来なくっても覚えておいてこれからの自己練に役立ててね~♪

結局ね、両足立ちで止まった状態で出来るのは最初の一歩であって、

踊りながらこういうコトをせにゃならん

と考えるとさ、こういう練習がチカラになるのであります!


・複数の矢印を同時に扱う
・矢印を出している(扱っている)パーツ同士が近いほど難しい


っていうのを理解しておけば、困ったときのヒントになるよん♪




<音の数え方>「16分音符 標準装備を目指そう」

16分音符でしか数えられないリズムってのはたーくさんあります。
なので、16分音符を標準装備して、

自分の"音を数える目盛り"を細かくする

ことで、どんなリズムにも素早く対応できるようになりましょうってコトね。



今日の練習で分かったと思うけど、たった1個分、16分音符をズラしただけでリズムは結構変わっちゃうのです。
なので、数えられる基準を細かくしていくコトでいろんなリズムに対応するコトができるようになっちゃうんですな~、、これがマジで。



もちろんこういうトレーニングをしなくったって音ハメや歌詞ハメなんかで何回も何回も聞いて繰り返すとそれなりに出来ちゃうんだけどね、こういうトレーニングをしておくと
例えばね、

今まで耳頼りで20回聞いてやっと取れてた音が、
(頭も使って)2回聞いただけで取れるようになる。
(゜ロ゜)マジカー

というような効能があるですね~、マジマジ。
(もちろん回数には多少の個人差はありますよ)


「先生、私、リズム感が悪いんです。」
っていう声も時々聞くコトがありますが、その大きな原因のひとつに、

音の数え方の目盛りが大きい
=その目盛りにない位置に音がある時にその場所を正確に把握できない


というコトがあります。
これはね、

1cm単位の定規もってる人よりも、5mm単位の定規もってる人の方が、
5mm単位の定規もってる人よりも、1mm単位の定規もってる人の方が、


より正確な図面書けまっせ。そりゃ。
というコトと同じと考えると分かりやすいよね♪


そういう意味で、ダンスにおいてはまずは16分音符で数えられる定規をもっていればそうそう恐いモンはねぇですぜ!というコトなのであります。


・リズムの理解度
・ビートやテンポのキープ
・アフタービートの使い方

※アフタービート(1から2、2から3などのオンビートから次のオンビートの間のコト)

などね、全てにおいて『16分音符』で数えるっていうのは有効になりますので、ぜひ練習を続けて欲しいのであります。


「なんか分らんようになってきた。。」
(*´Д`)=3ハァ・・・
「これが出来るようにはなったけど、じゃぁ次は何すればいいの?」
(*´д`)??

ってなコトもあるかと思います。
そんなときはいつでも声かけてくらさい。
チェックや次の課題出ししまっせ☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月25日(月)00時40分53秒
  日曜R&S>

今日はオールド系振付やりました。
曲は、Incognitoの「wild and peaceful(k-dope mix)」♪


<ムーヴ練>

「ジャーク」・・・

踏み出した片足一本で横へ進んでいきます。
片足で進みながら腰を前後に揺らすのも特徴だね。


<気をつけたいポイント>

・進んでいく軸足の股関節を固めないコト
軸足の股関節周りが力んでると、足のOUT/INの動きに腰がつられちゃって、腰が前後には振りにくくなりますよ。
ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ


・片足一本で進むので、『軸』を意識するコト
右足より頭が外にある「くの字」
右足の上に頭がある「直立」
右足より腰が外にある「逆くの字」

などね。
ベーシックとしてはまず「逆くの字」を練習しませう。
(●・ω・)ゞせう!



・みぞおちから腰を引っ張って前後に振る
(経験者向け)
腰で振るってのもありなんだけどね、その上のみぞおちで先行して腰を扱ってあげると、
「音の持ち方」的にも
「見た目」的にも
柔らかさとムードが増しまする。
(゚∀゚。)増し増し」


なんせ片足で進むのでね、”バランス感”に慣れるのが先決だすよ~!



<コンビネーション>

「1エイト目」・・・ 

「4&」の右向き
ただ左足を寄せて右を向くんじゃなくって、反対側の右肩をさりげなく後ろへ引きつつ右を向くとカッコがつきやすいよ。


「2エイト目」・・・

「8&」の準備
「8」で足を開いたら次の3エイト目の「肩前、腰後ろムーヴ」の準備をお忘れなくねっ。


「3エイト目」・・・

意味的にね、、
半分はひと休みのしどころ♪
(●´∀`)ノアハーン
もう半分は個性の見せどころ♪
v(。・ω・。)ィェィ♪


振りとしてはシンプルなので、
カラダの角度や音の取り方などで

『どうやって踊っちゃおうかなぁ~??』

ってのをあれこれ考えたりチャレンジしたりしてみて欲しいです。それは、
「自分的にはこれがベスト!」
でもいいし、
「あーも出来る、こーも出来る♪」
でもいいし、
「今日の好みと明日の好みが違う」
だってオーケーなのです!
あれこれ試してみるのが大切だよ。



「4エイト目」・・・

「3&」の肩2発、あれこれ試してみれたかな?

最初の「両踵を右」で重心を少し右に振り、
「打った首の返し」で重心を少し左に振る、
っていう"重心の移動"を意識するとスムーズに踊りやすいよ~。



「5エイト目」・・・

はい、4エイト作った時点で、
「今のメンバーじゃぁこれじゃ物足りなく感じるかな、、」
と思っての2エイト追加でした。
(O ̄▽ ̄)うきゃうきゃっ

なもんでここから趣向を変えて、

ステップを「エン取り」、アクセントを「偶数オン取り」にしますたっ☆彡



「6エイト目」・・・

頭はエン取りにしておいて、「3&4!」♪♪♪
「3」でドン!とイッキに体重を落としつつ足を開きませう。
そしてラストはおまけのジャークで締め。



<全体として>

振りの順番が入ったならば、自分なりに抑揚アクセントを意識しつつ踊って欲しいです。
曲を聴きながらイメトレ復習してね♪


 

明日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月23日(土)19時54分12秒
  明日3/24(日)は通常クラスと特設クラスの2連発です♪


R&S 15:45~17:15>
Incognitoの「wild and peaceful(k-dope mix)」(原曲1999)(JAZZ FUNK / NEO SOUL)♪
で、オールドスクール系振付 ♪


特設クラス「やさしく学ぶ カラダの使い方と音の数え方」17:15~18:45>

・「あ、これ出来ないや!を攻略していくアイソレ練各種」
・「16分音符の"ビート"と"リズム"の数え方」

など♪疑問質問解決コーナーなんぞもやりたいけども、それは時間次第かな。。


皆さん踊りに&学びにきてね~っ(*^▽^*)☆彡
 

3.24(日)特設クラス決定!

