teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


去年の1月1日

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2012年 1月 3日(火)01時15分48秒
返信・引用 編集済
  ポンタに左人差し指の爪の根元を咬まれたんだ。
前にも(2011年 7月 9日(土))書いたけれど。

確か、餌をやるのか何かで抱きかかえるかしたら
ウ~ウ~と文句言っていたので
「咬みたいの?咬みたいの?」って指を出したら
ホントに咬まれた。
血が出た。
今でも気になる傷。

それまでは絶対に歯も当てなかったポンタに咬まれるとは
思っていなかったのでショックで、「テエメェ」って怒った。
でもそれはポンタが目が見えなくて不安だったから
って小梅用に買った犬育書で知った。

だってまさか、今年の元旦を遺影と迎えるなんて思っていなかったし。

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2012年 1月 1日(日)16時54分28秒
返信・引用
  小梅との初めての年越し。
っても、彼女は何にもわかっているはずもなく
特にお節代わりに特別な餌を出してやったわけでもないし。

年始の今朝の攻撃は凄かった。
日も昇り切らないうちから飛び掛かってくるは
布団の中に潜り込んで甘噛みをしてくるは。

でも、紅白が終わって寝室の様子を見ると
オイラの気配を感じて女房殿の布団に潜り込んだ。

馴染んでいるのだかいないのだか。

今は昼寝の時間なのか炬燵の端っこで丸まっている。

へたれたブログですが、今年もよろしくお願いいたします。

で、小梅よ、今年もよろしくな。

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 

やってはいけないこと、らしい

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2011年12月26日(月)23時21分28秒
返信・引用
  飼い主が食事中にその食べ物を犬に与えること。
うち、やっちゃってます。
パンの端キレとか、スペアリブの骨とか。

今日、珍しくやたら懐いてきたのはサバ塩がお目当て。
小ポンタもそうだったけど梅は魚好き。

顔をテーブルの下から覗かせ媚びてくる。
挙句には足でわたくしの足を掻くようにして催促してくる。

撫ぜながら誤魔化して我慢をさせ、
最後は膝の上に乗せてからマッチ棒の先くらいのを
一舐めして醤油を取って2回ほど。
膝に乗るといいことがあるという訓練。

そのせいか、それくらいでも満足したようで
こちらも珍しく一遊びしてから
寝床に向かった。

これでいいのか?

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 

近所の焼き鳥屋さん

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2011年12月19日(月)23時41分14秒
返信・引用 編集済
  ご夫婦お二人でやっているお店なのだけれど離婚したそうだ。

ここでは関係ないようなのだけれど
ポンタはこの焼き鳥屋さんに行った時に渡された。
たまたま義理の弟が来たので、歓迎の意味でそこに行ったら、
そう「渡された」。
女房殿が提示した飼っていいならお銚子1本、
で来た。

ポンタが生きていた時は店に行けば
散歩の途中に出会ったりしていたので
「ポンタ君、毛がツヤツヤしてるわね」とか
「最近合わないけれど元気?」とか
里親としていろいろ気にかけてくれていた。

なので、ポンタの死を(その当時は)お二人で悼んでくれた。
小梅が来たことも喜んでくれた。
その時にはもう別れていたんだ。

ポンタは元々焼き鳥屋さんの隣の市に住む娘さんが拾ったのだけれど
住むマンションでは飼えなかったのでご両親のところで開催される
里親探しに出すつもりだった。
(我々が行った二日後の日曜日に開催された)
その焼き鳥屋さんにはもう亡くなってしまった「Dちゃん」
というポメラニアンがいたので飼えなかったし。

なので、ポンタも小梅も境遇としては同じだった。

どこのお店の誰が離婚しようとどうでもいいことなのだけれど
ポンタと出会わせてくれたご夫婦が別れたのはちょっとショックなので
ここに書いてしまった。
だから小梅がいるのだし。

お店に(元)奥さんは手伝いでいらっしゃるらしいけれど
次に会った時ポンタの思い出とか小梅のこととか
素直に話せるのか?

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 

小梅は高所恐怖症?