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月22日(金)23時50分4秒
  3/24(日)
17:15~18:45(Kaji先生枠)


で、特設クラスをやるコトが本日決定しました!
(通常のR&Sクラスの直後に二連チャンってコトやね)

「やさしく学ぶ カラダの使い方と音の数え方」
なんて~のを予定おりまする。
普段はやらないようなスペシャルな練習法も入れつつネ^ ^♪

スタジオの「代講情報」やこのBBSをチェックしつつ、タイミング合う人は是非っ☆彡
 

金曜RIZEもやってるよっ !

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月22日(金)23時46分6秒
  金曜RIZE>

今日はソウルダンスのステップ、L.A.Stompを練習しました。
曲は、
Bobby Nunnの「She's Just A Groupie」♪
BILL SUMMERS & SUMMER HEATの「WE CALL IT THE BOX」♪
(これらは一緒にやろうかなと思っていたラコステというステップの対応曲です)



<基礎練>

「ソウルダンス思い出し練」・・・

実際に踊る頻度を増やすのが、”覚える” にしても ”カラダに馴染ませる” にしても最強なのでね、やりました。
ちょくちょくと ”引き出しから出して” 磨くコトもお忘れなくよん!
(聴く、見る、踊る、そして ”練る” )
なのらァァ(・∀<)~☆wink



<ムーヴ練>

「L.A. Stomp」・・・

軸足つま先立ちで逆足を浮かして、その軸足を外して浮いてた逆足で踏みます。
リズムは8分音符で、
&1♪&2♪&3♪&4♪
つっどん♪つっどん♪つっどん♪つっどん♪
ね。

ステップとしてはとってもシンプルなので、

・カラダの角度や傾け具合
・膝下で外すのか、股関節で外すのか
・足を外す方向


などの変化であれこれ見え方が変わりますので、ぜひ試行錯誤してみて欲しいのであります。
さらに、上半身でもリズムを入れられるようになったら花マルちゃんっ☆彡

「その場」「移動」「回る」なんぞの位置的なバリエーションも試しつつ、必ず、

左右均等にね!

“切り替え” も含めて、どっちでも出来るように練習してくだしゃんせ~♪♪♪
((((*゜υ゜)ノノ



<コンビネーション>

今日みたいな簡単ステップで、

「何種類もバリエーションを作ってみる」

っていうのもソウルダンス系の面白味でもあり、自分発見のネタでもありますよ。
ぜひ自分なりのバリエーション作り遊びもやってちょ~だいませっ!







はい。こちらはSOULTRAIN動画。今日の簡単ステップは冒頭のカップルのステップからバリエーション作りますた ^ ^♪

http://rizedancestudio.com/

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月20日(水)23時55分18秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、Quartetto O'batalisticoの「Beats On The Street」♪


<基礎練>

「横に出してもどすステップと腕の合わせ方」

・腕を開いて→その手でお尻タッチ
・大根切って→逆の手でガード

大事なポイントは、

脚が出て(上がって)横に着地するタイミングと腕のタイミングを合わせるコトね。

陥りやすいパターンは、
「足が上がってるのに腕がまだ出始めてない」ケースで、”エンカウントの意識が薄い”人に多いケースだよ。
足が出た(上がった)タイミングのエンカウントを意識して、それに腕も合わせていきませう。
((((*゜υ゜)ノノ



<ムーヴ練>

「Swirl」・・・スェァル、、ん~、日本語的にいうとスワルになるんじゃろうか。。
(。-`ω-)ンー

エンカウント→開いた足で立って
オンカウント→反対側の足を寄せながらダウン

慣れてきたら腰と踵でキュッ♪キュッ♪とね。

まずはステップが、トトン♪トトン♪とならないで、
「&1♪&2♪&3♪&4♪」
均等に8分音符で取れるようにね。


立つ足の体重の乗せが遅れる、、
寄せ足のタイミングが早まる、、


どちらも気をつけてね~。
いきなり速いテンポで出来なくっても全然オーケーなので、キチンと8分音符で把握出来るテンポから慣らしてってね!
(●´∪`)b⌒Ne☆


はい。で、これも足だけじゃなくって、”腕の振り”も意識して合わせてちょうだいませませ。

左足を寄せて右足にダウン→右手
右足を寄せて左足にダウン→左手

だよ。分かんなくなったら「ぶりっ子ちゃん♪ぶりっ子ちゃん♪」で!(笑)
(^m^ )クスッ



<コンビネーション>

ちょっとややこしかったね~!!
ごめんごめん。。
(反´д`省人)(人反´д`省)

っつーコトで大幅カットしちゃいました。 おほほっ!
今日はね、

・1♪2♪3♪4♪の4分音符のステップから狙って入れるコト
・前や後ろにも移動出来るコト


この2点が出来ればオーケーだよー!
ヾ(*'▽'*)ノィョーゥ
そこから先は焦らずおいおい攻略していきませうよんっ☆彡

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月18日(月)00時09分11秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、Nuyorican Soul Featuring Indiaの「Runaway (Original Flava 12'')」♪


<ムーヴ練>

・右足開いて→右足踵→右足置く(逆も)
1~2&♪3~4&♪

・右足開いて→右足閉じて→右足踵→右足置く(逆も)
1&2&♪3&4&♪

・ルーズレッグス
1&2&♪3&4&♪

・バックスキップのボディ2種類
ナンバとツイスト




<コンビネーション>

“技”としてよりも”ステップの組み合わせ”に工夫して作ってみましたヨ。
(σ・ω・)σYO♪


「1エイト目」・・・

はい。「バックスキップ→前にステップ」は、普通はナンバなのでツイストバージョンも試してみてねっ。
「7&8&」の軸足チェンジは、

毎度毎度体重を落とすのではなくって、チェンジした軸足で”立つ”意識(技術とも言えるね)

ってのを覚えておくと良いよ!
ヾ(゜v ゜*)ノ YO★



「2エイト目」・・・

「5&」の右足後ろクロス、

どの位置に足を置くか?

によって「素早い体重」も「上半身の合わせ方」も変わってくるので注意しましょ。
もちろん「見た目」だって全然変わりまっせ!



「3エイト目」・・・

単純なキックするステップでカラダの向きを変えたりしてみました。

ステップ+ボディ+腕

の3つが上手く連携出来てないと、スムーズにいかなかったり、カラダに隙が出たりしちゃいますのんよ。
足だけじゃなくってカラダ全体のバランスをチェックしながら復習してみてね。



「4エイト目」・・・

ここで振付として、『抜いた抑揚』を入れてからのぉ~、、最後は8分音符取りでフィニッシュしました。
あの1~2~3~でちょっとそれまでと雰囲気変えられたら良いねっ。
左足の膝が伸びて突っ張らかってるとやりづらいので、要注意だよん。



<全体として>

足とカラダ全体の繋がりを意識して使ってみたので、上手く出来なかった箇所は「カラダ全体の流れ」を見直してみましょ。

最後の方は、
「お、そういう音の取り方してんだね♪」
+.(´・∀・)ノ゚+.ほぉぉ~
っていうのが見えた人が多かったのでGOODだすーっ☆彡


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月17日(日)12時31分20秒
  日曜R&S>

Nuyorican Soul Featuring Indiaの「Runaway (Original Flava 12'')」(1997)(ん~、分類難しいけど一応ハウスとしとこか)

で、ハウス振付の予定です。
皆さん、踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月16日(土)00時00分7秒
  金曜RIZE>

今日はソウルダンスのムーヴ、「GIGOLO」を練習しました。
曲は、Janet Jacksonの「 Love Will Never Do (Without You) 」♪



「GIGOLO(ジゴロ)」・・・

めっちゃ簡単に言うと「肩で」踊ります。
が、僕的に言うと、
「背骨と胸骨と肩甲骨」で踊ります。

でもって、慣れてきたなら「腰」を合わせます。


・肩から練習を始めて、ボディをプラスする。
・最初から胸で始めて、背骨と肩甲骨で向きを作る。


どちらのアプローチからもやってみて欲しいです。
でぇス☆ヾ(´∀`)

(バリエーションとしては肩をあんまし前後に振らずに上下っぽく振ってしっかり前を向いたままっていうのもありだけど、まずはしっかりとみぞおちから上を振れるように始めた方が良いかな)



<リズムの持ち方>

ジゴロは音の取り方も独特よね。
元気良くオンで踊ってしまってはムードどころじゃなくなっちゃいますよ。

A : 均等 「う~い~う~い~」
B : 引っ掛けアタック「あんっ~あんっ~あんっ~あんっ~」
C : 滑らせ後(あと)取り「ぁあ~んぁあ~んぁあ~んぁあ~ん」


まずは「A」で練習して、
ちょっと慣れたら「A」のちょいアフター意識で「う~い~う~い~」、
そののち、
「B」→「C」
とチャレンジしていくと良いかなっ。



<全体として>

1、2、3、4のオンカウントよりも、その、

オンとオンの間をどう踊るか?

っていうのを意識してくと上達も早いと思うよーっ☆彡


http://rizedancestudio.com/

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月14日(木)00時18分20秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、LIAの「True Obsession (Timmy Regisford 12 Remix)」♪


<基礎練>

・逆足、軸足でのツイスト
(軸足ツイストは足上げも)

・手首の脱力
(縦振り、横振り、回転締め)

・Pinwheel
(片手、両手)

・手首と肘の分離コントロール

・腕の回転と腕のロールの合わせ方



<ムーヴ練>

「構え」→「ゼロポジション※1」→右手ナナメ上

※1 両手の拳を肩の前に持ってきたポジションを僕はゼロポジションと呼びます。

「ただ右手を上げてる」ワケではごじゃりません。
左肩甲骨の使い方がポイントだよ!
デ━d(ゝω・*)b━ス!!


腕で引っ張る事も出来るんだけどね、腕が頑張っちゃうと肩甲骨の動きが減っちゃうケースもあるので、僕はダイレクトに肩甲骨を使います。
んで、これは第2段階で、その時、右の肩甲骨は胸に効くように突っ込みつつも右斜め上に伸ばします。

単に腕だけだと、
「これでいっぱいいっぱいッス!」っていう、

☆引っ張りきったポジション 

に入れるコトができないので、肩甲骨を使って、
「わいん♪わいん♪」
しながら、引っ張りきったポジションを探してくらさいねっ。
(*O∀O*)ノ(*O∀O*)ノ(*O∀O*)ノ

これで、ヘソから右手拳までのラインの見え方が随分と変わりますよ。
(足と下半身についてはまた機会を見てやりましょ)




「腕の前ロールアップ」

カラダの前で腕をロールアップする場合、片手ならばボディを捻って、

カラダの横でロールアップしてるのを正面に持ってくる

っていうのが有効だよ。
 (@∀@)vィェ~ィ

この場合も、ボディだけでは素早くタイトに捻りずらいので、

ロールアップしてない側の肩甲骨を使って引っ張る

のがポイントっす。
ただし、、両手同時に前のロールアップをする場合はこれは使えましぇんので、そういうのも練習しておく必要がありますのよん。
Σ( ̄ロ ̄lll)アハーン



<コンビネーション>

ホントはね、同じ2エイトを逆でもやって、
「右肩甲骨の引き」
も同じようにやりたかったんだけども、喋りすぎて時間なかったや。。
ごめんなさひっ!
ゴメ━━━゚(ノД`゚)゚。━━━ン!!


なもんでさ、各自自主練で逆もやって欲しいのであります。
覚えたてのうちに「左右両方とも」やっちゃうのがオススメだからさっ。

で、振りの中でも基礎練やムーヴ練で意識したコトが同じように意識出来るように、

曲で速くだけじゃなく、
ゆーっくりでとか、
めっちゃチカラ抜いてとか、
同じパートを繰り返してとか、


あれこれやってみてねー☆彡


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月10日(日)23時45分46秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Dax RidersYou are the sunshine of my life」♪


<基礎練>

・手首の脱力
縦振り、横振り、ぐるぐる回し

・Pinwheel
片手(高・中・低)、両手交互

・手首と肘の分離コントロール

・腕のロール


<ムーヴ練>

「肘を使うロール」・・・

肘を中心にして大きく回すのとは違う回し方です。
肘と拳の中間点を中心にして、肘も拳もどちらも動かします。
拳の意識が強いと肘の動作が小さくなっちゃうので、どちらかというと「肘で動く」くらいの感覚が良いよっ。
(*′ω`)b

『肘から拳の長さ』=『直径』
(通常の回し方は、腕全体の長さが直径ね)

になるので、タイトでスピーディに回したい時に向いた回し方だすなっ。
「肘を出す時」は簡単だけど、「肘を引く時」は丁寧に確認してやらないとついつい肘を引くタイミングが遅れて腕が伸びきっちゃうので気をつけて!



「肘ビーム」w・・・

これも肘から拳までの中間点が中心ですよ。
どの位置でやるのが一番やりやすいか??
自分に合う位置を探ってね。
「腕だけ」でやろうとすると、とってもやりにくいので、

カラダの向き(捻り具合)や肩甲骨

も使ってやるのが良いっす!



「内側振りからのロールアップ」・・・

腕だけでやるとそれほどなんてこともないコンビネーションなんだけどさ、しっかりとカラダを使ってやると結構ダイナミックでカッコいいコンビネーションです。
足の出す方向とタイミングはあれこれ作れますが、今日は両足を開いた体勢からスタートしましたよ。

※今日は右手でやりましたが、必ず左手でも同じように練習してね。
このコンビネーションを使う先輩でも右手でしか出来ない人は多いのでねー。



<全体として>

3エイト目が、
下に振って→持ち上げて右肘
下に振って→持ち上げて横開き

だったので、ちょびっとこんがらがっちゃうケースもあったかもね。
(*´ω`)ノドンマイ

「下に振って→持ち上げて右肘ビーム」これね、
右肘を上げるときに同時に左手を構えるのをおわすれなくっ!!
経験者の人は、右手先行ズラしにも是非チャレンジしてねー。
(さらにその先はシェイク入りだすゼ)


 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月10日(日)13時33分26秒
  日曜R&S>

Dax Ridersの「You are the sunshine of my life」(2001)(Electric)♪

で、パンキング振付の予定です。
皆さん、踊りに来てね~(*^▽^*)☆彡
 

ほそく(遅くなってごめんなさい!)