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2011年12月13日(火)23時51分38秒
返信・引用
  ポンタは二階の窓に足をかけて外を見るのが好きだった。
掛かっている元の方のカーテンを鼻先で上手によけてその隙間から外を見ていた。毛の抜け替わるころにはカーテンにびっしり毛が付いていた時もあった。ベランダも好きで、出たり入ったりしていたし、その柵越しに我々が出かけるのを見送ってくれたり、時には出かけるのを阻止する様にウォ~~~~~~~って、ご近所さんに「お宅の犬、大丈夫?」って心配させてしまったほどの遠吠えした。
けれど小梅はベランダに出すとすくんで固まってしまうし、窓に足をかけさせて外を見させても固まってしまう。抱っこをしただけでも嫌がる様子。
慣れの問題だろうか?
身体の大きさの問題?

今まで散々嫌がっていた外が大好きな様子を見ると
ちょっとずつなら慣らせられるかな。

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 

2010年12月6日(月)

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2011年12月 4日(日)00時12分2秒
返信・引用
  この朝にポンタは脳溢血?脳梗塞?心不全?で
右の後ろ足(多分)が効かなくなった。
たまたま前日の奈良10キロマラソンで疲れていたので
ずる休みをしていてボォ~~としていたらポンタが変な鳴き声をあげて、
足が痙攣していて、抱えてお医者にダッシュしたんだ。

あのショックな瞬間からもう1年だ。

そうだ、ポンタが死んでからちょうど今日で後2か月で1年だ。

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 

小梅の舌は綺麗だ

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2011年12月 3日(土)11時58分8秒
返信・引用 編集済
  ポンタは幼少の頃舌に痣があった。
消えたのはいつだったろうか?
それだけポンタのことを気遣っていなかってことか。

ちょっと思い出したこと。

小梅の舌はサーモンピンクで綺麗だ。

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 

小梅の心理?

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2011年11月29日(火)00時26分30秒
返信・引用
  シャーリーさん、
ポンタはわかりやすかったなぁって思います。

なので、ここは
『めんどーくさい小梅のこと』
なのです。

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 

(無題)

 投稿者:シャーリー  投稿日:2011年11月28日(月)19時36分40秒
返信・引用
  小梅ちゃんの心理を読み取るのって、大変な技術と忍耐がいるんやなあ(*_*)

同居人のいない暮らしにすっかり慣れてしまった私には到底無理やわ~!
 

朝散歩

 投稿者:マジにダイエッ@ター?  投稿日:2011年11月27日(日)00時36分40秒
返信・引用
  久しぶりに朝ランをしようと6時前にゴソゴソ準備をしていたら
小梅が起きだして(最近寒さのせいか朝が遅い)。
そのまま日頃の女房殿に代わって朝散歩。

さすがに向こうから寄ってきて。

ランの格好にブレーカーとかパンツを重ね着してボチボチ出かけて
ピピさせてカカがまだなのでいつもの周回コースの
最後の直線コースに入らずに先に進もうとしたら
そっちに曲がりたがって。

でも、小梅の要求に従うわけにもいかず
そのまま直進したらちょっとだけカカ。

で、さらに進もうとしたら
どうしても最後の直線コースに戻りたがり
オイラとの散歩が嫌で戻りたがっているのかも、
なんて自虐的に思いながらそのコースに入ったら
一瞬身体を縮めて、って書いても分かりにくいけれど
陸上のクラウチングスタートって感じか?
急に走り出した。

この直線はオイラがリードを引いて連れている時は
ダッシュ直線で。
女房殿は決して走ることはないから
オイラとだとそれを期待したのか?

前はオイラが勝っていて「遅いぞ遅いぞ」なんて
余裕かましていたかれど今朝は完全にリードされ。
そんなことは全然よくって嬉しくって。
でも、朝一で200メーターダッシュは無理!
って言い訳をしながら引き止めて歩きながら帰宅。


その小梅、オイラは遅い昼食の後寝倒していて
気が付かなかったのだけれど
女房殿は夕方と晩、2回散歩に行ったのだけれど
ピピもカカもしなかったようで。
それに晩の餌も食べていない。

思春期か?

http://8209.teacup.com/taa/bbs/

 

レンタル掲示板
/15