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月10日(日)13時29分14秒
  【特設クラス】
ビートトレーニング
~初心者のうちに覚えたい"数の数え方"~

参加していただいた皆さま、ありがとうございましたっm(_ _)m

知らなくたってダンスは踊れるし、上達だって出来ます。
でも、知っていると、

もっとより良く踊れるし、もっと早く上達出来ちゃう♪
v(。-_-。)vブイッ♪

というような『ビート』についての知識とトレーニングをシェアしました。


ビートの理解が深まれば、「キチンと正確に数えられている」というコトなので、
それは先に「リズムの理解」へも繋がっていきますですよ~♪


シェイカーを使った「16分音符」の練習
各種ビートの「重ね持ち」の練習
「ビート」+「リズム」+「狙ったカウント」の同時把握練習


ステップや技、振付の練習とは違いますが、こういったコトも楽しみながらやってくと必ず踊りの糧になります!
なので、僕はこういうコトも"ダンスの技術"のうちだと考えています。
是非、練習を続けて欲しいです。

分からなくなったり、
「これで合ってるのか?」と疑問が出たり、
「その先は??」と興味が沸いたり、

したときはいつでも声かけてくらさいね~!
ヽ(oゝω・o)-☆

P.S.今のところ、4/15(月)18:45~(HAL先生の枠)でまた特設クラスをやる予定です!


 

明日3/9(土)特設クラスやります!

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月 8日(金)23時51分35秒
  「ビート・トレーニング」
~初心者のうちに覚えたい"数の数え方"~

3/9(土)
17:15~18:45 Ast


はい、明日土曜のsho-ta.先生の枠(17:15~18:45)で特設クラスをやります。
30年のダンサーキャリアとパーカッショニストとしてのノウハウから伝授します♪

ビートやカウントに強くなりませう!!
(●´∀`)ノいやほうっ!!


時間があったら「ダウンアップの切り替え」などのリズムトレーニングもやるかもです。
タイミングの合う方は是非、受けてみてね~ヽ(oゝω・o)-☆☆彡
 

ほそく(寒いからあったかくしてね~)

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月 8日(金)23時48分31秒
  金曜RIZE>

今日はソウルダンスのムーヴ、「Nasty」を練習しました。

曲は、Mass Productionの「Turn Up The Music」♪


「Nasty」・・・

ステップして→胸と腰で打つ!打つ!
ステップして→胸と腰で打つ!打つ!


(僕は独自バリエーションで腰3 : 胸7か、腰2 : 胸8くらいの割合で打ちますが、皆さんは腰で打つ練習も必要なので、腰5 : 胸5で練習してね)

チカラ足らずで「うーうー」でもなく、
チカラ抜けずで「う!ぐぐう!ぐぐ」でもなく、
素早くタイトに、そしてすぐにチカラを抜いて、
「うっ!うっ!」
ってな具合に”打てる”とよろしいやね~♪
(o≧▽゚)oニパッ


エン(で体重が乗り切る)
(で体重が乗り切る)
(で体重が乗り切る)



の3種類の『体重が乗り切るスピード』も説明しましたが、それも頭に置きつつ、

土台を固めて(足)→打つ!打つ!(胸&腰)
っていうようなイメージで、

あ、うっ!うっ!あ、うっ!うっ!
とか、
トッ、ドンッ!ドンッ!トッ、ドンッ!ドンッ!

っていうようなリズム感を出せたら花マルちゃんでありますよ☆彡




タイトな胸と腰のアタック、
一瞬での踏み(土台作り)、


どちらもある程度反復して「慣れ」ないと、いきなりは上手くいかないので徐々に慣れてってね。
やってくうちに、

「ああ、これか!?? センセの言ってたコトってこれじゃん♪」
゚+.(・∀・).+゚゚+.(・∀・).+゚゚+.(・∀・).+゚


っていう『気付き』の瞬間がやってきますからねっ!
はい、NASTY、、引き続き忘れずに時々やってくらさいねー☆彡

今日は、オン踏みとエン踏みを区別するためのコンビネーション、、よく出来ましたっ!
あっぱれじゃっ!!
♪d(´▽`)b♪あっぱれやっほれ


 

今週土曜、特設クラスやります!

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月 7日(木)00時27分2秒
  「ビート・トレーニング」
~初心者のうちに覚えたい"数の数え方"~

3/9(土)
17:15~18:45 Ast



はい、急遽決まりましたが、今週土曜のsho-ta.先生の枠(17:15~18:45)で特設クラスをやります。
30年のダンサーキャリアとパーカッショニストとしてのノウハウから伝授します♪

ビートやカウントに強くなりませう!!
(●´∀`)ノいやほうっ!!


時間があったら「ダウンアップの切り替え」などのリズムトレーニングもやるかもです。
タイミングの合う方は是非、受けてみてね~ヽ(oゝω・o)-☆☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月 7日(木)00時14分44秒
  水曜すたくら>

今日はヒップホップやりました。
ヒップホップの中の、「New Jack Swing」っていうジャンルね。

曲は、Bobby Brownの「Every Little Step (Extended Version)」♪

テーマは、「軸足でビートを増やす」でした。
1♪2♪3♪4♪
って踏むステップを軸足(踵または軽い跳ね)で数を増やして、
1♪&♪2♪&♪3♪&♪4♪&♪
と8分音符に増やしました。

New Jack Swingは曲調に合わせてこういう8分音符取りのステップが多いので覚えておいてねっ!
☆ミ(>ω・)bネ!



1♪&♪2♪&♪3♪&♪4♪&♪
=強♪弱♪強♪弱♪弱♪弱♪強♪弱♪
=ダウン♪アップ♪ダウン♪アップ♪ダウン♪アップ♪ダウン♪アップ♪

っていうケースが多いので(もちろん全部が全部じゃないよ)、

オンもエンも両方頑張っちゃわずに、
オンの動作(「強」や「ダウン」)の”反動”を上手く利用して踊るのが良いよっ。
(これはHOUSEでも言えるコトよね)

チカラ加減もそれに合わせて、瞬間的に、
入れて→抜いて→入れて→抜いて
って出来るとGOODだよん!!




<ポイント>

レッスン中にも指摘しました。

・踏んで→アップ→踏んで→アップ
※「踏んで→両足」「アップ→片足」
・踏みながらアップ→踏みながらアップ→踏みながらアップ→踏みながらアップ
・(片足ずつで)ケンケン→ケンケン→ケンケン→ケンケン

3つともそれぞれ違う動きなので、違いを把握してねー。
(はい、分からない人はいつでも聞いてねっ!)



<ステップ>

「PONY」・・・

お馬さんよりもちっちゃいアレです。
よぉ~しよしよしよおお~し♪ナデナデ w

右右左右→左左右左の体重移動と腕のタイミング

いきなりは上手くいかないやねっ。
当たり前、当たり前!
(●´∀`人´∀`●)わははのはー

なぁ~んも気にするコトはおまへん。
復習して出来るようになりゃあいいんだす!
それがね、

レッスン直後なのか?
翌日なのか?
1週間後なのか?
1年後なのか?
10年後なのか?

については、人それぞれの時間のかかり方でいいんです。すっかり忘れてしまわなければね。
しかし、ヤル気があったり疑問や質問を
聞いてくれれば、出来うる限りその時間を短縮できるように手伝いますですよっ!
そしてそのためのコツやヒント、長年踊ってきて見つけた方程式などもレッスンで伝授していきますです。

はい、で、結局何が言いたいかというとね、

「周りの人はできてるのに私は、、、」
とか、
「人に比べて上達が遅いんじゃないだろうか、、」

などとは考える必要はないってコトよ。
ん~、、いやいや、正確に言うと、


上手い人のを参考にして"考える"コトは必要だけれども、
自分と比べて"悩む"必要はない。

って感じかな~♪




はい、世界を席巻して大ブームを巻き起こしたMVがこちら♪
NEW JACK SWING時代の幕開けでした。
今日の腕を振って向きを変えるステップもやってますので、探してみてね~♪

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月 3日(日)19時17分4秒
  日曜R&S>

今日はヒップホップやりました。
曲は、Desireの「Love In Return(Phat Swing Remix)」♪

曲変えチャレンジタイムではヒップホップでない曲もやってしまいましたが、、^ ^♪


<ムーヴ練>

・バートシンプソンとしてやったのではないですが、ステップの順番待ちとしては、ほぼバート・シンプソン。
(バート・シンプソンとしてやる時はもっとボディを使いますよん)

最初のダウンでゴンッ!とアクセントを取ってその瞬間に横へ流す

瞬間的にダウンを止める膝の使い方ねっ。
「上からチカラで押し込む」のではなく、
「落下してきたカラダを”膝をロックして止める”使い方だよ。
ソウルダンスのブレイクダウンと同じ使い方だね。
(「1」のダウンでアクセント、「2」でまたアクセント取って上がるっていうのも、動きと方向が違うだけでフィーリングはブレイクダウンと同じっす)


・ノーアクセント
・ノーマルにダウンアップ
・ダウンに強いアクセント(横移動中のアップなし)



どれも練習しておくと良いっすよ~。
\(○^ω^○)/



<1エイト目>

エンカウント取りから始まって、7、8&♪
「4&」を取りやすくするために左足の膝を使う!これ大事ねー。

で、「4&」では左足つま先乗りでボディの向きを変えたのが、「6&」では左足踵乗りになってるってのがポイントだよん。



<2エイト目>

「5、6」でボディの向きをを右から左へ変える時も膝を利用出来ると良いねっ!

そして、
「はっきり出そうが」
「さりげなく出そうが」
「6&」のエンカウント右足出しをキチンと狙いましょー。



<3エイト目>

今日は「半回転→半回転→逆方向戻し」っていうステップワークでやりましたが、こういうのもね、

膝(=ダウンアップ)を意識して利用する

と、スムーズに出来るようになるよっ。
回転は、つま先(=膝)の向きを正確に狙うのがポイントだから、腕やボディでもサポートして速くつま先(膝)が向きたい方向に向けるように練習しましょ。



<4エイト目>

オンのノリから始まってエンのノリに変わってフィニッシュ♪
その繋ぎ目を上手く繋げてねっ!

 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月 3日(日)10時37分51秒
  日曜R&S>

Desireの「Love In Return(Phat Swing Remix)」(1995)(R&B)♪

で、ゆるやかめなヒップホップ振付の予定です。
バート・シンプソン系の横すべり系の足運びを練習します。
ゆったり目なフィーリングで踊ってもらえたらイイナと思います。
皆さん、踊りに来てね~っ(^∇^)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 3月 1日(金)23時57分27秒
  金曜RIZE>

今日はGOGOをやりました。
曲は、Chuck Brownの「Jingle Jangle」♪
E.U. (Experience Unlimited) の「Doin’ the butt」♪

GOGO(GOGO SWING / Washington GOGO)っていうのは音楽のジャンルの名前でね、発祥は70年代のワシントンD.C.です。

ウィキペディアでは、

「ゴーゴー(GO-go)とは、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.で誕生した音楽のジャンルのことである。チャック・ブラウン[1]が1970年代に創造した、ラテン・パーカションを多用し、同じビートを延々と持続する音楽形態である。以前はワシントンD.C.での地域音楽だったが、80年代にゴーゴー・リズムを使用した曲が、ソウル・チャートでヒットしたことで、全米にその存在を知られることになった。」

となっとります。

ずったか♪ずくたか♪ずったか♪ずくたか♪
ヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノあ、ほれ♪ほれ♪ほれ♪ほれ♪


ってな、聴いた瞬間に「GOGOだっ!」
(ノ´∀`)ノだっ!
ってわかるような曲調が特徴だよ。
このGOGOビートにノッて踊るのがソウルダンスのGOGOで、
昭和40年代に流行した「ゴーゴー」や、現在の水着やセクシー系の衣装で踊る「ゴーゴーダンサー」とは別モノね。


8分音符「1&2&3&4&~」でカラダの各パーツを止めたり打ったり、胸と腰で「うっ!うっ!」と打ったり、ダンスとしてもとっても特徴的ですなぁ~。



<基礎練>

まずは手を叩く要領で。

・まっすぐポンッ!ポンッ!と叩く
・「V字の真ん中」でポンッ!ポンッ!と叩く
・「円を描きながら」ポンッ!ポンッ!と叩く


(あ、「手を左右に振りながら左右の両端を叩く」ってのも追加練習して欲しいですっ!)
(っ´∀`)っ))ヨロスィク


ひとまずはこの4通りの叩き方(打ち方 )を覚えませう。
わんっ♪えんっ♪つっ♪えんっ♪すりっ♪えん♪ふぉっ♪えんっ♪
の、8分音符打ちね。

リラックスして跳ねるように叩き(打ち)ましょ。

手で叩く(打つ)感覚をつかんだら、これらの打ち方をカラダの色んなパーツでやるのだす!
これね~、、手ならわりと簡単に出来るんだけど、頭や肩や腰などなど、カラダでってなるとなかなか最初のうちはリラックスなんて出来にゃくって、

「これで脱力ってどーやるねーん???」 
o( ̄Д ̄o)(o ̄Д ̄)o

となりますな。わかりもす、わかりもす。

『反復』『数をこなす』『やり込む』
(これがなんつっても最強!)

につれて無駄なチカラは抜けていき、必要なタイミングに必要なチカラだけで出来るようになっていくんですが、その他にも今日やったように、

動作をすごく小さ~くして、そのぶん、

「曲の感じ」と「リラックス」と「打ち感」 に意識をフォーカス

してやってみるのもオススメしますよ。



☆反復練習で要らないチカラが抜けていく
☆リラックスを保てる範囲の大きさとチカラ具合いで力んでないカラダの状態を把握する


両面から攻めてゆくのが近道ではないかと僕は思いますであります。



<まとめ>

GOGOはね、やっぱりGOGO SWINGの曲を聴きながらでないとフィーリングも湧いてこないだろうと思うので、iPhoneやiPodの中に1曲はGOGOの曲を入れておいて欲すぃ~ものであります!




http://rizedancestudio.com/

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月27日(水)23時58分1秒
  水曜すたくら>

今日は立ち踊りの重要なポイントである、

「膝のリズム取り」+「腕のリズム取り」

を練習しました。
曲は、 Pink の「Let's Get The Party Started」♪


・膝だけ頑張っても腕やボディがついてこないとカラダ全体で”そのリズム” が見えてこない。
(もちろん、わざと膝だけっていうケースもありますよ。)


・膝と腕を別々のリズム取りで扱うのは相当な高等技術です。
大抵は、
腕を止めると膝も止めたくなっちゃうし、
腕をガシガシ使うと膝もガシガシいきたくなっちゃうし、
腕を緩やかに使うと膝も緩やかに使いたくなっちゃうもんであります。


なので、

膝のリズムと腕のリズムを合わせて扱う

ことで、もっとリズム感は出せるようになりますよ~!
Σd(゚∀゚d)ォゥィェ!!!



・腕の扱い方はその人のベースとなるジャンルでの使い方がどうしてもメインになりますので、僕のクラスでは色んなジャンルの基礎をかじって、いろんなリズム取りが出来るように腕の使い方も覚えていって欲しいです。
(^∀^)ニッ!




<リズム取り>

今日は、
「わんっ!つーっ!すりっ!ふぉっ!」
「わ~ん~♪つ~う~♪すり~い~♪ふぉ~お~♪」


2つのリズム取りを使いましたよ。
どっちのリズム取りでも対応する腕の使い方はひとつじゃないので、今日やってみた腕の使い方以外でも、

「ん~、、この腕の使い方ならこっちかな。
あ~、、こうしたらこっちが合うかな。」

などと自分でもあれこれ試してみてね~。
(まぁね。その手間と時間を省くためにレッスンに通ってるっていうのもあるので、そういうのは出来るだけ提供しつつも、さらに余力があったらね♪)



<イメージ>

カラダの技術ももちろん大事なんだけどね、
リズム取りにおいていっちばん大切なのは、

フィーリング(頭の中)がそのリズムをしっかりイメージしてるコト

だよ。 (○・▽・○)
なので今日のパターンでは頭の中が、

はっ♪ほっ♪へっ♪ほっ♪やっ♪はっ♪ほっ♪はっ♪

と、

あ~い~♪や~い~♪よ~い~♪お~い~♪う~あ~♪お~あ~♪ふ~わ~♪は~わ~♪

の2パターンを明確にイメージ出来てるコトよね。
それはね、別な言い方をすると、

そういう風に歌える

っていうコトでもあるよ。
ホントに口に出して歌えるならば、カラダはそのように動くようになります!!
(なので、リズム取りに迷ったら自主練でリズムを歌ってみるのをオススメします)

でね、カラダの扱いのあれこれについては、焦らずにこれから一緒に練習していきましょ~☆彡
(d ̄▽ ̄)地道にな~♪





こちらはLIVE。エアリアルしながら歌うってスゴイね!



こちらはもっとバンドスタイルのライブ♪カッコイイな~♪
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月24日(日)19時29分10秒
  日曜R&S>

今日は「オンとエンの行き来」をテーマにした振付をやりました。

曲は、 Runa Miyoshidaの「やさしさに包まれたなら」♪

その他、いっぱい使いましたねー。
Candy Dulferの「CANDY」♪
Chuck Brownの「Jingle Jangle」♪
Trouble Funkの「Drop the Bomb」♪
James Brownの「Papa Don't Take No Mess」♪
宇多田ヒカルの「Automatic」♪
GEMU FA MI RE SKA VERSION♪
Talking Headsの「Crosseyed And Painless (2005 Remastered Version) 」♪



それぞれの曲調によって”ノリ方”(フィーリング)は自然と変化すると思うんだけどね、
まぁまぁ、トレーニングとしては、

オンでもエンでも、両方行き来しても、

気持ちよく踊れるようになって欲しいのであります。
♪(゚▽^*)ノ⌒☆


どちらもそれぞれの気持ち良さがあると思うのでねっ。
好みはあれども、どっちも楽しめると良いね!



<ポイント>

・オン→エンに切り替えるのは「待ってズラせばいい」ので、タメなんかを使って装飾も出来るといいねー。
エン→オンに切り替えるのは(振りにもよるけど)慣れも要るので、意識して狙いませう!


・8分音符取り「1&2&3&4&~」の振りでは、

オンをメイン取り
エンをメイン取り
両方均等取り

3つとも出来るようにしておいて、そこからチョイスできるのが理想かな♪


・曲調やテンポによっては、8分音符で取らないで4分音符にして、

オン~オン~オン~オン~♪
エン~エン~エン~エン~♪

てな具合いにノッた方が良いケースもあるやね。
゚+.(・∀・).+゚



・4エイト目「2」の「ツイスト」

これは音の事じゃなくてカラダの技術のお話しね。
“足の動作として” 捉えると、ついついただの「足引っ掛け」になっちゃったりもします。
( ノД`)シクシク…

“腰の動作として” 捉えませう!

もっと言うならば、”軸足(左足)の股関節で操作する” と考えるとスムーズに踊れるよ。
ヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ


ささ、あらためて曲を聴きながら、

「あー、、この曲ならもっとこうも出来るよなぁ~♪」

などとイメトレ復習してくだしゃいませませっ☆彡


あらら、ROXYのモデルさんたちがなぜにこのMVに????


はい。こちら本家本元さま♪
















 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月24日(日)12時29分36秒
  日曜R&S>

Runa Miyoshidaの「やさしさに包まれたなら(Cover)」(2010)(J-POPのスカ・バージョンカバー)♪

で、オールドスクール風ステップワーク振付の予定です。

有名な松任谷由実「やさしさに包まれたなら」のゆったりめなスカでのカバーだす。
曲のやさしい雰囲気はそのままに、
「オンのノリ」と「エンのノリ」を行き来して踊りますよん。

テーマは、「オンでもエンでも気持ちよくなれたらいいね~♪」ってな感じ^^

曲調からして勢い系やキメ系の振付ではありませね。
皆さん、お気軽に踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月22日(金)23時48分46秒
  金曜RIZE>

今日は「ステップワークと上半身のリズム取り」をやりました。

曲は、The Supremesの「Where Did Our Love Go」♪


色んなステップワークのシチュエーションで、
上半身のアップのリズム取りを入れられるように練習していきましょうね。

今日みたいに、いきなりステップと上半身のリズムを合わせようと思っても、
それはそれでやっぱり難しいのでね、 、
゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン

最初のうちは、

ステップ無しで上半身だけ
とか、
とってもシンプルな足運びと上半身
とか、

段階を踏んで慣らしていくのが良いよっ!
上半身のリズムが使えるようになっていくと、

小さく踊っててもちゃんと踊って見える

ようになりますからねー☆彡
あとは、それぞれのステップワークを
“曲にノッて” フィーリング豊かに(恥ずかしがらないで)踊るコトが大切かなー。

ドドン!
レッスンの恥はかき捨てじゃいっ!!w



http://rizedancestudio.com/

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月20日(水)23時42分37秒
  水曜すたくら>

今日はハウスやりました。
曲は、Sai & Ribatoneの「Avenue of Dreams (feat. Thiwe) (Reelsoul Vocal Mix)」♪

<基礎練>

「ステップに合わせた腕の使い方」

今日は前後の足運びに合わせた腕の使い方を練習しました。
「犬かき」というのか「クロール」というのか、、普通に歩く時のように腕を下で振るのではなく、

”水をかくように”

腕を回して使います。
便宜上ね、『腕』として教えていますが、最終的には、

肩甲骨で動けるように

目指すというか、意識していきませうね♪
( ̄∇ ̄)ニヤッ


そしてそして、この「前後の足運びに合わせた腕」、、ステップの歩数が増えてもそれに惑わされないように”ビート”も感覚としてしっかり把握してねっ。

ビート。
リズム。
そしてカウント。


これらはね、経験とトレーニングをつんでいくコトで3つとも一緒というか、重ねてというか、混ぜ合わせてというかで把握出来るようになっていきます。
(o´ω`o)ぅふふ
(最初のうちはひとつずつしか意識しにくいと思うけどもね)
焦らず地道に、、されど忘れず、続けていきましょう!



<MOVE練>

「パドブレ」

今日はダウン強調タイプのパドブレでした。
タータタ♪タータタ♪
1~2&♪ 3~4&♪

3歩目のエンカウントの意識が薄くて、
ステップがスムーズじゃなかったり、、
違うリズムになっちゃったり、、

っていうケースが多く見られましたよ。
 Σ( ̄ロ ̄lll)

タータ♪タータ♪タータ♪タータ
出来れば口ずさみながらやってみるのをオススメしますヨ!



<コンビネーション>

すませんね~、、

『似た動きの組み合わせで左右均等』

っていうのは頭こんがらがっちゃうよね。。
僕のレクチャーの常套手段なのであります。
ヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノうひゃほひゃひゃぁ~


まずは、
パドブレで進むのか?バックするのか?

一歩目の時点(またはその前)で次の方向を想定してなくちゃなりませぬ。
そういう意味でのトレーニングねっ。

そして、
どっちの足を上げて踏むのか?

「3」で踏んでいる足にしっかり体重をかけて、それを目印にして逆足を上げましょう。
両足に均等に乗るとね、一瞬次の足がどっちだか見失っちゃうっていうケースもありますよん。


最後のクルリと回るのは、また機会みてじっくりやりませう♪



<全体として>

まずは「腕が死なないように」意識して復習してね。
うん。これがとっても大切かな♪
んでもって余裕があれば、今日僕がやってみたように、

リズム重視
ビート強め


なんぞもやってみて、
「ん~、、このくらいが気持ちいいかなぁ~♪」

っていう自分好みの落としドコロも見つけて欲しいでありますのよっ☆彡



 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月17日(日)19時29分3秒
  日曜R&S>

今日はハウスやりました。
曲は、Sebo K の「Spirits (Percussion Version) [feat. Max Moya]」♪


<ステップ練>

いちおう「HEEL STEPのバリエーション」というコトでやったんですが、これらの動作はそのまんま「ルーズレッグス」のバリエーションとしても使えるので、経験者の方はルーズレッグス練としても取り入れて欲しいでありますのよん。
(* ̄◇ ̄*)よろちくでしっ!


・その1(開き閉じ)
パーグー♪パーグー♪

・その2(開き→踵→置き)
パートントン♪パートントン♪

・その3(開き→寄せ→踵→置き)
パースットントン♪パースットントン♪

※開き足に体重をかけ過ぎるとスピードに追い付けませんやね。
「軸足でコントロールする」
「腰を使って引き寄せる」
「腰と肩甲骨を使って引き寄せる」

など、カラダを上手く使って足を扱いませう♪

・その4(中心足上げ:ルーズレッグ4歩と一緒ね)
パートントントン♪パートントントン♪

・おまけ(1足増やし)
タタントントントン♪タタントントントン♪


まずはね、それぞれのリズムが自分の中でハッキリと感じられるように
そして見てる人にもそれが伝わるように練習しましょ。
v(* ̄▽ ̄*)



<コンビネーション>

練習したステップを組み合わせてコンビネーションにしましたよ。
1エイト目、2エイト目はそんなに苦もなくいけたんではないでしょか?

と、想定して、、
3エイト目だけグイっと難易度あげてみました。
Ψ(☆w☆)Ψキラーン

「体重の乗っている軸足を(二度足で)続けて出し足に使う」

などねー。
これ出来るとね、ステップワークの幅がぐぐいと広がりまするよ~♪



<全体として>

はい。ステップワークの中で、

カラダの向きを変えたり、
片足でバランスを保ったり、
二度足を使ったり、


そういう時にね、最初に練習した「ステップに合わせる腕の扱い方」の3つ目ね、
1:内側に腕が入る
2:開き閉じで使う
3:足と腕の動作を合わせる

「足の出し→着地」

「腕の出し→ピーク」
のタイミングを合わせる。
その後腕のフォローを使って次の準備に繋げる。



この腕の使い方が出来ると、とってもスムーズに踊れるようになちゃうアルヨ~。マジマジ。。
この基礎練がまだカラダに馴染んでない人は、ぜひマスターしてくだしゃんせっ☆彡
*´∀`)*´∀`)´∀`)*´∀`)*´∀`)

と言われてもイマイチよぉ分からん。。。
って人は声かけてくださいね。
練習付き合っちゃる!!

 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月17日(日)11時06分38秒
  日曜R&S>

Sebo K の「Spirits (Percussion Version) [feat. Max Moya]」(2010)(DEEP HOUSE)♪

で、HOUSEステップ練(HEEL STEPとステップの組み合わせ)と、
それらを使った振付の予定です。

皆さん、踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡
 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月15日(金)23時41分28秒
  金曜RIZE>

今日は、水曜すたくらのパンキングのポイント補習と、ティルトを入れた振付をやりました。

曲は、WARの「Barello」♪


<パンキング補習>

「構えのポーズ」
・腰の傾き
・上半身と腰と軸足の踏み 3つのチカラの釣り合い

「右手を回して上へ」
・左肩甲骨の引き
・右肩甲骨の押し込み(肋骨の押し出し)
・右足(軸足)太腿つけ根の左足への押し付け

「両手ズラし回し→追い付き」
・両肘の高さの揃え
・頭の後ろ側に落とす腕の位置

「両手回して高さ違いへ」
・右足の膝の曲げ具合

注意するポイントが増えたね!
☆⌒c( ̄▽ ̄)
これらのポイントはね、曲に合わせて踊るよりも先に、

ゆっくりぃ~、、、
丁寧にぃ~、、、

自分のカラダの感覚を探りながら確認して欲しいです。
それがキチンと出来たらば、曲に合わせて踊ってる時でも気にするコトが出来るようになりまするよん!

その次は地道に数をこなすコト
そうすることで、要らないチカラは抜けていき、必要なチカラは強くなっていきます。



<ティルト振付>

2人ペアでやりました。
いきなり「左右逆で!」は、意地悪問題でしたねー。
前半パンキング補習で頭とカラダ使ったので、気分を変えて楽しんで踊れたなら嬉しス☆彡
♪d(´▽`)b♪d(´▽`)b♪d(´▽`)b

http://rizedancestudio.com/

 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月14日(木)00時18分35秒
  水曜すたくら>

今日はパンキングやりました。
曲は、aaron hall - 「get a little freaky with me」♪


<基礎練>

・手首と肘の分離コントロール

今日は2人組で手を持って”肘のみ”でやりました。
掌を固定されると簡単なんだけどさ、これが何もない状態で出来るように目指そうね。

「これは何のための練習なんですか?」
(o゜ー゜o)??
っていう質問がありましたよ。
はい。これはね、

『より滑らかに、よりスピーディーに腕を回すための練習』

だよ。
(経験者向けに言うと、より腕を内側から扱えるようになるための練習でもあります)

腕ってさ、肘の内側の向きにしか曲がらないよね、
だから大きくキレイにグルグル回そうと思ったら、

肘の内側(肩から肘まで)がスムーズに回転しないと大きくは回らないんだよね。
(この肘の内側の回転が小さいと、グーが描く円の大きさも小さくなっちゃうんだす)

なのでね、この"肘の内側の向き"を狙ってコントロール出来るようになるとね、
腕の扱いがとっても上手になるんですな~、、これが!!!
v(。-_-。)vブイッ♪



<MOVE練>

・構えのポーズ

「左足に乗って」
ボディを左に傾ける+右の肩甲骨を引く+左手を前に構える
(右足に乗ったらその逆ねー)

※ポイント※
☆前に構えた腕は、ボディにピタッとくっつかないように脇を開けておくコト!

☆傾けたボディに腰が一緒についていかないように、腰はボディと逆方向に”捻る”コト!
(捻っていることで、結果、腰は正面を向いている状態になるよ)
この『ボディと腰の捻り合い』のパワーが、その次のブルルンッ!!? のチカラになりますよ。



・腕のロールアップ(ズラし→追い付き)

まずは、腕をロールしない手順でしっかりと大きい起動を通せるコトが基本だよ。
大きな真ん丸いカプセルの中に自分が居て、そのカプセルの内側の表面を肘を曲げるギリギリまで触れているイメージ。。
そういう風にイメージすると、「肘が早く曲がっちゃう」のを防げるよ。

はい、今日は、
「右手を先に回す→左手を後から回す→追いつく」

っていうパターンをやりました。
なかなか良く出来てましたっ。おしゃっ!
O(≧∇≦)O イエイ!!

ゆくゆくはね、

・ズレて始めて→ズレたまま
・ズレて始めて→追い越す
・一緒に始めて→ズレる
・一緒に始めて→ズレて→追い付く

な~どなど、色んなバリエーションを使いますからねー!
(∩゜∀`∩)キャ━━ッ!!



<コンビネーション>

「ズラしロールアップ」(内回し)

「一緒にロールして違う高さに」(外回し)

がどちらも左足開きの左手構えのおんなじポジションからの発動だったので、こんがらがっちゃった人もいたかな??

意地悪問題でした。
ψ(`∇´)ψ うきょきょきょ



<全体として> 

うん、全体として感じは良かったのでね、

「ポーズポーズの結果として止め止め」に最初はどうしてもなっちゃうけども、

『腕と胸と腰の連動』『腕:前は鎖骨まで、後ろは肩甲骨まで』を意識して、

1!2!3!4!を、
1、2ぅぅ~♪ 3、4ぉぉ~♪ってな具合に、

繋げて引っ張れるように意識していくと、もっともっとしなやかに踊れるようになっていきますよ~☆彡


 

ほそく

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月10日(日)19時23分56秒
  日曜R&S>

今日はパンキングやりました。
曲は、Quanticの「Transatlantic」

JAZZYな雰囲気がカッコよい曲ですが、ず~っと聴いてると飽きちゃうので(笑)、
最後の方は曲を変えてみましたヨ。



<基礎練>

・手首の脱力
(縦振り&グルグル回し)

・Pinwheel(風車)
(片手と両手)

・手首と肘の分離コントロール

・腕のグルグル回し
(内回し/外回し/追っかけ回し)



<MOVE練>

・カラダの横で腕を回して上げる動作を、

ボディを捻るコトで正面に向きを変えます!!

はい、これはね、
いくら「腕で頑張ろう」と思ってもスムーズにはいかないし、
スピードも上がらないし、
ダイナミックな動きにもなりましぇんのんであります。

ボディがしっかり捻れてこその動作だよん。


そしてそして、、その「ボディを上手く捻る」ために、、、

肩甲骨を意図的に使う!


っていうコトがとっても大事なんだよね~。

っていうコトはね、

腕が動くよりも先にその内側のボディが先行して動いてる

というのをしっかりと覚えておいて欲しいのであります。
腕もちゃんとつかうんだけどね、基本的なイメージとしては、


ボディで腕を振り回す☆彡

という風に覚えてくれると嬉しいだす。



<腕の下からのパタパタ上げ>

・ボディの前でクロス

・グーを開く(Wの字)

・肘を開く(Mの字)

・真上に跳ね上げる(一番てっぺんを通すコトね!)

・肘から先を頭の前後に落とす
(なるべく肘が落ちずにやれるのが良いよ)


今日初めてやった人は、速くやるとこんがらがっちゃうよね~。
どんまいどんまい!!
そんないきなり16分音符ではできないモンです。

まずはゆっくり、、「手順」と「軌道」をカラダに入れていきましょう。
で、それがしっかりカラダとアタマに馴染んだら、、

グーから肘、肘から前腕外側と、移っていく"繋がり"を意識して、
イッキに流れるように踊りませう♪

はい、カウントは、
「セ・エ・エ・ン・エイ」の16分音符だよ。



<全体として>


頭の1エイト目のステップが「エンカウント取りのアップ」なので、
2エイト目の「1」でしっかり右足に踏んで、パンキングに入っていけるように意識してね。

 

本日のサザエさん♪

 投稿者:Izumi  投稿日:2019年 2月10日(日)11時58分55秒
  日曜R&S>

Quanticの「Transatlantic」(2002)(Electro Jazz)♪

で、パンキング振付の予定です。
皆さん、踊りに来てね~っ(*^▽^*)☆彡
 

レンタル掲示板
/36